2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プリンセス・ローズマリー物語

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 23:45:25 ID:RsG+z1xO
悪女ナージャの陰謀で屋敷を追い出されてしまったローズマリー。
再びプリンセスの座を取り戻すための冒険が今始まる・・・。



      `>/|                 ヽ、       `i
      /  -| ,                \      /
    / /  V      、         、   ヽi    i"
    / /    ト、      ヽ        `゙゙─ー-ノ  ,ィ′
    | ./    ゙l.ヽ、     \       'ー=ニ二 l─'  .ヽ
    | .|    ゙l  ヾ、      >、─ -        ̄,ソ  |
    | .|.,,,,--- ,,ヽ、 `'‐-,,,_'"  ヾニ,,,,___,,,,.,.--''イ |    |
    ヾl     `ヽ      ̄三三 -    ミ::::_  | !    |
     ゙'、. 、ェ二ニ_      '''|、 _ノ'T'''    ヽ'" `,l゙ /.    |
     λ  '゙゙|ー'" ゙l`       l  ソ|      / レ     .|
     |.、|  ヾ,,_,,ソ       `‐-"      |::: │     |
     ゙l .|  -─"  ,      ̄ ̄        / i、    |
      |`'!      `               ,,- イ::: |    |
      | i、      _              ./::::::::|:::   |    .|
      ,!  ゙ヽ、   ヽ冫        ....イ::::::::::|:::::   .|    |
     /    :::lヽ、           ,,/::::::|:::::::::::|!:::::    ゙, |
   /    :::|::::::::>、,,,,__,,,,-ー'''' ::::::::::|:::::::::::|:|:::::    ゙l、|
  .i´ i´    :::|::::::::|:::::/::::::::::|  ,r‐ー、 _,亠、::::::|::|:::   ヽ  ヽ
  l |     :::/:::::::::|;:::l:::::<⌒゙─'    `   /:::::::|:::|:::    \  `ヽ、
  ゙l l   :::冫:::::::::::l::::::::::::|         |:::::.::::|:::i:::      `、   !
  │ ヽ  :::|::::::::::::::゙l、:::::::::|           ゙-.;;;_ ゙l:::ヽ:::      |   |
  / ,/  :::ヽ::::::::::::._,,/‐'^            `"`'‐;;;;;ヽ、   │ /
/ ノ゛  ,ーー,,y-‐'"`                  `‘〜. .‐ l

とりあえず指名手配されているオーストリア国内から脱出しなければならない。
どうやって国境を越えよう?

1:山越え
2:変装
3:無理やり国境突破

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 23:51:23 ID:ZKrPYBot
3

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 23:56:41 ID:RsG+z1xO
       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i 
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l 
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i | 
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/  
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ  
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,   
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |      ,  ''"´"''': ; . ,
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l,,'   . : ;  _,; "
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ      "'' -''''"´
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |

3:無理やり国境突破

国境警備兵に見つかった。
「ヘイ!ベイベー!!どこに行くんだお嬢さん。ホント国境は地獄だぜ!フゥハハハーハァー!! 」


1:買収する
2:強行突破
3:色仕掛け

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 00:06:08 ID:WyXanpqa
このパターンは新しいなw
>>1は責任もって続けろよ。とりあえず1

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 00:28:26 ID:Vf/ISact
    l /  //:::::::::::::::::::::::/:::::::ヽ   ヽ.、ヽ、
    レ   〃::::_. -‐-、:::::l::::::::::::ヽ   ヽ`-、`-、_   _... -‐‐- 、..
   ハ   彳/    `-l、、、:::::::::ヽ、ヽ、ヽゝゝ-==゙ー----‐‐‐´`ヽ
   / i   /!´       | :::::``、 ::::ヾ-、´`-=<- 、___ .... --‐゙´
   l ヽ  l    、_.. ゝ-キ、、 :::..ヽ  `-ニ`ーメゝ<==、、`-、_ :::::::::
   l  ヽヽ ヽ  、,〃ニ==キ、`       `-フ/ / ̄ヽ_ヾヽ `、::::::
     ヽヽヽ、_ // / ̄\ヾヽ        j' /   ノ::`、ヾ、,::::::
      ヾ ヾ i/ /  _ィ´::、ヽヽ.         l`rーO´ l ::!.  V::::::
       { 、l、  .l`lーO i .l ` `        l i {⌒; ! !  .::::::::::
       l  l  l ! {⌒; ! l           ヾ  `` // ..:::::::::::
       〉  ! ` 、..--' /            、`ー'´/ ..:::::::::::::::::
.      /ヽ  !  ,ゝ,..,..,..、   !::::::..    ...::::::::''`'^''゙''``::::::::::::::::::::
    /   ヽ !  ::::::::::::::::...  ノ.::::::::::::..          :::::::::::::::::::
   /    .,,;;;`ヽ         :::::::::::::::..          ::::::::::::::::
  / ,   ,;;;;;;;;;;;;;;ヽ            _          :::::::::::::::::
  l ヽ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ      rー‐--‐‐'´  ヽ        :::::::::::::/
  ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    !/       ヽ       ..::::::::::/!;;;
   ヽ );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、   !         l      .:::::::/:::::l;;;;;

しかし、お金は一銭も持ってないことに気が付いた。着の身着のままで屋敷から逃げてきたのだ。
兵士「ヘイ!ベイベー!!あやしい奴だ、逮捕するぜ。逃げるなよ。逃げる奴は良く訓練された不法入国者だ・・・
と、言いたいところだが高そうなドレス着てるな、そいつをよこせば見逃してやろう。」
仕方なく予備の服に着替えてドレスを渡すことにした。

アイテム −シルクのドレス



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 00:30:41 ID:yqn5A2zZ
エロ展開かよ、オイ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 00:47:48 ID:Vf/ISact
              人::::::,/:::::::::::,//|::       `ヽ   ヽ、
           /::::ィ‐′:::::::::::/::::::|::       \__,l゙
           /::::,〃::::::::::::::::/:::::::|:: /       ヽ|
         /:::::::l:|::::::::::::::::::/:::::::::|::i::          ゙l
        /::::::::::||:::::::::::::::::/:::::::: il|::        \ ゙l
        /::::::::::::リ:::::::::::::ナ'''''- 、:|ト_\     \ ⊥-‐イ
       ,l::::::::::::::|::゙l |.,/ヽ,ニエt‐ .::!|:ヽ:::ヽ._  \__ノ _,
       ,l ::::::::::::,イ-゙l|、:::'"i:::;C;lヽ  ヽ:ヽエ__ \      ̄/
     ,,/::::::::::::::::|::ヽ."丶  ヽ;゚./       7でトi_;;;;;-‐‐‐'"
   ,/::::::::::::::::::::::人::::l:::::::::::::´ ̄`:::::::::::::  |::゚ソ.:::/イ
  l:::::::,/::::::::::::::::/:::ヽ,_`::::::::       ″ `ヾ /| |.
  |:::i´::::: :::::::::/:::::::::|:ヽ;;::::      、__     .i丿l
  |::l゙:::::  ::://::::::::::::l::::ヽ::::::     -    /  |
___/:|:::::    :l::l゙:::::::::::::l::::::|::::ヾ、        /  ヽ、
;;;;/:::::::    :l::|::::::::::/::::::|:::::::::::ヽ、__,, -‐'"´、    l
::|::::::::::    ::l::l:::::::/::::::::|::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::゙l::    |
:::|::::::____  :;」」;;;┴;::::ノ::::::::::::   |::::::|::::::::::::|::   /
:::゙l;:/::::::::::::`「lー‐ - 、:ヽ::::::::::    |:::::/::::::::::::,!::  ,/
,/:::::::::::::::::i:´     ヽヽ.       ト\:::::::/::   /┤
`::: ::::::::::::::|::      ヽ!     ,!  `''、::ヽ__ .| │
:::  ::::::::::::|::::        ヽ    / _,-‐''´ ̄ `ヽ| l、
   ::::::::::::ヽ::     ∧     Iー-く/         | │|


何とか国境を越えてドイツに入国することに成功した。
一番近い都市はミュンヘンだ。列車に乗って行くのが確実だろう。しかしお金は無い。どうする?

1:私はプリンセスよ。ミュンヘン行き列車、1等客車に無賃乗車
2:ミュンヘン行き列車、3等客車に無賃乗車
3:貨物列車に忍び込む
4:気合いで歩く

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 00:48:27 ID:7OejXEVV
>>1
冒険の書に記録しといてくれ。俺はもう寝るからな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 08:20:27 ID:8O8oENmk
このスレ見たら昔やったケームブックとか思い出した。俺の行ってた学校では
ドラクエのやつとかが流行ったな。

俺も参加、4

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 11:43:34 ID:lMYfs/4C
あっ、俺もやった>ドラクエゲームブック。たしか3だったと思う。
》1 俺は1を選ぶ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 12:43:02 ID:B18JrYIc
今でもゲームブックは売ってるの?
昔は色々と種類がでてたよね。ページめくりすぎて本がボロボロになったりした。
>>1
4

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 13:08:34 ID:33eCbAHW
オーシャンズ12

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 20:39:03 ID:9dFx+2yw
         _,,.、 - ── - 、.,,_
    _┌ "´_且____†._`" ┐_
  ∠、-‐= ̄======= ̄=‐- 、ヽ
  | i"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i |
  | | (O O)   [ミュンヘン行] (O O) | |
  | |─────────────::| |
  | |                 ヽ=@=/  | |
  | |             __(・∀・)_ | | 
  | |_______l______l| |
  | |                    | |
  | |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l| |
  | |l二二二二二二二二二二二二二l| |
  l ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ !
  l   ____________. |
  |________「 ̄ ̄l________|
   |    |   l」 _[×ロ|_ l」   |    |
  ┌───┬ ̄─ ̄─ ̄┬───┐
.  \.____|_______.!____,/
     ―//――――\\―
    ―//――――――\\―
         ノ\ /|
        ゝ#〃⌒⌒ヽ  っ
        く#{ミ/ノヾ、_彡  っ  
       ∩//|ノ| `Д´ノ|∩

4:気合で歩いた。

プゥァァァァァァァァァァァァァァァァァァン
線路を歩いてたら列車に轢かれそうになった。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:04:12 ID:sFTSiTD6
ナイス
線路沿いには、たくさんの供物(轢かれた犬や猫)
食料にも困らんね

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:06:41 ID:9dFx+2yw
                    ノノノノ
                   ( ゚∋゚)    /
                 / 丶   ヽ::: < ミュンヘンの町へようこそ
                / ヽ    / /:::   \
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミc: /:
              (__/| \___ノ::
                 /    /:::
                |      ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\

何とかミュンヘンまで到着した。この街でこれから始まる旅の準備をしなくては・・・

1:敵を知り己を知らば百戦危うからずよ。 酒場でナージャの情報収集
2:やはり何をするにもお金よね。 お金を稼ぐ方法を探す
3:何よりも健康が基本。まずは体の疲れを癒しましょ。 宿屋で休む

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:07:59 ID:P7VlqvGk
              人::::::,/:::::::::::,//|::       `ヽ   ヽ、
           /::::ィ‐′:::::::::::/::::::|::       \__,l゙
           /::::,〃::::::::::::::::/:::::::|:: /       ヽ|
         /:::::::l:|::::::::::::::::::/:::::::::|::i::          ゙l
        /::::::::::||:::::::::::::::::/:::::::: il|::        \ ゙l
        /::::::::::::リ:::::::::::::ナ'''''- 、:|ト_\     \ ⊥-‐イ
       ,l::::::::::::::|::゙l |.,/ヽ,ニエt‐ .::!|:ヽ:::ヽ._  \__ノ _,
       ,l ::::::::::::,イ-゙l|、:::'"i:::;C;lヽ  ヽ:ヽエ__ \      ̄/
     ,,/::::::::::::::::|::ヽ."丶  ヽ;゚./       7でトi_;;;;;-‐‐‐'"
   ,/::::::::::::::::::::::人::::l:::::::::::::´ ̄`:::::::::::::  |::゚ソ.:::/イ
  l:::::::,/::::::::::::::::/:::ヽ,_`::::::::       ″ `ヾ /| |.
  |:::i´::::: :::::::::/:::::::::|:ヽ;;::::      、__     .i丿l
  |::l゙:::::  ::://::::::::::::l::::ヽ::::::     -    /  |
___/:|:::::    :l::l゙:::::::::::::l::::::|::::ヾ、        /  ヽ、
;;;;/:::::::    :l::|::::::::::/::::::|:::::::::::ヽ、__,, -‐'"´、    l
::|::::::::::    ::l::l:::::::/::::::::|::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::゙l::    |
:::|::::::____  :;」」;;;┴;::::ノ::::::::::::   |::::::|::::::::::::|::   /
:::゙l;:/::::::::::::`「lー‐ - 、:ヽ::::::::::    |:::::/::::::::::::,!::  ,/
,/:::::::::::::::::i:´     ヽヽ.       ト\:::::::/::   /┤
`::: ::::::::::::::|::      ヽ!     ,!  `''、::ヽ__ .| │
:::  ::::::::::::|::::        ヽ    / _,-‐''´ ̄ `ヽ| l、
   ::::::::::::ヽ::     ∧     Iー-く/         | │|


夜通し歩いてミュンヘンにたどり着いたローズマリー
もはやフラフラでノックアウト寸前だ
1:倒れる
2:まだ気合で宿を探す

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:12:07 ID:sFTSiTD6
2、稼ぐ為に、体の穴という穴を使う

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:26:36 ID:uV8dWAlf
このスレワロタw
>>15>>16どちらの選択肢にもある宿屋で

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:32:07 ID:lMYfs/4C
金稼ぎ 2

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 22:34:43 ID:mZCW4hHy
                 __,,‐--、
          _,,-―、=┴ー-、;;:::゙l
           く:::;/      ‘',|'i、
         ゙l."            ゙ヾヽ
          |::::            ゙l|i
            |::::       i   |′
            |::::::      ゙l   | 
         l゙:::::::::      ゙l ヾ、i
      _,,/::::::::::::::::::     ゙i、 ヽ、                       /": : : : : : : : \
   ,,-‐'"::::::::::::_,-'"゙`::::::     l   l                     /-─-,,,_: : : : : : : : :\
  ,/ン::::::::::::;/::/::::::::::::::::::::/  |  i i                    /     '''-,,,: : : : : : : :i
  /´::::::::::;/::::::;i::::::::::::::::::::::/  .| .l │                   /、      /: : : : : : : : i
 / .,,,-‐' l゙::: ".-、、:::::::::;/  :::/ / ,/、                  r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i
 l゙/          ,-‐″:::::::::::::/:::/ /:  ゙ヽ、               L_, ,   、 \: : : : : : : : :i
         /::::::::::\:::/:::‐' ",::::::::::__、゙l               /●) (●>   |: :__,=-、: / 
         〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,,イ-゙/ー′            l イ  '-     |:/ tbノノ 
         ゙l:;-|:::::::::::     :::::| \/|              l ,`-=-'\     `l ι';/ 
          ゙|ヽi:::::::::::       ゙l::::/\|              ヽトェ-ェェ-:)     -r'
          |/l、::::::::::::: ,,-'"^''i::ヽヾ:/.|               ヾ=-'     / /  
      .,‐''''''''ー〔ヾi::::.::::::/:::: :  |::::::|/:ヽl゙          ____ヽ::::...   / ::::|
      .|  ::::::::::\|、:::/::::::    |:::::゙l\:/l         / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

2:体を使ってお金を稼ごうとしたが・・・


「誘いに乗ったら負けかなと思ってる    ニート 24・男性」

相手が悪かったようだ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 22:47:19 ID:mZCW4hHy
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    (  ) 
    /             \ ...( ) .:::::::::::: ::::::::::::::: 
   /:::::::::::::::         :::::::::: ヽ( ). . .:::::::::::: ::::::::::::::: 
    l::::::::::::           ::::::::::|( ( . .:::::::::::: :::::::::::::::. 
    |::::::::: (●)   (●)   ::::::| ).):::::::::::. . ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::::. ..: : :: :: :::
   |:::::::_  \__/ _///===・ . .:::::::: Λ Λ       Λ Λ . . . .: : : ::: : :: ::: : :: :::::::::
    ヽ/  ヽ:: \/  (  /:::ノ::::: : : ::: ..../:彡ミ゛ヽ;)ー、   /:彡ミ゛ヽ;)ー、     __ . . .: : : :::::: :
   / ::::人l||>::: :: : :::::  |:: |/ ヽ:::::: :: :::::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i  / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i    /    \. .:: :.: ::: . ::::::
 / ::::/::::~~:: ::::: ::::: ::::  |::: ヽ / :::::::::::::/ :::/   ヽ ヽ ::l__/ :::/   ヽ ヽ ::l__/ |   :::::::::|\:. :. :. .:: : ::
.(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ノ ̄ ̄ ̄(_,ノ ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ (_,ノ ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ /: ̄ \     /:::::::::
           ↑                                 /:::::    ̄ ̄:/::
           @               ↑          ↑     巛:ヽ     彡::::::::::
                           A          B        ↑
                                                C

仕方なく酒場へ向かった。ここなら情報収集ついでにお金を稼ぐ方法も見つかるかもしれない。

夕方という時間帯もあっていい具合に混んでいる。誰に話しかけよう。
1:@
2:A
3:B
4:C
5:酒場のマスター
6:ウエイトレスの姉ちゃん


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 22:49:02 ID:P7VlqvGk

姉ちゃんに頼んで働かせてもらうのはどうかな

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 22:53:09 ID:Bs6rhWPD
スレタイ読んで新作のアニメかと思ったらコイツかよw

ここは姉ちゃんに話しかけるべきだろう。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:01:39 ID:lMYfs/4C
ニート君の判断は正しいな。
6姉ちゃん

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:04:16 ID:f6FjekKq
  , '     , '  f     |::::::::::::::::::l    ',   ヽ.  ,'
. /     ./    {.       {::::::::::::::::::j  ,  }    .! /
,'     ,' i    ヽ、,\-┘:::::::::::::::'-y、   i      |, '
!       , ! !   ./:::::::::ヽ、:::::::::::::_ノ__,ヽノ  丿 i !
t     | t ヽ、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::rf:.:.:!ヾ:ヽ/ 丿ノ
. \    t. ゝ-v’:::::::{ i、リl:::::::::::::::::::|f_j|:::::::,'_ / ´
   ` ‐- !ゝf ‐、 ::::::::::::::::::::...  ヽ .::ヒタ:::::::fノ
      ', l  }:::::..   <ヽ,___,  ̄ ..:::|  ヾ、
       l ゝ、_`       ゙'‐=='゙    /    }.}   ヾ、
      ノ  _.  \            イ    ノノ   / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:06:01 ID:mZCW4hHy
               _,, --、、
          _,,,........l,゙..,..,i-‐ `' ,
       , -'゙´;;;;;;;;;;;―‐'ぃ~フ',, '''ゝ..、
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./゙゙゙',;;;;;";;;;;;;;;`'、,
        ',.フ`''、;;;;;;;,,,/、   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
        /   !'''"  ,rii, 'i   .`-,;;;;;.ン'"''ll
      l    リ  /l゙  ! ぃ  `'"  .',│
      !   l ! ヽ ! ',  ! l l .,il  i' , |,ノ
      l 、 ',ヽ',,, `'! "./ 'くi',,,ノ│ / .',!/
       `、`,''''ャ';;ュ_,,   ~リT',fゞ.lr'、″
        V'l .kノ     ゙┴.′,i'│
        l `', ,' ,  ゛   ,' , ,i少゛
        !  \   -‐    / ',   
           ,i>..,,_,,, iiー''"   l
     _,,.........._,,,r';;`゙;;Yッll゙;;.|,,y--- ,,.
   .,r,', '     .゙.l'Y~゙'!/.lシ'゙゙,'.!    `'-.
   .|";;;;;゙'' ,    ゙ll..ン'~゙'''ー";',     /
   !;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.    l;;;;;;;;;.;、;;;;;;;;l     /
   l.;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   l;;;;;;;;;~;;;;;;;/    i′
.   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.  "''''――′ / .,r';.!
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           | ";;;;/
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         !;;;;;./
    `y..,,,;;;;;;;;;;;;;;;.l,          /;;;./
  ,,...,,_│ !┐;;;;;;;;;;.l      / ;;;/ 
 |   ゙フ  ヽ;;;;;;;;;;;; !    / ;;;;;/  

6:ウエイトレスに話しかけた。

「お金が無くて困っています。私を働かせて下さい」
ウエイトレスがマスターに相談したところOKが出たようだ。

酒場で働くなんてプリンセスのすることではないが仕方ない。



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:06:40 ID:bjYqTB8B
いい感じに目が離せないスレだw
1−怪しい情報屋

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:14:46 ID:mZCW4hHy
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   || 

マスター「そのエプロンドレスで働くわけにもいかんだろ。2階に服があるから着替えなさい」

マスターに言われて2階に上がってみると、クローゼットの中に数種類の服が入っていた。
どの服に着替えよう?

1:地味な服
2:派手なドレス

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:25:12 ID:ivFZ/olG
2:やはりロズマリにはドレスがふさわしい

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:38:25 ID:mZCW4hHy
              _ 、-、‐,ノ┐‐┬- 、
             ,.ィ=ニ, <二>,ニ=ヽ、∩ヾ、
            ,∩,.'   /丿ヽ_ヽ  ⊂○⊃ 、
            ⊂()⊃            .∪   |
         ,川.∪_,,/ll        ,,,,,,--─ソ l ,ノ|.
         !|| l゙   |ヽ、       -=ニニ-‐''~/
         /.||| |    | \   ヽ、、      ._ノ
        l゙ .l i| ─- +  ヽ、  ヽニニ二_ ''ニ=イ
       丿  ヽ,ト  ___\  ` ゙̄ __  T厂`ト 
       ,i´   l i 'T;;。;;7`     T;;。;;7` |`i   ゙l、
     ,f`   .,/`゙l ゙l  ̄ ̄   、   ̄ ̄ .i゙ ,l、   \
    ,i|′  ,i´  ゙゚ ヽ     、__,     /゚' l       l 
    ||   /    .U .\     ̄    / U  |     |゙| 
    ゙lヽ  ゙l.     ゙l   `iヽ、_ _ , イ  i´ │     .|,l
    ゙ハ ヽ    ,l゙    |      l   l゙   ゙k,、  l゙|
    .,/ノ   |    ゙i、 , イ     ,ト、 ゙l、   ゙l゙i、 | \
    ,i´,i´  / _,,,--‐''''゙V゙,> 、  ,/ヽ7ー゙l-,,,,,_ | .| ヽ  `ヽ
  ( l゙  ,,./,r'    ---ヾ、/''l‐l゙ヽ,/--    `゙''ッ,、、ヽ  /
  ヾ ゙‐ |`'′\、 ,,__,,、 `'、,||||/     ,,,,,,,,[  ⌒l゙ "
      |'''ー-、,,,,゙‐'′ ゙l--, `U゛  ,,,,、/'''" .゙,,二―‐'゙l
     i 〃   `゙"'ー-、,,,_ ゙゙゙゙''"_,,,,,,,,―‐''"^    │
    ,,,l_  〃ヾ ,彳=ニ>〈〉<ニニニミヽ∞ ヾ  _,,┴┐
    .┬,__゙゙'''ー-,,,     ゙̄ ̄7/ヾ、 ゙゙゙̄ ̄ ._,,,,―'''"゙,--'!`
    ,/  .ヽ--,,,,_`゙"'ー-、,,/ /_i ゙v-ー'''''"^ ,,,r'" ̄″  ゙i、
   丿         厂゙'---= ,{,,-,,,|, .,ト/'''"゙゙゙゙゙丿       ヽ
  /           |、   ゙''┘  "′    .,l、           \
 /         /゙l、               ,i´゙l         │

2:派手なドレスに着替えた

「ウフフフフフフフフ・・・・・」

さあ、さっそく仕事をしながら情報収集をしよう。とりあえず@の怪しい情報屋に話しかけてみることにした。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:46:09 ID:mZCW4hHy
ウエイトレス「なに・・・その格好・・・」
庶民にはプリンセスの気高さが分からないようだ。

さっきの情報屋に話しかけた。

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    (  ) 
    /             \ ...( ) 
   /:::::::::::::::         :::::::::: ヽ( ). .
    l::::::::::::           ::::::::::|( ( . .
    |::::::::: (●)   (●)   ::::::| ).)::::::
   |:::::::_  \__/ _///===・ . .
    ヽ/  ヽ:: \/  (  /:::ノ::::: : : :
   / ::::人l||>::: :: : :::::  |:: |/ ヽ:::::: :: :
 / ::::/::::~~:: ::::: ::::: ::::  |::: ヽ / :::::::::::::
.(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ノ ̄ ̄

情報屋「なんの御用だい?お嬢さん」

どんなことを聞こうか?
1:ナージャの情報
2:プレミンジャー家の情報
3:今日の特売品の情報
4:貴方の情報
5:これからどうしたらいい?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 00:26:50 ID:S1imYyAk
>>25
邪悪ナージャ降臨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ローズマリー様、プリンセスの座奪回ガンガッテ下さい。
4:クールでナイスガイな情報屋にせまる

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 00:37:30 ID:9oLTGjt/
いや、まずは5じゃない?
いかなローズマリーといえど>>1の状況
途方に暮れてるはずだ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 01:48:31 ID:h5GSDQBe
情報屋、使えなさそ……

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 08:23:00 ID:E+ikNx6S
やはり憎きナージャの現在の情報だろ。
よって1

この情報屋じゃナージャに殺されそうだがw

36 :8:05/02/02 21:30:56 ID:5u9UlAmC
いつの間にかこんなに進んでたのか…。
この情報屋がまともなアドバイスをしてくれるとは思えないが5だ。 

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:26:51 ID:3wzU4orz

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    (  ) 
    /             \ ...( ) 
   /:::::::::::::::         :::::::::: ヽ( ). .
    l::::::::::::           ::::::::::|( ( . .
    |::::::::: (●)   (●)   ::::::| ).)::::::
   |:::::::_  \__/ _///===・ . .
    ヽ/  ヽ:: \/  (  /:::ノ::::: : : :
   / ::::人l||>::: :: : :::::  |:: |/ ヽ:::::: :: :
 / ::::/::::~~:: ::::: ::::: ::::  |::: ヽ / :::::::::::::
.(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ノ ̄ ̄

5:情報屋に事情を話し、これからどうすればいいのか聞いてみた。


     「わたし・・・これからどうしたらよいのでしょうか?」

情報屋「ナージャか・・・。あの女には仲間が多い。今のお嬢さんの力では勝つことはできないだろう・・・。
     まずは各地を回り様々な経験を積むのがいいだろう。真のプリンセスに相応しい女性になる為に・・・。
     そして仲間をみつけなさい。共に戦ってくれる仲間を・・・。」

情報屋「そしてもうひとつ・・・。決して焦ってはいけないよ。好機は必ず訪れる。
      マスターお勘定・・・。」

礼を言うと、情報屋は片手を挙げ店を出て行った

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:43:21 ID:3wzU4orz
           , -ー'_二-、
      ._, -'''~_`;ーi--、,_l_
    , -~: : : : : : : :.ノ''''l:ヽ: : :`ヽ、
    l,::/ヽ. : : _, -,'   i, : : : : : :.\
    ./  '-'~ ./Vi  , \: : _, <:::l
    l  i  l l l  l l'i  i`'~  i:::l
    l .i l.l l 'i,_l  .l,,,l_l ノ.l //:}/
    ヽl,、,'i_'_;、_`  ''~ /_'_ l/ノ/:./
      l il 'l,;;j`    'l;.;k` .,'`i
      .>'l    '     /ノ
      ! ヽ、  l` i   ,ノ~ l
        .,-l_ー~-,iニ~_
  _,, -一''''''''l, ,、~7'l_;,,l''l `''''''ー-、_
  l /'-、    l.l:_:::}O{:_::} l     .)
  l' : : :ヽ、   l     l    /
  l   : : :ヽ  .l  o  /  / .ノ

ウエイトレス「ちょっと、ローズマリー。忙しいんだから早く仕事を手伝ってよ。」

怒られてしまった。今は勤務中だ。

1:「私はプリンセスよ。庶民のくせに生意気なのよ」文句を言って店を飛び出す。
2:「はいっ、すいません。すぐに手伝います。」確かに私が悪い。謝って仕事に就く
3:「すいません、体の調子が悪いので休ませてもらえませんか?」仮病を使い仕事をサボる。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:55:50 ID:rMA5YjFU
情報屋カコイイ
>>38
お金を稼がなければいけないんだし、ちゃんと仕事をするべきでは?
ここは2だろう。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:23:29 ID:3wzU4orz
2:真面目に働く事にした。

     /\___/ヽ
    /''''''   '''''':::::::\
   . |― (二)―(二)―| +
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    +
.    |   `-=ニ=- ' .:::::::| +,,; ,
    \  `ニニ´  .:::::/(,;'";,"`;,;`;;、
      / `- 、  /|ヽ  | ̄ ̄ ̄|,; 
    /  \  介 ノ \ ||'゚。 "o ||ー、
   / ヽ、  \| |/    || o゚。 ゚||ニ、i
   /   ヽ       ヽ ||。_0_o_||ー_ノ\ 
  l     ヽ        |___|`-'_ノ

客「お嬢さ〜ん、かわいいね〜。歌でも歌ってくれよ」

お客からのリクエストだ。なにか歌わなければ・・・
1:子守歌
2:けせらせら
3:地球のk(ry

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:28:59 ID:8W418082
3番の意味がわからないよママン
2…かな 

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:41:41 ID:qsol4W1B
ローズマリーの中の人がうたってた歌だと思う。
俺はドル美はキライだがローズマリーは好きだ。

かわいいよローズマリー

43 :42:05/02/02 23:45:18 ID:qsol4W1B
あっ、俺も2ね

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:55:00 ID:cB65Ssfa
ナージャスレのヤツラに不穏な動きがあるようだ。
久しぶりのプリンセススレを潰させる訳にはまいりません。私は忠実なナイトとして姫を守ります。

ローズマリー様万歳!ローズマリー様万歳!

2でお願いします。  

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:57:55 ID:3wzU4orz
2:明るい笑顔で「けせら〜せら〜♪せら・せら♪」

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

お客さんに大反響だ。興奮した客2人が他の客の下敷きになり救急車で運ばれた。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 00:11:43 ID:/1v7SIli
           ,,,―‐'' ̄ ̄'''''''-、、  ,r'"   |
             l           , ,リフ'┬'''''`   \
           ヽ      '"゙ ゛ _゙l,,-冖――-_  |
              ,l゙        ,‐^        \,|
            / |      /              ヽ
         ,i´  |    /            ─ ̄l _
        ,l    ゙l、,,_/ 二ニヘ             __ノ.!
        │   l l ´   ,,./| |ト               /
         |    l l    `  l   ||l,  ,!        ,ルl.,l
        |   | |    l /  ||ヽ  .l, ヽ、  .-,゙/ ,/
        |    | |   l |ノ    l| \ \,ヽ__、_/
        |   | l   | | ,___!!___,メ___ニチヽン
          l゙    l l i ノ||゙ .,,-ヽニ、ヽ     /じヽ l l 
       /    /::゙l|ミ、 |/~ |で;.;|ヽ    |;();.l /ノ    
     _/    /::::/~″    |;;();;|     ヾ_/ 「ハ  
    /ノ    /::::::::::l゙ヘ     .゙ッir゙     、 `` |l    
    l |    |:::::::::::\ヽ             ′  / I、   
    l l    ヽ::::::::::::!`;;\        ー一 / `l l   
    | l     ,!゙l::::::l::|:::::::`'i、 _       /;;;;ヽ,l、 l l
    ,i  l     / l::::::::|::l:::::::/_|     ┬;-イ;l::ヽヽ::::  l│
  / /   /:::/::::::::l::l ;;;;;l゙;;;`¬;o;-;;;;;」;;;,|l゙::::l::l:::::  l |
 (  l     [ |_,,,―'''"|:::::ー--/_ ヽ-─│`''-、;;;;;::  l l
  l、 l   ,―';;゙l     |::::::〔;;;;;;;_|_|;;;;;;/:::::l      l`;ヽl
  ` `   |:::::::::::l     l:::::::::::::::::::::::::::::::│    l:::::::`;;


お客の反響に喜んだマスターは酒場の二階の部屋に泊まらせてくれると言ってくれた。
なんとかこれでお金と宿泊の問題は解決できそうだ。

1ヵ月後・・・
お金もある程度たまった。そろそろ次の行動を起こす事も可能だろう。どうする?

1:新たな世界や仲間を求めて旅立つ
2:備えあれば憂いなし。まだまだ働いてお金を溜めておかなくては・・・
3:さあ、ナージャとの決戦よ!!オーストリアに戻る

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 00:24:54 ID:ya7imAxJ
  , '     , '  f     |::::::::::::::::::l    ',   ヽ.  ,'
. /     ./    {.       {::::::::::::::::::j  ,  }    .! /
,'     ,' i    ヽ、,\-┘:::::::::::::::'-y、   i      |, '
!       , ! !   ./:::::::::ヽ、:::::::::::::_ノ__,ヽノ  丿 i ! 
t     | t ヽ、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::rf:.:.:!ヾ:ヽ/ 丿ノ       フフフ・・・無駄なあがきはよしなさいローズマリー
. \    t. ゝ-v’:::::::{ i、リl:::::::::::::::::::|f_j|:::::::,'_ / ´        それともまた顔面ビンタを食らいたいのかしら? 
   ` ‐- !ゝf ‐、 ::::::::::::::::::::...  ヽ .::ヒタ:::::::fノ      
      ', l  }:::::..   <ヽ,___,  ̄ ..:::|  ヾ、 
       l ゝ、_`       ゙'‐=='゙    /    }.}   ヾ、 
      ノ  _.  \            イ    ノノ   / l  
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ  

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 01:53:04 ID:raRVCKs8
邪悪キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 04:12:08 ID:m0Uqp24H
1:お金も貯まったことだし、新たな世界や仲間を求めて店を出るローズマリー。

          l 〃! !ll: :::::::` 、ヽ、    '"ヽ、_ `ゝ-ェ!ニ二!__,._,.フ'":::::::::///∧ l.
         !〃! ! `、. :::::::::::::`ー-、___,.∠>ーェニ=ァ‐‐‐、-::::::::::::::::::〃// ! l
         〃 ! !  ヽ、,.-‐:::::::::::::::::::::::::::二フ,.-'1、ノ;;;;;;;;;. } ::::::::::::::::::::::/// ! _l
         |ト、 !  ! /`ー、_..::::::::::::::::::::::::::::'" . ‘、,.ゥ 0;;;; ノ_:::::::::::::::::::::</  ` 、
         || `、 ! .l/   、>--、_::::::::::::::::::::::::::.... ッル‐'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽヽ
.         i! `、! `、 ッ、'ゝニ=ェ、::::::::::::::::::::::::::::::: ~´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /    l.   i
.         ヽ.  `、 ∀フ,イ´ノ;;,`、:::::::::::::::::::::::::   ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::...i.   l
          `、  `-、ヲ/ ト';;;0;; } :::::::::::::::::::::::::::::...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   `、
           `ー   '`‘、`')、ッ‐':::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /     `
                 l  '´..:::::ノ..::::::::::::::::::::::..              _/
                 !  ..:::::ヽ ::::::::::::::::::::::,.イ             彡 `.    ヽ
.                 '、       _. -' /             イ/.  l     }
.                  `、     <_  ノ              ;'/ /!.    /
.                   ` 、      `二           /   ; //    /
                     `-、               ./_... -ァ'/    i

さて、厄介なのがナージャのしもべであるイケメン貴族達。彼らにかかった
ナージャの洗脳を解き、丸め込んでおけば後々ラクになるだろう。
まず、どこに行こうか?

1:「フフフ・・・ロンドンのハーコート家のご子息、フランシスを・・・」
2:「フフフ・・・ナージャの情報源、パリの新聞社のハービー・リングストンを・・・」
3:「フフフ・・・今、ローマで公演中のダンデライオン一座を…」

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 17:58:03 ID:QeaVjd0d
2 とりあえず、一番楽そうなところから丸め込んでいこうか。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:50:56 ID:DjCsOcwZ
フランシスは貴族なので防備が堅そう。
ダンデライオンは旅芸人に見せかけて実はナージャの武装親衛隊。
やはり1番手薄でナージャの耳を塞ぐ事のできる2だろう。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 21:08:38 ID:kWWXE3H3
  |::::::::::::::/::::::   | /    /   ‐+-ヽ┤  `''ー─'i
丿:::::::::::/::::::   |_/、 |/    `_ヽ_li、、  _,ノ
/:::::::: !::l::::    / ヽ ∨|.      --r-、:::l~゙゙゙゙゙゛ 
::::::::::|:::|:::     | :::い       、l;┃ i      
::::::::/::;!:::. ::.  人,__          `  ヽ_   
:::::/::::|::::: ::::  | |ミ:::::             /   
::::::|::::::::::::::::  ゙| |::::::::.             _ ,l   
::::l゙   、    ゙| |:::::::::.           ノ    
::;i´   |     ゙|゙|:::::::::::::::.        / 
/::    |     | ヽ::::::  ,-;;,.  ,,,_/
    /     丿 |:::: /    ̄ 
     //   /  /''ー,,,i  
    / /    / .;;イ‐-、 \ 
   丿/   jソ‐"::::   ゙ヽ \  ,、
   i´ l゙   ,/:::::::::      \ ヽl:: ゙i  
 / !   /|:::::::::        \ |: ヽ



2:パリにいる新聞記者であるハービーの所へ向かうことにした。
パリへの道のりは遠い。まずはフランクフルトまで移動するしかない。

現在の所持金 500G

アイテム
E エプロンドレス
E 赤いリボン

1:今度はお金もあるし豪華に一等客車よ。(−150G)
2:これからの旅の為にも節約しなくては。三等客車で我慢する。(−50G)
3:お金は大事だよ〜♪ヒッチハイクする

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 21:30:45 ID:bxCDULmp
節約すべし。2

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 21:41:27 ID:iprcgOQU
3→馬車が突っ込んで来てゲームオーバーの予感
残る選択肢は1か2だけど、1へ進むには装備(服装)が貧弱だから
ここは2が正解か?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 21:54:36 ID:7DeRbUF4
馬車突っ込みワロス
ホセの死は物語の進行上必要なかったよなあ…まさに無駄死

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 22:08:09 ID:Gpfr2iqD
2:三等客車に乗ってフランクフルトへ向かうことにした。(−50G)
残金450G



              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,                               ,イ    │
             l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l                           //      |:!
              ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~゙i、:.l:::::::::l                             //,. -/r‐- 、| !
               ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'': :`'´ i丿                          /,/ ./ |  _」 ト、
○───────── ゙i    ``     : : : リノ ────────────────/.\`/  |二...-   ヽ───────
┃──────────゙i  r--‐ーッ : :r、ノ .──────────────── i   ,.>、;/ー- 、   l───────
┃                ゙i ``''''"´ : :/::l'"                         ∠.._;'____\   |
┃              . ゙i、,___/: :l_                         !イ く二>,.、 <二>`\.、ヽ.
┃              _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_                     /'´レ--‐'ノ. `ー---- 、 |\ ヽ、
┃         _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,,、、-‐'''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_                \  `l  (!"      Jfヽ!  `''-;ゝ
┃   ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、            `‐、jヽ ヾニニ>   ゙イ" }_,,. ‐''´
┃ ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ             `´\  ー   / ,ィ_}
┃r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ .            |_ `ー ''´ _」'
_l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i          :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l           _,.| ~||「  ̄ 人|、._
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝこヽ       :l::_,,,..-‐''´:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;l、      ,r==;"´  ヽ ミ|||彡   / ` ー`==、-、
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ    ,,ィ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ヽ .   ///,イ  ___ ヽ|||_,,. ‐''´___  | | | |ヽ


三等客車は混んでいた。何とか席を見つけて座ると、前に怪しい男が二人座っていた。
フランクフルト到着まで特にやることも無い。どちらかに話しかけようか?

1:メガネの男
2:仮面の男
3:二人とも怪しいので話しかけない


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 22:42:53 ID:v7eRkvKK
なぜこいつらが…
1偉大なるラピュタ王

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:00:09 ID:yAojOBw0
.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              }
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j
     '‐レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/

1:メガネの男に話しかけた。
気が合うのか以外にも話が弾んだ。
「おかげで退屈せずにすんだよ。これは心ばかしのお礼だ。取っておきたまえ」

流行の服を手に入れた

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:10:39 ID:UcHwg/2Z
はでなふくキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:15:34 ID:B0X4IWE/
<ミュンヘン〜、ミュンヘン〜、ご乗車お疲れ様でした〜

     ._       ________________________________________
  __|_|___旦|______|__________________|_|______________
/ ̄ ̄| OO | ̄ ̄\______________________________________
|||   ||------|    ||______________________________________
||~~~~~ |.| ̄ ̄| |~~~~~~.|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ―― | ―― | ̄ ̄ ̄―――――――――――― ̄ ̄ ̄| ―― | ―― | ̄
||     .|.|    | |    ..||  | | ̄| |    .| |   .| | |   .| |    .|    |    |    |    |    ..| |   |.| |  .| |
||     .|.|    | |    ||  | |  | |    .| |   .| | |   .| |    .|    |~~~~~~.|~~~~~~|    |    | |   |.| |   .| |
||___.|.|__| |.__...||  | |_| |    .| |__.| | |__.| |    .|____.|____|____.|____.|    | |___|.| |__.| |
|-----.|     |------|―|   |―――|   ...|   ...|――――――――――――――――――|     ..|    .|―
|_O___|      |___O_.|―|  ....|―――|   ...|   ...|――――――――――――――――――|     ..|    .|―
|-----.|     |------| ̄|   | ̄ ̄ ̄|   ...|   ...| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ..|    .| ̄
|___..|/⌒\|___|_|__|_____.|____|____|__________________|____|____|_
|| ̄|| ̄ [×□]  ̄|| ̄| ̄| ̄ ̄ ̄(二二二二三三三二二二二) ̄ ̄|___| ̄ ̄|_______________
||_||__[二二]__||_|  |    (  〇==二二二==〇  )   .|___|   |_______________


ようやくミュンヘン到着だ。

ドンッ!!

列車から降りる際に他の人にぶつかられてしまった。
相手の人は絵描きだろうか?持っていた画材道具を地面にぶちまけてしまったようだ。どうする?

1:「痛いわね!!気をつけなさいよ!」文句を言ってそのまま立ち去る
2:「大丈夫ですか?ごめんなさい」自分が悪いわけではないが、相手の荷物の回収を手伝う

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:27:36 ID:b9rC46jj
2.人に恩を売っておいて損をする事はないだろう。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:32:54 ID:hcwBwr0P
画家では見返りは期待できそうもないが2   

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:50:04 ID:B0X4IWE/
2:画材道具の回収を手伝った。

お礼にお茶に誘われたのでご馳走になることにした。
どうやら画家になる為に、美術学校入学を目指してるらしい。年齢も自分とあまり変わらないのかもしれない。
しかもオーストリア出身だそうだ。

話してる途中にぽーっとしてこちらの顔を見つめている。プリンセスの美しさに見とれているのだろうか?
別れ際に相手の男はこう言った。

「ローズマリーという名前なのかい?いい名前だね。またどこかで会いたいな。
あっゴメン。そういえば僕の名前をまだ紹介してなかったね。僕の名前は・・・」




       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /             \
   /                ヽ
  /                    |
  /   / ̄ー―― `ー 、       |
  | .| ̄          ー―-、   |
  |  |               |   |
  |  |        l        \ |
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=
 |i^.| |   ゙._(9,)    ´_(9_l′'  | i |
 ヽ | |     ̄    !    ̄ ,  |_//
  | ||        |          |_l
  `-|       l、         |
    |        j,、       .|
     l               |.
    ヽ、    r‐‐ァ      / 
     |\    ヽ '     /^\
_ ,――|  \       / /   \
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄


「アドルフ・ヒトラーさ!」

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:52:54 ID:k4dIb0aw
  , '     , '  f     |       l    ',   ヽ.  ,'  __ノヽ、_ノヽ_ノヽ_ノヽ、_ノヽ_ノヽ
. /     ./    {.       {       j  ,  }    .! /  )
,'     ,' i    ヽ、,. --┘    '- ,、   i      |, '  <
!       , ! !   ./  _ノ   ヽ、_ヽノ  丿 i !   !すげえええええええええええええええ
t     | t ヽ、/ ,,ニニニミ、    ,ニニニヾ ヽ/ 丿ノ  丿ええええええええええええええええええ!!
. \    t. ゝ-v’ (__◎_)   (__◎_) ,'_ / ´  ∠__
   ` ‐- !ゝf ‐、    ̄ ̄       ̄ ̄´  fノ        ヽ,.-‐- 、,. -‐-、,. -‐- 、,. -‐-、,. -‐- 、,. -‐-
      ', l  } ノ し ヽ___ノ    |  ヾ、
       l ゝ、_` ⌒    ヽ   /     /   }.}  ヾ、
      ノ  _.  \      `ー ´    イ   ノノ  / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  !
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 03:32:36 ID:PNKw9y6E
ヒトラーかよw
ある意味ローズマリーにふさわしいな

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 03:35:58 ID:xQla7hol
  l             l    \: : : : . : : : :';::::::::ヽヽ::::`:-、: : : : : : : : : : : : :`
  ',     _.................._ l     \: : : : : : : ',:::::::::::ヽヽ::::::::`ー::、:_: : : : : : :
:、  ',    "_....====.......__``ト-、.    `::-、: : : : ヽ:::::::::::_`メヽ-―---ニ=_-----
::ヽ. ',   彡彡Tフ""フr―ッニキ-、`     ::`::-、: ヽ, ‐"_...==`<二ニニT-ミ:::::::::::
::::::ヽ:..',  ''"   !"T゙.∪_!__l!`ヽミ、      :::::::`::-ゝt又Tヘニ゙,イ`r-!、lヒ`-、ミ
 ::::::ヽ;',     ヽ.ヾ....`ァ--メ ヽ.`        ::::::"ヘ ヽ「”!  `"⊂フヽ..:::::::`ー
ヽ  :::::',     テ--ソ-ラ=   ヽ             ゝ..`ニニ..ノ.. .::::::::::::::::::
  ` 、.  ',                           ' ̄' ̄` ̄`:::::::::::::::::::::
   `ー-、                               ..::::::::::::::::::::::::
   . : : ノ'.,                , .:::::::.....         ....::::::::::::::::::::::::::/
  . : : /: : ヽ               〈i.::::::::::::::::::::....   ......:::::::::::::::::::::::::::::::/:
_.::-‐": : : : : :ヽ               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: :
. : : : : : : : : : : :!`. 、              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :
  . : : : : : : : : : ! : lヽ.         ー、-----ッ一::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!: : : : : :
 . : : : : : : : : : :!: : :ヽ:`!-、        ``'''""::::::::::::::::::::::::::::::::_:::ィ"´!: l: : : : : :

        ふふっ ヒトラーの尻尾の戦いぶりをごらんください

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 00:33:03 ID:EOCCWBZb
              '〔,,,,,,-‐''''―--,,l゙ .,/゙‐'-,,_    `゙'''-.  `"ヽ,、               
           ,,/゛        `゙"|    `"      `'-,,、  `'-,、             
            ,/               ゙l             `'i、   `!、            
           ,/` 、            ゙l                ,/    ゙',           
        ./  ,l゙             ゙l             _,,,/      .゙l、           
       ,l゙  /                 ゙l       .,l゙゙゙゙^         ゙l           
       .l゙  .l゙               ゙l     .,イ,n           ゙l          
       .|   |               ゙l,,,,,,,,,,--彡‐',"            ゙l          
       │  l゙       i、       ------‐" ,/゙l、           ゙l、         
          ゙l,  ゙l、     {                ,,│ ,,|               ヽ         
        \ │     .レ、       .-_,,,,,,,,,,,,ノジ.|             `'、,、      
          ゙''Vr、    ヽ'-、       `` .,-''| { 、         i、      `゙'''ーu,,,,,、 
           │`'-、,、  \`'''―--,,,,,,,,,,,,―''"|  ゙l | {       │         `''''ミヘ
               l,,j--,,`゙゙'''''''''"./二'-、_,.    .| .| | |          \            
             ゙ニ》"レ'レ    `'"`.,┴ッZニ-    ゙l .|_亅 │        `-,,、         
               ゙l.廴《       |゙l,_/'√     '" `゙l  .ヽヽ        `゙''-,,,_       
            })[寸      {{.リせ         |  ゙くヽ,、         `'‐、    
            │,|,,]      .,zミ,,,レ″        ,"   ヽ, `'ー,,、        、\    
            l゙、.^゙,,i´      `゙’ , , 、、      丿    `\、‘'-、      ゙l ゙l   
            |.// `        ,///,r`    __,/`       `'-、.゙'i、      │ ゙l   
            \   ,、      `       '" ゙l          \ ヽ      ゙l l゙  
                \  ゙で゙フ            l゙              ゙i、 │     | ゙l  
              ゙'-,, `″       ._,,-   ゙l、              ゙l ゙l、    ゙l .゙l  
                   \      ._,,-'"`   ,,,-''" ̄i、            ゙l ゙l     │ .゙l  
                 ゙l"ァ―ァ广`ヽ   ,/^    ._,フ,ッ'"゙゙''ヽ,,、    ゙l ゙l     │ .ゝ 
                 │l゙  |..゙l ,,ノi,_,r'゜   ._,x=゙‐'^  _,,,,,,-ニix_  l .|     ゙l,   
                    | │  .ヽ`√l'",,、  .,,,イ"゛    ,/      `゙゙'''!、゙l     .ヽ  
                 ヽ ヽ、  /''ヽノ" .|―,/     .,/`            ゙l,│     ._゙lr‐
                  \,,゙'ー↓ /  │ ,l゙      /           ヾl,   ,/`  
「あの方は私が本当はプリンセスだってことに気付いているのかしら。でもお姫様の相手は王子様でないと・・・」
さて、パリへ向かうためにはここで列車を乗り換えて国境の町アーヘンまで移動する必要がある。アーヘンに向かうには今夜の夜行列車に乗るか、明日の普通列車で行くしかない。どうする?
1:すこしでも早くパリへ向かわなくては・・・。夜行列車を利用する(−150G)
2:フランクフルトで豪華ホテルに一泊して明日の列車に乗る(宿泊費+運賃 −200G)
3:フランクフルトで激安ホテルに一泊して明日の列車に乗る(宿泊費+運賃 −100G)
所持金450G

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 09:51:55 ID:Eq5UlrJr
妄想プリンセスキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
一刻も早く情報源を潰すべきすべきじゃないかな。1

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 10:32:22 ID:Vgicxtnu
プリンセスの奴隷となり得る貴族の居そうな豪華ホテルがいいな 2で

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 12:53:11 ID:tMMQASC+
俺も2
今後の為にも上流階級の人達と交流をもっておく事が必要だ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 13:53:59 ID:BIN/VrpH
2:豪華ホテルに宿泊して、明日の列車に乗ることにした。エプロンドレスではまずいので流行の服に着替えた。(−200G 残250G)

なんだか警備が厳重で物々しい雰囲気だ。しばらくすると高級車がホテルの前に到着した。

              ,,,-ー''¬ー--,,,、               
             /`       `''-,、             
         ,/`           `'ー-,、         
        丿  _,,,---――¬'''''ー-,、  \         
          / ,/゜           │   ヽ        
       レ`             │    .゙l        
       .l°              |     .|        
       ,!               │    ゙l       
      .l゙            _,,-,,、   │     |       
      ゙l.j,フニニi、|  .j'ニ二'''' |'i、  ヽ、    |       
       l ,/l"刀'|   ゙/,`゙lア-,'│   ゙l  ,,-ァヽ      
      / 冖゙‐'゜l゙    `゙^'"゙^`    .゙l │i".、 |      
      {    .l゙             `'l゙ | ゙l,.l゙      
      │   丿              丿 ,,リ゜      
      ゙l、 .,/               l゙ ‘./       
       |_,,r'"゙''i、._,,,_ ,-,,_、         |,,-‐`       
      r,,ン.  _,,r゙lコ,,,`″.,r亠      i|          
      ` l.‘',l'~゚ニー-/゙'''''"        ,l゙|ri、        
        | `              ,,/丿 ゙l         
        .ヽ、           ,,/ン'゜  |         
            ,/x_、     _,,,r彡ー'"    .゙i、       
        丿 \"゙゙"'''ニフ'''"^        |、,,_      
     .,,,-‐''゙|′  `''|广            丿 ゙'''-,,_   
  .,,-‐'" _,,-┤    .,|"           ,,r'"''ー、,,、 `゙''ァ、、
,-'ヽ._,-‐'゙゛  \   .l゙l゙         ,,,,-'"`    `''ー、|_ `
  .,「       ‘-、│゙l,    ._,,,-‐'"`         ,,,-へ
 .,l゙         `┘ ゙ー--'"゙^           ,/゛   
 l゙                 r┬‐ッ―ッ-v-y-、,,,,,,,,,,,/′    
: `              "‘  "  ′" ."  ‘  ‘      
ドイツ皇帝ウィルへルム2世だ。このホテルに宿泊するようだ。
車から降りた皇帝は私の姿を見ると突然、「おい。キミ・・・・・・」
なんと私に話しかけようとしたようだが、周りの目を気にしてやめたようだ。
皇帝は何事も無かったかのように横を通り過ぎてホテルの最上階へと消えていった。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 13:55:15 ID:3/bLHT7L
マスミンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 14:07:46 ID:BIN/VrpH
       ノ\ /|
    ゝ#〃⌒⌒ヽ
    く#{ミ/ノヾ、_彡
    //|ノ| ゚ ∀゚ノ| / ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄ ̄

その後しばらくしたら突然、黒服の男が手紙を届けにきた。
なんと皇帝からのパーティーへの招待状だ。やはり真のプリンセスは皇帝であろうと虜にしてしまうようだ。

さて・・・

1:皇帝主催のパーティーだ。思いっきりおしゃれをしていかなくては・・・ドレスを買いに行く(−250G)
2:お金をこれ以上使うわけには行かない。流行の服で出席する
3:真のプリンセスはどんな格好でも大丈夫なはず、エプロンドレスで出席


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 14:33:23 ID:vn+MxwdV
今度はウィルヘルム二世かよw
1:お金なぞ後でどうにでもなる。ドレスを着て出席すべき。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 14:37:19 ID:heJQ/gUw
こういうところできっちりと見栄を張ってこそローズマリーだ。
1でゴー!

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 15:31:10 ID:fZstUGg2
         "√"゙|ア   ゙,/    |                   ~冂  |
            ,i´ /l゙   /     .|                   -,,、   ゙l|  .|
         ]  .|l゙   .l゙       ゙l                 `'-,,_  リ  |
           l   |′  l゙       │                  `゙''ート-=-、,-‐゙]
        ヒ  |   │        ヽ       ゙l           '-、        _,i´
        《  |   l゙         ヽ、     ゙i、        ゙\_     _,/
        ||  |   |  ._,,-‐'''''''''''━=m゙l,,.     ゙l,、         `゙'''-=ニ|′_
        タ  ゙l   l゙ .'"          `-、    ゙リi、              ̄`.,/
          ,″  │  .|             `''-,,_   ヽ`‐、,_             _/`
          ,i´   ヽ  ゙l     ._,,,,,,,、,,,,,_      `'ー、,,,__,),,,,_,`゙''ー、,,,,,,,,,,,,,,,,,,―'|゛
       ,i°    .゙!,-↓  ,/ニ|゙‐'フ''ミ''t┘       ,lレ「''',レ'巛¬i、  |,,,,,  ゙l,
      ,r°     |、 ゙l  ″゙l゙l″ | .|         ['广  ,| | ゙''" .,i´ |   .\
    .,,i´       .゙l.ヽ ゙l    ゙z!ly,i|,,l冫         ゙'レi、,,,lレ′  ,ノ,/ │   `''i、
   ,,i´        ヽ `│    ″             ~゙゙゙゙゙゙゙″  、/ 丿      `'i、
   ,l゙          ヽ ヽ、          ゙l               ,ア ,/`        `-、
  /            `i、 ,!i、             "              ,《,l-]          `i、
  l                |`ミ゚゙l                        ,l゚, |           ゙l
  と            ,l゙./゙l ヽ、         ,,,,,,,,,,,,,,,,,.       ./゙.,i´゙l │           |
   ‘'<、.i、          ,/`{ │ .ミ-、     ゚'ヽ,,,,,/      .,/ ヽ,,l゙ \            ,リ
    .゙l,l゙      _,/゜  ‘"  ゙l `-,_               ,,-'〔       `'-、,_      .ノ.l゙
   _,w'゜  .,,,-ッ''”`       l゙  `ヒ-,、       _,/` |          `ヘ、   /`l゙
  フ'"  ,/゙/         _,/    | `''ー、,,、 ._,,-'"゛/   ゙l              ゙i、  .l゙ ヽ
 ''゛   ./ /`       ,,-'',i´    .|     ̄`   │   .ヽ           }  .゙l、 \、.
   丿 .,i´         ,/ .,/      .|         l゙     ゙h,,_         /   `'-,,、 `゙''''`
    │  .|       ,i´  .l゙       |           |      ヽ `''-、     .,彳     `゙'''ヶ、、
    {   ゙l      │  l゙   .,,,-v,,,.|           |,,,v、,、    │ ‘'i、    l゙ ゙l        |
    ゙l.,,--,ヽ _,,,_   .|   ゙l ._,jシ‐''゙l`゜        ゙l゙',k,`i、   ,l゙   │   .| .|,,,,,,,,,,,    丿
    ,ブl,,, |-,i´_,,ミ=-‐¬'''''''''゚゙゙゛.゙l,.,,/\           ,,< `ア''''―-l゙-、,,,,,,,i|,,,xニ,゙ヽフ、.r‐'゚| .,,-'"
   丿 `ー「rr'"           ゙ヽ .,r'"-,、  _,_  .,,-'i、 `'ッ゙           `゙',ッヽ-°゙l./
   _,).   .\,,,,,,,,_         ゙イ  ,'"''r'" `'ぐ゙i、 .ヽ,,/             'ト    .,ノヽ

1:全財産をはたいてドレスを購入しパーティーに出席した。(−250G 流行の服売却+100G 残100G)

「みんなが私を見ている。この私を・・・」プリンセスの美しさにドレスの華やかさが加わり、会場の注目の的だ。

皇帝から直々にダンスに誘われた。私をひと目見ただけで特別な存在だと感じたらしい。
皇帝「なにか困ったことがあったら、いつでもベルリンにいる私のところに来なさい。」

気品と美貌を持ち合わせた淑女としてとても気に入られたようだ。
当然よね。ウフフ・・・

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 15:49:21 ID:Vgicxtnu

ナージャ英伊墺連合軍vsローズマリー独軍

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 16:17:38 ID:fZstUGg2
                   ,,/                         
             ,,-i、,i´                          
             ゙l   ._,,,,_ .,,,、,、     .,,、      l゙゙>,、     
               ィl''「゙ニTk、`^  `゙'''----‐゙ `'i、  r'"'''''′ `''---―ー丶
             'k--、,i´               `-‐"
                |   |  ._,--,,、
                |   | ,i´  `'i、
            ,,,エニ二ヨ,'冖¬i、 .,}―ー―-,,,、
    .,,,-――‐ッ‐'゙,,,,,,-v,,,_ `''┬ー¬-x,,,,_ ./"゙'ひ-、       vvィッri、
   /`   /,,/`    ゙ヽ、 `'.   ゙i、^゙''∀`|.|,!゙'L     _ ‘''゚i,せ'"
   |   丿.,i´ ,、  ,,,,,,,_,,,i、  ヽ   .|    .]l゙゙l l゚|'b。。. r'j゙l゙{、 .|| ,,、
   │  .,i´.l゙  ゙゙l_,"''''''''''''''|   ゙l   |    .| | }|゙゚~コi、゙l ,l゙'゙'i、|  || ,八
   .l゙   .| |    |_フ    |   .|  .|    .|.| | |.,ィ"{″|..l゙│ .|.| ゚l,,ト
   |   { .ヽ         ,ノ  ,i´  | ._,,-‐'"'| |,ひ  | /,r,.)゙l  ″.'″
   ヽ,,,_ ヽ \        ,l゙  /   ,,ド゙l''''!<j゙「,/  l゙.,ノ,l゙.|.゙l,{
    ゙i、 ゙゙̄l、 `-.,_   _,,/ .,/ ゙゙゙̄フ゜ .l゙  .|,,l「.,l二''''''1`゛ `゛
    ィヘ,,、,,,,)   `゙'''''''"  .,,,,__、,,,,i´    ゙̄,,i´.,lヽ,,,,二,]
   _d┐|                乙│   / .,r―----,}
: :zニ二iiェニ,,,,,,,,,,,,,,,,,__、     |ト∪  /  ,←------l゙
.・冖-i、       ,,,、  ̄ ゙゙̄二,,,゚”'''''''''f′ .,Z,,,,,,__   |
,    |      ,/ `i、   .,i´  ゙K   l ,,ri″     ̄~゙}
゙く,_,,,/^'''''''''''illlサ、,,-┴----ん   エ,,,,,,,i__,_、    │

翌日、昨夜の夢のようなパーティーの余韻が抜けきらない状態で駅に向かうと、すでにアーヘン行きの列車が入線していた。
ドレスを購入してお金が無いため仕方なく三等客車だ。(−50G 残50G)

車内に入ると座席はほとんど埋まっていたが、2つだけ空いている席を見つけることができた。
どちらに座ろう?

1:黒い帽子をかぶったデブとノッポのいる座席
2:同じ年くらいの少女がいる座席

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 17:13:30 ID:URMWK9D0
デブとノッポのふたり組ってもしかして…
しかし女の子のほうが気になるのであえて2
  

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 18:01:49 ID:hh+YaQNq
2:女の子がいる方の席に座った。
                    _,,,,,,_
             ,,,/゙"゙゙"'゙゙゙`  ^''-、
         ,/`           `''i、
          ,,i´     ,/V'i、       ゙'i、
       ,i´      /`  .゙l、       ヽ
      丿      ,/    ゙'i、      ゙l
      .|      ,/      .ヽ      ゙l
      |     .l゙ ,,,,-.    -7o,,_    ゙l
      |     ,i{,彡i、,,、   .,r'''''冖-,、  .,l゙
      ゙l、   ,,l'"  .,,,,,,,li、 ,レー-,、  .゙く .|
      ゙l,  .|   ,l゙,i/i、゙l | l,,,》 "   .レ′
       ‘i、 l、  `.|..゙,} .|"゙l ゙l,/    .li、
        ゙'/゙l,    `゛,/ 、゙i、    .,r゙,l゙
         ゙l、゚ッ-,、,--″ .| .゙''----rレヽ
        .r'"゚'x,|。     ′ 、  .,i″  | 
        .゙゙l、  .゚i、  `'-,,,-'" .,/|   .(,,_
           ,7  ,i´゙''-,,_    .,,ィ′゚^|   〕
           ゙l  ,ノ   |゙''ー-'"`.|   ヽ,,,  `ー,
        ./ .l゙    .|     ゙l    .゙l、  │
        〕 ,,,ノ   、│    .゙l,,,,,,、  `゙''i、 `゙゙''',,,,,
      .,,/^  | _.,,r'"'(、     ,l゙ _/・゙⌒'j,ヽ,-、,,゙l,_、
    .,,l゙ ̄~"'''''|゙^  `\,\、   ,l゙/`    |`゛    ゙h,,
  .,r".ヽ    |     `ヽ,゙___i|"     │     .| ゚┐
  ,l″,,,r′   ヽ      .|゙` ゙゙'i、     ゙l     ,l゙  .゙l
 l゙ ゞ       }      {、   .}      ゙l     .ヽ  .l゙  

なんとアップルフィールド孤児院にいたときの幼馴染み、ニコルだった。
ニコル「わあ!!久しぶりね〜、ロ〜ズマリー!!」 それからしばらくは昔の思い出話で盛り上がった。
まあ、奴隷同然の扱いをされていた孤児院時代なのでロクな思い出も無いわけだが・・・

・・・そういえば彼女はナージャと私の間にあったことを知らないはずだ。今のうちに味方に引き込んで置いたほうが
後々役に立つこともあるかもしれない。

1:「お願い!私に力を貸して」 ナージャの陰謀によって落し入れられたことを正直に話す
2:「お願い!私に力を貸して」 ナージャの名前は出さない。悪い奴らに落し入れられたと話す。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 18:59:38 ID:0at52tQE
ニコルたんハァハァ
2:下手にナージャの事を悪く言わないほうがよさそうな気がする。
「ナージャがそんな事をするはず無い!」とか言わて気まずくなりそう。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 20:02:04 ID:HxRtu48I
ニコルは簡単に騙せそうだがな。
一応2

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 20:23:32 ID:CjKkeH4C
    , ---- 、       |\ /|
   /::(/、^^, :     ;'  ̄ ̄ ヽ
   |::l-○,○|.      l      l
   。、  ヮノ。    ノ      ',
   。( つ O。   (( ((  )) ))
    l    l     (,,, ` ´ ,,,)

2:悪い奴に落し入れられたということにしておいた。

ニコル「ローズマリー・・・。あなたがそんな目に会っていたなんて。
     まかせて!私も貴方に力を貸すわ。私達、家族ですものね。」

ニコルが仲間に加わった。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:54:39 ID:CjKkeH4C
アーヘンで列車を乗り換えるとすぐに国境を越えドイツを後にした。
ベルギー領内を通過するといよいよフランスだ。車窓には広大なフランスの平野がひろがっている。

      .,,-'''l「-''’゚'-,,゙l、'ニン┬リ''ヽ  `'i、
     .,/           `'''ケ'入  `'-、
    ,,i´               ゙'〈i、   ゙i、
   ,ノ                 ''ー_,,,|゙lッ  .│
  .,i´ ,,/゙l            、,_  ,,E _,,,│
  .,i´ .,/  ヽ    'li、       ゙゙''''゙‐'“/  l
  l゙ │   ヽ、   ゙゙l,!i、,、      ._,/   .'|i、
  .|  |   _,,,,,,,,,,,,,,_  _,,,,ii,i,jl#lllリ,!'''''".゙l,-i、   ゙lヽ
  ゙l ゙l .,,-'”゙^ .、  ` ̄ ゙“゙|,_,7巛   .″ )   .゙-ヽ
   ヽ ヽ  :u,》'ねi、    .゙|_{l゙     .l゙     ゙'-、
    ゙'、\ .iレ゚゙lィ~'レ     `         ,i´     `'-,‘'-.
     `リL  ゚テ'“′i、         |″     .:i、 `'-,. ゙i、
      ゙i|li、     ‘  .,。      丿       ヽ  ゙i、
      `',|、    ¬''″     ,,┤ ヽ      .ヽ  ゙l
       / \             / .|   ヽ、     │ │
      丿 、`'ヽ,,、     .,/゛  │   ゙i、     |  |
     ,i´ .|    `゙゙"'''''''t‐,ン--、,,,_゙l    .|    .|  l゙
     ,《  .\     .,r‐'T` _、  `゙\   .|    .|  ヽ
     ゙li、   .゙i、   .,┘.,r'"゙゙゙゙^⌒゙''''-、,.\ .l゙    .|
     .゙lヽ   .l゙  .,i´./        `''♭{     `ヽ
     l゙ ノ  ノ  .l゙/              ゙> ゙l      `i、


ついに列車はパリ中央駅へ到着した。これから新聞記者のハービーを探さなくてはならない。
まずは何をしよう?

ニコル「まずはあなたが探している人の情報を集めなくちゃね」

1:やはり酒場で情報収集よね
2:探偵を雇いハービーを探させましょう
3:せっかくパリにきたんだから観光でもしましょう

85 :名無しさん@お腹いっぱい。::05/02/05 22:24:53 ID:WDyeDz5D
息抜きも必要なんじゃないかな。だから3

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 22:31:34 ID:tX2BAx7e
探偵を雇うには金がたりないんでない?
>>83
ニコルのAA、ちびまる子のたまちゃんを思い出した。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 23:55:30 ID:xeE/lAzq
            _,,,,,,,,,,,、 ._、 _,,----、
       /゙⌒   `'l'"`゙l'′   |
        ヽ   ._,,┴''"゙゙゙''''''‐. .|
        ゙l, .,/.,r、      ゙lt“'i、
           ,゙l,i´ .,/ .゙l、     .゙' ヽi、゙i
       ,/゛l゙ .,i´ _,,,ミi、 .ヽ、  ' ,,,,,┴,-.
   _,―¬''" .|  | ./`  `'ー-ヘ,,,, `ヽ   ''''ヘ_,,,,,.,,、
  ,i´      |、 ゙l .,/'゙r l     .,lン ミ'  ゙ヽ ,-'"゙`  `'ー-,、
 .|    .,―'''゙゛\'/|.″゙l  ,、.゙l .| .| ゙i、  -,ド   ,,--,   `'i、
,‐゜    |     .〔゙l, `-,i´.,,,ニ、 `'" .|.,,i´ ,/`   ,/   l゙    ヽ
゙l .,,,,-,,/   、 .,,〔\、  ゙l、 .} _/ ,! /   ,/     ヽ    ゙l、
{ /    .,r'" ゙̄`   \,,_ ヽノ,/ .,/`|   ,/,r'''''''   .,,L、   .|
`゙'ヽ、  │ __ _,,,r-,r、|゙"'''゙|   |  l゙ .,ィ""'-,  ._r‐'- =,   }
   ‘'''''''''ヘ、,/ヽ`゙" ,l゙ ゙l.゙,!|  .,ト,,,,,,,,|  ゙l,.l゙l゙    .゙l, ,i´  .ヽ ゙l .,/
       .,i´ │ l゙゙l、,,,゙l,゙l゙l, ,l ――\ ゙|,,゙l、 .ー" .|''|  ー  `',!レ゜
       .|  .゙l,,,,, ).゙冫 ゙l,゙l!”゙l   .,i´ `''〔‘'k,,,,,/` ゙l,_   .,/,/
       .`-, l゙ .7| ,r|, `,_"  l゙ ._,,/‘''┤  `ァ‐'"|゙'''''''爪广"'-,
        ゙l! .ヽ,ア ヽ,/ ヽ  .|,/_,,---゙`'i、 .|、 | ,,/` |   ゙k,,,、
           l゙   "   ゙l   ∨゙"゛._,l゙     `'t- i、,iシ',i´  l    ′`
                  ゙l  ./゙,,7   .i、  │ ゙゚'x"  /.,
                   `'''" .ゝ   .:┴'''"゙~゙'-l゙,,―┴ヘi、

3:息抜きにパリ市内を観光することにした

ニコルははじめてのパリ観光に興奮しているようだ。
「あれが凱旋門ね!エッフェル塔だわ!ヴェルサイユ宮殿よ!シャンゼリゼ大通り!!ルーブル美・・・」
パリ市内を観光してデザートを食べて・・・

最後の観光地を見終わったところでお金が無くなった事に気がついたが後の祭りだった・・・。

残金 0G

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 05:26:52 ID:OtAPlYxm
こうなったら劇場で踊り子のバイトでも。。
ナージャを超えろ!

89 :ローズマリー様親衛隊A:05/02/06 07:15:03 ID:vAnQm3GX
記念カキコしておきますね

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 15:31:06 ID:yTr+643Q
              ,,,,,,,,,,,,,,,
               _,r´:::::::::::::::ヽー-,,,,-.,_,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
              '┐::::::::::,,./T'"'゚'''''''─ー、::::::::::::::::\
            l゙::::,,-'゙,,7゙゙|        `"'i、::::::::::::::)
             ゙ソ゛.r'"  |            ゙i、::::::::〈
            ,i´ ,i´   ゙l  .l     .''┴',i゙,iノλ
               | /     l、 ゙l     _.ノl""l゙゙ l
            l゙ │ ,,/  ゙l=Mi、        ,,i´i  |
            ゙l 」  ._,,,、  `ヽ ,L,,,,,,,_,,,,,,-|  |  |
               ヽ l  ,_,i~ヽ   ,,-i~'''-_,_.   |   |  |
                レ|  |,~'|    ゙l.~''~.}    'l,,゙゙ l |
             ,!,(|  ~~   ,  ~'''''-'   '".リ  | ゙l
            /,ノ | ///  ヽ   ///   ,,_,,d`  | ゙l
              ,r'ン ()ヽ             / () ヽ |  'i、
             ,彡′│  `-.  ̄`     / l  | ヾ''i、  ゙'i、
         ,i´|   │   `ーr,- - - ィ  |゙ l   │ ゙l   ,!
         | .ヽ ,i´ ̄ ̄ ̄"-′     ソ" ̄ ̄  ̄\l、 │
            ゙l │.|                     l゙ヾ ,!
         lミ,,_ l   l,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,,   l    |_|丿
              |´ ゙゙̄lレ ̄ ̄\ィ″    \|゙     |
              |    .゙l,     l゙       |     l
               ヽ、  .7    l゙      .l゙    l
              ゙l  ヽ、   \     ,i′   l゙
              │   l'ーi、    \   /    ,/´
              |   |  \    \/   /
           ,,,ーー、,_\、.}   \       /|  __
        _ l   `゙'゙‐'イ`     \    /゙ ̄ ̄    '''ー'ー 、
    ,,─‐'''" ゙゙^     ヽ|        \., /             <,_
    (、      `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゛ ヽ       /-ニニ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙          'ー,,、
   _,ノ′         _,,,-''' \ ,,,,,,,ィ '″                  `'i、
 ,-'"゛        _,,-‐'″       ヽ                       ノ'''

仕方なくニコルは食堂、私は踊り子として劇場で働く事にした。ナージャでも勤まる踊り子がこの私にできないはずが無い。

しかしダンスの練習が始まると他の踊り子にまったくついていく事ができない。昔から勉強には自信があったが運動は苦手だったのだ。
やはり本番でも大失敗をしてしまいすぐにクビになった。

食堂で働いていたニコルは仕事ぶりを料理長に気に入られたらしく、バイト代を奮発してもらったようだ。
ニコルにこんな特技があったとは・・・

バイト代 +200G

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 21:18:28 ID:f8vKyyiZ
チュチュロズマリキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

恥じらうロズマリたん(;´Д`)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 22:41:21 ID:ZtEXeE3c
頭で勝負してこそロズマリたん。えらい人にはそれがわからんのですよ。
さあプリンセス、こま使いのニコルが稼いできた金で前進すべきです。 

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 23:15:23 ID:6LnYofXq
         ___      __ 
        ,/:::::::::::::::イミ二二,゙ニュ。:::::::ヽ
          ,,|::::::::::::_,,―┴――、:::::::::::::::)
      ,,i´ |::::,/`        ゙''-,,,/`
     ./  ゙l'" ,,、            ゙ヽ
     l゙   ,/  ,/ ヽ   |       ヽ,、
    ,!  ./′丿  .ヽ   ゙l        `゙゙゙゙゙丿           _,,--、_,,---,,
    |  /  .l゙    .ヽ、 \     \ー''"          ,,/″  `   `'i、
    │  |  |    ._,,-ヘ_,,\,、  _,,,フ         ./    ,-i、,,i、    .ヽ
    .|   ゙l  |    '"`      ゙゙̄'' ̄"}.}          ,/    .,,″ ″.}    .ヽ
    .|   .゙l,、゙l, .,,r‐',!i、    .,--、 │ ゙l         l゙    /    ゙l      .|
    .|   .| `--У.|'ッ〔 |    |レ|,.|".,l゙  |         |   ,/       ヽ     .|
   │  .|. ゙丶  .゙l,'''゙,i´    l゙ヘり .l゙゙l  |         |  丿._,,/  \_‘i、   |
  /    ゙!,,_.__  ~゙゙″  , ‘"'°.|,/  |         ゙l .,/‐“'''ヽ,、  ,ノ“⌒'i、  l
  |     .i、 ^ ヽ          ,,/′  ヽ         `'Z  .,―,゙ヽ./゙,―,  ゙l,丿
  `'i、   │  .,/i、    つ   ,,ィ゛.゙l    ヽ        .|  `| │
|゙| |  |   l
  .,-"   ,i´  ./′.゙lー-,,、 .,/ |  \  丿        .|i、   ` .,/ ゙l,.`^゛゛  l, )
  ,i´    l゙   {  .|  `Z'"   |   ,! 丿          'rミ't―‐'" ,`''―-iシ
 .|  ,/ ̄T-,、  ゙_,/゙'゙l,,  'lハ,,,___l゙  l_,l゙           ., ̄'i、         ,r゚i、
  `ッ"  ] `'"゙゙^,,L,,,,.ヽ .,i´ },` ,ッr<  `'i、          ゙l  ゙'' −  .,y"  |
  |  ,/ |  .l'"゙゛:::::::゙'-コ''゙‐'r,!“゙^::::::::,!   |         .,i´ .,-‐゛|゙'ー‐"|゙''i、 `,!
  ヽ l゙/   .゙',::::::::::::゙l::::::::,,i´:::::::::.,-"   /        .) __)  l    |  ヘ、 \
   .| .l゙ },    ゙l:::::::::::::::l::::::::::l:::::::::::::::│ ./        ._ (、,.,) ,,,r,ノ    ヽ,ι ., !  ゙)

  .,i´.| ‘''-,  .|:::::::,/ ̄ ̄l'-,l,::::::::::::::゙l /       
_,,,,,゙l-|::::::`''〜 li、_.,/,-┴''"゙|,,,l゙ 
  ゙l |   .)  .ヽr″   ,!:::::ヽ ̄`ー゙/゙|       く   ゙l:::::::::::::::::/::::::::\:::::::::::::,/ `゙'''-,
   `┤  .:(、   |    l゙:::::::::│   | |       ゙l   |:::::::::::::::(::::::::::::)::::::::::|     ゙l
    |    |   .,,i´   ,/:j',:::::::゙l   | .゙l      /   ,/:::::::::::::: . ̄T ゙̄l::::::::::::\  _/
    ゙l   |  .,/│  ,i::::/ ゙l:::::::::,|   l │     |、  ,l゙:::::_,/,i´::::::li、:::゙l,!\:::::: /   l
    |   |.,/  \,,イ、::l゙ .|::::/   │゙l      .ヽ  └'"゛ /:::::::::| ゙l:::::゙l  ヽ ̄ .,ノ
   ,l゙  .,/|    .l゙  ゙'┘  ゚┘    .| │      |゙''ィ   ,/:::::::::::| .|::::::::゙l  i、._,┤
   | .,/ .゙l、   /           ゙l .゙l     : l゙ l゙   ,i´:::::::::::::| ゙l::::::::::l  广 .|
   | ´   ゙',ァ-ノ               | .|      : | .|  ,i´::::::::::::::::| .|:::::::::::.|  .|  .|

お金の問題は何とかなったが、まだハービーの居所は分からない。
1:自力でパリ中の新聞社を片っ端から探す
2:誰かに協力を求める
3:この広いパリで一人の人間を見つけ出すなんて不可能。あきらめる

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 23:29:41 ID:bXWCxNjn
2:前に知り合ったドイツの皇帝に頼むとかはどう?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 23:58:16 ID:l9EXl9yi
皇帝に頼むのは奥の手。ハービーごときで使うのはもったいない。
2 人を雇って探させる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 00:45:37 ID:1gxxpQeH
┌────────┐
│流石人材派遣会社│
└────────┘
       ∧_∧
  ∧__∧ (´<_` ) 
  ( ´_ゝ`)/  .⌒i 
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/i |___
 旦\/___/ ヽ⊃ 旦       |\ /| 
           __       ;' ̄ ̄ ヽ 
          /   \       l      l 
          |     |      ノ      ', 
          ヽ。∧。ノ     (( ((  )) )) 
          (,,,。`´。,,,)    (,,, ` ´ ,,,) 
          | |。><。| |      | |>o<| |

2:人を雇ってハービーを探してもらうため人材派遣会社へと向かった。

兄者「あんたらの金で雇えるのはこいつらだよ」
弟者「この時代にPCとは流石だな兄者」

残金200G
1:親方 プロフィール 元馬の鞍職人 力には自信あり 100G
2:ガイド親父 プロフィール 元ジャンヌダルク保存協会ガイド 80G
3:闘牛親父 プロフィール 元人気闘牛士専属マネージャー 50G
4:婦人 プロフィール 元貴族婦人 黒バラに財宝盗まれた没落貴族 30G


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 12:07:36 ID:I/G/SUFL


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 12:10:36 ID:/TSdHUwU
漏れも2。このメンツなら一番使えそう。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 13:15:27 ID:3u9TlWAu
ガイドは肝心なところで逃げ出しそう。
3と4は問題外。だから1

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 15:14:35 ID:IPj7dAY/
     ┌-.─-┐
     |     |
    匚二二二コ
     | ┬ ┬ |
     (|二 二 |)
  ┌─ |  Ω  |─┐
   |  | | ∀ | | |
   |  |  T─T  | |
   |  |  ∧∧   | |
   |  | (,,゚Д゚)  | |
    └ ∪ ∪ ┘

2:ガイド親父を雇った。(−80G 残120G)
ガイド親父「よし!ワシに任せておけ。ついでに100げと」

ガイド親父がハービーの捜索をしている間、何をしていようか?
1:普通にパリ市内を探索する
2:金持ちが集まりそうな所へ行って、下僕となりそうな貴族を探す
3:特に何もせずにホテルでゆっくりと休んで待つ(−30G)

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 19:59:45 ID:2mobKm1h
ニコルもいることだし、下僕を探すのは後で良いだろ。
というわけで1。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 00:04:30 ID:cIg1Ul57
ハービーと対決するにはニコルだけでは頼りない気がする。同時に弟とも戦う事になるかもしれんし。
パリ市内で一緒に戦ってくれる仲間を見つかるべき。だから1
ところでこのスレの進行はまだ>>1が続けてるの?


103 :1:05/02/08 03:47:43 ID:ySq5Cqjq
>>102
漏れがやってたのは一部だけです。正直100レス越すとは思わなかったw

今さらだけど一応ローカルルール
これはローズマリーが世界中を旅してプリンセスの座を取り戻す物語です。
選択肢の中から最善と思うものを選んでローズマリーを導いてあげてください。
物語の進行役は基本的に誰でも可。前の物語進行レスに選択肢がある場合はその時点で一番希望の多い選択肢の内容で話を進める。
その後の展開は自由だが、あまりにもひどい超展開は無し。次に繋げやすい展開になるように心がけて下さい。あと全体でストーリーが繋がるのが最低条件。
その状況に合ったAAもあればいいかも。(コピペ可、新作AAがあればさらに可)

104 ::05/02/08 04:03:42 ID:ySq5Cqjq
今のとこのあらすじ

ナージャによってプレミンジャー家の屋敷を追い出されたローズマリーは、オーストリア国境を抜けドイツへ。
そこでお金を溜めて態勢を整えつつ、まずはナージャの情報源であるパリの新聞記者ハービーを潰すことを目標にする。
パリを目指す途中、若い頃のヒトラーやムスカ、さらにはドイツ皇帝ウィルへルム2世と遭遇。また、幼馴染みのニコルを仲間にする。
パリに着いたローズマリーとニコルは、パリ観光で全財産を失うがアルバイトをしてお金を溜めてガイド親父にハービーの調査を依頼する。
あと、ローズマリーは踊り(運動)が苦手、ニコルは料理が得意という事が発覚。

・・・今のところはここまで

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:37:33 ID:awfJ+MbH
1:パリ市内を探索することにした。まずは市場にいってみた。

        ┌─┐  /
        (´・ω・`) < いらっしゃいませ
        i⌒  ⌒i  \
_┌─ ┐_∪___∪___

  │市 │               |\ /|
  │場 │      __       ;' ̄ ̄ ヽ 
  └─ ┘    /   \       l     l 
          |      |      ノ      ', 
          ヽ。∧ 。ノ     (( ((  )) )) 
          (,,,。`´。,,,)    (,,, ` ´ ,,,) 
          | |。><。| |      | |>o<| |

持ち金内で売り買いをしよう。どれにしようか?
残金120G

1:メイド服 (変装に使えるかも?−30G)
2:望遠鏡 (覗けば遠くの景色も見える −40G)
3:宝の地図@ (本物かどうかは不明 −50G)
4:日本刀「muramasa」 (由緒ある日本刀らしいが・・・ −90G)

ローズマリー                 ニコル
E エプロンドレス(売れない)     E エプロンドレス売れない)
E 赤いリボン(売れない) .      E メガネ(売れない)
  高級ドレス(売ると +150G)


買い物後はどこへ行こうか?
1:お腹が減った。レストランへ
2:お金を稼ぎに短期アルバイトを探しに
3:時間潰しに市街地を歩いてみる

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 23:57:11 ID:gyc4f0i0
メイド服は貴族の屋敷に忍び込むのに使えそう。あと宝の地図も購入。
その後は1へ、腹が減っては戦ができぬからな

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 05:00:06 ID:T7Vy3sI5
やはり宝の地図は購入。一攫千金を狙え。後は変装用のメイド服。
金も少ないしバイトした方がいいのでは?よって2

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 10:13:01 ID:JljV/J/3
メイド服と望遠鏡は情報収集に、宝の地図と日本刀は団長やケンノスケの買収に使えそう
後で何とでもなりそうなドレスを売却して、1〜4の全てを購入。
そうすると所持金が60Gか…最低でも100Gは持ってたいから、その後の行動は2だな

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 12:28:46 ID:WcPyY0JR
漏れも買い物は>>108と同じ選択で
その後の行動はパリ市内で情報を集めると言うことで3

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 15:09:40 ID:29RcKPK8
ドレスを売って、メイド服、望遠鏡、宝の地図@、日本刀「muramasa」を購入(残 60G)。その後の時間はアルバイトをしてお金を稼ぐことにした。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
__________| |
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽| |
    , ---- 、        | |
   /::(/、^^, :       .| |
   |::l-○,○|.       | |
   。、  ヮノ。      | |
   。( つ O。      | |
    l    l       .| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ノ\ /|             |
ゝ#〃⌒⌒ヽ            .| ('A`) 
く#{ミ/ノヾ、_彡              ノ( ヘヘ
//|ノ| ゚ ∀゚ノ|∩
  ( つ   彡
   l ⊂彡l 
   し ⌒ .J

以前の経験を踏まえて、ニコルは料理、私は売り子をすることに・・・

結果は、プリンセスの魅力とニコルの料理の味のおかげで大繁盛。店主も大喜びでバイト代を奮発してくれた。
(バイト代2人分+300G 残360G)

さあ、そろそろガイド親父の調査も終わっているだろう。合流場所に戻ることにした。




111 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 15:33:50 ID:29RcKPK8
しかし合流場所には手紙をくわえたガイド親父の飼い猫しかいなかった。

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /      S O S     /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どうやら調査中に捕まってしまったようだ。しかし新聞社までの地図が付いていたのでハービーの居所はわかりそうだ。
さあ、いよいよハービーとの決戦だ。どうする?
1:正面玄関から突入
2:裏口からコッソリと突入
3:その他の方法を考える(突入方法も記入)

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 15:49:10 ID:7AAdkrIj
3.窓ガラスを破って突入

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 16:52:05 ID:J00Uriiu
>>112
俺もはじめ見たときそう書こうかと思ったw
でも窓破りはナージャの必殺技だからな。
それにローズマリーでは窓破り失敗〉脳天打ってアボンの予感

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 21:52:03 ID:X6H2W6ZR
ここは堂々と正面から入って、啖呵のひとつも切ってみてはどうか。
というわけで1。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 23:53:52 ID:1rg7+eB/
1:同じく正面突破。
いまさらなんだけど日本刀murasameって偽物なんじゃなかったw?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 02:23:25 ID:gW5pkLdU
味方に付ける為に会いに行くなら、トラブルになる様な事は避けるべき
3・「私一人で、しかも丸腰でいけば大丈夫。きっと話を聞いてくれるわ」
  と、ニコルに日本刀を預けて正面から一人で会いに行く

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 10:32:33 ID:UyIB9Ner
>>115
偽物だけど獲物としては十分だと

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 15:39:05 ID:aaDpOdO5
1:正面玄関から突入。しかし話し合いで解決する為にちゃんと受付に頼んで呼び出してもらうことにした。

     ,/′           、 .,、              ┴-、
    .,/ ,、       ,,i´/|  ,                  ヽ
   ./ ,、         ,!,/| ,/ ゙l  l゙|               ,`' i、
   |,/│      ,仆.l゙.l゙  | .| |        、       ゚|''''''″
   `丿      ,l゙|.| .゙l,|   ゙l、l゙ .|  |゙l、   │ .     i、 l
   丿      ,l゙ ゙ト `   リ  ヽ │i、  .,lト . ゙l ,/  ゙l゙l |
   丿       l` .,,,,,,,,,,,,,,,,,     ‘、゙l ゙l  │| .l゙ .l゙ノ  .i,l゙.|l゙
  丿   ._,_  | " _    ''',,,,,    ` .l ,i´l゙,l゙ .,l|′  | ゛
   /  ,r'"、.゙゙l,,,i´,/'' ̄ ̄ ̄\''ミミ     ∨ ,_,, i∧∧丿
   l  /  ゙l l゙'R,i´ ,,-」'''''''゙l,!、_.\` ,,i/ ̄ ̄   \.,, |
   l /.|l゙ 、ヽ/.| l l゙  " .l゙レ'|   `|,,,,,,,,l゙''''‖,`'‐ ., ,|.||,l
   ∨ | |i,゙l,  |.| .|,   .゙l,ニ,i´   .,广゙゙'||  l|,,,|  .,i´ |/
    .゙ll゙゙l ゙''`″ \         ,,/`  .儿 '"'″  |., //
      ゙l,,_,!   `''―――''"    | ‘―――'''" 
      ,/ .|              \    /
     .''‐|",.|      ,,,―-、、   .,,/    /|
      |/| ゙l、   .,/゙ヽ,,,_ `'ー'、,、_,   ,/| l
       ヽ|ヽ  .l゙   `゙''―--二丿  / l
      r― | \ .|           ゙l/` /
      |.ヽ|、  \. ゙l       ,i"/
      │  ゙''-、,, ゙'\ヽ,,、   .,/ /
   ,r‐ ッi″    `\.\.゙゙'''¬‐''ンィ
   ノ′ ヽ.       ,K `'''┬ー'", ,| 
 /             l゙ .゙l  / ,rく` \

しばらくすると奥の部屋からタバコをくわえたハービーが出てきた。
ハービー「・・・あ〜〜!!お前は!」

1:「うふふ、ご機嫌麗しゅう。」高圧的な態度で話し合う
2:「あの時の事はごめんなさい・・・」今までの事は素直に謝っておいてから話し合う
3:「お願い助けて・・・」あれ以来、悪者に追われていると嘘をついて同情を誘いつつ話し合う
4:金で買収する(−200G)

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 19:43:20 ID:lQIOdMGn
>>1
首長くない?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 20:26:16 ID:A00zSzCi
正直このスレおもしれえ

そろそろローズマリー様も本領発揮ということで1がいいな

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 20:53:15 ID:UzbKOmjt
        / ,     __              .i i ヽ
         / /    r、jl/|   ,            | | .| 
       .| /   /:::::::::ll  .l          、,,,_゙止|  
       | l゙  ./:: ::::l::|  |:l           _,, イ|_.イ
       ll   |::  _⊥l__ l::ヽ ヽ_____     ̄ ̄ノ  
     _,/\\ r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7= イ     ノストラダムスは
    ,-'"    ノ\..||    ̄リーh ` ー‐‐' l‐冫/-、 ゙lヽ、  私がプリンセスになるって事を
  /    /  lヽi.ー-- イ'__ ヽ、..___ノ .l/ .l  l、`\   予言していたわ!
  |    ((  人_i、    `___,.、 u  ./_ノ、   ヽ、 ヽ
  |    >> 丿  人    }z‐r--|    人  >    i、 |
  \ _ (( _ン┴'''゙ llヽ  `ー-- '  / ||`゙''┴;,,,_/ヽヽ l
  丿/  ̄ソ      |l  `ヽ、_ _  ィ/"  |l     ヽ  ゙l_/丿
  / |       ┌ー'''ヽ,  |_  _ / _,,_ソ─i       l (

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 21:39:01 ID:QYSjLqfo
  /  / i_」   |_j  | !/
 i  / |/,=._, =.ヽ//      人_人_人人_人人_人
 ヽ. ! .!/  じ 、.り {´      <   なんだっ
  __}{ヘ  '"/~7"人_ノ!     <   て〜〜!?
  `フrn \ 二/^ヽノ      `Y⌒Y⌒YY⌒Y⌒Y⌒YY

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 23:32:46 ID:55XnokR3
ハービーが金で動くことはなさそうなので4はNG
1は確かにロズマリらしいが今は相手を刺激しないほうがよさそう。
となると残りは2か3だが、ハービーの性格では困っている少女を見捨てる事は出来ないだろう。
よって3で困っている少女のフリをしてハービーに強制的に話を聞かせる。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 23:52:00 ID:gW5pkLdU
俺も3かな
ニコルに話した事と矛盾しないし、新聞記者としても放ってはおけないだろう

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 00:05:20 ID:S3mvOewU
本人は3の行動を起こす・・・と思ふ3で

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 00:33:58 ID:ZQXRkgk8
いきなり表情を変えて迫真の演技で相手を騙すのはロズマリのもっとも得意とするところだからな。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 09:25:15 ID:0ARmNZRC
3:悪者に追われていると嘘を付く

「お願い助けて・・・。私このままじゃ・・・」
悪者に命を狙われていると嘘を付き、目に涙を浮かべながらハービーの胸へ飛び込んだ。

ハービー「・・・わかった。詳しい事情を聞かせてくれないか?」

::::::::::::::::|                 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ヽ,
:::::::::::::::|                  .゙―‐'''''''''|:::|'''ヽ::::|     i
::::::::::::::|                         |:::|,  ''''      |
:::::::::::::|,/゙|                       .|:::|    ∧     |
:::::::::::::| ゙l                     \, |:|  .ノ |    |
:::::::::::::|  ゙l          ,                ̄ ̄   .ノ    |
::::::::::::|゙  │      li          i        ,,,_,,イ,,      l
:::::::::::|   .゙l        | |         `'ー--,,,,,,,,,,,,,,,i―" l     |
:::::::::.|__   ヽ、    l ヽ、                  .ノ  . |    |
:::::::::|゙ `\,  \、   \ ゙'-、                 ..ノ   . |   ゙\
:::::::::|゙       `'-,,,、  \ \,,,_           ,,,,,,,,イ       |  .   \
::::::::|ーニニ-、、     `゙''ー-'   ~゙'''―--―┬'''',,,,, .|::|       |     
:::::::| .| イ,リヶ     ,,-ニニニニニニ-,,,       レ'   i ''       '|   
::::::.| ゙{-リ       `゙.lノr''ヾl `゙''          丿 |        \  
::::::l\.゙""       ゙l,ヽ,,r',/           /  |     l゙    ゙'i
:::l゙:::::::\  .i、      .゙''''''''                丿     |     \
::::::::::::::::::i、 l゙                   ,,,/      ゙l
:::::::::::::::::::::ヽ                   ,/|`          ヽ
::::::::::::::::::::::::.゙l,                     ,i´ |          |i
::::::::::::::::::::::::::゙l`ー―-''               .i´  |      |    ゙l\
::::::::::::::::::::::::::::ヽ.゙゛         _,,,,,,,,,,,,,,,_,,/   |      |゙     \`\、
:::::::::::::::::::::::::::::::゙l,,、   .,,,-'"゙゙`     ⌒"'ー┴,,,,      |゙     `i  \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l`'シ'"               \,,、  |゙      \ ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l/                  \   |゙         )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l                    \ |゙        ヽ

もう少し押せばいけそうね・・・
1:プレミンジャー家(公爵)を悪者に仕立て上げる
2:コロレード家(オスカー、ヒルダ)を悪者に仕立て上げる
3:ハーコート家(フランシス)を悪者に仕立て上げる
4:ヘルマンを悪者に仕立て上げる

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 11:27:53 ID:3pzHmqaS
ハービーもバカではない
ここでの情報は確実にナージャの耳にも入る
どういうわけか牢獄を脱し
そこに入ったのをプリンセスのせいだと捜索に奔走する
ヘルマンに追われてるってことで4 ナージャの敵でもあったからな
うまくいけばまたあのお人よしはプリンセスに同情してくるだろう

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 20:48:08 ID:3TlNDwCH
1も面白いかも。
ナージャが本物だと判明した後もそのナージャにに対する態度を見てると
あのクソジジイは対面優先で『侯爵家の跡取り』を欲していたのであって
肉親の情から本当の孫を欲していたのではなさそうって気がした。

実はあの事件の黒幕は……なんて作り話も上手く持って行けば
記者であるハービーの興味を同情と共に引きそうだ。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 21:06:51 ID:xnvmW4wl
書き込む前にリロードしたら丁度同じ様な意見が書かれてた

ロリスキー ロリタン…ゲフンゲフン
ローリスク ローリターンな4か、ハイリスク ハイリターンな1
どちらにしても後で辻褄合わせが出来るよう、ぼかして言っておいた方がいいだろう

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 00:19:59 ID:aujdUoh+
確かにここは1か2だよな。
2と3はローズマリーとの繋がりに無理がある。
間抜けなヘルマンではいまいち危機感に欠けるので、ここは思いきって
プレミンジャー家のせいにしてしまうのはどうだろうか?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 11:05:01 ID:qZGPis2E
>4:ヘルマンを悪者に仕立て上げる

 の方が無難だと思うけどなぁ・・

 オーストリア有数の大貴族であるプレミンジャー公の怒りを買ってしまえば、
金も後ろ盾も無い一介の小娘のローズマリーなんかひとたまりも無いんだし。

 それにヘルマンがローズマリーを利用して陰謀を企んでいたのも事実なんだから、
どうせ嘘を付くんならこちらの方がまだ矛盾が少ないと思うんだけど。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 17:55:47 ID:1WFOQlKp
漏れも4だな。公爵を敵にまわすのはリスクがでかすぎ。
今の状況ではハービーを完全に味方に引き込むのは無理だし、自分に対するハービーの
敵対心を減らすのが目標なんだから、あえて危険な事をする必要は無いかと思う。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 18:09:57 ID:KIjZ9Idp
4の方が自然だろう

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 19:37:38 ID:EaL7+Vx8
4で



しかし稀に見る良スレだな
びっくりした

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 22:11:19 ID:Q2pXUsYx
     ,/′           、 .,、              ┴-、
    .,/ ,、       ,,i´/|  ,                  ヽ
   ./ ,、         ,!,/| ,/ ゙l  l゙|               ,`' i、
   |,/│      ,仆.l゙.l゙  | .| |        、       ゚|''''''″
   `丿      ,l゙|.| .゙l,|   ゙l、l゙ .|  |゙l、   │ .     i、 l
   丿      ,l゙ ゙ト `   リ  ヽ │i、  .,lト . ゙l ,/  ゙l゙l |
   丿       l` .,,,,,,,,,,,,,,,,,     ‘、゙l ゙l  │| .l゙ .l゙ノ  .i,l゙.|l゙
  丿   ._,_  | " _    ''',,,,,    ` .l ,i´l゙,l゙ .,l|′  | ゛
   /  ,r'"、.゙゙l,,,i´,/'' ̄ ̄ ̄\''ミミ     ∨ ,_,, i∧∧丿
   l  /  ゙l l゙'R,i´ ,,-」'''''''゙l,!、_.\` ,,i/ ̄ ̄   \.,, |
   l /.|l゙ 、ヽ/.| l l゙  " .l゙レ'|   `|,,,,,,,,l゙''''‖,`'‐ ., ,|.||,l
   ∨ | |i,゙l,  |.| .|,   .゙l,ニ,i´   .,广゙゙'||  l|,,,|  .,i´ |/
    .゙ll゙゙l ゙''`″ \         ,,/`  .儿 '"'″  |., //
      ゙l,,_,!   `''―――''"    | ‘―――'''" 
      ,/ .|              \    /
     .''‐|",.|             .,,/    /| |
      |/| ゙l、                 ,/ |l
       ヽ|ヽ                 /  l
      r― | \      ___,.    /
      |.ヽ|、  \.      ー    /
      │  ゙''-、,, ゙'\        /
   ,r‐ ッi″    `\.\     ンィ
   ノ′ ヽ.       ,K `'''┬ー'", ,| 
 /             l゙ .゙l  / ,rく` \

4:ヘルマンに狙われていることにした

ハービー「ヘルマンが?」
(・・・しかし、本当にヘルマンに利用されていただけとなれば、奴が自分に不利になる証言をされる前に
 この子を消そうと考えてもおかしくは無いな・・・)

ハービー「よし。俺の方で少し調べてみよう。これからオーストリアへ行ってくる。キミはしばらくどこかに身を隠しておいたほうがいいな。
       ・・・そうだ、ロンドンに同僚の記者がいる。彼のところへ行きなさい。そいつには俺から連絡しておくよ。」

どうやらハービーは嘘を信じているようだ。
これで私に対して不信感ではなく、いいように利用されて命を狙われている身だという同情の念を持ったでしょうね。ウフフ・・・

ハービーは別れ際にイギリス行きの船のチケットをくれた。
ハービー「あまり寄り道せずに早めにロンドンへ向かうんだよ」

アイテム +イギリス行きチケット(カレー港〜ドーヴァー港)

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 23:15:32 ID:fPM/7aro
新聞社の表で待っていたニコルにハービーが力を貸してくれると言ってくれた事を話した。
ニコル「よかったね〜、ローズマリー。これで少しは安心できるね」

   ,/     \::::::::::::::::::::::::/    人                   |、
  │      /::/i::::::::::/´   ///ヾ                    ゙|
  l゙      /::/ `∨゙   _,/゙  .|                    ゙|
  .l゙      /::/       .,,i´      l゙   、             ゙|
  l゙      |:::|      ._,i´       |    l             |゙
  |      .|:::|    ,,/゙         |   .|            、   l"
  |      .|:::|ヽ ,,/          .|    ゙l    、    ゙''-、,,┴-‐''フ .,,,
  |    .,-''ヽ| 丿            |、  |    ゙l            _/.,,ノ゙ノ
 .|   /  .| l゙     ._,,,,,----、,,,,、 ゙l,   |     ゙l、    `゙'''''''“'"゙゙゛ ./゙
 |   .|   、 ゙ll゙    '゙,,,-,ニニニニ,-, ̄  ヽ  ゙l,,,,,     ゙'-,、       _/
,/    .|  .ヽ     ,,r!リ厂 ,ハ,│ `゙'"   `'-,,,,,へ、、   ゙''ー、,,,,,,,,,,,,,-‐'
     ゙l   |    ` .| ゙lー″ | .|        ',广゙゙人,,,,,,,,,,,,,,ッ'"./
    /ヽ           ヽ.゙!,,,,ノ丿        ,l_ノ"| |   /`/
  ./  \、 、    ` ̄ ̄`           ミ゙l,_,iレ′ .∧/
..,/    ., ~''''l              i       ̄ ̄  .//ノ
"    .,/  ./.人                ヽ        /,.人
    丿  | │ヽ                      /´  \
    │   ゙l ,|  .\                      /\.   `―--- 、
    │ .,,y-.丿    \.      `ー── '      /  .\       )
    ゙l,/ ヽ/      .\       "     /     \      ,l゙
  ._,,,,/:::::::::::\       .\. ,__     ./::\.      人   .,/′
ー'ヽ::::::::::::::::::::::::\    ./ ゙̄     ̄'ヽシ'ヾ:::::::::::\,,,  /  |   i´
   ゙'-、::::::::::::::::::::::\  /     ゙ ゙゙̄''' -、゙)  |:::::::::::::|  \.|  |    \
     \:::::::::::::::::::::::\/     ゙゙ ゙゙̄'''' -、゙)  |::::::::::::/   \ ヽ     \
      \::::::::::::::::::::/      ゙゙゙ ゙゙̄'''' -、゙).ノ:::::::::::/       \.\      \

さて、これからどう行動しようか?ニコルにはロンドン行きの事はまだ伝えていない。

1:「ハービーに言われた通りロンドンへ向かいましょう」 ─ イギリス行きの船に乗るために港町カレーへ移動
2:「そういえばダンデライオン一座がイタリアで公演中だったかしら・・・」 ─ イタリアへ向かうため南フランス方面へ
3:「久しぶりにスペインにでも行ってみようかしら・・・」 ─ スペイン方面へ
4:「そういえば宝の地図があったわね」 ─ 宝探しに向かう

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 00:44:25 ID:oqUbTmmA
やはりここはハービーとの約束通りロンドンへ向かうのが良いと思う。
ハービーからの連絡はロンドンに居る同僚の所へ行くのだろうし、その時に連絡が取れなくては
再びハービーに不信感を抱かせかねない。
それにイギリスへ行けばナージャイケメン軍団のフランシスやミイラ博士と接触することが出来るかもしれない。

が、その前にせっかく宝の地図があるのだから宝探しをしてみてはどうだろうか?
よって4の宝探しをしてからロンドンへと向かう。
宝探しくらいならたいして時間もかからないだろうし。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 09:48:20 ID:F9/Mbwsx
体勢が整うまでは無難に1だ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 10:34:39 ID:rb3MluPD
結局 >4:ヘルマンに狙われていることにした

 になったけど、ヘルマンは本編の終盤で陰謀が露呈して公爵家を勘当されて
逮捕され、手下もろとも監獄送りになったのだから、例えローズマリーや
ナージャに報復をしたくても何も出来ないでしょう(その事をハービーが知らない
のも不自然)。

 つじつまを合わせる為には、
「ヘルマンが収監された直後にウィーンの警察署で火事が起こり、他の収監者
と共に火事のどさくさに紛れて脱獄に成功。

 ヘルマンは万一の時に備えていくばくかの金や貴金属を市内の某所に隠しており、
その金を元手に偽造旅券を作成してオーストリアから逃げ出していた。」

 と言う設定にしておけば、「ローズマリーはヘルマンに狙われている」
と言う事にしておいても周囲から疑われずにすむでしょう。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 11:16:58 ID:rb3MluPD
 ついでに言えばその火事も偶然起こった物ではなく、同じ警察署の監獄に収監
されていた犯罪組織の幹部を救出する為に、手下が警察署に放火した為に起きた
物だった。

 しかし、火勢が強すぎて肝心の幹部は監獄から脱出できないまま焼死しかけるが、
先に牢から出ていたヘルマンによって救出され九死に一生を得る。

 まんまと脱獄に成功したヘルマンと幹部は警察署の外で待機していた手下どもと
合流するのであった。
幹部「あんたにはずいぶん大きな借りができちまったな・・・。
 ・・・そうだ、思い出した! そういえばあんたはこの前プレミンジャー公爵家
乗っ取り事件で逮捕されたヘルマンさんだろ!
 それにしてもプレミンジャー公爵家を追われた以上、あんたはもうこの国には
いられないんだろう。 これから一体どうするんだい?」
ヘルマン「・・・ああ、その通りだ。 もう俺はこの国にはいられない。
 幸い金の方は隠れ家にいくらか隠してあるから、当面は何とかなるんだが・・」
幹部 「ま、とりあえず俺たちゃここから一刻も早く逃げる事が先決さ。
 それにしても公爵家を継いだはずのナージャって小娘は何を考えているのかね?
 せっかくの大貴族令嬢の座を棒に振ってまでまた庶民に戻っちまうなんてよ。」
ヘルマン 「なんだって! するとあいつは公爵家にいないのか! フフフ・・・
 そうかそうか・・ ククク・・・ アッハハハハ!
 よう! いい儲け話があるんだけど乗らないかい?」

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 13:45:54 ID:/ffwQvVD
そういう設定を入れるのは語都合過ぎる希ガス。
天佑じゃなく自分の力で切り開いてこそプリンセス。



143 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 19:06:00 ID:dQB9WCDe
いやいや、>>140のような展開もありえるかも。
実の親である公爵にも見捨てられて手だてを失ったヘルマンが脱獄を考えるのはおかしい事では無さそう。
あと、再起を図る為には誰かと組まなくてならんだろうしね。

俺の選択は1でお願いします。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 22:32:49 ID:FCz1taui
1:ハービーに言われた通りロンドンへ行くことにした。
港町カレーから船に乗りイギリスへ渡る。(アイテム − イギリス行きチケット)

    ノ\ /|
   ゝ#〃⌒⌒ヽ       , ----、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ┌く#{ミ/ノヾ、_彡───/::::::/^^ヽ.        |
  |  //|ノ| ゚ -゚ノ、      |::::─○┤        |
  |   (  |\ /|   。ヽ::|_▽。 .____|
  |   | ⊃ | ⊂    。(   つつ。

船内に入り席に着くと、近くのゴミ箱に新聞が捨ててあるのに気がついた。
「オーストリア国内で逮捕されたヨーロッパ最大級マフィアの幹部がウィーン拘置所を脱獄」

やがて船はドーヴァ港に到着。久しぶりのイギリスだ。ここからは列車に乗り換えロンドンを目指すことにした。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 23:58:29 ID:zaf8M3JW
列車はロンドンに到着。すぐにハービーが渡してくれたメモに記載されている住所の所へ行った。
               _,,,,,,,__,,,,__

        _,,,―'''''"゙゙゙゛           ゙゙゙゙゙゙゙゙''''''ヽ
    ._,,-‐''"`                       `':.
   ,r'′                            ヽ
   .l゙                                  ヽ
   l゙                                   \
   │           _,,,,,,,------ー―ー―-,,,_             ヽ
   ゙i、   .,,,-‐'''""゙゛             ^゙''-,、         ヽ
    `',!r‐″ _,,,,---―――-----,,______   _,,,,,,>‐、,、        |
  .,,-''_,,-‐')'"゙|  _,,,,,,,,,,,,,、    /ン‐'゙^  ̄  ゙‐''l、 ~'''-,,、   l
  ,i´r'"  ,,/ 丿,lニ----- i、    ゛ ._,,―ー-.  'ヽ    `''i_丿
  `゙''''''''/  (,″   _,,,_ ″     `.j○'i、 .″  ゙l    ,,,,人
      ./.,,,,,,L   ,/゙l,.,l, 、      .!_l゙     | / ゜, . |
      "" リ`|  `゛ ゙l` | |       ―       | | .,i´゙l |
         |  |    二,"|               | .|ぐ ゙ l .|
         |\|      .|                |.|゚''` / 丿
         ゙l |     丿                ` ,-''",/
         ゙ヽ|     \        __       ,l゙ ,/
           |       `  ,,_,,, ,-'" `i       .| ',!'''Tヽ、
              |    ー┬'''""       |       .|\l, |::::::::\
              |      レ′       |     .|  l  |::::::::::::::\
           人     ヽ        丿    / 丿  |::::::::::::::::::|\,,,,
         _/ |:\    \_,,,,,,_/    /   ,|   |::::::::::::::::::|    ̄
      _,-‐"   /:::::::\               /    /   |:::::::::::::::::::|.
   ,,,/゛    /:::::::::::::::|\       _/    ./   丿|:::::::::::::::::::|
 

,, /゛       |:::::::::::::::::|  `―--‐'''゙゙゙゙      /   /゙ |::::::::::::::::::::|

記者「よう!ハービーから話は聞いてるぜ。これからしばらくはここにいるといい。」
記者の男はアパートの奥の部屋に案内してくれて、そこを自由に使ってよいと言ってくれた。

記者「ただし俺は急な仕事が入っちまってこれから取材に行かなくちゃならないんだ。しばらく戻ってこれないかもしれない。
    まあ、好きな事をしていてもいいが、あまり危険な所へ行くなよ。」
そう言うと身支度を整えアパートを出て行った。

どうやら自由に行動できそうだ。この付近にはナージャイケメン軍団のメンバーもいるはず。どうする?

1:とりあえずロンドン市内を探索
2:フランシスに会うためハーコート家の屋敷へ
3:ミイラ博士に会うために大英博物館へ
4:アップルフィールド孤児院跡へ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 01:38:08 ID:k/4d8g7h
ニコルは貴族に興味なさそうだしハーコート家は尚早かもだし
1か3か4がいいかな
過去の自分を戒めるために4でも良いかもね
だれかいるかもしれないし

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 08:23:37 ID:/xLV79BO
まずは手軽に行ける1か3かな。アップルフィールドもよさそうだけど。
ミイラ博士あたりなら簡単に落とせそうなので3で。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 10:10:16 ID:nM61knjy
クリスチャンはローズマリーがナージャと入れ替わろうとした事は知ってるかもしれないけど
非道の限りを尽くした事は知らないだろうから、ヘルマンに利用されていたとしか思わないかも。しかも女の子にも弱そうだし・・
手軽に落とせそうな3で。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 12:46:39 ID:GEVT1HVE
クリスチャンは味方にしてもあまり意味なさそうw
まあ、大学の教授や考古学者達と繋がりを持つこと位はできそうだけど。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 12:53:09 ID:jo8tdblB
>>148>>149

 でも例の「宝の地図」をクリスチャンに調べてもらう・・
 と言う事にすれば意味があるのでは?

 例え宝のありかにストレートに結びつく結果が得られなくとも、何らかの
ヒントは得られるかもしれないし、状況しだいではお宝の調査&発掘にクリスチャンを
同行させるという展開になるかも。
 それに地図の解読に時間がかかるようなら、調査が終わるまで地図はしばらく
クリスチャンに預けてローズマリーは別の行動を行うと言う選択もあるし。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 00:32:06 ID:8nBCVrfH
4だと結構ドラマチックな感じがするけどどうかな
ここから全て始まった〜と唇を噛む

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 01:41:58 ID:zSmkqEap
3:クリスチャンに会うために大英博物館へ行くことにした。
考古学者のタマゴである彼に会えば以前に手に入れた宝の地図の秘密も解るかもしれない。

博物館内に入るとすぐに彼を見つけることができた。
彼はこちらの姿を見たとたんに持っていた本をバラバラと床に落とした。
クリスチャン 「あ、あれ・・・?ナージャ?・・・いや・・・、違う?」

                  ______
            ,、-'''"          "'''ー-.、
             ,/                `\、
        ,/                    `\
       /    i i                    ''、
      ,i´   .,/ |. |    ゙l    .ー、.、        `'i、
     ,i´    ,/   |. |    `i、_    \   \     .ヽ
    ,/     ./"   | |\    \\.   ヽ   |      ゙ヽ
   /     /     '||  `'-,,,、 \'''`'-,、  \  '|       |
   ,!    /   .r'"''''' |     `゙''ー-'   \、 |  |       ゙i
  .l゙    ,l゙  .,i´   _        ./' ̄ ̄ \ ゙| |゙        |
  l゙    /  `、‐'" ゙゙̄''‐.   ./  ''''''''''',,,  `'ヾ、.       |
  |    ,!  ,、′,,,,,'''''''''' ヽ  │   ,i´.|'i、    |       .|
  |    |、冫    .,ト r、 .|─,|、  |゙l゙゙゙l,!    ||    |、 l
  l゙    .゙l゙ |     |"y|,゙l  . | |  i、  .゙l,ヽ゚i、    ,| |   ,! | .|
  .'、  、ヽト,   ゙l | .|.|   | |   ヽ  `''''"'   丿 |   l゙ | j''
   .゙l  |  ゙l,'i、  .゙l,ニ"  ,!|    `'-、,,,__,,ノ″.|,/,r'`,l∨
   .ヽ ゙l 、 ヾl   .″  ,/ヽ、            "|.,l∨
    \.i、.|  ゙|ヽ,、 __,,/′   `    ,,,,,,,,,,,,,,,,    /./″
     ヽ,,ヽ | | ゙l   ̄`      ,,,./     ヽ   レ′
       `∨ |. |      r''''''''''''''        | ,/
        `゙'∨\   l゙              | /
            `'''‐、,,゙ヽ,,,         ,,,,,,,.ノ/
               \ヽ───'''''''''  .イ
                 ''ヽ,,,,,,     ,,/ |
                   ,/|   ̄ ̄ ̄   |\,
                  .|\|           .|/|
                |   '''''\    /''''''  |

クリスチャン「あ〜!キ・・・キミはもしかして・・・」

まずは以前の事件は自分は利用されただけだと説明してから、宝の地図の調査を依頼することにしたが・・・

1:考古学に興味がありそうなフリをしてさりげなくお願いする
2:いきなり抱きついてお願いする
3:自分の出生の秘密が分かるかもしれない地図だと嘘をついてお願いする
4:脅迫まがいな態度でお願いする

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 02:37:15 ID:wX0YsXjs
('A`) クリスチャンです・・・
考古学の話題になると、テンションが上がってしまうとです・・・
('A`) クリスチャンです・・・
女の人と5分間会話をしたら、好きになってしまいます・・・
('A`) クリスチャンです・・・

てな訳で1

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 08:19:45 ID:tXx06Eeo
2で。ナージャと同等以上の美貌を持つプリンセスの魅力の前には
クリスチャンなぞイチコロなはず

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 11:25:06 ID:HhWgCZfa
後々の事を考えたら1か2だな。3の様な嘘を無理してつく必要もないし、
4をやったらクリスチャンが逃げ出しそうだw。
ここはあえて女を武器にして2で行ってみない?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 17:16:05 ID:PCx/edvQ
 2はちょっとやりすぎ・・ というか、そこまでしなくても生粋の役者な
ローズマリーなら、クリスチャンみたいなオクテ男に頼み事を聞いてもらう
のはお手の物だろうし。

 よって1。 3&4は論外でしょう。

 それに>>150でも言っている様に、仮にこの地図に書いてある宝の隠し場所が
ロンドン近郊であった場合は「クリスチャンに宝の発掘に同行してくれる様にお願いする」
という選択肢も出てくるし。
 その場合、普通にお願いしても渋るようであれば、
「クリスチャンの手を握って瞳を潤ませてお願い」すればあっさり陥落かも。 

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 21:38:47 ID:ALbDV0ma
まあ1が無難かな?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 22:38:37 ID:LrI14pWX
まずは1で様子を見て、態度がイマイチだったらだめ押しに2を。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:01:11 ID:V/qM5ww3

  , '     , '  f     |       l    ',   ヽ.  ,' __ノヽ、_ノヽ_ノヽ_ノヽ、_ノヽ_ノヽ
. /     ./    {.       {       j  ,  }    .! / )
,'     ,' i    ヽ、,\-┘    '-y、   i      |, ' <  スレのスピードが遅すぎるわ!
!       , ! !   ./,, ==ゝ、    _ノ__,ヽノ  丿 i !   ! 
t     | t ヽ、/ '' 〃_)i. ` ´  rf´)iヾ,ヽ/ 丿ノ  丿 こんなんじゃ百年ぐらいかかりそうね!
. \    t. ゝ-v’  { i、リ!     |f_j|  ,'_ / ´   ∠__
   ` ‐- !ゝf ‐、     -‐‐'    ヽ .ヒタ  .fノ         ヽ,.-‐- 、,. -‐-、,. -‐- 、,. -‐-、,. -‐- 、,. -
      ', l  }  .:::::::.  ,〜-┐ .::::::. }|  ヾ、
       l ゝ、_`      /    l    ,.' !    }.}  、
      ノ  _.  \     {   ,'   , イ ヽ  ノノ  丿!
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、 ヽ - '  _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:09:11 ID:duW/n5B6
おい、ターゲットにばれたぞw

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:12:43 ID:+QJKt5HY
1:考古学に興味がありそうなフリをしてさりげなくお願いした
               -‐‐- 、
             ノ人ヽヽヽ ヽ
     ノ\ /|  ||(-X -)-| l l 
    ゝ#〃⌒⌒ヽ  ヽ ヮ  ノノノ
    く#{ミ/ノヾ、_彡  /ll ̄⌒i 
    //|ノ| ゚ ∀゚ノ   | ||  | |
    /⌒|>O<|\   | ||  | |
    /X. |ノl/ ̄ ̄ ̄ ̄/   ││
  __(Xニつ/  map   / _  | .|__
      \/____/    (u ⊃

クリスチャン「こ……これは!!」
ローズマリー「その地図が何なのか調べてもらいたいの」
クリスチャン「ブツブツブツ」

聞いていない。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:43:53 ID:+QJKt5HY
                  ______
            ,、-'''"          "'''ー-.、
             ,/                `\、
        ,/                    `\
       /    i i                    ''、
      ,i´   .,/ |. |    ゙l    .ー、.、        `'i、
     ,i´    ,/   |. |    `i、_    \   \     .ヽ
    ,/     ./"   | |\    \\.   ヽ   |      ゙ヽ
   /     /     '||  `'-,,,、 \'''`'-,、  \  '|       |
   ,!    /   .r'"''''' |     `゙''ー-'   \、 |  |       ゙i
  .l゙    ,l゙  .,i´   _        ./' ̄ ̄ \ ゙| |゙        |
  l゙    /  `、‐'" ゙゙̄''‐.   ./  ''''''''''',,,  `'ヾ、.       |
  |    ,!  ,、′,,,,,'''''''''' ヽ  │   ,i´.|'i、    |       .|
  |    |、冫    .,ト r、 .|─,|、  |゙l゙゙゙l,!    ||    |、 l
  l゙    .゙l゙ |     |"y|,゙l  . | |  i、  .゙l,ヽ゚i、    ,| |   ,! | .|
  .'、  、ヽト,   ゙l | .|.|   | |   ヽ  `''''"'   丿 |   l゙ | j''
   .゙l  |  ゙l,'i、  .゙l,ニ"  ,!|    `'-、,,,__,,ノ″.|,/,r'`,l∨
   .ヽ ゙l 、 ヾl   .″  ,/ヽ、            "|.,l∨
    \.i、.|  ゙|ヽ,、 __,,/′   `             /./″
     ヽ,,ヽ | | ゙l   ̄`                 レ′
       `∨ |. |        _____,.       ,/
        `゙'∨\                   /
            `'''‐、,,             /
               \          .イ
                 ''ヽ,,,,,,     ,,/ |
                   ,/|   ̄ ̄ ̄   |\,
                  .|\|           .|/|
                |   '''''\    /''''''  |

クリスチャンが落ち着きを取り戻したようなので、改めて調査を依頼した。

クリスチャン「3日もあればわかると思うよ。一応僕の家を教えておくね。」

どうでもいい考古学の話に付き合っていたら、すでに日没時刻になってしまった。
しょうがないのでハービーの同僚宅に戻ったが、記者は既に取材に出かけたらしく、鍵がかかっていた。

ニコル「あれ、預かった鍵落としちゃったみたぁ〜い。ど〜しよお〜。」
ローズマリー「……」

どうしよう。

1・ドアをぶち破る。
2・ホテルで一泊する。(−50G)
3・野宿する。
4・ミイラ博士のところに転がり込む。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 01:36:52 ID:Op1cqO+R
1は論外。
4もクリスチャンと何かあったら貴族を落とすときに障害になりかねない。
野宿も危険そうだからここは2で。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 10:27:54 ID:sObDei53
今すぐ出す必要の無いキャラだけど、後で舞台がドイツに移れば”ツエッペリン伯爵”
を出すのも面白いのでは?。
 後の第一次世界大戦で連合国を恐怖のどん底に落とし込む飛行船部隊の生みの親の
ツエッペリン伯爵ですが、20世紀初頭のこの頃はやっと最初の硬式飛行船を完成させた
ばかりで、その有用性はまだまだ世間に認められていませんでした。

 登場のさせ方としては、ローズマリーが長距離を急いで移動しなければならないのに、
馬や汽車ではどうしても間に合わない。 するとローズマリーと行動を共にしている
貴族の一人が「そうだ! あの人の飛行船なら間に合うかも!」
と提案して以前からの知り合いであるツェッペリンに飛行船を動かしてもらい、
本来なら時間的に間に合わないはずの目的地にローズマリーたちを送り届ける事に
成功する・・ なんてのはどうでしょう。

 ツェッペリン伯爵もこの頃は各方面への飛行船の売り込みに懸命でしたから、
旧知の知り合いである貴族の頼みでもあり、まして人助けになるのなら快く
承諾するでしょう。 伯爵のセリフとしては
「よし! 任せなさい。 なにせワシの飛行船は世界で一番速い乗り物じゃからな。」
「これからは飛行船の時代じゃよ! ファルマンやライト兄弟とかいう連中が飛行機
なんて物を作っちゃいるが、ワシの飛行船に比べれば足元にも及ばんわい。」
とか。 某A・H君に続く”実在の人物登場”シリーズですね。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 11:29:18 ID:J9kCztxG
うぜ

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 12:41:05 ID:vgd3c6aL
クリスチャンの部屋でも大丈夫かと思う。
クリスチャンにローズマリー達を襲う勇気があるとは思えないので
女の子二人が家に来たら、おそらく自分は部屋を明け渡して
大学の知り合いの家あたりに泊まらせてもらいに行くような気ガス

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 14:11:37 ID:eFyZyCDi
俺も4で。
クリスチャンが周りの住人に事情を話せば変な噂も立たないし、
一晩ガマンして考古学の話に付き合えば、クリスチャンは
ローズマリーの事を好きになってしまうかも。
そうすれば後々に利用しやすくなるに違いない。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 20:40:35 ID:oEWz+i/C
1:もう少し考古学の話を聞きたいと理由をつけてミイラ博士の所に転がり込むことにした。
クリスチャン「えっ?僕の話を聞きたいの・・・?もちろん歓迎するよ!」
                             _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_ 
                       ,,,--v‐''"゙゙^        `゙'''ー、_
                  ,,/゛                  ''-、
                 ,/                      \
                  ,,i´                        `'i、
               ,i´    ,r‐、                        ヽ
              /    .,l  |  , ゙l.      ∧     |       'i、
             丿   丿  ゙!, lヽ iヽ,,    ヽ \    ∧       ゙ヽ
             │   ,/    .゙! ゙l,\\\,.   \_\,  | .|        .i
             ,|    /  ,‐― ヽ,! ゙''ー'  \,  .i _ ヽ .| |         |
            ,l    |    ,----- 、 ヽ    ヾ/''  '''''∨ヽ| .|       |
            |    l゙  /      `'i \  ,i´'        '| |      ゙l
            |     ゙l /          |-─-|   ヽ、       ||  |     .|
            |     リ      ./   | |  |.     ゙---'   |゙ 丿     .|
               |      |   ー--'     ,! ,!  ヽ         .| │     ,l゙
            | |     |         .,/ {   \、      /|,i´     .|゙
 /゙\         ゙l ゙l |  ゙ト、、    .,/   ゙‐   `゙'------'' 丿      |
 \  \       ゙l | |  | `゙'―ー''"                 丿./  ,i .| |
  \  .\      ゙| .| |  |、                  //  i i /レ'
   \  \   /''i ∨| |ヽ k, l        、_    ,,ノ    '''''/   .| |ノ
    .\  \ /' ゙|   ||. | |ヽ.\          ̄ ̄      ./  _,-レ′
    ._,,,,ヽ   ゙y'  ゙|.    ∨. ∨、゙ト、_             ./―‐'’
    l゙ `'\,  |  |        .゙′ `゙''ヽ,,,        ./
  _,,,,i"、  \ .|,  \               Tヽ,,,__,,__,,,r‐"|
  l゙   ゙\,   yヽ   \.           /|.       |\.
 i      \、  ヾl゙   ゙l          |\|,,,,      ,,,,,|/|
 i   \   \__ |    |          |   \   /   |
 ヽ. ヽ  \_) .(    |           |,,,    | │   ,,,,,|、
  |  \_)i ____,l゙      _ _,-'",,,'''-,,, ゙l l゙,,,-''''''',,,,,,,,,゙-,_      .___
   \./  ./二 .___.  ̄ ̄'''ー=ニ,,,,     '''-,,,( ̄),-'''''''      ,ニ=ー''' ̄ ̄__  二l
    X  | ̄ ̄    . ̄ ̄''''--,,,,_ ''''ー,,,,,/ / ̄\ \,,,,,,-ー''''_,,,,--''' ̄ ̄    ̄ ̄|
   ,/|. \| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'''ー-,,,,,,'''ー-,,, '''ー,,, ,,,,-ー'''''''''',,,,,,-ー''''_,,,,--'''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
   ゙l\ ゙| |             '''ー,,, '''ー-,,,,二,,,-ー'''''''''',,,,,,-ー''''            | |\
    ゙l \| |                '''''ーi     iー'''''''''                .| |  \
    |   | │.                    | |  | |                    | |
    │   | |                      | |  | |                     | |
クリスチャン「古代エジプトでは・・・そもそもミイラとは・・・ハリソン教授が・・・僕がエジプト発掘隊に・・・・・・・・・・」
ニコル「い・・・いつになったら寝られるのかな・・・」
クリスチャンの話は夜遅くまで延々と続いた。おかげで翌日は寝不足に悩まされることになった。
ローズマリー・ニコル  状態/寝不足

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 21:55:37 ID:8kkkU4Eq
翌日はニコルの要望もあり、二人でアップルフィールドへ向かうことにした。
小高い丘を超え、緑の木々たちのトンネルを越えると、今はもう誰もいないアップルフィールド孤児院が見えてきた。
                      ,,,,,,,,-'''''''''¬-,,__
                      ,-、,,,l゙          ""゙゙',,.,,
                  ,/                 ゙''''"`'-,
           ____,,,-,_,,/゙゙                        ゙ー.
         ,-'"                               ゙''i、_
            ,ソ                                   '゙'i、
        .,ノ                                     "゙l
        .|                                      ''i、
       _,l                                      ,ノ
     ,r‐‐"                                       i
    .,゙l                                         \、
   ィ'                                             |
    `ー-、                                         l゙
    (,"                                         /
     .フ                                        l
     ヘ,                                      ,/
    〔゙     /^ノ                             ,r'''''''''
     ``'''"゙'''" ゙l .,---                        _,,/
           `'''" '(                       ,/
                 i_,/'ーへ,   .,,,,,.,ri、 ,,,、_,,,,,_ ._,,,―--/          ,∧、
      、            ゙'ー''''" ` ゙|'''′゙,i´ ``            ,リ゙l゙l \
,/'i、   .,/'i、  、      _,,,,,       ,l゙,i、/          ,,、    .,|Π.リ::::::`'-,,,,∠''ハ----i、 __
;;;;\  .l゙;;;;;l゙  ./ヽ   ,/゙   ヽ     l゙ | | l゙          _/lヽ---ー'',i´ Τ ヽ:::::/::::::::l゙l゙.|:::::::::::://:::::::::ノL,,,,,,、
;;;;;;l,"  |;;;;;;;!,  .゙l;;;|  ,i       ゙'-,,、  │l゙,l゙,|"_,,,,,,,,, _,,,,,,,,,,/:::::| l゙,}::::::::::::::,l゙    ゙lV―-―┴――/::::::::::i´:::::::::/゚i
;;;;;;ィ°彡;;;;;;;゙l、.l゙;;;゙l ,i´         ゙''r‐リ l゙l゙ |゙゙      ∠-―'二'''"二匸_Π-┴------------ニ=ー―――|,,,,|
;;;;;;;`i,.(;;;;;;;;;;;;;;;'i,i´;;;;;レ′        ,i´ ./.,l゙l゙ l゙  __,,,-┴─゙ ̄.|   | ̄   ̄._,,,,,,,--―'''''''''''''"゙^::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;,!l゙'''''.,,―''''"゙゙^ ゚''''''''l_;';';'_,,,、;'r‐―-彳 | .| .゙厂             |_,,,,,,,|-ー''''"゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
‐''"`:::::::::::::::::::::::   ,-‐'“″ `'''ヘi、 ./,-.,ヽ"i、゙l,,,,,yr‐――‐ニニニ`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::    ,/゜        ゙lコ,!'ニニニ二「'"`    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::    i´ _,---―-,,、  ,,,-‐`   `゙''-_     `゙゙゙''''''―'''''''―ー--,,,,,,,,,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ー¬_,:::::    |,-‐′     `'',i´         ゙l,,,、                `゙゙''''―-、,::::::::::::::::::::::::::::::::::
    .~'┐:::  ,/         `'i、        _l゙`゙'''―-,,、                 '〜、,,::::::::::::::::::::::::::

170 :169(連レススマン):05/02/17 21:57:13 ID:8kkkU4Eq
ニコル「懐かしいね〜、ローズマリー。バラバラになったみんな、元気かな・・・」

さて、まず何をしようか?
1:院長先生のお墓参り
2:建物内を探索
3:寝不足なので、子供の頃みんなで日向ぼっこをした庭で昼寝
4:久しぶりにプリンセスごっこ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 22:02:05 ID:kWgFwCC7
1が一番自然。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 00:58:48 ID:T6SnAX2v
今日の一日をアップルフィールド周辺で過ごすのなら、1→2→3の順でいいのでは。
4はしなくてもいいでしょう。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 02:51:49 ID:aUmtGYHm
個人的に1番が物凄く気になる

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 10:22:42 ID:1BxC7cbc
何か(ナージャを陥れるのに)使えるものが見つかるかもしれないので
2もいいかも。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 11:48:58 ID:m1C5Jcr6
1:院長先生のお墓参りをした。

墓参りを済ませ、暫し孤児院を見て回る。
久しぶりの孤児院は荒れ果てており、昔の面影はない。
さて帰ろうとしたとき、近づいてくる人がある。

ニコル「あれ?クリスチャンさん?」

                __、;、、;;レ+++i;;;;;、
            __、;iiii'~~~       `~~'ヘi、、、
           ;;;ii|~~              ~~ヘi;、
         _ノi~`                  _~'ヘ、
        _;;i|~                      `'\
       _ii|               _______       ~')、
       /|               _i~~~~~''''''ヘ+;、、_   ヘ
      i|~         _、  _、  /        ´~'''ヘi、 |
      i、         ;|   ;|  _i|            ||  |
      _i(         _;|  _;i~ _;;i|/~~~;iii、、       i|  |
      i|          |  _i| ;;|~´ _/~  ~\   _+~~'、|、|
      ||         | _i| ;ii|' ノ~i|     |  /   '||/
      ||         ゝ i|_i|'ノ  i|ヽ    i  iヽ   i||''
      ||         イ :||~;i   i| |    i  _i |   i|~
      ヽ         | :| i|   i| |     /~~| |  i||
      _~i、        | ||  |/    i  i| /   |
       ~i、        | _| |    ヽ    _/   i~  |
        'i、       \i |   \___ノ'    i、__;;||
        _~ii、        |    ´        ~ ||
         ~(i、        i|            _/~
          ~'iii-、;;;;、、   i|       ____,  ;ノ~
            `  ~'i、  ||i、、       _ノ~
                `\、;||  ~')iヘ----イ~
                ;+--イ|i、、__|
               ノ    ~ ~~'\、_
              /~         '~')
             _i~          _i|
            ;i~ _;、;;iiiii()ii;、   '')i|、
            /レ'~~~   ´~i|i、   、~+
           _i||        ~(|i、   (|

よく見るとアレックスだった。

アレックス「ローズマリーにニコルじゃないか。二人とも貴族のお屋敷で働いているんじゃ……」

どうやら今までの一件を知らないらしい。
さてどうしよう。

1:社交辞令程度に済ませ、早々に立ち去る。
2:今までのいきさつを正直に話す。
3:ヘルマンに追われていることを話して、助けを求める。
4:一晩の食事と寝床を提供してくれるよう頼む。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 16:39:37 ID:x3ErKnj8
 ニコルにも「公爵家乗っ取りを企むヘルマンの陰謀に巻き込まれた」
という事にしているんだから、3にしておかないとニコルに怪しまれるのでは。

 もっとも、ニコルと違って助けを求めても一緒に付いて来てくれるかは疑問ですが。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 18:51:06 ID:Bey8T7Md
確かに2は無理がある。3で。
追われている事は自分が言わなくてもニコルが事情を話してしまいそう。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:03:45 ID:9riJMHSJ
3:ヘルマンに追われていることを話して、助けを求めた。

             ,,,,―ー'' ̄ ̄ ̄ ̄''ー、,、
             ,/'゙゛            `\,、
        ,/                  `'ヽ、
       ./           ,r-、、    ,,,-,、   ‘i、
      .,/′       人\ `'-,..,/ /.人    `i、
     .,/`        人...\\ │/ / .人_    ヽ
    /`         ,l彡'''''''''''''゙""~゙゙゙゙'''''''''ミミゞ    ゙i、
   ,/          ,i´             `゙i、    ゙l
   ,l゙          ,l゙               │    |
  .l゙          ,l゙                   ゙l    .|
  |          │                ゙l    .゙l
  |          ,ト----,,,_          _,,,」     l゙
  |            |_,,--―-二'''''-.    ,,,,''''',,,,  .l゙    |
  |   |     .,-|′     `'-,、   /,/^ `゙'|'ヽ、  |
  |   |    .,l" .|  .,,-'ヅ゙'l〜  ヽ   .゙l' ,,,,,,,,,,、. |  ヽ   |
  |   ゙l    i″ .| ,,i´ .l゙k,,,,i|    │  / ´,f、.|/i、,!   |   |
  ゙l   ゙l   .|  ゙l  .|l゙  ゙l.|    l   |  //゚'〔| .│  |  .|
  │  ゙l   .l゙  ゙l  ゙lヽ,,/.l゙    | ̄.|  |゙l,.,| |  |  |  ,!
   .゙l   ゙l、  ヽ  .゙l   ヽ-┘   丿  ゙l.  ---'  |   |  l
   ゙l   │  `ヽ .|        /   ,!,l     |  / /
    ゙l、 .ヽ   `''k,     ,,/    .i ヽ    l゙ / /
    ヽ │ .ヽ    ゙l  ̄ ̄ ̄     ノ   ̄ ̄iT   /
     .ヽ .゙i、 ヽ、  │      _         .,/゙゙i   ./
      ヽ .|ヽ `'、、 .゙l,     ´ ̄ ̄`   _/ / .,/
       \゙l \ ゙ヽ,゙l゙'‐、,_       /   / ,/
           \ l''゙   `''ー、,_ _,/゛     レ"
            i<,"゙'リ         |,,,_
            l  `゙゙'゙‐'、,,,,,,_    .| .,,ニi
         |       `广 ̄ ̄ ̄  |
        ,,,,ノ       │      │
   ,,,,,,--''''''           ゙l       ''-,,,,,,、

アレックス「そうか・・・そんな事があったのか・・・」
悪者に追われている事、新聞記者であるハービーの同僚宅に匿ってもらっている事を話した。
アレックス「そうだ!今、僕はロンドンにいるある人のこま使いとして働かせてもらっているんだけど、その方がとても良い人なんだ。
     事情を話せばきっと守ってくれるよ。そこで生活すれば僕も力を貸せるし・・・」
ニコル「わ〜〜、そうしようよローズマリー」

1:ハービーの同僚には事情を話し、アレックスの主人宅にお世話になる
2:今は同僚宅を離れる事は出来ないと断る
3:アレックスに仕事を辞めて自分を守ってくれるようにお願いする

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:55:28 ID:m1C5Jcr6
同僚宅の鍵は落としたのでは……
とりあえず2

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 23:14:03 ID:OZn/xS2s
漏れも2で。そのほうが無難だろう。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 23:50:27 ID:dHIOpFEy
そろそろハービーの同僚も取材から戻ってくるだろうからカギの問題は大丈夫だと思う。
でも、ここで同僚宅を出てもハービー達は状況を知れば安心するだろうし、アレックスを
味方に引き込むチャンスなのでは?よって1で。 

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 02:30:29 ID:I7EyZkWX
アレックスの主人がいったい何物なのか気になる。
良い人らしいので力を貸してくれそうだし、有力者だったらなおさら利用できる。
よって漏れも1。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 03:56:54 ID:SkwzXkY8
観察眼が鋭いであろう記者と長く一緒にいるとボロが出る危険がある。
今は地位や金のある後援者が欲しいところだし1で。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 09:42:22 ID:s3yJglNW
ある程度、金と地位を持ってる人なら他の貴族達とも関係を持っているだろう。
1、やはり有利な条件の方に移るチャンスがあるのならそれを逃さないのがプリンセスですよ。
まあ、ハービー方にも事情をきちんと話しておいたほうがよいだろうけど。
そうすれば悪い印象は与えずに済むしね。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 10:48:49 ID:RefuRFKM
1:アレックスの主人宅にお世話になる事にした。
しかし、ハービーの同僚に事情を話さなければならないし宝の地図の件もあるので翌日にそちらへ伺うことを約束してアレックスと別れた。
ロンドンに戻りちょうど取材から帰ってきた同僚に事情を話すと納得してくれて、ハービーにもこの事は話しておいてくれるそうだ。

翌日、クリスチャンに会うため大英博物館へと向かった。話を聞くと地図が示している場所はスイスの山岳地帯で、書いてある紋章からすると
フランス第一帝政の皇帝、ナポレオンが隠した宝の可能性があるらしい。

地図の説明が終わると突然クリスチャンが顔を赤くしながら言い出した。

    i´            l゙                 ヽ、
   /          |                   ヽ
  /         ,/゙|     、                 ゙i
  i´          ,/  l゙     |               ヽ
  l゙       ,,i´    ゙l、    |     ゙l          ゙l


 /      l 丿     ヽ    .|、    |             |
│      レ゙       ゙i、   |ヽ    |、          .|r-、,,,,,,,、    ___,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
.l゙      │        ヽ   ゙l \   |.゙l     │  l .|゙l   ` ̄ ̄ ̄
.|      |     ,,,,,,,,,―‐'゙ヽ、 .|、.ヽ  .|ー゙ヽi、   |   |  |.゙l
l゙      .l゙  ゙゙,ニニー―'-,,、  `''i、゙l  ゙i、 |   ゙l,   |  .l゙ | |
|      | .,/  ,,,,,,,, 、. `'i、   ゙ ,,-'|∨ ゙゙̄lヾl,  .|  │ .| |
|      |,i´  ,r'".,i|゛`.、` ヽ   / ''i''''i゙'''-,ヾリ l゙  /  | |                ,,-、
゙l     .i、|′ ‘ .,i|  i、   |  . /   i|  i、   ヽl,l゙ .,/`  │ .|                ゙l
│ .,!   .゙l l    ゙l.|  |.|   | .|l゙  ゙l.|  |.|    |/.,,i´   .l゙ .|                  ,ノ'"
 i,. |    ゙l゙l    |,ヽ,〔"   .厂]゙|   ‖ ,iリ    l彳    /  l゙ ○ ○,,,,,,,, ‐''''‐‐-、,,,,_  |
 | .|    .゙|,、   .'“"゙″  ,l゙ l゙ |、  '“"゙″   i´|  .,! .レ-''―-ー''""         `)″
 | |!   \. ゙゙l-,、 /////,/  ! .ヽ  /////   丿ノ′| 丿                 ,/
  ゙l|゙l    `''rミi,"'ー---‐'''′   、 `'-,,_   ._,,,,r゙,/,、.//,/               ,,,,,,-'"
  ``'i、 .l, .i、゙l          丿    ` ̄ ̄,,/゙.,,| ./iシ′           |
    \│| ヾ          `        / .,///            ,ー,i´
     `'|,!゙'ー\.      `ー――-    /,/ '"             ,/ i
           \               _,/~^        _,,,,,、  ,,、,,/` ,l゙
            丶r,、       _,/`       _,,―'"   ゙|--'" `"'〜/
             | `‐,,_    ,,-'i´       ,,-'"      |      ,l゙
               /二|  `゙'''''"|. i、     ._,-'"           |
            │ `'ー、,、  ._,,,,,/|  .,,,-'"             l゙                ,,/
               ,]    ゙l  ,i´  ./-i,i´             |                 ,,/
    .__,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/     .| .|   l゙               |               ,,/

クリスチャン「あ・・・あの・・・、この前は僕の話に付き合ってくれて有難う。そ・・そのお礼という訳じゃないんだけど・・・
         こ・・今度、一緒にロンドンを観光しないかい?ぼ・・・ぼ・・・ボクでよかったら案内するよ・・・」

1:「うれしい!ぜひお願いするわクリスチャン」
2:「ごめんなさい。私、忙しいからまた今度ね」
3:「ニコルがロンドン観光したいらしいから、ニコルと一緒にどうかしら?」

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 12:57:18 ID:t/74mej3
1:プリンセスの魅力でクリスチャンなぞ虜にてしまいましょう。
後でナージャとの対決の際にも裏切れないくらいにね。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 14:45:05 ID:I7EyZkWX
お と せ !

てことで1。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 19:04:19 ID:EVM5fGZR
落すと他の男と関係を持つ際、問題になるんじゃ・・・
とりあえず手のニコルとくっつかせてまとめて使えるようにしては

ってことで3
まぁニコル離脱の危険性もあるが

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 21:26:18 ID:vT94vcJb
ただロンドンを案内してもらうだけなら問題ないかと・・
向こうが勝手に好きになっちゃっただけだし、そんなこと言ってたら
敵であるナージャは(ry

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 22:45:52 ID:9aXDETNQ
1:「うれしい!ぜひお願いするわクリスチャン」

                                  _,,_
                                 ノ''''''"::::::::\
                   ,,―'''''''>   __   ,/:::::::::::::::::::::::::゙l、
          ,,,-‐''"゙゙'''ー--‐'″   ''''''''>':::::::::::'ヽ,-{,.,-'':::::::::::::::::::::゙i、
      ∠,,,,,,_               `'‐、,:::::::::ヽ、゙ッー'''''''''ー-,:::::::l
            ,,-‐'゛    ,、  、       \:::::,┴"      `゙ヾ,
       ._,/      丿゙l  li、 .∧     V           ヽ
     .,,/`      、,l゙ .゙l、 lヽ l \     \             \
   ,,,,i´ ,,、      ,'| |   ヽl /∨ ̄ヽ\    ゙i、              ヽ
   '''―''ン′    ./_,l,|,,    ゙!/,/ ̄ ̄ .\ヽ    .l、            \
    ./`     ,/^ ゙_ \、 l   ∩   | |     _ゝ               ゙l
    ,!      / ,/゛ `' ゙l-l、 ,/ ̄ ̄ l゙i    |゙               \
    .l゙      | /   ∩   l  ヽ、__,/ |    i                |
    |      .|.   / ̄ヽ./ 、、  _ /// i,,   |        、  ヽ    `ヽ
    |  ,i´   |、  /   ,/___/ |    ゙,!,,,-‐''|.    、    i、   ゙l.     \
    ゙l l|    ヾ'ー---‐"  |      |  /'    .|    \    |    \     ヽ、
    | |゙l .,、   \ ///  l     |  /.      \    ゙'    ゙l、   ヽ     `'ー'''''フ
     l| ゙l八    ヽ     ゙l    广^        ヽ   |    '-、   \,,_  ___ .,,.丿
     `   ゙l      \    ゙l    ノ\          |    |      \   |  ̄  ,,ノ''
        ゙∨l人、,,,,_,'L,,..  \/::::::::l.          |   .|、      ゙l   `"''',,/''
        /:::::::::\  `''' ,,レ'''''''::::::::::::::::l、        ゙l    | \     | ..,,, _人     __
        (::::::::::::::::::"ー""::::::::::::::::::::::::::::::⌒''i       ゙l   ヽ `-,,,,,,,,,,,,,.ノ"      \ ,/.::::゙l
        人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,_,,-‐‐l゙,,,,、.  !   \  '''''''/  _____  ____l'::::::::::::::|
       /゙l, \:::::::::::::::::::,,,,---rー''''゙゙゙ ヽ、 l   `'''┤   `-、,,,/ r'":::::::::::::::::::`'l'::::::゙'l:::::::::::::ヽ
      ./  ゙l,  ヽー'' ̄ ̄   l゙   j .ドl ヽ'    ゙l         ゙l:::::::::::::::::::::::-゙l:::::::::|-::::::::::::`i、
     /   \         \_.,,l゙| .| ゙l `i、    \         \:::::::::::::::::::::-l,::::::l-:::::::::::::::::゙i
    ,/′    ヽ          ゛ .|  |  ゙l  ヽ、   ゙l          ゙l::::::::::::::::::::::::| ̄\.:::::::::::::::::゙l
ー--"        \          | .|`'i i、   ゙l    ゙|          |::::::::::::::::::::::|   \::::::::::::::|
            人         ゙l、 ゙l ゙'゙l 、,l゙.    \. ,、        ゙l::::::::::::::::::::i     'ー-┬-'
           /  |          `''-,l    ゙''゙      `i/::〕      \::::::::::::丿        \

大喜びするフリをして抱きついた。この男を私の虜にするチャンスだ。
後日、ロンドンを案内してもらう約束をしてアレックスの主人宅へと向かった。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 23:19:40 ID:LhiAG9Oy
教えてもらった住所の家へ行くとアレックスが迎えてくれた。有力者と聞いていたが意外と小さい家だ。
アレックス「紹介するよ。僕のご主人様のシュタイナー伯爵だよ」
シュタイナー「良く来たね、二人とも。アレックス君から事情は聞いているよ。」

                    ,,-'''" ̄ ゙̄"'ー-,,
                ,/,,-''''''ヾiヽ '/゙゙‐,、\
                 ,/ン'゛     | |  | \\
                /゙,/       | |  |   \.゙l
                l゙ ソ.        | │  |   」 ゙l
             i゙ .ミ冫,,      | l゙ _,   ミ、 |
             ゙l '| '" ヽ.     | .レ'″`゙'` .゙l |
             | |   ,,,,,,"i、  |.|'゙,,,,,,、   | |
                ゙|,|  ,―-`゙l  |,!"-― 、  |,,,|
               /`|    ||  l゙  .|l゙  ||   , /! ヽ
            l ゙l|   ̄ ̄/l   ヽ ̄ ̄   l.|/ |
               ゙l .│     l .,、       /ト丿
               , ヾ゙l     ゙l,      ,  _/ソ、
               |`'''" |、 、       ,-> ./  l
            ヽ  ゙l, く ---―ー‐'"  / ""l゙
                ヽ,,,,..\  ,----、  ./ ,,,,i´
              ゙ーi,,,..ヽ         ,/ |,,,-‐′
                `'--\     / │
                   |\,,,,/   |
                  ,.----i   i----、
                 |    \/    |
                  ,-‐i--、   i   ,---i‐-、
                 / _ ,-':::::::ヽ__./:::::::::::\`゙''ー‐-,,,、
          _,,,,-‐'''' ,/::::::::::::::,l:::::::::::l:::::::::::::::::::ヽ、    '''ヽ-,,,,,,,,,、
      ,,_,,,-‐'゙     .,i:::::::::::::::::::/'iiiiiiiiii'ヾ::::::::::::::::::::l           ''i、__
     ,i´|        ゙'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i             | │
    ,λ |          |::::::::::::::/::::::::::::::\::::::::::::::l゙          / 八
    ,/ ヾl,         ゙l:::::::::/::::::::::::::::::::::\::::::丿         / /  \
   /   ヾ'i         `''У::::::::::::::::::::::::::::::r‐"         i / \ ヽ、
  ,i´丿   |"             /:::::::::::::::::::::::::::::::::゙l          `i i  ゙l、  )
  `'┤ ./|  |          ゙l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            ゙l ゙l,  ゙l/
   │ l゙||  |           \::::::::::::::::::::::::::::,-'            |_|il,,/
    ̄ |  ̄            ゙l::::::::::::::::::::::::/                  |

なんと目の前に現れた男はオーストリアで拘留中のはずヘルマンだった。なぜ名前を変えてこのロンドンにいるのだろうか?
向こうは私をはじめて見た様なフリをしているが当然気がついているはずだ。
シュタイナー「私はドイツ貴族なのだが、今は用事でイギリスへ来ているのだよ。本当に急な事だったので向こうから使用人を連れてくることが出来なくなくてね。
         そこで身の回りの世話をしてもらうためにこのアレックス君を雇ったのだよ。・・・そうだ、二人とも今は仕事をしていないのだろう?私のメイドとして働かないかい?」

1:「よろしくお願いします」ヘルマンである事に気づかないフリをしてメイドとして働かせてもらい様子を見る
2:「申し訳ありませんが、今は仕事をする訳には・・・」丁重に断り、とりあえずニコルを連れてこの家を出る
3:「ヘルマン叔父様、どういうことかしら?」二人にこの人物がヘルマンである事を話す

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 08:39:58 ID:1KncCpRO
まずは様子を見るべき。1で

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 08:49:52 ID:vQO7EU5X
超展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
一応ヘルマンに追われてる事になってるから3はマズイ希ガス
1で様子を見て、都合が悪くなったら2で

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 10:23:04 ID:vPNah6Lb
1。
ニコルとアレックスは、シュタイナーがヘルマンだということを知らないし。
問題は記者に感づかれたらまずいということだけど。

そんなことよりこの状況、ヘルマンだったら絶対顔に出るぞw

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 12:02:17 ID:Vqxti4wy
>>194
私も1.で。

確かにヘルマンが何も知らずにいきなりローズマリーに出くわせば、小心者の
ヘルマンは確実に慌てふためくでしょう。
 しかし、ヘルマンがローズマリーがロンドンに来ている事を知った上で雇おうと
しているのだとしたら?

>>141でヘルマンが言っている「よう! いい儲け話があるんだけど乗らないかい?」
 とは、おそらく「庶民に戻ったナージャを誘拐してプレミンジャー公爵家を脅迫し、
巨額の身代金を得る」といった類の計画だと思われますから、ナージャを罠にはめる
には孤児院時代の人間を使って誘い出す・・ なんて事を企んでいるとか。

 ただ、孤児院の仲間と言ってもニコルみたいなお人よしの善人よりもローズマリーの
様な狡知に長けた役者の方がナージャを誘い出すにはより効果的ですから、
アレックスからローズマリーの名と経歴を聞いて
「こいつはますます好都合だ。 ぜひともローズマリーを取り込んでまた利用してやろう。」
 てな調子でアレックスの申し出を受け入れ、何食わぬ顔でローズマリーの前に
立っているのでは。 そして後で人目の無い所にローズマリーを呼び出して
これまでのいきさつを話し、陰謀に手を貸す様に持ち掛けるでしょう。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 13:35:18 ID:fi79hYO/
1:「よろしくお願いします」ヘルマンである事に気づかないフリをしてメイドとして働かせてもらい様子を見た。

                         _,,---、
           ,,,―‐'' ̄ ̄'''''''-、、  ,r'"   |
             l           , ,リフ'┬'''''`   \
           ヽ      '"゙ ゛ _゙l,,-冖――-_  |
              ,l゙        ,‐^        \,|
            / |      /              ヽ
         ,i´  |    /            ─ ̄l _
        ,l    ゙l、,,_/ 二ニヘ             __ノ.!
        │   l l ´   ,,./| |ト               /
         |    l l    `  l   ||l,  ,!        ,ルl.,l
        |   | |    l /  ||ヽ  .l, ヽ、  .-,゙/ ,/
        |    | |   l |ノ    l| \ \,ヽ__、_/   
        |   | l   | | ,___!!___,メ___ニチヽン 
          l゙    l l i ノ||゙ .,,-ヽニ、ヽ     /じヽ l l    
       /    /::゙l|ミ、 |/~ |で;.;|ヽ    |;();.l /ノ    
     _/    /::::/~″    |;;();;|     ヾ_/ 「ハ  
    /ノ    /::::::::::l゙ヘ     .゙ッir゙     、 `` |l    
    l |    |:::::::::::\ヽ             ′  / I、   
    l l    ヽ::::::::::::!`;;\        ー一 / `l l   
    | l     ,!゙l::::::l::|:::::::`'i、 _       /;;;;ヽ,l、 l l
    ,i  l     / l::::::::|::l:::::::/_|     ┬;-イ;l::ヽヽ::::  l│
  / /   /:::/::::::::l::l ;;;;;l゙;;;`¬;o;-;;;;;」;;;,|l゙::::l::l:::::  l |
 (  l     [ |_,,,―'''"|:::::ー--/_ ヽ-─│`''-、;;;;;::  l l
  l、 l   ,―';;゙l     |::::::〔;;;;;;;_|_|;;;;;;/:::::l      l`;ヽl
  ` `   |:::::::::::l     l:::::::::::::::::::::::::::::::│    l:::::::`;;

ヘルマンが何を考えているかわかるまでは、迂闊な行動はできない。
とりあえずは様子を見る為に、ここでしばらくメイドとして生活することにした。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 14:14:35 ID:fi79hYO/
 メイドとして雇われて幾日か経った。いまだにヘルマンの思惑はつかめない。
そんな時1人の来訪者があった。年は30そこそこであろうか。身なりの整った紳士である。
何かわかるチャンスかもしれないと思い、シュタイナー伯爵との会話に耳をそばだてた。

男「うまくいっているのだろうな。」
シュタイナー「ええ、もちろんです。」
男「君を助けたのは私だ。ゆめゆめ忘れるなよ。」
シュタイナー「はっ。」

男がシュナイダーの部屋から出てきた。
                      __,,,,.....,,__
                 _,. :- :' ":´: : : : :` ': 、、
              _,.r ':´: : : : : : : : : : : : ヽ、
           _,.-'´: : : : : : : : : .人: : : : : : \
           ,.ィ'´: : : : : : : : : : / ヾ、: : : : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : : ノ    ヾ、: : : : : ゙i、
        'イ: : : : : : : : /: //      ヽ : : : : : 'i
        /: : : : : ノ'_,. 彡',.ィ'/"        'i | : : : : 'i
       '7: : : : /ム" '''''^~''"゙          !:|: : : : : |
        レi: : : :i'              ,...:;;.、 ゙'! : : : : |
        .!∧ : : ! =-x、.,_ .;' :  _,,.、=:''""'ー  | : : : : 丿
         ゙ \ r'l,   ,―- ~   ,i'" -― 、   i':r‐、: :/
           `1 i    ||   |      ||     'レ'ri ! ;/
            ヽl|    ̄ ̄ |       ̄ ̄   .:jシ' ノ /
               '、!       └-ー         '~/ :ノ
              ゙'、               ,/-',,.:-'゙
               ゙、  :: _,,. -―- 、..,,_ ::  ,/ |'゙
               ゙i、    '""''      .ノ .|
                | '、         /  .|_
               ,.┤.ヽ、____,,./   _,|..)
             _,..-|`゙"'''ー-、 ::  ,.-― '''''""゙   ト-.、、
       __,,,,,...、- ''";;;;;ト 、、 く,ヽ、 /j      _,.-'゙|;;;;;;;;;;゙;;';ー;,,、..,,,_
、--―;'';;;"゙;;;;;;;;;;::''';;;;;;;;;;;;;;;|: : : ゙,.>≫V.∠..、__-‐_'',,"  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;''-、.,;;;;;;;;;;;゙;;;;;;'';;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|>''":/"  :: ゙'、__,,,,,,... ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'",;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: /:/     ::.  \    ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'.,;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';,, ..;;;;;;;;;;;/: :/ : /     ::::   ヽ、 ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,-‐''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:",,;;;;;;;;;/ : :/: : /      :::    ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;;く: : : /∩_,./    λ n :::    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

男「おや、君は。」

見つかってしまった。

198 :197:05/02/20 14:16:58 ID:fi79hYO/
男「ナージャ・プレミンジャー君だね。いや、今はローズマリーの名前に戻っているのか。」

どうやら自分のことを知っているらしい。

男「私は下院議員をやっているウィンストン・チャーチルというものだ。」
チャーチル「小耳に挟んだんだが、ヘルマンという男に追われているようだね。」
ローズマリー「ええ。」
チャーチル「君がその気なら、力になってもいい。」
ローズマリー「本当ですか?」
チャーチル「勿論だ。ただし、私とシュナイター伯爵をどうにかしようとは思うな。
私はこれでも公爵家の血筋でね。軍にも政界にも知人は多い。
わかるな。孤児である君の言うことなんて、誰も信じてくれんよ。」
ローズマリー「……」
チャーチル「そんな目で見ないでくれたまえ。地盤固めのためには、危ない橋を渡ることも必要なのだ。
……それ以外のことなら何でも言ってくれたまえ。善処しよう。」

私をここに呼んだのも計画のうちだったのだろうか。
この男の考えていることがまったくわからない。
さてどうするか。

1:何をされるかわからない。きっぱりと断る。
2:また何かあったら頼むと言って立ち去る。
3:協力を求める。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 16:31:37 ID:LtBOyRb9
今の状態ではまだ協力を求めるのは危険かも。
この人物がヘルマンを助けたのに本当の名前を知らないのはおかしい気もするが・・・
まあ、それを知っていてそのふりをしているだけかもしれないが。
とりあえず今は様子を見る為にも2にしておくのがよいかと。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 18:12:26 ID:eAkLZDX+
俺も2かな。ヘルマンの企みもわからない内はあまり行動は起こさない方がよさそう。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 20:22:22 ID:ZpZHa/OI
この人って若りし頃のチャーチル卿じゃん!
彼は異常に勘が鋭い人間だから下手な事は言えないし…。
とりあえず様子見という事で2。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:30:21 ID:+Yiu/Cxq
1:何かあったら頼むと答えた。
チャーチル「そうか・・・まあいい。一応私の屋敷の住所を教えておこう。もしその気になったら尋ねてきなさい」そう言うと男は家を出て行った。

翌日、約束どうりクリスチャンにロンドンを案内してもらう事にした。ある程度市内を見学した後、少し歩き疲れた事もあり休憩することにした。
                     _,,,――-、,, 
                    ,-'"       `ヽ.
                  /′         ヽ.  /ヽ._____
                 ,l゙  ./l,. i、i\\\   |  (:::::/::::::::ヽ__,、 
                 |  │.゙l,i i|  \,i,, i.  レ''⌒'''\:::::::::::::::ヽ
                 i | /゙,二 ,i´,二、i .|  l゙ i''     l_:::::::人
                 ヽ,i, i l _|-| l _| ').!,, i゙l | ゙l、ヽ ||. ̄  ヽ、
                      ヽ  ̄ 、 ̄ / iイ ヽi ニ'ヘ,,,,,||  |    )
                  \\  ワ  /,/\丿ヒj`    ). (    (
                   / ''‐,-,‐''r'゙    ゙i ´`   ,!'''  \   \
                /Vヽ.   i,∨i     iフ   ヾ  \ \   ヽ、
                | \i   /∧\, /⌒\゙'二'┐ ,l \  ,--、\  |
                  /|   \ // ヽ  ヽi__ ゙Y⌒ヽi∨_ニ∨   \ | |
               / |    .| ̄ ̄ ̄ ̄ .|゙‐'|"   〉:()::::::::::|     |. | |
          \   / /''\   |       |/ヽ  'rii\::::::ヽ,,,,,,,,,,,,ノー-'
           \/ __人  入  |       |l,/ ト./\. \:::::|:::::::::|
            l゙ ̄   ヽ__丿 |       | |ヽ |:::\/:\  ̄|:::::::::|
            l    ,/.\   |        | .| . |:::::| \:::::::`'ー|:::::::::|
               ヽ-'"\   i\ .|       .| | |:::::l   \:::::::::::::::::/\
         ______\ノ  \|______| ||:/     ヽ,,,,,,,,,/|::::::i
       r'""        ̄ __,,ノ        ./      l\     |::::::|
      i´          ,/         _人.     /\.\   |::::::|
      |   、_____r''     __,,,,,--i‐' ._    /  \.l   'ト、|
      ヽi----|     |.   ./ /∧::::::::\_/:::::\_,,、 \   丿  .|
        |   ゙|     i_,,,,,l ./ /  '''\:::::::::::::::::::,)   \,/    / 
        ゙|   ゙l    |   | | (    <(_::::::::::::\‐'''      ,/\
        ゙|   |.    |    | |- \    \\::::::::(      ./   \
         ゙l   ゙l   |   l゙  i   \__,,-‐''\\:::::\  _/
          ゙l  ゙|  |   |  |×   |\ ×  \i,-i_゙フ′
          l   l  |   |   |×   |. \ ×  \ \
           ,-く,,_,, |  |   |   |×   |.   \ ×  \ \
        ,,,,i     ゙i r'─、|.   |×   |    \ ×  \
    ,,,-‐''" \ _ノ,i´  \  |×   |      ヽ×   i
    \___/  .'r'"゙^゙'''、|.  /    .|      丿   /
             l゙    / ./   ,-、_l     ./   /
             ゙l,   /(⌒ヽ ./      / ヽ、 /
              `'―'   ̄ ̄       `--―′
どうやらクリスチャンは私に夢中のようだが、果たしてナージャと対決する際にこちらの味方に付いてくれるのだろうか?
1:「もしも、私とナージャが争うような事があったらどちらに付く?」−冗談を言っているようにしてさりげなく聞いてみる
2:「実は・・・以前の事件はナージャとヘルマンに落し入れられていたの」−完全にこちらに付いてると確信して味方になってくれるようお願いしてみる
3:「また一緒にどこかに行きたいわ」−今は好感度を上げておくだけにとどめておく
4:「私・・・あなたの事を思うと胸が・・・」思いっきり迫ってみる

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:33:30 ID:7TcCsJZj
無難に3。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:43:54 ID:0QxxXfhZ
2は論外。
ここは思い切って4。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:55:34 ID:UsF05jkT
 やっぱ3だと思うな。

 後からもっと金と地位と権力のある本命男が現れた場合、クリスチャンに
深入りしすぎていると何かと面倒だし。
 後々の事を考えれば、クリスチャンは「親しいお友達」ぐらいにしておいた方が
無難でしょう。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 22:00:41 ID:YBafP2z6
やはりこの時点では3かも。
相手に対して態度をはっきりさせなかったナージャが
結果的にイケメン軍団を形成できた故事に習うべし(w

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 22:05:25 ID:ZpZHa/OI
慎重になり過ぎると、虜にする前にナージャとクリスチャンが再会してしまう危険性もある。
クリスチャンは既に夢中の様だし、決定打を与えるのは今しかない。
思いきって4を。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 00:17:49 ID:9xhGrv9O
3:「また一緒にどこかに行きたいわ」−今は好感度を上げておくだけにとどめておいた。

クリスチャン「僕も楽しかったよ。またよろしくね。」

シュタイナー伯爵邸へ帰ろうとしたそのときだった。

*「おーい!」

     ,/′           、 .,、              ┴-、
    .,/ ,、       ,,i´/|  ,                  ヽ
   ./ ,、         ,!,/| ,/ ゙l  l゙|               ,`' i、
   |,/│      ,仆.l゙.l゙  | .| |        、       ゚|''''''″
   `丿      ,l゙|.| .゙l,|   ゙l、l゙ .|  |゙l、   │ .     i、 l
   丿      ,l゙ ゙ト `   リ  ヽ │i、  .,lト . ゙l ,/  ゙l゙l |
   丿       l` .,,,,,,,,,,,,,,,,,     ‘、゙l ゙l  │| .l゙ .l゙ノ  .i,l゙.|l゙
  丿   ._,_  | " _    ''',,,,,    ` .l ,i´l゙,l゙ .,l|′  | ゛
   /  ,r'"、.゙゙l,,,i´,/'' ̄ ̄ ̄\''ミミ     ∨ ,_,, i∧∧丿
   l  /  ゙l l゙'R,i´ ,,-」'''''''゙l,!、_.\` ,,i/ ̄ ̄   \.,, |
   l /.|l゙ 、ヽ/.| l l゙  " .l゙レ'|   `|,,,,,,,,l゙''''‖,`'‐ ., ,|.||,l
   ∨ | |i,゙l,  |.| .|,   .゙l,ニ,i´   .,广゙゙'||  l|,,,|  .,i´ |/
    .゙ll゙゙l ゙''`″ \         ,,/`  .儿 '"'″  |., //
      ゙l,,_,!   `''―――''"    | ‘―――'''" 
      ,/ .|              \    /
     .''‐|",.|             .,,/    /| |
      |/| ゙l、                 ,/ |l
       ヽ|ヽ                 /  l
      r― | \      ___,.    /
      |.ヽ|、  \.      ー    /
      │  ゙''-、,, ゙'\        /
   ,r‐ ッi″    `\.\     ンィ
   ノ′ ヽ.       ,K `'''┬ー'", ,| 
 /             l゙ .゙l  / ,rく` \

ハービー「やっと見つけた。
おちついて聞いてくれ。緊急事態だ。
ヘルマンがオーストリアの刑務所から脱走して、この国へ逃げた可能性がある。
これまでに何かなかったかい?」

ローズマリー「……」

さてどうする。
私はヘルマンに追われていることになっている。
しかし今私はシュタイナー伯爵に雇われていて、その正体を知っているのは私だけ……いや、チャーチルという男も知っている可能性が高い。
彼には何もするなと釘を刺されている。
でも話したことが早々ばれるとは思えないし、少なくともあの男よりハービーのほうが信頼できる。
私がとるべき道は……

1:シュタイナー伯爵のことを話し、今は身の安全のため従っていると伝える。
2:シュタイナー伯爵に加え、チャーチル下院議員のことも話す。
3:感づかれるとまずいので、何も伝えない。
4:「今は何も言えない」と伝える。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 00:42:17 ID:kVost8sY
この時点でチャーチル下院議員の名前を下手に出すと
政治的圧力によりハービーの情報力を損なう可能性があるので2は下策。
1と3と4……やはりここは3が無難か。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 01:22:12 ID:soFpwRZK
3が一番よさそう。
初めて見るAA多いけど、ここ用に作ってるの?何気にすごい良スレかも 

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 02:09:47 ID:yx0pHb+x
 今の時点で本物の大貴族のチャーチルと対立するのはまずいし、ヘルマンにしても
マフィアの後ろ盾があるからねぇ・・。

 かと言って「何も言えない」なんて言うと今度はハービーに怪しまれかねないし。
 やはりここは「ヘルマンが脱獄していたのは始めて知った。 とても驚いた」
という振りをして3.にしておいた方が無難でしょう。 

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 09:13:00 ID:7Ea7tSRp
3:感づかれるとまずいので、何も伝えなかった。

ハービー「そうか。何かあったら連絡してくれ。
僕は社のロンドン支局にいるから。」

そう言うとハービーは去っていった。
もしハービーがシュナイターのことを知れば、当然自分を疑うだろう。
その前に手を打たなくては。
シュナイター邸への帰途で、私はあの男と再会した。

.     /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,
. /   イ/    ` ` 、              }
 { i   | ゙       `' 、 ,            j
 レ'、,  |          `'゙、  ,、‐‐、      l
   ゝ」=,,_,,,  _,、=''''`     i / / l     |
    `゙;:ソ )   (::ノ  )    V .( ゙, j      i
      l              / /     j
      レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \

チャーチル「また会ったね。ここでは何だから場所を移そう。」

言われるがままに近くの店に入った。

チャーチル「知ってるかね。100年前、このロンドンの町を、4人の魔女見習いを乗せた馬車が暴走したそうだ。」
ローズマリー「はあ。」
チャーチル「君はこの話をどう思うかね。」
ローズマリー「あのチャーチルさん……」
チャーチル「ああそうそう。外では私のことはストンストンと呼んでくれたまえ。
ウィンストンの後ろのストンを重ねて、ストントン。どうだ、いい名前だろう。」
ローズマリー「あのストンストンさん。一体何のご用件でしょう。」
チャーチル「ここの紅茶はうまい。最高だ。」
ローズマリー「……」
チャーチル「……君、モンマルトル・ジャーナルの記者とあったようだね。」
ローズマリー「私、何も話していません。」
チャーチル「わかっているよ。それでいい。
君も、君の友達も、ヘルマン……いやシュナイターも私の手駒の1つに過ぎない。
私の言っていることを守っていればそれでいいのだ。」
ローズマリー「……」
チャーチル「あの記者が、万一シュナイター伯爵のことに感づけば、君は困るだろう。
私は別にかまわんがね。いざとなったらシュナイターなど切り捨てればよいからな。
……君が望むなら、あの記者の動きを封じてやろう。どうだい?」

A:お願いする。
B:答えを保留して立ち去る。
C:拒否する。
D:ふざけるなと啖呵を切る。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 09:53:31 ID:U3hvqjlZ
Aだと今後ハービーの助力を得られなくなるかもしれない。
Bも今の状況のまま時間が経つと事態がどんどん悪化しそう。
残るはCとDだが、どうせチャーチルの機嫌を損なうならプリンセスらしくDで。
こちらを手駒としか見ないチャーチルとはいつか対決しなきゃいけないし、
ヤバくなったら国外に逃げればどうにかなるだろう。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 10:04:11 ID:ELsyxFFI
魔女見習いとかストンストンとかこの枠ならではの小ネタがいいね。
ところでシュタイナーだったりシュナイダーだったりシュナイターだったり名前が固定しませんねw

ハービーよりもストンストンを巧く利用できてこそローズマリーらしいと思うので、思い切ってAで。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 12:52:37 ID:hoT0q7+X
最終的な目標の1つがナージャの打倒なんだからイケメン軍団を
敵に回すのはあまり良くないような気がする。
まずはハービーやクリスチャンを確実に落として地道に地盤を固めるべき。
それにチャーチル相手にはまだプリンセスレベルが低すぎるのでは?
将来利用する為にも今はCで曖昧な返事を返しておくのが最善かと。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 15:46:02 ID:a47jW+le
>>215
>最終的な目標の1つがナージャの打倒なんだから

 ローズマリーが成り上がる為には必ずしもナージャを陥れる必要は無いと思うんですが・・。

 少なくとも今のナージャはローズマリーをどうこうしようとは全く思っていませんし、
ナージャに何かあればプレミンジャー公爵家とそれに連なるヨーロッパの名門貴族らが
黙ってはいないでしょう。
 そうなるとローズマリーは表の世界での出世や栄達は極めて困難になりますし、
下手をすれば今度こそ本物の犯罪者としてヨーロッパ中のお尋ね者にされかねません。

 むしろナージャが絶体絶命のピンチに陥った時に、絶妙のタイミングで救い出す
ぐらいの事をすればナージャとプレミンジャー家に多大な恩を売れます(そして
それが今後の出世にどれほどプラスになるかは言うまでも無いでしょう)。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 15:51:40 ID:aLqdzRh5
チャーチルみたいなタイプには媚びると逆に軽蔑されるかも。
ここは誇り高さを見せておいた方が一目置いてくれる気がするのでDを。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 16:02:43 ID:a47jW+le
 チャーチルことストンストンの真意が今の所分からないんですなぁ。

 マフィアと手を組み、ヘルマンを手駒にしてオーストリア有数の大貴族たる
プレミンジャー公爵家に何らかの打撃を与えようとしているのか、はたまた
ヘルマンを陰謀に利用しているふりをして、その背後にいるマフィアらを一網打尽
にしようと計画している正義の人なのか・・・?

 後者なら後々の事を考えれば手を組んで損は無いのですが、前者の場合あまりに
ストンストンらの陰謀に深入りしすぎた場合、足抜け出来ないまま悪事の片棒を
担がされ続けかねません(最悪の場合「トカゲの尻尾切り」にさせられる)。

とりあえずBの「保留」という事にし、「いずれその必要が来たら改めてお願いします」
と言っておいた方が無難でしょう。 急に圧力がかかればハービーも怪しむでしょうし、
シュタイナーにも極力外出を控え、止むを得ない場合には変装して外出する様に釘を刺さないと。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 17:26:53 ID:KGqjnoGk
保留に一票
政治家であるチャーチルがローズマリーのような小娘を本当に信用して力を貸してくれるとは思えないので
こちらもそれなりの対応にしておいた方がよさそう。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 19:25:35 ID:i5W1qqTN
B:答えを保留することにした
                      __,,,,.....,,__
                 _,. :- :' ":´: : : : :` ': 、、
              _,.r ':´: : : : : : : : : : : : ヽ、
           _,.-'´: : : : : : : : : .人: : : : : : \
           ,.ィ'´: : : : : : : : : : / ヾ、: : : : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : : ノ    ヾ、: : : : : ゙i、
        'イ: : : : : : : : /: //      ヽ : : : : : 'i
        /: : : : : ノ'_,. 彡',.ィ'/"        'i | : : : : 'i
       '7: : : : /ム" '''''^~''"゙          !:|: : : : : |
        レi: : : :i'              ,...:;;.、 ゙'! : : : : |
        .!∧ : : ! =-x、.,_ .;' :  _,,.、=:''""'ー  | : : : : 丿
         ゙ \ r'l,   ,―- ~   ,i'" -― 、   i':r‐、: :/
           `1 i    ||   |      ||     'レ'ri ! ;/
            ヽl|    ̄ ̄ |       ̄ ̄   .:jシ' ノ /
               '、!       └-ー         '~/ :ノ
              ゙'、               ,/-',,.:-'゙
               ゙、  :: _,,. -―- 、..,,_ ::  ,/ |'゙
               ゙i、    '""''      .ノ .|
                | '、         /  .|_
               ,.┤.ヽ、____,,./   _,|..)
             _,..-|`゙"'''ー-、 ::  ,.-― '''''""゙   ト-.、、
       __,,,,,...、- ''";;;;;ト 、、 く,ヽ、 /j      _,.-'゙|;;;;;;;;;;゙;;';ー;,,、..,,,_
、--―;'';;;"゙;;;;;;;;;;::''';;;;;;;;;;;;;;;|: : : ゙,.>≫V.∠..、__-‐_'',,"  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;''-、.,;;;;;;;;;;;゙;;;;;;'';;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|>''":/"  :: ゙'、__,,,,,,... ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'",;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: /:/     ::.  \    ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'.,;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';,, ..;;;;;;;;;;;/: :/ : /     ::::   ヽ、 ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,-‐''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:",,;;;;;;;;;/ : :/: : /      :::    ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;;く: : : /∩_,./    λ n :::    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

チャーチル「私はオーストリアでのプレミンジャー家後継者事件を聞いて君の才能を高く評価している。まあ、シュタイナー伯爵の家にはよく出入りしているので
        気が変わればいつでも言いなさい。」

チャーチル「あと一つだけ警告しておこう。私を怒らせるようなことはしないほうがいいぞ。私の力ならひと一人くらいどうにでもできるのだからな。
        君と君の友達の安全の為にも変な考えは持たないほうがいい。それではまた会おう。」
そう言うとチャチールはロンドンの闇の中に消えていった。

チャーチルと話をしていたらあたりはすっかり暗くなってしまった。このあたりは夜は危険らしい。

A:急いでヘルマン邸に戻る
B:もう一度チャーチルに声をかける
C:一番近いクリスチャン宅に泊まらせてもらう
D:しばらく付近を散歩してみる

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 19:32:03 ID:7Ea7tSRp
Aで。
そういえば、ドラマCDの後日譚では、ハービー新聞社クビになってたな。
この展開で行けば……

あっちの設定をうまく組み込んだら面白いかも。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 19:50:35 ID:kVost8sY
ハービーがシュタイナーの正体に気付き、詰め寄ったとしても
「あの時は何処で誰に見張られているかわからないから
貴方の安全のためにもわざととぼけていた。」とでも言えば通用しそう。
(そして事実チャーチルは一部始終を影で見ていた。)

しかしここでチャーチルの言いなりになるかのような態度では
却って「自分は貴方の手駒になります」とでも言っているようで確かに”らしく”ない。

ここは一番Dで勝負を。
真のプリンセスの誇りを見せつけてやれ。

223 :222:05/02/21 19:52:28 ID:kVost8sY
……遅れた(苦笑)

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 20:12:26 ID:X6kF+tro
とりあえずチャーチルと組まないのなら、ヘルマンからチャーチルとの関係で
疑いを受けないように急いで帰るべき。Aで。
ヘルマンに不信感をもたさなければその内向こうから企みを話すかもしれない。
そうすれば時期にマフィアとの接触も可能だろう。
 

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 21:14:31 ID:KGqjnoGk
イギリス政府がバックのチャーチルかマフィアがバックのヘルマンか・・・。
この二人は互いに相手を利用しようとしてるんだからどちらか一つを選ぶしかないだろうな。
とりあえず今は無難なAで

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 22:53:38 ID:mh9Pj48a
A:急いでヘルマン邸へ帰ることにした
家に着く直前、突然ヘルマンが建物の影から出てきて前に立ち塞がった。
ヘルマン「ククク・・・ようやく二人で話せるなローズマリー」
ローズマリー「どういうつもりなのかしら、ヘルマン叔父様」

/                         \
        \,  \,,,,,,,,,,--|,,|,,__     ゙,-‐‐'''''''''''''''''''''''''ー-,,,_        _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    ,,,,,,i、. ,、 ,l、  ゙l      | |  \,,、  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'li二二il''"::::::::::::::::::::::::゙゙''ー‐--,,,,
  ,!'''''''' ゙ !|,!レ' ゙l  ゙l、.    | |   \  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,l:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'i
/      `   ゙l、 │   | |    !  |:::::::::::::::::::::::::::::,,,-‐‐" ̄''''''''''''' ̄"'‐‐-、::::::::::::::::::::::::::::::丿
           ゙l  ゙l.    ||     \ |::::::::::::::::::::/''              '''ヽ、::::::::::::::::::/′
            ゙l  ゙l    ||  __    ヽ|::::::::::/`   、               '''''-,:::::::|
            │  ゙l.   ||/ \   l::::/      |                  \:,!
               |  ゙l  ./||      /゙r´       _|                  ヽ\
             ゙l  l゙ /  |,,,,,,、   /丿   _,,-'"^ |                   \ヽ
             │  |/ ノ"`     /,/   /    │                    ヽヽ.
                |  ゙l,/  ._,,,--ー'''l゙ ,"  丿      |                 \,   │ l
.,,―¬'''=,,,,-,,,,,,,,i、   │ |,,-'"゛  ,,,, l .l゙  丿      │       、           ''-、,,,|_ |
、  .,/゙` `゙"''く''\   .゙l  |     .| ,.| |  l           ゙l、         |              `''''フ
,゙l、 ,,,,,--―ー''''¬-`',  |  |ー――''" | |   |    ._,,,,,、,,,,,,゙l,       ゙ト               /
゙l.゙l  .,,,,_   l!~レ丶|  .|. ト_    | .|  ゙l  ‐''"`     \      | ヽ        `'―-‐'゛|
`!,゙l、  `゙'''''''二-" |  .| │  `゙゙''''   |  ゙l  l゙          \    ゙\\        `'--,,|__.
i、.゙l,ヽ    `″   ゙l  ゙l l゙       |  ヽ  l、           `ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,フ.゙''-,,,,,         ,,/
.,)-,゙l,゙l            |   |,!       |   \ |     ,,ミー==ニ-,,      ,, -ニ==ー彡'ー-、,,,,,,,,,,,,,-┬'' 
(,,-゙l'゙l,゙l、        |、         ,|   .,ハ|.    ''  |゙r''\l ゙゙       `.lノr'ヾl `゙   l゙    |
 ,,/ ゙'Λ        ゙l、 、     .,r l   | 、. |      .l,ヽ,r',/         l,ヽ,r',/    ./゙l   |
,i´   ゙',,,!        .゙l,,,/    ,/  '|   | ヽ |.     '' ̄ ゙̄      l    '' ̄ ゙̄'   ./ i    |
゙"""'''''''ブ\          .,,,,―‐゙`.,. |    ヽ. │   ""       丿       ""  ,ド /    .l
    ゙"""|\    --‐''"゙_,,,―‐'"  丿    `''|.                      / /′  | .|
       .| \     "゙゙`     ,/       |ヽ                      /゙‐'"    .゙l ゙l
       │  ヽ          ,l゙        | \.          -―-       /       ゙l  ゙l
       |    `'-、       丿        l゙   ヽ、        "       ,/i        |,  ヽ
       ゙l      \、   .,,i´       ,,,,/    lヽ、          _/ ゙l,,        |  \
        |    ._,,,-┴ニ= フ″       ノ/     l  |ヽ,,,.      _,,.イ  │゙l       i
        |  /     /        //      |  |  `゙゙゙''''ー'''"`  |   ヽヽ、      \

227 :226続き:05/02/21 22:54:24 ID:mh9Pj48a
ヘルマン「ふん・・・、どうせチャーチルの奴から話は聞いているんだろう。あいつは俺を駒として使うために助けたつもりなのだろうが
       俺はもともとそんな事は承知の上だ。機会を待っていたんだよ。」
ヘルマン「実はな、俺は今ある巨大マフィアと関係を持ってるんだ。あんな政治家程度じゃ手も足も出ないような組織だ。
       そこでだ・・・。もう一度俺と組まないか?今の俺は変わった。以前の俺とは違う。今度は必ず莫大な財産を手に入れてみせる
       俺はお前の才能は認めているんだ。二人で組めば必ず成功する。」

1:「わかったわ・・・」ヘルマンに協力する
2:「もう貴方のような人と組む気は無いわ」協力を断る

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 23:03:08 ID:WpIxHY86
ヘルマンごときがストンストン卿に勝てるとは思えないし、マフィアに良いように利用されて終わるだけだろう。
よって2。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 23:04:55 ID:W+XfeWG8
イタリアはナージャの領土なので、ストンストン卿につくべき。
よって2。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 23:06:22 ID:yitlpdD5
1。
ヘルマンは御しやすいし、利用することも可能だろう。
場合によってはストンストンにヘルマンの所業を垂れ込むことも可能だしな。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 23:43:50 ID:rdWr6Gi8
うまくすればバックにいるマフィアにも取り入る事が出来るかもしれないし、
ストンストン卿の目的についても聞き出せるチャンス。
用済みになればヘルマンごとき裏切ってやればよいので、
とりあえず協力するふりをして情勢を探ろう。
よって1。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 00:28:02 ID:6cRjtPeR
道具として利用を目論んでいる可能性が濃厚なストンストンと違って
曲がりなりにも対等の立場での申込みに加え、それが当のヘルマンなら
これまでニコル達についてきた嘘もしばらくばれる心配がない。

まあ、ヘルマン一人程度ではマフィアの力をどの程度まで使えるのか確かに不安だが
逆にローズマリーが力(知力)を貸してやればかなりな戦力として使えるようになるかもだし。

てことで1

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 00:55:55 ID:wKrPEw/E
ここでの選択は
1:ヘルマン&マフィアにつく
2:ストントン&イギリス政府(?)につく
となるわけか・・
利用しやすさではストントン<<<<<ヘルマンだろうけど
能力未知数のストントンも気になる。
だが>>232も言っているようにヘルマンはパートナーとして
協力を求めてきてるんだから1の方がいいかな。
ここは自分で変わったと言っているヘルマンを信用して
みるのもよいかと。

234 :233:05/02/22 01:02:33 ID:wKrPEw/E
ところで>>214でも言ってるけどストントンって名前には何か元ネタがあるの?
魔女と馬車の話もネタの意味がわからない。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 02:17:15 ID:z3RvXDCG
>>234
魔女見習いと馬車の話はナージャの前番組「おジャ魔女どれみ」のエピソード
ストンストンはその前の番組「夢のクレヨン王国」に登場するブタ

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 02:19:06 ID:z3RvXDCG
さらに補足すると、ローズマリー役の宍戸留美さんは「夢のクレヨン王国」「おジャ魔女どれみ」のどちらにもレギュラー出演している。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 03:27:50 ID:PKL8yAFY
クレヨン王国がどれみの前番組だったことをすっかり忘れていたよブラザー
もっと前かと

238 :234:05/02/22 08:22:33 ID:9KVWuUs2
説明アリガトン
両方とも見て無かったけどローズマリーの声やってる人、
結構いろいろな作品にでてるんだな。
みんなのうたで歌ってたから本業は子供向けの歌を歌う歌手で
特別出演の声優なのかと思ってた。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 08:28:17 ID:YtuJUVfW
ルソルソは夢クレでは準レギュラーでは。
毎回出てないし。

ま、ど〜でもいいけど(ホーレソレ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 12:34:42 ID:YtuJUVfW
1:ヘルマンに協力することにした。

                    ,,-'''" ̄ ゙̄"'ー-,,
                ,/,,-''''''ヾiヽ '/゙゙‐,、\
                 ,/ン'゛     | |  | \\
                /゙,/       | |  |   \.゙l
                l゙ ソ.        | │  |   」 ゙l
             i゙ .ミ冫,,      | l゙ _,   ミ、 |
             ゙l '| '" ヽ.    | .レ'″`゙'` .゙l |
             | |   ,,,,,,"i、  |.|'゙,,,,,,、   | |
                ゙|,|  ,―-`゙l  |,!"-―   |,,,|
               /`| ヽ ||  l゙  |l゙  || ノ  /! ヽ
            l ゙l|   ̄ ̄/l   ヽ ̄ ̄   l.|/ |
               ゙l .│     l .,、       /ト丿
               , ヾ゙l     ゙l,       _/ソ、
               |`'''" |、           ./  l
            ヽ  ゙l,    ,,,―--、   / ""l゙
                ヽ,,,,..\  ヽ    ゙l / ,,,,i´
              ゙ーi,,,..ヽ  ゙゙'''--‐'' ,/ |,,,-‐′
                `'--\     / │
                   |\,,,,/   |
                  ,.----i   i----、
                 |    \/    |
                  ,-‐i--、   i   ,---i‐-、
                 / _ ,-':::::::ヽ__./:::::::::::\`゙''ー‐-,,,、
          _,,,,-‐'''' ,/::::::::::::::,l:::::::::::l:::::::::::::::::::ヽ、    '''ヽ-,,,,,,,,,、
      ,,_,,,-‐'゙     .,i:::::::::::::::::::/'iiiiiiiiii'ヾ::::::::::::::::::::l           ''i、__
     ,i´|        ゙'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i             | │
    ,λ |          |::::::::::::::/::::::::::::::\::::::::::::::l゙          / 八
    ,/ ヾl,         ゙l:::::::::/::::::::::::::::::::::\::::::丿         / /  \
   /   ヾ'i         `''У::::::::::::::::::::::::::::::r‐"         i / \ ヽ、
  ,i´丿   |"             /:::::::::::::::::::::::::::::::::゙l          `i i  ゙l、  )
  `'┤ ./|  |          ゙l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            ゙l ゙l,  ゙l/
   │ l゙||  |           \::::::::::::::::::::::::::::,-'            |_|il,,/
    ̄ |  ̄            ゙l::::::::::::::::::::::::/                  |

ヘルマン「そうか。それはよかった。詳しい話はまたの機会にしよう。」
ローズマリー「わかりました。それでは失礼、ヘルマン叔父様。」
ヘルマン「私は、今はシュタイナーだということを忘れるな。」
ローズマリー「失礼しました。シュナイター伯爵。」
ヘルマン「だからシュタイナーだと言っているだろう。どいつもこいつも間違えやがって……
ともかく、マフィアのほうからそのうち連絡があるはずだから、そのときは頼むぞ、ナージャ。」
ローズマリー「ローズマリーです。」
ヘルマン「ああ、すまん。そうだったな。今日はもう休んでいいぞ。」

幾日か過ぎ、また休暇の日となった。
ヘルマンからはまだ詳しい話は聞いていない。
さて、これからどうしよう。

1:ヘルマンに会う。
2:チャーチル邸へ行く。
3:モンマルトル・ジャーナルのロンドン支局へ行く。
4:クリスチャン宅へ行く。
5:ロンドン市外を散策する。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 14:34:25 ID:4/YxEhWs
ヘルマンに協力する事に決めたのなら、ハービーとチャーチルには向こうから接触してこない限り
しばらくは会わないほうが良いだろう。
ヘルマンと会うのも良いが、息抜きにニコルでも連れて外出でもしてみては?
クリスチャン宅に顔を見せた後、ロンドン市内を探索するとか。
とりあえず4かな

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 15:05:43 ID:exs17/k5
 ヘルマンやチャーチルは用事があれば向こうから呼び出すだろうし、あまりに
頻繁にこの二人に接触するようだと周囲の者から怪しまれるかも。

 地図に書いてあった宝の隠し場所もロンドンからはやや遠すぎるので、今クリスチャン
の家を訪れてもお互いすぐに行ける状況には無い。
 よってこれは後回しでいいと思われ。

3.の場合はローズマリーを監視しているチャーチル(またはヘルマン)の手の者
から監視されている事を考えれば、この二人からの疑いをかけられる恐れが高いのだが、
そこを逆手に取ってあえて喫茶店や公園のベンチなどの「監視されやすい所」で
ハービーと接触するのも一興でしょう。
 いずれにしろ、今のローズマリーの立場ではヘルマンとその背後にいるマフィア
や、チャーチルの狙いなどあまりに分からない事が多すぎますから、ある程度は
ハービーを通して情報を仕入れるのも悪くは無いでしょう。

 そもそも、自分にも深く関わりのあったヘルマンが脱獄しても、その件にあまり
関心も示さない様ではかえってハービーに怪しまれかねませんし、むしろ一度
ぐらいは自分から聞きに来るぐらいの態度を見せた方が自然でしょう。
 もっとも、あまりに突っ込んだ事を聞き過ぎれば逆にハービーから怪しまれたり、
監視役からの報告でチャーチルらに疑われる恐れがありますから、聞き出す内容は
ほどほどに留めておくのが無難でしょう。

 そして後でチャーチルらからハービーと接触した事を問い詰められても、
「自分に深く関わりのあるヘルマンの件で何も関心を示さないのはかえって不自然
だったからあえて接触をしたまでです。
 それにハービーとの会話でも特にあなた方を裏切ったり不利益になる様な話を
していないという事は監視役の方からの報告にもある通りだと思いますが。」 
 と弁明すれば何とかなるでしょう。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 15:47:59 ID:yOFl1NOL
ここは3でヘルマンの事がばれた時に備えてハービーをフォローしておく。
ただ、正直に話すのもまずいので言いたい事があるけど言えない素振りをしておく。
ハービーに「この娘は誰かに脅されてる」と思わせることが出来れば万々歳。

チャーチルには警戒されるだろうが政治家として敵も多いだろうしあまり無茶も出来まい。
正体を隠してるヘルマンや政治家のチャーチルと敵対した時にマスコミの力は有効だし、
多少の危険を冒してでもハービーの信頼は確保しておくべき。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 16:19:51 ID:eD5ZKZ0Z
ハービーに会って情報を得るなどした後は、市外を散策してみるのも良いかと。
留学中の夏目漱石に会えたりして…。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 16:38:38 ID:YtuJUVfW
> 夏目漱石が英国への最初の国費留学生として、英語英文学研究のためにイギリスに来たのは、1900年10月28日のことでした。
> 彼の留学期間は1902年12月までのまる2ヵ年余りにおよびますが(以下略

ナージャの舞台は1905年か翌6年なのでちと時期が違う。


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 18:33:19 ID:eD5ZKZ0Z
>245情報サンクス。
そうだったのか・・・ちと残念。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 18:54:50 ID:Z60F1ENt
>ナージャの舞台は1905年か翌6年なのでちと時期が違う。

この設定はどっから出てきたの?
日露戦争前か後かで状況も変わってくるが・・・・

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 19:09:24 ID:YtuJUVfW
ドラマCD第一弾で日本に行ったとき、
鹿鳴館で行われた日英同盟成立三周年記念パーティーに出てます。
日英同盟成立は明治35年(1902)なので、その3年後は1905年。
まあ、この内容は仮想世界っぽいけど、年代まで変えるとは思えないので。
で、お家騒動等で年が明けていたとして1906年。

……2月から翌年1月という現実世界での通りの時間進行なら、
ケンノスケが一座入りしたのは奉天大会戦の1ヶ月ほど前になる。
そんな時期に何してんだw

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 19:46:35 ID:eD5ZKZ0Z
物語内の今現在が1906年の場合、
ミュンヘンで出会ったヒトラーは画家になるためウィーンに向かう途中だった訳だし
話の流れ的にはピッタリ辻褄が合うかと。
参考までに
ttp://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/human/hi/adolf.html

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:35:22 ID:7dBp1Eoz
なんか微妙に転落への道を歩んでる気がしないでもないw

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 23:05:44 ID:YtuJUVfW
まあ、ナージャとの仲を修復するかどうかとか、どういうプリンセスになるかとかはいろいろ意見があると思うけど、
マフィアに追われた挙句テームズ川に沈められましたみたいなのは誰も期待してないだろうから、そこらへんは心配しなくて言い希ガス。
進行役の中の人は複数居るし、どうなるかは知らんがw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 23:07:31 ID:al+3YfXI
たとえ転落してもそこから這上がってこそプリンセス 

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 23:21:25 ID:4/YxEhWs
まあ最終的にローズマリーが幸せを掴むのがゴールなんだろうな
最近は殺伐展開気味になってきてるけど、話の進めかたによってはイケメン軍団と絡んで
マターリ展開も可能だろうし。
まあどちらにしても非常に気になるスレだ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 11:51:58 ID:fueTcS8Q
1906年っつーと、ロシアが敗戦と共産主義でワタワタしていた頃か。
レーニンがフィンランドへ出国、ヨーロッパ各地で共産主義活動を
始めたころだね。

レーニンとの絡みはあるかのう?
共産主義はローズマリーよりもナージャの方に合いそうだが。

そういや、ロシアには孤児院の仲間がいなかったっけ?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 12:21:35 ID:A92PdY2y
3:モンマルトル・ジャーナルのロンドン支局へ行った。

     / |  /         //              \    /
    /  ∧/       i~ ヽ,/ /                ヽ   |
    /  //        '-ー''ー-,'                  ',  !
    i′ /,'        ,′   ,′                  ! ,ィ′
.   l  | !    〃  ,'    ,|/                    l' |
  │  | !    /   /    / !    |         、ノ    |│ 丿
   |  |i′  ,′ /′   _′l _,, |          `ー- -ー‐ '' ~/
   |  .|!   i / _, -ー '' ~i'' ̄i ̄  l    、_           /
   |   |!  ,/!.       l  ゝ   | 、    ̄''ー- ,,_  _,, =''_/_,,ノ
   |    !ハ':::| ゙、 _,,,, -ー ニi ,,_ ヽ  トヽ  ヽ、    `   ̄  /
  │    〉';::|  ミ-_=エ二ニ,=!=、  \ ヽヽ‐- ,,,,_     _,,= ''′
  │   i  ゞ  "~ /ゝ=イ i ヽ    `ー =ニエミ、く -''7~ /
   }    { \ |   ヒ_i::U:i_ノ   ヽ    /ー=イ ! ``/ } i
  ノ    ゝ、 ヽl   ~ ̄ ~         t_i:U::!/ // ノ |
,/      / \_ l           i    ~ ̄` /  /  l.
      /::::::::::`' ,          `'      /_/    |
    /::::::::::::::::::::::\     `、ー- -ァ     /:::!      |
   r':::::::::::::::::::::::::::::::| 丶、   ` ‐ ´   _/:::::::::l       }
  〈:::::::::::::::::::::::::::,__ }   ` 、,,_  _,,. - '' ´::::::::::::::::ヽ     /
   ',::::::::::::::::::::::/  ̄ '' ‐- .,_  ̄  /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /
    ',:::::::::, - .ノ        ''‐、__ {_>、:::::::::::::::::::::::::ヘ  ,'
    l_/   `'' - ., ┌- .,_ / Oヽ |::::_::::::::::::::::::::::::〉 {.
 ,. =二、        ` |   ` ,-‐-、- '´ ト、_::::::::::::::::ノ  ヽ

ローズマリー「あの……何かわかりましたか?」
ハービー「オーストリアの刑務所から、マフィアが脱獄したのを知っているかい。」
ローズマリー「ロンドンに行く前に新聞で読みました。」
ハービー「そのマフィアとヘルマンが繋がっている可能性がある。」
ローズマリー「……」
ハービー「大丈夫かい?顔色が悪いけど。」
ローズマリー「あの……私……実は……
……いえ、何でもありません。」
ハービー「何かあったのかい?」
ローズマリー「いえ、本当になんでもないんです……」
ハービー「言えないのなら無理は言わないよ。
ところで、ナージャのことなんだが。」
ローズマリー「何かあったんですか?」
ハービー「興行に使っていたからくり自動車が故障したらしくてね。
今パリで、公演に使う劇場を探しているらしい。」
ローズマリー「はあ。」
ハービー「昔は色々あったけど、孤児院からの仲じゃないか。
もう1度話し合ってみたらどうだい?
まあ、こっちでやることもあるだろうから、すぐには行けないだろうが、
ナージャ達は暫くの間パリに居るだろうし。
なんなら、住所を教えよう。手紙ならいつでも書けるだろう。」

どう答えよう。

1:了承する。
2:答えを保留する。
3:拒否する。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 12:35:58 ID:dnf31QUb
とりあえず住所を教えてもらうだけならいいんじゃない?
1で 

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 12:55:33 ID:6WhZOh8K
住所を知っていて損は無いだろう


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 14:38:24 ID:EQljS4NS
>>255のローズマリーの「あの……私……実は……
            ……いえ、何でもありません。」
のセリフだけど、ここでハービーがヘルマンとマフィアが繋がっている事は
>>226でヘルマン自身が語っているのですから、こういうリアクションはハービーに
怪しまれるだけではないかと。
 ハービーからこの事を聞かされるのは充分予想の範囲内なのだし、この場合は
「ええっ! それは本当なの(オロオロ)?!
 ヘルマン一人だけならまだしも、マフィアなんかと手を組んでしまってはあの男は何を
してくるのか分からないわ・・ ハービー、一体私はどうしたらいいの?(と怯えたふりで)」
 ぐらいのリアクションと演技をした方がハービーに疑われなかったのでは。

 ま、それはさておき、「今すぐナージャのいるパリに行ってくれ」と言われたのなら
まだしも、「手紙ぐらいなら・・」ですから、ここで断るようだと余計に怪しまれかねません。
 それにハービーとのやり取りを聞いていた監視役の報告からチャーチル(もしくはヘルマン)
もナージャの居場所とローズマリーがそこに行く事を勧められた事は分かっているはず
ですから、帰った後で
「君はハービーから今ナージャ達のいるパリに行く様に勧められたそうだね。 いい機会だ、
久しぶりに会ってきたまえ。 ちょうど我々の計画も動き出した所だ。」
 なんて言われそうだから、話を進める為にも(1)を選ぶべきかと。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 17:08:18 ID:dCy2uvoP
ナージャに会う会わないは別にしても住所だけは聞いておいた方がいいかも。
今後、ピンチになった時に逃げ込んで泣き付けばあのお人好しは助けてくれるに違いないw

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 17:49:09 ID:gr+kePsV
>「興行に使っていたからくり自動車が故障したらしくてね。
>今パリで、公演に使う劇場を探しているらしい。」

ウホッ!ドラマCD的展開キタ!
今後、ローズマリーが一座に入団という展開はあるのか…?
てことで1。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 18:40:18 ID:fueTcS8Q
そしてナージャが莫大な借金を背負うワケか。
そういや、ドラマCDの続きはもう出ないのかな・・・・出ないだろうな・・・

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 19:51:59 ID:xRpo3oYq
1:住所を教えてもらうことにした
ハービー「よし。じゃあこのメモを渡しておこう。ナージャはお前の事を心配してたみたいだぞ。
       早めに手紙を送って安心させてやれよ。じゃあまたな。」

ハービーと別れヘルマン邸へと戻ると、少しにやけ顔のニコルが話しかけてきた。
ニコル「昼間、クリスチャンさんがを尋ねてきたわよ。あの人ローズマリーに夢中みたい。うらやましいわね・・・ウフフ。」
                                        ______________
                                        (  _,,------、,--,,,--―---ー、    )
                                        (  i´:.:.:.:.:.:.:._;;;;ノ-ー゙lニニ,.:.:..:.:.:;/   )
                                        (  ヽ:._;-'" , 、     `ヽ、:ヽ    )
                                        (   レ゙   //|           ヾ丿   )
                                        (  l゙|  / ./| 、      ,,`''''''フ  )
                   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_                (  .| |  l゙   i | :iヽ   i、  `-=''''.フ )
              ,,,---‐''"゙゙^        `゙'''ー、_            (  | .| | _,,,,|-ゞ! .\‐-|-ゝ、,,,,ノ  )
         ,,/゛                  ''-、          (  | │i''' ,ィニト    ゙|フiヽ ヾ''7゙|   )
        ,/                      \         (  | .,ト' ' i_;,;i.  、  i,,_;i ` i-/. i   )
        ,,i´                        `'i、       (  || .iヾl,    ____    iレi  ヽ  )
      ,i´    ,r‐、                        ヽ      (  l゙ | `i'i  ヾ    フ  / i i  ゙l  )
     /    .,l  |  , ゙l.      ∧     |       'i、     ( |゙ .l、 i, ヽ  ゙ - '  /  | |  ヽ )
    丿   丿  ゙!, lヽ iヽ,,    ヽ \    ∧       ゙ヽ    ( |  |  |   ヽ、_  _,,ィ   | |  | )
    │   ,/    .゙! ゙l,\\\,.   \_\,  | .|        .i    ヽ______二______ノ
    ,|    /  ,‐― ヽ,! ゙''ー'  \,  .i _ ヽ .| |         |
   ,l    |    ,----- 、 ヽ    ヾ/''  ''''∨ヽ| .|        |             ○
   |    l゙  /      `'i \  ,i´'       | | |      ゙l
   |     ゙l /     ,,,,---  |-─-|  ---,,,,     ||  |     .|         o
   |     リ --‐''''       |    |.     ''''‐-- |゙ 丿     .|
   |      |          ,!   ヽ         | │     ,l゙    。
   | |     |  /////  .,/    \、 /////  /|,i´     .|゙
   ゙l ゙l |  ゙ト、、    .,/    )   `゙'------'' 丿      |
    ゙l | |  | `゙'―ー''"                 丿./  ,i .| |
    ゙| .| |  |、       |\______/|    //  i i /レ'
      ∨| |ヽ k, l       |      |     '''''/   .| |ノ
       ||. | |ヽ.\       |.     |    ./  _,-レ′
         ∨. ∨、゙ト、_    ヽ,,,,,,,,,,,,,,/    ./―‐'’
            .゙′ `゙''ヽ,,,        ./
                   Tヽ,,,__,,__,,,r‐"|
                  /|.       |\.
                |\|,,,,      ,,,,,|/|

さて、もう夜も遅いので最後になにか一つだけ行動して寝よう。何をする?
1:ナージャに手紙を書く (どんな内容にするかも記入)
2:クリスチャンに手紙を書く (どんな内容にするかも記入)
3:ヘルマンと雑談 (話しかける内容も記入)
4:夜更かしは美容の敵。早く寝よう。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 20:02:47 ID:xer0/Rrg
3。
ナージャがパリに居ることを伝えておく。
何をたくらんでいるのかも聞き出せるかもしれない。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 20:17:02 ID:O34d/soV

ハービーの話からすると既にナージャはローズマリーの(表向きの)現状を知っている。
あの性格ならたとえ直接来ることはなくても『親友の窮地』に対し、
イケメン軍団の人脈を利用したお節介をやりかねないので
面倒を避けるためにも一応無事で暮らしている程度の当たり障りのない手紙を送るのはどうか。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 21:41:49 ID:DozmJ36l
同じく1
ナージャに手紙が届けば>>264の理由に加えハービーもローズマリーが
ヘルマンと組んでいるとは考えもしなくなるだろう。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 23:18:48 ID:gr+kePsV
1で。
内容は>264に準ずるが、ナージャの警戒心を解く為にも
真に迫った謝罪文(もちろんウソ)を入れておくといいかも。
ニコルと一緒に働いてる事も書いてみては。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 00:01:58 ID:biAN85lm
1:ナージャに手紙を書くことにした

              人::::::,/:::::::::::,//|::       `ヽ   ヽ、
           /::::ィ‐′:::::::::::/::::::|::       \__,l゙
           /::::,〃::::::::::::::::/:::::::|:: /       ヽ|
         /:::::::l:|::::::::::::::::::/:::::::::|::i::          ゙l
        /::::::::::||:::::::::::::::::/:::::::: il|::        \ ゙l
        /::::::::::::リ:::::::::::::ナ'''''- 、:|ト_\     \ ⊥-‐イ
       ,l::::::::::::::|::゙l |.,/ヽ,ニエt‐ .::!|:ヽ:::ヽ._  \__ノ _,
       ,l ::::::::::::,イ-゙l|、:::'"i:::;C;lヽ  ヽ:ヽエ__ \      ̄/
     ,,/::::::::::::::::|::ヽ."丶  ヽ;゚./       7でトi_;;;;;-‐‐‐'"
   ,/::::::::::::::::::::::人::::l:::::::::::::´ ̄`:::::::::::::  |::゚ソ.:::/イ
  l:::::::,/::::::::::::::::/:::ヽ,_`::::::::       ″ `ヾ /| |.
  |:::i´::::: :::::::::/:::::::::|:ヽ;;::::     __     .i丿l
  |::l゙:::::  ::://::::::::::::l::::ヽ::::::    -     ./  |
___/:|:::::    :l::l゙:::::::::::::l::::::|::::ヾ、        ./   ヽ、
;;;;/:::::::    :l::|::::::::::/::::::|:::::::::::ヽ、__,, -‐'"´、    l
::|::::::::::    ::l::l:::::::/::::::::|::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::゙l::    |
:::|::::::____  :;」」;;;┴;::::ノ::::::::::::   |::::::|::::::::::::|::   /
:::゙l;:/::::::::::::`「lー‐ - 、:ヽ::::::::::    |:::::/::::::::::::,!::  ,/
,/:::::::::::::::::i:´     ヽヽ.       ト\:::::::/::   /┤
`::: ::::::::::::::|::      ヽ!     ,!  `''、::ヽ__ .| │
:::  ::::::::::::|::::        ヽ    / _,-‐''´ ̄ `ヽ| l、
   ::::::::::::ヽ::     ∧     Iー-く/         |

ヘルマンから逃れる為にアレックスの主人宅にお世話になり現在のところは無事であること、ニコルも一緒に働いている事
そしてあれから色々と考えた末、以前の事を謝って仲直りしたいとの事も手紙に付け加えた。
ローズマリー「・・・本当にナージャと仲直りするのも悪くないかもね」

手紙を書き終えて寝ようとした瞬間、ドアをノックする音が聞こえた。
ヘルマン「おい、ローズマリー。明日は俺と一緒に出かけるぞ。ロンドンエリアを仕切っている組織の幹部が俺達に直接会いたいそうだ。
       朝が早いから早く寝ろ」
ローズマリー「もう寝るところよ・・・」
ヘルマン「うまくいけば明日は組織に名を売るチャンスだ。しっかり頼むぞ」
そう言い残すとヘルマンはドアを閉めて自分の部屋へと戻っていった。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 00:53:10 ID:FoauWJFj
翌日、ヘルマンと一緒にロンドン市内にあるマフィア幹部の屋敷へと向かった。

                 _,,,,-----、,,,,,
              _,-''"゛       `゙゙'ー、
           ,-″             ゙'-、
        ,/     ._             ゙'、
         /      `゙''-,,,-‐'''''''       |
      ,,i    _,,,,_        ,,,,_      |
      i´  r'"  .゙'ー'|  | |.'ー'゙  ''ヽ     .ト、
    _,,/l゙        |  ヽ           |::::ヽ
  /::::::::::,!  ,,--┬" '、     ''-┬--,,.   |:::::::::\
 (:::::::::|゙゙l::\  --―' ン"    i、''―--   .,,,,ノ::l゙`'i:::::i
  l::::::::l ./'''"  `"^| (      丿     ゙l::::::/  .|:::::|
  ヽ:::::ヽ/      丿゙--、  r- i       ''''ヽ 丿::::|
 /::::::::|       |        l゙       ヾ|::::::i′
   
 |:::::::::::::l      ,/ ̄i=ニニニニ=i、ヽ        |:::::::ヽ、
: `'ー、::::::,|、    丿  .ヽ------,,  ヽ、      .人::::::::::|
  ,,,/^  |-,,、    ,,,,,,,,,/\,,,,,,,      .,,イ  \:ノ
'""l゙   .|  `"'ーー,,,, \::::::::::::::::/ ノー--ー' l゙    \
  /    ゙l      `'''ー|:::::::::::::|''''"゛     ,l゙     ゙lヽ-
 /     ゙l        \::::/          /     /

幹部「やあ、よく来たな。」
ヘルマン「はじめまして。私の名はヘルマン、この少女はローズマリーです。」
幹部「ローズマリー?ほう・・・噂には聞いていたが、まさかこんな可愛らしいお嬢さんがあのプレミンジャー家騒動に関わっていたとはな。」
ローズマリー「はじめまして。ローズマリー・アップルフィールドです」
ヘルマン「ところで今日はどんな御用で・・・?」
幹部「おおそうだな。さっそく本題に入ろう。実はな、我々のボスはまだお前の事を完全には信用しておらん。そこでお前の実力を見る為にもある仕事をこなしてもらいたいのだ。」
ヘルマン「その仕事とは・・・?」
幹部「ハーコート家の名はお前も知っているだろう。あそこは慈善事業で各地で行っているが、正直我が組織にとっては邪魔者以外の何者でもないのだよ。
    今まで奴らの事業を封じる為の方法を考えていたが、先日良い情報を手に入れてな・・・。」
ヘルマン「ほう・・・。」
幹部「ハーコート家は慈善事業の拡大で相当な財政難で苦しんでいる。そこでやつらはしかたなく海外との違法取引をして事業の運営資金を作り出しているらしい」
ヘルマン「ほほう・・・」
幹部「お前にはハーコート家の屋敷に潜入して違法取引の証拠となるものを盗み出して来てもらいたいのだ。その事が明るみに出れば没落させるとはいかなくとも、
    慈善事業からの撤退をさせることぐらいはできるだろう。」
ヘルマン「しかし・・・私は以前の事件でハーコート家の息子、フランシスに顔を見られています。」
幹部「その事は安心したまえ・・・。フランシスはスイスの孤児院を訪問する為に不在だそうだ。それともう一つ、来週、ハーコート家の屋敷でチャリティ舞踏会がある。
    シュタイナー伯爵としての招待状も手に入れてある。これを利用するとよい。」
ヘルマン「フフフ・・・そうですか。わかりました、私にお任せください。」
幹部「期待しておるぞ・・・」

幹部との話を終え、屋敷の表へと出るとヘルマンが相談を持ちかけてきた。
ヘルマン「わかっていると思うが今回の件はお前にも協力してもらいたいのだ・・・。」
ローズマリー「わかっているわ」
ヘルマン「そ・・そうか。ところで俺は伯爵として参加するが、お前はどうする?」

1:シュタイナー伯爵の娘として潜入
2:臨時雇いのメイドとして潜入
3:物資搬入の業者として潜入
4:裏口からコッソリ潜入

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 01:24:10 ID:CUyz5GWT
1が最善の方法だと思う。
娘としてなら常にヘルマンと一緒に行動できるので
もしヘルマンがヘマをしてもフォローできるし。
それにもし自分がヘマをしてしまった時も、
貴族としての方が言い訳をしやすいだろう。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 01:59:22 ID:t7ls9eqO
舞踏会に来る貴族にヘルマンの昔の顔見知りがいる可能性があるので1は危険。
それに、伯爵令嬢として潜入すると溢れる気品がどうしても注目を集めてしまう筈。
いつ犯罪者とバレるかわからないシュタイナー伯爵の娘として有名になるのはまずい。

ということで2を選択。
貴族はメイドなんて気にとめないだろうからヘルマンが捕まっても安全だろう。
できれば仕事のついでにプリンセスの相手に相応しい貴族を物色するべし。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 02:48:42 ID:J8TILJZ4
プリンセスとして舞踏会に出たいのはやまやまだが、
目的はあくまで証拠の入手。
ここは色々と動きやすい2で。

ヘルマンには仮面でも被らせておけば大丈夫かな、多分。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 07:08:39 ID:z5L7KVR7
以前手に入れたメイド服が役に立ちそうだから 2で

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 07:20:28 ID:JYDjz6vT
2。
4は論外だし、3は時局柄まずい。

しかしこの男、2話に出てきた高利貸しじゃないか。
まさかマフィアだったとはw

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 09:07:01 ID:0BrEtWF5
一応1で。
ハーコート家の舞踏会なら、あの現実主義的なメイドとか、舞踏会は初めてだとか言ってた
貴族の娘とかもでてくるかも。
特に貴族の娘なんかは世間知らずそうなので利用したりできるのでは?
まあ、その為には対等の立場で話せるようにこちらも貴族の娘だという事にする必要もあるかもしれないが
たとえメイドとしてでも得意の嘘と演技力でなんとかなりそう。


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 09:40:08 ID:oFnQS173
2.が無難でしょう。

 ヘルマンは曲がりなりにもオーストリア有数の大貴族の息子だったのだから、
舞踏会で以前の知り合いと出くわす可能性は結構高いでしょう(その辺は仮面舞踏会
にでもすれば多少は顔が割れるリスクを下げられるかな?)。
 もしヘルマンの顔が割れた場合、ヘルマンの娘などと名乗っていれば後々面倒な事に
なるので、メイドというか専属の侍女の様な形で参加した方が無難でしょう。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 12:49:09 ID:I8Zl2Eq4
俺も2かな。メイドなら屋敷内をうろついていても怪しく思われないだろうし。
しかし本編で脇役としてちょっとだけ出てきたキャラの登場も面白いな。
2話の高利貸しも相当な悪人ぽかったので実はマフィア幹部だった
としても違和感が無い。(幹部といっても下のほう存在のような気がするが)
後々、カルメンあたりがでてたら面白くなるかも。ローズマリーとも気が合いそうだし。 

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 19:39:24 ID:zcZ3QBv3
1:臨時雇いのメイドとして潜入することにした

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,
                  ,,-''"     ゙゙'''''-、
                   ,/           ヽ
                  ,/ ,r'"゙゙'-、,,,,,,,,,,,,,,,,-'""゙ヽ ヽ、
              / ,i´            ヽ ゙l
              | .|              ,l゙ ゙l
              | l゙                l゙   |
.                 | |  ,,,,,,,,     ,,,,,,,,   ヽ   |
              | |  " _''' ヽ ''' ._ ゙   |.  |
                 i''|  '" U  |   ∪`    ゙l, _ |
              l゙ |    二` |   '二     .| `i
              | ゙l      |           レ |
              ゙l, ゙l、    i´        , / l゙
               ''''|     ゙‐丶  ,,   |,,,/
                ゙l  ,i'____ `i  |"
                    | " l゙     |  ゙ ,i
                 人 , ゙―---―' ,/|\
                  ,/フ  ゙li、   ̄  ,/ |  \
             _,,/ /  l゙ .'|'''''''''''''''フ  /|   .|''‐、、
       _,,-―'''""  /   |,,,,,\,,,,,/,,,,,,,/ |   |   `''-、,
     . /        |   .i:::::::::i::::::::i':::::::::i  .|   |      `゙'ー--,,,,_
     ,i´        .|   |:::::::::|::::::::::|:::::::::|  |   |           `i、
    l゙.         |   .|:::::::::i:::::::::i::::::::::|  .|  .|            ゙l
    |          |   |゙゙ー´''''''''゙'ー"   |  .|            ゙l
    |          |   |    |。     .|   |               |
    |            .|   |ヽ    |。    /|   |             |

執事「ほう。メイドの仕事の経験はあるんだな」
ローズマリー「はい、半年間程ですが・・・」
執事「まあ、半年だけでもまったく無いよりは良いだろう。わかった、採用しよう。」
執事「今、この屋敷は事情により極度の人不足でな、 たとえ臨時雇いだとしても主戦力として働いてもらうしかないのだ。
    君が一番得意な仕事を教えてくれたまえ。どこの職場も人手が足りないので、君が一番効率よく働ける職場に配属しよう。
    現在、人を必要としている職場はこれらなのだがどこがよい?」

1:パーティ客への配膳係
2:上級貴族客の世話人
3:料理人補助
4:会場整理、清掃等の雑用全般

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 21:05:31 ID:JYDjz6vT
4。
一番行動範囲が広そうだし。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 21:30:22 ID:yai0Kn3g
本来の目的から考えるとある程度自由に動けなければならないので
厨房に居場所を縛られそうな3は論外だろう。
1,2も面白いがやはり4辺りが無難ではないか。

女スパイローズマリーの活躍に期待w

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 23:04:48 ID:GRVjZWd1
確かに4が一番自由に行動できそうだが2も捨てがたいな。
普通のメイドならまったく気にもされないかもしれないが、ローズマリーなら
メイドとは思えない魅力と気品で貴族の目に止まるかもしれない。
利用できる貴族を捕まえるチャンス。
何か頼まれごとをされたフリをして屋敷内を探索してもいいしね。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 23:41:51 ID:k5AOfz7d
清掃の振りをしてあちこち探し回れそうなので4。
会場整理の仕事などもあるようだし、
そこでも貴族の目にとまるチャンスはあるかと。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 00:47:46 ID:7u/sAYj1
1と2は非常に気になるが4で。
違法取引の証拠となると書類あたりなんだろうか?
公爵の部屋か地下室の倉庫あたりにありそう。 

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 00:53:08 ID:8Q3tnyBX
4:会場整理、清掃等の雑用全般に志願した。

かくして、ハーコート侯爵家主催の、チャリティ舞踏会は始まった。
華やかに着飾った貴族達が、優雅に踊っている。

ローズマリー「さてと、仕事仕事。」

*「おい女。」

ふと呼び止められた。

              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
             l:::::::l'`゙`ヽ  ィ''''`  'l:::::::::l
              ゝ::i -i-   -i-    .l:::::::::l
               ゙ビ  ̄ i    ̄ : :`'´ i丿
               ゙i    ``     : : : リノ
                 ゙i  r--‐ーッ : :r、ノ
                 ゙i ``''''"´ : :/::l'"
               . ゙i、,___/: :l_
               _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_
          _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,,、、-‐'''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
    ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
  ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
 r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
_l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i          :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝこヽ       :l::_,,,..-‐''´:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;l、
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ    ,,ィ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;ヽ

チャーチルだ。ヘルマンからは何の話も聞いていないが……

チャーチル「厠はどこかね。」

ローズマリー「こちらになります。」

チャーチルを連れて大広間から退室した。
人気のないことを確認して、チャーチルが口を開いた。

チャーチル「まった会ったね。ローズマリー君。
……しかし奴は何を考えているのだ。このようなところに出てくるとは。
ところで、記者の件だがね。」
ローズマリー「その件ならお断りします。」
チャーチル「そうか。
ところで、さっきシュタイナーがこの舞踏会に参加しているのを確認したのだが、
君なら知っているだろう。奴が何を企んでいるのかを。
よかったら聞かせてもらえまいか。」

どう答えよう。

1:正直に話す。
2:虚偽の情報を話す。
3:知らないと答える。
4:回答を拒否する。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 01:01:21 ID:BP6AwpFS
 ここは「1:正直に話す。」にしておくべきかと。

 最初チャーチルが出てきた時は、マフィアとヘルマンとチャーチルの三者は
完全にグルなのかと思いましたが、今のチャーチルの口ぶりだとそうでも無いようだし。

 だとすれば、本物の貴族で現職の国会議員でもあるチャーチルの信頼を
得ていた方が後々有益でしょう。
 あまりにヘルマンとマフィアの陰謀に深入りしすぎると、足抜け出来ないまま
連中に一方的にこき使われる事にもなりかねないので、ヘルマンらとは適度な
距離を置きつつ、いつでも逃げられる様な準備をしておくべきでしょう。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 01:46:34 ID:hMzx7bqW
1で。
理由は>284に同じく。
何も咎められなければ任務続行すれば良いし、
もし不快感を口にする様ならば、ヘルマンとマフィアに脅されて協力しているという事にしておくといいかも。
最悪チャーチルがハーコート家を懇意にしていて企みを阻止しようとするなら彼に寝返るべし。
後々ハーコート家をナージャ共々利用するつもりなら弱体化させない方が良い訳だし。

しかしチャーチルの目的がいったい何なのか気になる。
史実での彼は「自分がイギリスを救う」という強固な信念を持っていたので、それに沿って行動しているとも思えるが…。
この際聞き出せないだろうか?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 23:53:15 ID:UYvK4z9h
1:正直に話すことにした。

チャーチル「なるほどな。確かに、その手の噂は前々から聞いていた。」
ローズマリー「本当ですか。」
チャーチル「ああ。
……怪盗黒薔薇。」
ローズマリー「は?」

                       !;;;;:;:;:;::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;;;;;ililililillll_
                       !;;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;;;;;lilililiツ:i,,,;;;;;;;;、、,,,___
                        !;;;;:;:;::::..r;ニ、;-、:;:::;:;:;:;;;;;;;ililジ::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙)
                      i;;;;:;:;:::.{,j:r;;:、):.:};;:::;:;;;;;;;;;ツ:::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;ジ       __  _,,,
                   _,、‐'゙゙l、;;;;:;:::.゙i;,'::-:'::ソ;;:;:;;;シ'゙. : ::::::!;;;;;:;:;:::::::::::::::ン゙    ,n.、r;';';゙;:,'-'';゙;:;:;:
                   ,:r'゙...:::::::::i': :'';-、r三''''ニ';;;‐t'''==i : :ジ'゙.:::::::::::::::;ジ  ,ril,r'゙:;:;:;:;:;r;-:y:;:;:;:;:;:;:
               ,,,、-''~...::::::::::::::::'t, : ; : !l : :゙。゙:~ ヤ.! : : :l‐゙..:.:.:::::::::::::ジ `'、_,,イ、;:;:;:;:;:;:':゙:;:;:;ジ:;:;:;:;:;:;:;:
             <.....:.:.::::::::::::::::::::::.:.:.゙'‐、;,;!!:_: :。 : :'Pj,;,;, :j..:.:.:::::::::::ジ, '=ニニ . `.''ヾ;、:;:;:;;:;ジ;:;:;:;:;:;:;:;:;:
              `'-、;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐:':-:‐:':゙´:::::~::::::::::;;=;'゙,',,ィ`'=-、'´ : : : : : !i:;:;:;:;:;:;:;フ;:;:;:;:;:;:
                  `'‐-、;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;、;iill.;i jゥ.'/.,_<'´: : : : : : : : l !;:;:;:;';゙;゙;:;:;:;:;:l:;:;:
                    `゙゙'ッ;-::、、;;;;;;;;_::::::::::::;;、、;i_'゙,,ィFソj/,n 、゙'、`' : : : : : : : : /l;;;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:';:;:;:
                ,,_      {i !., i , :iト、,フ!l|゙=!!!!!l,:テ=゙'"´ ,'.i'゙'i゙`゙: : : : : : : : : //;;/:;:;:;:_:_;;:;:;:;:;:;:;
          ,、、--、、,,;、';;'-、    _,,!r''゙、'、'; ';ヾ`'=;:i:l::::::;r'゙´    ノil:: :l : : : : : : : : : :/,'r、:;、;';゙:;:ジ;:;:;:;:;:;:;
         _,,、、゙=-、:;:;:;:;:;::;:;.`=三-、: : : : :゙:':':':\ ゙';i;:::/    //,'::. i: : : : : :_:_:_:_r゙'゙_、ノ:;:;:;:;ジ;';';';';-;:ッ
       -=゙、、、ッ;:;:;:;:;r:';゙;:;:;:;:r:;:;:;:;.,.,`'ヾ';‐、; : : : : :、`':l:/゙'='''゙'/,rジ:::::/:: : : : /  _,,、ィニ:'゙-''゙ i ;_;_;_-:;:';゙;
       _,r‐',';゙:;:;:;:;:;:;:-;:';7゙:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.`'ヾ;、: : : : :'、゙`':--:《'; ll::::::::::':: : : :_ノ      ,、‐t'~.-:-:-':;、;r;

チャーチル「以前であれば、この屋敷にも盗みに入っていたとは思わんかね。」
ローズマリー「かも知れませんが……」
チャーチル「まあ、黒薔薇が消える前から闇取引の話は聞いたことがあるから、来ていないところを見ると、闇取引というのも単なる噂に過ぎないのかも知れんがね。
……では私は広間に戻らせていただく。
君は自分のやるべきことをやりたまえ。私は止めるつもりはない。」

チャーチルは去っていった。
さて、私は……

1:大広間を物色する。
2:侯爵の部屋を物色する。
3:地下室を物色する。
4:庭園を物色する。
5:掃除をする。
6:物置の衣装でプリンセスごっこ。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 00:18:17 ID:GWjAqOnd
闇取引を知ってるのは公爵自身と執事あたりだけだろう。
2か3辺りが怪しいが、意外と5で掃除をしていたらゴミの中にあったりして。
まあとりあえず3あたりから行ってみようか?
ところで黒バラの正体を知ってるのはナージャとフランシスだけなんだっけ?
もし、本当に闇取引をしていたとして証拠となるもの物を入手したら
黒バラが奪い返しにくる展開になるかも。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 00:30:11 ID:jQnSv9yU
ハービーも知っているはず。>黒薔薇の招待
双子がこけら落としに来られなかったのは、闇取引が暴露されてお家が大変なことになったからだったのか。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 01:53:34 ID:0Dl4SFT/
地下室や侯爵の部屋を物色してるのを見つかったら言い訳が難しい。
追い出されたり監視を付けられてそれ以上の探索が出来なくなるかも。
そういう危険なところは後回しにしてまずは別の所から探してみては?

裏取引をするなら時々は取引相手と直に接触する事も必要だろうけど、
実はハーコート家にとって舞踏会は闇商人と会う絶好の機会なのでは?
大勢の客が来るので普段は呼べない怪しい人物を呼んでも目立たない。
現に自分もヘルマンも簡単に潜入する事が出来たくらいだし。
闇商人と内緒話をするなら客や臨時雇いが大勢いる屋敷内は避けるだろう。

という事で4を選択。もし外れでもいざという時の逃走経路を確認できるし。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 08:01:28 ID:xolGTgpD
公爵はパーティに出席してるんだろうから部屋は鍵が掛けられてるかも。
同じく地下室も用が無いときは鍵をかけるだろうし。
まずは本来の仕事である掃除をしながら探すのがよいのでは?会場内以外なら
掃除という名目で自由に動いても怪しまれなさそうだし。5で

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 12:55:34 ID:lLyLEyDU
やはり3かな。公爵の部屋はさすがに無理っぽい。
地下室に保管されている掃除の道具を取ってくる理由で行けば怪しまれないのでは?


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 13:13:55 ID:ap/juOoH
ハーコート家って、侯・公のどっちだ。
公式には両方あるし。
漫画版は公爵だったな。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 20:28:15 ID:Yv3y+9pJ
1:地下室内を探すことにした。
地下室への階段を下りていくと何やら話し声が聞こえてきた。どうやら公爵と執事が話をしているようだ。

公爵「私はいつまでもこんな事をしていてよいのだろうか・・・・?」
執事「しかし、現在の莫大な借金を返済する為には、もはやこの方法をとるしかありません。
    昨日も借金返済の催促が来ました。このまま返済を遅らせてしまうと奴に何をされるかわかりません」
公爵「やはりアントニオの奴から金を借りたのは失敗だったか。しかし、赤字に苦しんでいる当家に金を貸してくれるのは奴くらいしかいない・・・。
    もし、あの時金を借りなかったら各地にある福祉施設への資金援助は途切れてしまい、そこの人達を路頭に迷わせてしまうことになる。」
執事「はい・・・。」
公爵「とりあえずこの続きは後で話そう。私は奥の部屋で用事を済ませたら会場に戻る。君は先に行っていてくれ。」
執事「わかりました。先に会場の方へ戻らせていただきます。」
会場に戻ろうとこちらを向いた執事と目が合ってしまった。気づかれてしまったようだ。

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,
                  ,,-''"     ゙゙'''''-、
                   ,/           ヽ
                  ,/ ,r'"゙゙'-、,,,,,,,,,,,,,,,,-'""゙ヽ ヽ、
              / ,i´            ヽ ゙l
              | .|              ,l゙ ゙l
              | l゙                l゙   |
.                 | |  ,,,,,,,,     ,,,,,,,,   ヽ   |
              | |  " _''' ヽ ''' ._ ゙   |.  |
                 i''|  '" U  |   ∪`    ゙l, _ |
              l゙ |    二` |   '二     .| `i
              | ゙l      |           レ |
              ゙l, ゙l、    i´        , / l゙
               ''''|     ゙‐丶  ,,   |,,,/
                ゙l  ,i'____ `i  |"
                    | " l゙     |  ゙ ,i
                 人 , ゙―---―' ,/|\
                  ,/フ  ゙li、   ̄  ,/ |  \
             _,,/ /  l゙ .'|'''''''''''''''フ  /|   .|''‐、、
       _,,-―'''""  /   |,,,,,\,,,,,/,,,,,,,/ |   |   `''-、,
     . /        |   .i:::::::::i::::::::i':::::::::i  .|   |      `゙'ー--,,,,_
     ,i´        .|   |:::::::::|::::::::::|:::::::::|  |   |           `i、
    l゙.         |   .|:::::::::i:::::::::i::::::::::|  .|  .|            ゙l
    |          |   |゙゙ー´''''''''゙'ー"   |  .|            ゙l
    |          |   |    |。     .|   |               |
    |            .|   |ヽ    |。    /|   |             |

執事「お前・・・。いつからここにいた?なぜこんな所にいる?」

1:「掃除の道具を取りに降りてきたところですが・・・」なにも聞いていないフリをする
2:「ウフフ・・・。やっぱり本当だったのね」自分がここに来た本当の理由を話す
3:「私、あなた方のお役に立てますわ。」借金返済の為に力を貸す事を持ちかける
4:「話は全部聞かせてもらいましたわ」公爵と執事を脅迫する。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 21:32:11 ID:ap/juOoH
1。

こんなところで身の危険に繋がる言動は避けるべき。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 22:26:51 ID:frdVgzKv
悪事が現実に行われていることと、それに公爵が絡んでいることが事実であっただけでもこの時点では収穫。
2〜4も展開的にドラマティックで面白いが確かに下手をすれば命に関わる。
悪事そのものの実体調査を更に薦めるためにもここは1でその場を立ち去るべし。



296 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 22:58:36 ID:ALhHg4HC
いくら赤字に苦しんでいるとはいえ相手は公爵家。
身よりのない少女一人消す位どうという事は無いはず。
まあ、ハーコート伯爵がそこまでやるとは思えないがここは1が良いだろう。

297 : :05/02/27 00:57:16 ID:0Z+EfHhE
1:「掃除の道具を取りに降りてきたところですが・・・」なにも聞いていないフリをする

執事「掃除道具なら1階の階段の奥の部屋だ!」
執事に1階へ連れて行かれた。

執事「おい!マーサ!!こいつを掃除道具置き場に案内してやれ。」
マーサ「はいっ!」
執事が名前を呼ぶと近くで仕事をしていたメイドの一人がこちらに走ってきた。自分より2〜3才くらい年上くらいの少女だ。

                 .,,,-、
                _,,,,_r'"  `゙''/'ーr‐--、,,,、
            ,,-‐'"'ヽ_,ノ     .゙---'    ト、
            l゙   ._,,-‐''"゙ ̄ ゙゙゙̄''''ー-,,_  ヽ ヽ_
       .,r'''゙ ,-'"゛  ___,,,,,-----、,,,   `'-,, `"  .\
      /  /  .,-''|| |      ||'''-、  ''i、     .i
     i    i´ ./  || .|      ||  ''-、 \  i┘
    _/ヽ ,i´  i´.   ||  |      ||    ヽ、  ヽ |゙l、
   .,'" ヽ"l゙ ,,.i´    ヽ `      .丿      ゙i  .| ''''i、
  │  .l゙ | !|    _,,,         _,,,,,,,,,、   .|  |   |
   |   ,l゙ .l゙ ll   .-''“''''ヽ         '' ″ ``.   | .l゙ __,l゙
  .゙l__  | .| !                       .| │l゙|、
    l゙l゙ l  |     ,,,,,,_          ._,,,,,     | .| '''|
   广゙ | |   .y゙i こ|`        '|イ.i.゙v   .| .|  ゙l
   l、  ゙l .|     |.゙‐'|         |゙‐'| `   .| / i''''゙
   `-┬ヽi     ヽ,ノ    i      .ヽ-′    レ'ヽ/
      .|/,┤  .   .    |   .    . .   ├、i
      i //|    .  .   . /   .    .  .   |゙ヾi
     // .l  .   .  .  ヽ    .        l  |.l
      i/ヽ.ヽ、         `           i,,ノ.||
      .l    ヽ、      __,,-、      ,,/  .l
      !    \.      l    ._i      ,/     !
             ヽ、     `二"      ,/
             ヽ,,,.        ,,/
                l''ー----ー''''l′
                 .|      |       __
    /⌒\       i ゙̄ー----‐‐' ̄i    ノ `' ̄\

マーサ「あなた、臨時雇いの子?あまり地下室のあたりをウロウロしないほうがいいわよ。」
ローズマリー「えっ?なぜでしょうか・・・?」
マーサ「以前、あなたと同じように地下室で公爵様達が話をしているところに偶然遭遇しちゃった臨時雇いの子がいたんだけど
      その後すぐにクビになっちゃったのよね。
     二人で何か悪い事をしているとの噂も立ってわ。でも私にはあの公爵様がそんなことをしているとは思えないの。」
ローズマリー「・・・・」
マーサ「はいっ。ここが掃除道具置き場よ。私は2階にいるから掃除が終わったらこっちを手伝ってもらえないかしら?」

1:「実は私、二人の会話の内容を聞いてしまったんです」二人の会話の内容を話す
2:「わかりました。掃除が終わったらそちらを手伝いにいきます」二人の会話の内容についてはなにも話さない
3:「実は私、その事を調査しにここへ来たんです」マフィアの名は出さずにここへ来た理由を話し、調査の協力を依頼する

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 11:10:37 ID:E5raLneU
1で
ただ公爵の事を信頼してるみたいなので信じてもらえない可能性もあるが

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 12:35:49 ID:p0Oq7lYj
マーサタンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!家政婦は見た展開になるのか?
3を選んで証拠物品を盗み出した後は自分に危険が及ばないようにすべてこのメイドがやったことにしてしまうのはどうか?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 15:58:50 ID:kl79cHcv
2。
マーサが居なくなったら、早急に広間へ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 19:07:31 ID:FesIeuB4
せっかくだから屋敷内のことに詳しいであろうマーサの力を借りたい。
ただ、3だと主人に忠義立てして調査の邪魔をされる危険がある。

ここは1で会話の内容を話し、マーサが信じないようならそれに同調して
「きっと何かの間違いだから一緒にご主人様の無実を証明しましょう」
とでも言ってうまくマーサを利用して調査を進めよう。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 19:12:43 ID:KLxMswZo
証拠を探すうえで屋敷内を詳しく知っている彼女を引き込んでおけば後々有利になるんじゃない?
彼女が侯爵のことを信頼しているのなら話の内容を聞けばなおさら真実を知りたがるだろう。
よって1。

303 :302:05/02/27 19:15:54 ID:KLxMswZo
あっ、意見がかぶったw

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 22:10:39 ID:sXv8nzyc
1:会話を聞いてしまった事を話した。
ローズマリー「実は・・・」

   |  |i′  ,′ /′   _′l _,, |          `ー- -ー‐ '' ~/
   |  .|!   i / _, -ー '' ~i'' ̄i ̄  l    、_           /
   |   |!  ,/!.       l  ゝ   | 、    ̄''ー- ,,_  _,, =''_/_,,ノ
   |    !ハ':::| ゙、 _,,,, -ー ニi ,,_ ヽ  トヽ  ヽ、    `   ̄  /
  │    〉';::|  ミ-_=エ二ニ,=!=、  \ ヽヽ‐- ,,,,_     _,,= ''′
  │   i  ゞ  "~ /ゝ=イ i ヽ    `ー =ニエミ、く -''7~ /
   }    { \ |   ヒ_i::U:i_ノ   ヽ    /ー=イ ! ``/ } i′
  ノ    ゝ、 ヽl   ~ ̄ ~         t_i:U::!/ // ノ |
,/      / \_ l           i    ~ ̄` /  /  l
      /::::::::::`' ,          `'      /_/    |
    /::::::::::::::::::::::\              /:::!      | 
   r':::::::::::::::::::::::::::::::| 丶、    ̄ ̄   _/:::::::::l       }  
  〈:::::::::::::::::::::::::::,__ }   ` 、,,_  _,,. - '' ´::::::::::::::::ヽ     /
   ',::::::::::::::::::::::/  ̄ '' ‐- .,_  ̄  /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /
    ',:::::::::, - .ノ        ''‐、__ {_>、:::::::::::::::::::::::::ヘ  ,'


マーサ「・・・そんな、信じられないわ・・・。あの優しい公爵様がそんな事をするなんて・・・。」
ローズマリー「私もそう思います。何かの間違いだと思いたいのですが・・・。この件、二人で調べてみてはどうでしょうか?
もしかすると公爵様は誰か悪い人に騙されているのかもしれません。」
マーサ「そうね、わかったわ。二人で公爵様の疑いを晴らしましょう。・・・怪しいとなるとあそこの地下室よね。
私なら地下室の鍵を借りてくるができるわ。後で調べてみましょう。」
ローズマリー「はい!」
マーサ「とりあえず今は自分達の仕事を片付けないと・・・。私はこれから2階に行ってお客様達のお世話をしなくちゃならないの。
あなたにも後でこちらを手伝ってもらいたいのだけど、自分の仕事があるのならそちらを先に片付けてきてちょうだい。」

どう答える?
1:「はい。私は掃除の仕事を済ませてきます」掃除をすると言って庭園へ
2:「はい。私は掃除の仕事を済ませてきます」掃除をすると言ってもう一度地下室へ
3:「会場内のお客様達の様子を見てきます」会場へ戻る
4:「私も2階でお仕事を手伝います。」マーサの仕事を手伝う


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 23:42:19 ID:r2Cma1GI
貴族の品定めができそうな4
証拠と一緒に貴族もゲッツ

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 08:21:41 ID:XFGzJ7lH
3 会場に戻ってヘルマンの様子を見てきたほうがいいかも。
せっかく苦労して証拠を掴んだとしてもヘルマンの失敗のせいですべて台無しにしかねないし。
それに貴族の品定は会場のほうが良いかと。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 12:47:06 ID:HjDPq7UK
漏れも3で。会場に戻った侯爵達を確認する必要があるし、
ヘルマンやチャーチルの様子も気になる。
特にヘルマンはそろそろピンチに陥っているころかもw 

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 20:30:27 ID:DamIJg/I
3:会場に戻り公爵やヘルマン、チャーチルの様子を見てくることにした

公爵はパーティ客と話をしているようだが執事とチャーチルの姿が見当たらない。
二人を探そうと会場の奥に向かい歩き出したとき、こちらに気がついたヘルマンが小声で話しかけてきた。
ヘルマン「おい。証拠は掴めたか?」
ローズマリー「いえ・・・、まだです。」
ヘルマン「なるべく急ぐんだ。この辺では俺の顔を知ってる奴は少ないと思うが、油断は出来ない・・・。さっさと用事を済ませてここを離れたほうがいい。
む・・・。公爵がこちらに来る。話の続きは後だ。」

公爵「シュタイナー伯爵、ご紹介します。こちらはカルロワ伯爵婦人とニーナお嬢様です。シュタイナー伯爵の名を聞いてぜひお会いしたいと。」
カルロワ婦人「お初お目にかかりますわ。シャタイナー伯爵。・・・あら、以前にどこかでお会いしたことがありましたかしら・・・。
ヘルマン「え・・・。いや・・・気のせいではないでしょうか。ハハハ・・・」

                    ,,-'''" ̄ ゙̄"'ー-,,
                ,/,,-''''''ヾiヽ '/゙゙‐,、\
                 ,/ン'゛     | |  | \\
                /゙,/       | |  |   \.゙l
                l゙ ソ.        | │  |   」 ゙l
             i゙ .ミ冫,,      | l゙ _,   ミ、 |
             ゙l '| '" ヽ.     | .レ'″`゙'` .゙l |
             | |   ,,,,,,"i、  |.|'゙,,,,,,、   | |
                ゙|,|  / ̄ヽ`゙l  |,!"/⌒ヽ  |,,,|
               /`|    ||  l゙   .|l゙  ||   ,/! ヽ
            l ゙l|   ̄ ̄/l   ヽ  ̄ヽ  l.|/ |
               ゙l .│     l .,、     u /ト丿
               , ヾ゙l  '''"  ゙l,    '''" u /ソ、
               |`'''" |、 、          ./  l
            ヽ  ゙l,   く   _、   > / ""l゙
                ヽ,,,,..\     !  /  ./ ,,,,i´
              ゙ーi,,,..ヽ    l /   ,/ |,,,-‐′
                `'--\  ー  / │
                   |\,,,,/   |
                  ,.----i   i----、
                 |    \/    |
                  ,-‐i--、   i   ,---i‐-、
                 / _ ,-':::::::ヽ__./:::::::::::\`゙''ー‐-,,,、
          _,,,,-‐'''' ,/::::::::::::::,l:::::::::::l:::::::::::::::::::ヽ、    '''ヽ-、

カルロワ婦人「いえ。確かにどこかでお会いしているような・・・」
この婦人は以前にどこかでヘルマンの顔を見ているようだ。このままだと正体がばれてしまうかもしれない。
どうする?
1:よろけたふりをしてお盆に乗せてあるお酒をヘルマンにぶっかける
2:よろけたふりをしてお盆に乗せてあるお酒を婦人にぶっかける
3:「ウフフ・・・だってこの方は元プレミンジャー公爵家のご子息、ヘルマン様ですもの」正体をばらす
4:「あっUFO」と叫ぶ
5:まずいので自分だけ逃げる

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 21:04:19 ID:4vFmd0oz
2。

脱獄してもへたれのままか。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 21:19:31 ID:fgBDLatD
1じゃ誤魔化しきれそうなので2

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 21:23:12 ID:fgBDLatD
しまった…
きれそう→きれなさそう
ね。
無駄なレスですまん、進行役が迷うと困るので一応…

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 22:18:38 ID:5nacIi8v
1はヘルマンが会場中の注目を集めてしまうかもしれないので
2の方が良いだろう。
個人的には4の反応も気になるがw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 01:21:29 ID:VEhD37vE
2:よろけたふりをしてお盆に乗せてあるお酒を婦人にぶっかけた

    \::::::::::::::::::,,,---ー――--,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      >ー―‐'″         ^''‐、::::::::::::::::::::::/
     l゙ 、                \,r 7::::::|
     │ l               ,,,,,_,,-'" /:/l::i、
    ,/ /゙l      i、             ,,,シ   |/ \
   ,/ i´ │     ゙l、       ''"~`   ,l|   ヽ、
  丿 /  \     \           ,,イ::l     i
  l゙  l゙    ヽ、    `ー、,,,___ _,,,/ |::|     .|
  |  l゙   /)  `'--―――='l|,!    ヽ   .゙l::|     .|
  |  |  .//        .'゙‐',|_,,l|'|i、   ゙l、  |:|      |
  ゙l .| ー゛'.,,,、,,、      ゙l゙l.!ノ,}|     ゙l..,-'''''ヽ   |
  ヽ │ .j'r'"゙こ       .゙-ニジ     ″   |   |
   ゙ヽヽ _,,,リ,ヽ        ー''"        /  |   |
     ゙、\ ゙-ニジ   i              / .,ノ   |
     \i\ ゙ー''" ヽ               /     ゙l、
       |  |      ._,/゙゙ヽ           |        \
       ヽ |    'i     ヽ       ,i´゙l         ヽ
        |゙ ヽ    ヽ    ゙l     /|  \           \
       ,l゙   \   ヽ、   |  ./  |     ゙-、        i
      ,,i´    \    ヽ,,,ノ /   |      ゙l        l
      l゙ |、    ,ノ. ̄'''ー---i''"   ,,-―i、_,,,,,,--゙‐'ニッ、,,,_     ゙l
      |  l、  l′   i"  ,┴-r‐'"   /::::::::::::,-''″   ヽ    \

ローズマリー「もっ申し訳ございません!!」
侯爵「ああ、なんということを・・・大変失礼いたしました。すぐに換えのドレスを用意いたしますので・・・
おい!誰かカルロワ夫人をお二階へ!」
カルロワ婦人「大した事ありませんからあまりお気になさらずに・・・」
侯爵「いえいえ、本当にどうお詫びしてよいのやら・・・。さあそちらへどうぞ。
お嬢様はお母様がお着替えになっている間、客間の方でお待ちください。おい!君、お嬢様を客間へ」
ローズマリー「はい!」

・・・どうやら、ヘルマンの正体はばれずに済んだようだ。


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 01:24:07 ID:VEhD37vE
カルロワ伯爵の娘、ニーナを客間へお連れすることになった

                 _,,_,,_
               ,r'ニ=‐''----''‐=ニ‐、,、
             ,,r゙‐'゜ _,ニ--―-ニ、,,,_  ̄ヽ
         /  ,,-',i´        i`ヽ  |`i
           / /" !   ヽ     /  \.ヾi
        l゙.y"   ,-┬''' ̄'''┬-,,,,/  ゙i l
        | l゙ヽ /´ /     ヽ  \= | .|
        l゙| -.i´   !      !   i  | |
        ゙i|、/  ,-‐-     -‐-、   |ミ |i'
           .l| |               | .|l
         |,,l、              .|,,l゙'
          i. |  ,,‐-、     ,-‐、 l' i'
          l .|   |:(,|      |.):|  | .l
           ○|  ゙''"   ,    ゙''" ./○
           ヽ、"""  `  """ /
             \   ‐-‐   /
              ヽ、,,_____,,イ
                  |     |
 .              |    |
             ,-‐<     >‐-、
      __,‐-、 ._,,,-'"^‐、`゙=ニ='゙  / ヽ、_  ,-‐、
    ,,,-'   |'''l   _  `ー(○)‐''゛ _  ゙l''''|   ̄`‐-、
   i"   _  \\    ̄`   ̄  ' ̄  // ̄     i
   ゙l, /     |\\           //|\      l゙
 . / ̄     ー.|  \\,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,//  |        \
  `i.      |    ゙i    ,-、    i"   |-、       /
   `i.    /|    `ー‐‐'   ゙‐―′   ト、      丿
 .   \,,,,,,,,,―|                   | | \__,,-‐‐"
 .       | |                .| |
        |__\               / |
        ゙l.  ̄ヽ            ./ ̄|
  .         |   |\\____/ /|   |
         ゙l   | i ̄--'二二'-. ̄i. |   |
         |   |.├‐―--.--―‐┤ |   |

ローズマリー「私、とんでもないことを・・・」
ニーナ「あまりお気になさらないで下さい。ドレスの汚れも大したこと無かったようですし」
ローズマリー「・・・ありがとうございます」

婦人が着替え終わるまでの間、ニーナの話し相手をすることにした。
どうやらナージャみたいなお人好しのお嬢様のようだ。
ニーナ「私と年齢が同じなんですね。私、年齢が同じくらいの友達がいないんです。
もし・・・、もし良かったら私の友達になってくれませんか?」
ローズマリー「そんな!私のような身分の者が・・・」
ニーナ「私は身分の差なんて気にしません。今、あなたと話をしていてとても楽しかったの。
あなたさえ良ければぜひお友達に・・・」

1:「私みたいな者でよければ」了承する
2:「申し訳ありませんが・・・」拒否する
3:「ひとつお願いしたいことが・・・」了承する代わりに条件を出す(条件の内容も記入)
4:「私はあなたみたいなお人好しは大嫌いなの」怒鳴り散らす

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 12:01:47 ID:S1jci2Db
1で。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 19:14:07 ID:jaTzwboa
利用するだけ利用していらなくなったら捨てる。これぞ真のプリンセス。
初めはあまり欲を見せない方が良いと思うので1


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 20:29:57 ID:jong+X4j
1 
マフィアの幹部程度にあの態度ではヘルマンの立場も大したことは無さそう。
ニーナはローズマリー的にはイマイチ気にくわない性格かも知れないが、
いざという時の為に色々人脈を築いておいても損はなかろう。




318 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 20:47:35 ID:y5O63f95
>>317
ヘルマンは投獄されていたのを助けてもらったんだからマフィアには頭が上がらないんじゃない?
完全にパシリ扱いかとおもわれ。このままだとヘルマンの最後も用意に想像できてしまうな。
あとニーナってはじめ誰だか分からなかったのだが、ちゃんと本編に出てきたキャラだったのか。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 10:00:14 ID:rSwHvtOT
 ここでわざわざ敵を増やしたり周囲の反感を買うような真似をしても何にもならないので、
「1:「私みたいな者でよければ」了承する 」にしておくべきでしょう。

 元々ローズマリーはその手の演技はお手の物ですし、貴族やその娘とのコネを作っておけば
後で思わぬ情報が入るかも。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 20:17:04 ID:/OqG37g/
1:「私みたいな者でよければ」了承した。

ニーナ「有難うございます。」
カルロワ婦人「ニーナ、いらっしゃい。」
ニーナ「はい、お母様。
ではまた後で。」

ニーナは大広間に戻っていった。

ローズマリー「さて、私も戻らないと。」

大広間に戻ると、カルロワ婦人とヘルマンが話し込んでいた。

カルロワ婦人「本当に似てますわ。昔会った、ええと……」
シュタイナー「ま、ま、まあ、似ている人はどこにでも……」

ローズマリー「……叔父様の馬鹿。」

誰にも聞こえないように、私は小声でつぶやいた。
やはりこの男は駄目だ。
また酒をこぼすわけにもいかない。どうする。
と、ヘルマンのところへチャーチルが近づいてくるのが目に入った。

.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i ‐''-,._  _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐ -┬ 、,  -┬-   i' f /:.i
     i,ヽ―' i  ―-'    /.:丿
   .  ヽ   L、      i 〈-'´
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

チャーチル「カルロワ婦人ではないですか。お久しぶりです。」
カルロワ婦人「あらまあ。何年ぶりかしら。」

ヘルマンは、チャーチルとカルロワ婦人が会話している隙に、漸く難を逃れることができた。
本当に使えない男だ。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 20:24:36 ID:/OqG37g/
気を取り直すと、私は周囲に目を配った。
侯爵も執事も会場にいるようだ。
もう一度地下室に行けば何かわかるかもしれないが……

どうしよう。

1:ヘルマンと話をする。
2:チャーチルと話をする。
3:ニーナと話をする。
4:マーサの手伝いに行く。
5:地下室へ行く。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 21:13:25 ID:8fax+0IU
チャーチルの話を聞きたいところだがカルロワ婦人と話している以上、自分はメイドという
立場もあるので今はやめておいたほうがいいだろう。ニーナも同じ理由でパス。
とりあえず1でヘルマンがこれ以上ボロを出さないように念をさしておいてからマーサと
一緒に地下室の調査をすべし。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 23:06:15 ID:OWuvnUln
この分だといずれヘルマンがボロを出すのは避けられそうにない。
ここは一刻も早く証拠を発見することに集中するべきだろう。
よって、4で手早く仕事を片付けて調査にかかろう。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 12:25:36 ID:jiXZPzSa
マーサがいないと地下室の鍵を借りられないだろうから4

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 21:08:25 ID:OzhwHHwn
4:マーサのところへ行った

ちょうどマーサも自分の仕事を終えたところだったようだ。早速、二人で地下室の調査へ向かうことにした。
山のように積まれた箱や棚の中を一つずつ探していくと・・・

        ノ\ /|
      ゝ#〃⌒⌒ヽ  !!
      く#{ミ/ノヾ、_彡
       //|ノ| ゚ ∀゚ノ|
         |つ| ̄ ̄|

なんと、違法取引の証拠となりそうな契約書を発見した。
マーサはまだこちらに気付いていない。どうする?

1:マーサにこの契約書を見せる
2:マーサには秘密にしてこっそりとポケットにしまいこむ
3:見なかった事にしてもとの棚に戻す
4:マーサに気がつかれないように地下室を出て、執事にこの契約書を見せて取引を持ちかける

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 21:14:56 ID:Z15mGXO9
2。
見せたら咎められそうだし。

それはさておき、ハーコート家での話が終わったら、
次はパリに移動して、ナージャとともにフランス編開始かな。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 22:00:48 ID:njVB3/VP

証拠の回収がすんだらヘルマンの正体がバレない内に逃げるべし

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 23:10:51 ID:WW3XSdxX
2:マーサに見つからないように証拠の品をポケットにしまいこんだ
マーサ「それらしい物は無いないわね」
ローズマリー「やはり、私の聞き間違いだったのかしら・・・」
マーサ「いつまでもここにいる訳にもいかないわ。一旦、仕事に戻って今日のパーティーが終わったらもう一度二人で探してみましょう」
ローズマリー「はい」

目的は達した。あとは屋敷から逃げるだけだ。マーサと分かれ1階に戻ると廊下でヘルマンが待っていた。
ヘルマン「どうやら見つけたようだな。裏口を出てバラ園を通れば外へ抜けられるようだ。早く脱出するぞ」

客や他のメイド達に見つからないように裏口を出てバラ園を通過し、あと少しで屋敷の敷地外に出れると思った時、突然何者かが道を塞いだ。

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,
                  ,,-''"     ゙゙'''''-、
                   ,/           ヽ
                  ,/ ,r'"゙゙'-、,,,,,,,,,,,,,,,,-'""゙ヽ ヽ、
              / ,i´::::::::::::::::::::::      ヽ ゙l
              | .|::::::::::::::::::::::::::       ,l゙ ゙l
              | l゙::::::::::::::::::::::::::::       l゙   |
.                 | |:::::::,,,,,,,,::::::::::::  ,,,,,,,,   ヽ   |
              | |:::::" _''':::ヽ ''' ._ ゙   |.  |
                 i''|:::::::'" U::::::::|   ∪`    ゙l, _ |
              l゙::|:::::::::::二`::::|   '二     .| `i
              |::゙l::::::::::::::::::::::|           レ |
              ゙l,::゙l、::::::::::::::i´         , / l゙
               ''''|:::::::::::::::::゙‐丶   ,,   |,,,/
                ゙l:::::,i':::::,___,   `i |"
                    |:::::::::::::゙'‐=='゙     ゙ ,i
                 人::::::::::::       ,/|\
                  ,/フ  ゙li、::::::    ,/ |  \
             _,,/ /  l゙ .'|'''''''''''''''フ  /|   .|''‐、、
        _,,―'''""  /   |,,,,,\,,,,,/,,,,,,,/ |   |   `''-、,

執事「フフフ・・・持っていたぞ。その書類を返してもらおうか。お前らが屋敷に来た時から色々と嗅ぎまわっていたのは知っていたんだよ」
なんと目の前に現われたのはハーコート家の執事だった。数人の黒服の男を引き連れている。

執事「もちろんお前らはこの家で行われていたことは知っているだろうが・・・。実を言うとな、侯爵に違法取引の件を持ちかけたのはこの俺なんだよ。
侯爵の奴が福祉施設の運営資金不足に苦しんでいたのを見て、わざと高利貸しから金を借りさせて借金を背負わせてやったらあっさりとこの話に乗ってきやがってな。
稼げるだけ稼いで最後は侯爵一人に罪を擦り付けて逃げるつもりだったが、まさか途中で邪魔が入ってしまうとは思わなかったよ」

執事が指を鳴らすと黒服の男が一人の少女を連れてきた。頭に銃を突きつけている。
ニーナ「ローズマリー・・・」
執事「ククク・・・この娘が友達であるお前に合わせてほしいと私に言いに来たのでな。人質に調度良いと思い捕まえさせてもらった。
娘の命はお前の返答しだいだ。さあどうする?」

1:「わかったわ。書類は返すからその子を放して」
2:「冗談じゃないわ。この私にそんな脅しが通用すると思って?」
3:「好きにしなさい。その子の運命なんて知ったことじゃないわ」
4:「ウフフ・・・、書類は返すわ。でも貴方はお金稼ぎのイロハが全くわかっていないわね。今度はこの私と組んでみない?」

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 23:30:53 ID:b1jQhzMy
2。

結局「違法取引」って何なんだ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 23:50:47 ID:OEHhv31O
仕方なしとはいえ、あのハーコート侯爵がやっていた事なんだから麻薬とかは無さそうだな。
酒や毛皮などの贅沢品を関税がかけられないように密輸してたとかではないだろうか?>違法取引
だたこの執事の感じからして侯爵に秘密で麻薬等も扱っていたかもしれないが。
ここはとりあえず1で大人しく従うように見せておいた方がよいかも。 

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 00:23:10 ID:aSik3DuT

相手は貴族の娘にも平気で銃を向ける輩だ。
下手な態度を見せると本気で始末されかねない。
ここは自分の利用価値(勿論はったりだが)を認めさせることで
危機を回避する方針が良いかもと。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 01:51:42 ID:RA6+nJ5i
1で。
執事の口ぶりからするとまだ当分はハーコート家に留まって稼ぐつもりのようだが、
それならここで殺しをやって警察にハーコート家を注目させるのは避けたい筈。
ローズマリーとヘルマンだけなら死体を隠してしまえばもみ消せるかもしれないが、
伯爵の娘であるニーナが行方不明になれば確実に騒ぎになるだろう。
ニーナを人質にしたのは彼女に口封じの相談を聞かれる等して仕方なくなのでは?
執事がニーナの処分に困ってるなら彼女を確保すれば生存率が上がるだろう。
書類を渡してもニーナの証言があれば十分執事の悪事を証明できるし。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 16:02:05 ID:jqYTIOKf
1:「わかったわ。書類は返すからその子を放して」と言った。

執事「物分りがいいな。さあ、それを返してもらおうか。」
ローズマリー「先にニーナを返して。」
ニーナ「ローズマリー……」
執事「契約書が先だ。」

私は契約書を懐から取り出すと、執事に手渡した。

執事「そうだそれでいい。」
ローズマリー「ニーナを返して。」
執事「……そうはいかん。君ら共々死んでもらう。
なに、刑務所から脱獄しマフィアの狗と成り果てた元貴族の暴走……それで一件落着だ。」
ローズマリー「くっ。」

その時、暗がりから数人の男がやってきた。
……チャーチルだ。

執事「おお、チャーチルじゃないか。鼠が入り込んでいたので、これから始末するところだ。
約束どおり、稼いだ金は山分け……」

                                    ,,r'':::::::::::::::::::::::;i::::::::::::::::i、
                                   ,r'::::::::::::::::::::;::r;:r l::::::::::::::::::l!
                                   'i::::::::i:::;:::;r'´'´   `ヾ:::::::::::::l!
       r‐、                          'i;i::::::l'''=、,,_,,,  _,、=''''`ヾ::::::::::l!
       人 ゝ,,_  ,,_,,,、                    'i;:::,, -i--   -i-- l::::::::;;;l!
        (○) ̄  ̄ i‐、-l、                       !  ̄ ̄i   ̄ ̄  ;´!;;;l!
       ``'‐二i ‐`-'__ ))                      ゙l    ``  ,  ノ,/;l!''
          l l! `-' ,r'i {_,,,_                   l  -===・''   ノ`'l!
           l l!  ̄ l! /,_ )                       l!  ´     / :l''
            /l l!/゙,=-,(こ)丿,,_     _,,r‐‐--‐ー‐-- ,,__,,,r}ゝ__,,, 、  -'  l、
             l、__l :l!__,(_ソ ̄) l;;;;;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;l;;;;;;;ヽ_ ̄``''‐- 、 , -‐}
            } ヽ-~__,,,' -‐i/》;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;l;;;;;;;;;;;ヽ ̄`''‐- 、l!//{`‐-、
           l!  ___,,, -‐{ l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;`''=‐- \‐-ッ'´ ', ' ,ヽ;;;;ヽ\_
            `- ,,__,,, ‐'l./ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;`'‐ 、;;;;;;;;;;;>'   ', ' ,ヽ<;;;;;; ̄`'‐、
             l! ヽ`‐-、/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐ /     ,   ' ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             l! `‐,ィ___,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l      ,    l;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;l!
               ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐`‐-‐i''‐-、   _ ,, l;;;;;;;;;;;l::::::::::::l
               `'‐- ;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;;;-‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐'´-‐''' ´ {_,,r'' _,,r''-‐'';;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l
                        ̄ ̄l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;l
                          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,;;;;;l;;;;;;;;;;l!

執事の言葉を遮るように、チャーチルは銃口を執事に突きつけた。

執事「ま、まさか裏切る気か!」
チャーチル「裏切る?私は、貴様等の仲間などになった覚えはない。」
執事「くっ。卑怯者めが……」
チャーチル「侯爵閣下も、もうじきここにいらっしゃる。
貴様の企みもここまでだな。」

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 16:26:55 ID:jqYTIOKf
執事「よし、こうしよう。稼いだ金はすべてお前にやる!な、これで……」
チャーチル「恥を知れ。国に仇なす害虫め。それ以上その薄汚い口を開くと、この引き金を引くことになるぞ。」
執事「ぐぅ」

暫くして、侯爵が警察と共に現れ、執事とその取り巻きはことごとくお縄となった。

チャーチル「そうそう、そこの奥の男。
どこかで見たことがあると思えば、オーストリアの刑務所から逃亡中のヘルマンという者だ。」
ヘルマン「チャーチル、貴様!」
チャーチル「(こんな役に立たん男は、もういらん。)」
警察「ではお前も来てもらおうか。」
ヘルマン「くそっ!ローズマリー、お前がもっとしっかりしていれば!!」
チャーチル「その娘は、ヘルマンに脅迫されて、無理矢理従わされていたらしい。
そうだね、ローズマリー君。」

どうする。

1:その通りだと答える。
2:自分の意思で行動したと答える。
3:チャーチルがヘルマンを助けたことをばらす。
4:黙秘する。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 17:03:32 ID:0DOXAYDp
やはり「1:その通りだと答える。」でしょう。

2.だと自分が不純な目的でヘルマンと組んでいたとバラすような物ですし、
3.だとチャーチルの怒りを買って今後の展開に著しい不利益をもたらします。
4.はチャーチルはともかく警察から不審を買いかねない行動なので、結局は
ローズマリーはお得意の演技力を発揮し、

「はい、私はヘルマンに「言うとおりにしないと孤児院時代の仲間の命は無いぞ!」
と脅されて仕方なく協力させられていました。
 それを知ったチャーチルさんは、私にヘルマンに協力するふりをしつつ、
彼の悪事を暴く決定的な証拠を掴む様に命じられていました!」
 ぐらいはアドリブでスラスラと言えそうです。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 17:07:01 ID:1ysKhD5u
微妙な選択。今の状況では1が良いかもしれないが、ここでヘルマンが逮捕されると当然マフィアにも影響が及ぶだろう。
仲間と組織を売った裏切り者として命を狙われかねない。そうなってしまうとたとえ警察でも守りきってくれるか分からない。
2を選んだ場合、自分も警察に連れていかれ事情聴取を受ける事になるだろう。下手をすればプレミンジャー家の事件に関わっていたことが
ばれてしまう。4も2と同じ結果になるだろう。
ここは思いきって3で真実を暴露し、この場を混乱させた隙に逃げだして上手くいったら約に立たないヘルマンとも手を切ってしまうのが
良いのでは?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 18:58:09 ID:op+RwEK+
もはやヘルマンは必要ないし、チャ−チル側に付いてもヘルマンの代わりとして利用されるだけだと思われ。
4で必要の無くなった二人は切り捨ててしまい、再び旅に出て新たなパトロンを見つけよう。
それとマフィアに関してだが、ヘルマンが逮捕されても潜入中にヘマをして勝手に捕まっただけ程度にしか取られないだろう。
そもそもあの幹部もローズマリーが一緒に屋敷へ潜入していたことは知らないんじゃなかったかな。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 18:58:41 ID:iPhLXrvR
2 ただし、孤児院の仲間を救う為、二人に脅かされてやったとの理由で。
そう言えばニーナがかばってくれるかも

339 :337:05/03/04 18:59:19 ID:op+RwEK+
間違った。4じゃなくて3ね

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 18:59:49 ID:dTNk8Ycx
チャーチルはヘルマンとマフィアとの関連について今のところ言及していない。
ここは裏でマフィアが絡んでいるなど一言も口にせず、
ヘルマン個人に脅されて仕方なくやったという筋書きにすれば、
組織を裏切ったどころか、愚か者が招いた組織の危機をフォローしてやったことになるので
却ってマフィアから一目置かれるようになるかも。

よって1

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 20:39:16 ID:l6sr3L9m
1で
ただしこの場をやり過ごしたらチャーチルに対して
はっきりと「あなたの駒になる気は無い」と伝えた方がよい。
毅然とした態度を取ることで逆に好感を持たせる事ができるかも。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 22:40:03 ID:uFKPG5gi
1:その通りだと答える。

ヘルマン「なっ・・・ローズマリー・・・お前」
チャーチル「こんな少女が利用されて・・・可哀想に。はやくその男を連れて行け」

ヘルマン「くそっ!捕まってたまるか!」

                                                            _,-'ニニニヽ
                                                          ,,-'ア/   ヽヽ
                  ___                                   ,,/` l゙ i      ゙l.|
                _,,-‐''"",,---ミ ̄''ヽ、                                ,,/   ゙l│    . !l
              ,,/  ,,-‐''"   `゙ヾ,. ,<⌒ヽ、                         _,/`     .ヽ,\    //
             /  ,/'"         i   \  ヽ,                     ,,/         `'-ニニニノ
        ,/   フ            | i゙\ ヽ  ゙l                   ,/l゙      .ノ''''''ヽ,,,,,,--'"
       ,/    ,/           | │  \.l  ゙l                ,,/  ゙l、     | .,r'""ヽ
      ,/    / '''"""\       │.l゙    |  |              /    \   _,,┤ .|   |
      /    'フ     \   ,,   | .l゙    |  |             _,/ ̄ フ       \ツ   ゙l,,_゙l,,,,,/
      |    /   _,,,―-    ,,.〉 | .ト'''"'''-,. |  |       _彡    l゙     ,,,'''" ,,/ 
      レ''ヽ ,!       ||     ヽ  | |―-、  |   /     /l゙     ._,,,,,゙l  ,,''" ̄,,,-‐"
     / l゙ | |    ` ̄ ̄    /  .| | ||    | ./     r'   ゙ /⌒ヽ/ .| ,,r ̄,,,,┬"
   /ヽ∧. ゙l  | l゙           i   | | ̄    i        l彡‐"|    `'ッ'"   l  |
   |  " l i、 | |            |   | l゙    ,l゙l   /⌒'V    │    |    |  |
 iヽi   ゙l,  ゙ l|           |  レ'    /.l゙   `ー=i  ._,,-'゙'i     ゙l    .|  |
 ヽ     ヽ, `          へ l     ./レ゙     |丿レ'″ _゙i   .|     /  |
  \     |   r‐ー''"     --′\  /         |  ヽ._,,-'"`丶,,,,,、|   /  /
    `'''‐、   |   i   r―-----─┬ i /          i´|    ヽ____,,-''',ン'゙|  /ヽ_/
       i,/゙ ヽ、i   ./        /   /          く |        _,,-'" |―v'"
       ,l    \ . \     ノ  /         │l゙\  ,,_,,,ニニ\   |  丿
      ,-―''" ̄ ̄\   ̄ ̄ ̄  /゜          / │ .,,'"     ̄ ̄|  l゙ ,lーー-、
   ,,-―''⌒'''ー、    |,      /           ,j,,,┴'′        ゙l l゙ l゙    )
 /       ゙゙\ / \__  __,/′         / ̄ .、         ,,,,,_| | |_,,,,-'
/            ∨  .人 ̄          /    \  ,,,,,-=ニ二_二_」  |'ヽ

ヘルマンが突然、懐から銃を取り出して近寄ってきた警官の足元めがけて発砲し逃げ出した。
チャーチル「逃がすな!追え!」
チャーチルの指示を受けた警官隊はヘルマンを追いかけ、バラ園の向こうへと走っていった。

チャーチル「ふん、往生際の悪い男だ・・・。さて、ローズマリー。私がお前を助けた理由はわかっているな?」
ローズマリー「お断りします」
チャーチル「なんだと?どういう意味だ?」
ローズマリー「私は貴方の駒になる気は無いということです。私は誰にも支配される気はありません。自分の道は自分で決めるわ」
チャーチル「フフフ・・・ハーッハッハッ!面白い女だ。ますます気に入った。・・・分かった。思う通りに行動するがいい。
ただし私はお前の事を気に入っている事を忘れないでくれ。気が変わればいつでも私の元へ来るが良い。」
チャーチル「後のことは上手く処理しておく。心配するな。では、またいつか会おう」
そう言い残すとチャーチルは屋敷の方へと消えていった。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 22:46:25 ID:uFKPG5gi
ハーコート家の屋敷を出た私は付近の町にある宿で一泊し、翌日、ニコルやアレックスのいるロンドンへ戻った。
二人にはシュタイナー伯爵(ヘルマン)は急用でドイツへ帰ってしまったという事にしておいた。
もはやここにいる事は出来ないので再び旅に出る事にしたが、アレックスとニコルは孤児院や院長先生のお墓を守りたいとの理由で
アップルフィールドに戻りそこで仕事をする事にしたらしい。
アレックス「それじゃあローズマリー、元気で。たまにはアップルフィールドに戻ってきてくれよ。ここは僕達の故郷なんだからさ」
ニコル「元気でね・・・。ローズマリー。本当はあなたに付いていきたいんだけど、私じゃ足手まといになるだけみたいだから・・・」
ローズマリー「大丈夫よ、ニコル。心配しないで。今までありがとう」
二人と固く握手を交わし私は屋敷を後にした。

ロンドン駅に付き、ポーツマス行きの列車に乗り込み席に着くと、窓を叩いて私の名前を呼ぶ声が聞こえてlきた。
ニーナ「待って!ローズマリー」
ローズマリー「ニーナ!どうしたの?」
ニーナ「お別れの前にこれを渡しておきたかったの」
ニーナから渡された鞄の中を見ると、洋服とお金が入っていた。
ニーナ「これ・・・。私の一番お気に入りの服なの。ローズマリーにあげるわ。あとお金・・・少ししかないけど」
ローズマリー「ありがとうニーナ・・・」
                 _,,_,,_
               ,r'ニ=‐''----''‐=ニ‐、,、
             ,,r゙‐'゜ _,ニ--―-ニ、,,,_  ̄ヽ
         /  ,,-',i´        i`ヽ  |`i
           / /" !   ヽ     /  \.ヾi
        l゙.y"   ,-┬''' ̄'''┬-,,,,/  ゙i l
        | l゙ヽ /´ /     ヽ  \= | .|
        l゙| -.i´   !      !   i  | |
        ゙i|、/  ,-‐-     -‐-、   |ミ |i'
           .l| |               | .|l
         |,,l、  ,,‐-.      ,-‐、 .|,,l゙'
          i. |   |:(,|      |.):|  l' i'
          l .|   ゙''"  ,     ゙''"   | .l
           ○|  ''''''  `    '''''' ./○
           ヽ、   .,--,    /
             \   ヽノ   /
              ヽ、,,_____,,イ
                  |     |
 .              |    |
             ,-‐<     >‐-、
      __,‐-、 ._,,,-'"^‐、`゙=ニ='゙  / ヽ、_  ,-‐、

ニーナ「ローズマリー。あの時は本当にありがとう。私達、これからもずっと友達よね。」
ローズマリー「ええ、もちろんよニーナ」
その言葉の直後、汽笛が鳴り列車がホームを離れ始めた。
ニーナ「さようなら!!ローズマリー!私、あなたのこと絶対に忘れないわ!」
ニーナはこちらの姿が見えなくなるまでホームの端で手を振り続けていた。

さて、ポーツマスに着けばそこから船に乗ってヨーロッパ各国へ行くことができる。今度はどの国へ行こうか?
1:ドーバー海峡を超えフランス・シェルブールへ (−150G)
2:北海を超えドイツ・ハンブルグへ (−250G)
3:バルト海を抜け東欧の大地ロシア・サンクトペテルブルグへ(−400G)
4:大西洋及び地中海を通り、イタリア・ジェノバへ (−600G)
5:灼熱の地、エジプト・アレキサンドリアへ (−700G)

現在の残金 360G+ニーナから貰ったお金1500G=1860G
アイテム
E ニーナのお気に入りの服
E 赤いリボン
  エプロンドレス
  メイド服
  宝の地図(スイス)
  望遠鏡
  日本刀「muramasa」

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 23:09:43 ID:cuU3jupR


しかし、脅されていたことになってたんだから偽る必要ないような。
ニコルがいないとなると、ドラマCDとは展開も変わってくるな。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 23:35:16 ID:KS2otSN4
1で
何もここでドラマCDとまったく同じ展開を再現する必要もないような・・
これはあくまでスレの住人で作るローズマリーのその後の物語なんだろうし。
まあ、面白かったけどね>ドラマCD


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 00:18:42 ID:0HYoRZRt

正直何処へ行ってもローズマリーならやっていけるだろうが、
住所も判っていることだし、パリにいるナージャに一度直接会っておくのも悪くなかろう。


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 01:10:51 ID:76jU3gpI
 警察とチャーチルの手を逃れたヘルマンの動向も気になりますな。

 いきなり最初の仕事で失敗した以上、手ぶらでマフィアの所に帰ったとしても、
良くてそのまま組織から三行半を叩きつけられるか、下手をすればそのまま消されるでしょう。

 少なくとも何らかの手土産や手柄が無ければ例の幹部だってヘルマンを庇い切れないでしょうが、
今のヘルマンにはまとまった金も無ければプレミンジャー家時代のコネもありません。

 となると、一番の手土産はズバリ「ナージャの身柄」だと思うのですが。
 現在ナージャ達ダンデライオン一座はパリ近郊で足止めを食らっていますから、
ヘルマンはなけなしの金を使って地元のゴロツキを雇い、ナージャを誘拐して
彼女を手土産にパリのマフィアの支部に行き、「ナージャの命が惜しければ大金を出せ」
とプレミンジャー家を脅迫するかも。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 08:13:50 ID:wqy6FiAa
1:ドーバー海峡を超えフランス・シェルブールへ (−150G)

そういえば、パリにはナージャがいるはずだ。
久しぶりに会って見るのも、悪くないかもしれない。

*「おや、ローズマリーじゃないか。」

     ,/′           、 .,、              ┴-、
    .,/ ,、       ,,i´/|  ,                  ヽ
   ./ ,、         ,!,/| ,/ ゙l  l゙|               ,`' i、
   |,/│      ,仆.l゙.l゙  | .| |        、       ゚|''''''″
   `丿      ,l゙|.| .゙l,|   ゙l、l゙ .|  |゙l、   │ .     i、 l
   丿      ,l゙ ゙ト `   リ  ヽ │i、  .,lト . ゙l ,/  ゙l゙l |
   丿       l` .,,,,,,,,,,,,,,,,,     ‘、゙l ゙l  │| .l゙ .l゙ノ  .i,l゙.|l゙
  丿   ._,_  | " _    ''',,,,,    ` .l ,i´l゙,l゙ .,l|′  | ゛
   /  ,r'"、.゙゙l,,,i´,/'' ̄ ̄ ̄\''ミミ     ∨ ,_,, i∧∧丿
   l  /  ゙l l゙'R,i´ ,,-」'''''''゙l,!、_.\` ,,i/ ̄ ̄   \.,, |
   l /.|l゙ 、ヽ/.| l l゙  " .l゙レ'|   `|,,,,,,,,l゙''''‖,`'‐ ., ,|.||,l
   ∨ | |i,゙l,  |.| .|,   .゙l,ニ,i´   .,广゙゙'||  l|,,,|  .,i´ |/
    .゙ll゙゙l ゙''`″ \         ,,/`  .儿 '"'″  |., //
      ゙l,,_,!   `''―――''"    | ‘―――'''" 
      ,/ .|              \    /
     .''‐|",.|             .,,/    /| |
      |/| ゙l、                 ,/ |l
       ヽ|ヽ                 /  l
      r― | \      ___,.    /
      |.ヽ|、  \.      ー    /
      │  ゙''-、,, ゙'\        /
   ,r‐ ッi″    `\.\     ンィ
   ノ′ ヽ.       ,K `'''┬ー'", ,| 
 /             l゙ .゙l  / ,rく` \

ローズマリー「ハービーさん。」
ハービー「君もフランスへ?」
ローズマリー「ええ。」
ハービー「シュタイナー伯爵のこと、聞いたよ。」
ローズマリー「……」
ハービー「ヘルマンはいまだ逃走中だ。」
ローズマリー「知ってます……」
ハービー「それと、あの2人にも本当のことを話しておいたよ。
あの屋敷にはもう誰も帰ってこないからね。」
ローズマリー「そう……ですか……」
僕もこの船でフランスに戻る。向こうへついてから何かあったら、社のほうへ来てくれ。じゃ。」

船は埠頭を離れ、一路フランスへ、ドーヴァー海峡の波濤を蹴って進む。
さらば英国よ、また来るまでは。
祖国の丘は、次第に水平線の彼方へと沈んでいった。

ローズマリー「さてと……」

どうしよう。

1:ハービーともう一度話をする。
2:傍にいる少女に話しかける。
3:傍にいる男に話しかける。
4:船内を散策する。
5:休養をとる。

349 :一応英国編まとめ:05/03/05 09:12:05 ID:ol0VdMUN
フランスでハービーに会ったローズマリーは、自分がヘルマンに追われていることを告げる。
そして、ハービーの知人を頼ってロンドンへと旅立ったのだった。

ローズマリーは、ミイラ博士クリスチャンと出会う。
持っていた地図の鑑定を依頼したところ、ナポレオンの財宝の在り処が示されている可能性があるとのことらしい。
後日、アップルフィールド孤児院跡を訪ねた一行は、孤児院で一緒だったアレックスと、思いがけない再開を果たす。
彼の勧めで、シュタイナー伯爵亭の下女として働くことになった2人であったが、伯爵亭でシュタイナー伯爵として待っていたのは、オーストリアの監獄にいるはずのヘルマンであった。

数日後、下院議員のウィンストン・チャーチルと名乗る者が訪ねてきた。
ヘルマンを助けたのも彼だという。
ハービーの動きを封じようとの申し込みを断ったローズマリーは、ヘルマンと共に、ハーコート侯爵家のチャリティー舞踏会へと潜入する。
そこで違法取引の実態をつかんだローズマリーであったが、脱出の際に見つかってしまう。
間一髪、チャーチルの助けによって窮地から脱したローズマリーは、ナージャのいるフランスへと向かうのであった。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 14:24:21 ID:CSSEhIzA
4で

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 17:38:24 ID:fTHDqBc/
4

何か見つかるかも

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 20:59:25 ID:VMrmoATf
4:船内を散策する。

甲板に出てみた。多くの客が甲板上で話をしている。

J( 'ー`)し          (´ー`)y-~~ ('A`)y-~~
  ( )    (`Д´)     ( )     ( )
  | |     << )      | |      | |
                 _、
      |\ /|     ( ,_ノ` )y-~~ (`八′)
      ;' ̄ ̄ ヽ     (⊃-⊃     ⊂-⊂)
     l     l      |   |      |   |
     ノ      ',     ∪ ∪     ∪ ∪
    (( ((  )) ))
     (,,, ` ´ ,,,)
      | |>o<| |

カーチャン「タケシ、パリへ行ったら劇場でショーを見るのよ」
タケシ「うるさい死ね 話しかけんな殺すぞ」
カーチャン「ごめんね。でもピエロとか双子のライオンとか出てくるからタケシ喜ぶと思って、ごめんね」
タケシ「うるさいくたばれ、話しかけんなって言ってんだろ」
カーチャン「他にもサムライや怪力男や奇跡の舞姫とかもいるらしいわ。これならタケシも楽しめるでしょ?」
タケシ「しつけーよクソババア 死ね」

どうやらナージャがいるダンデライオン一座は本当にパリで公演をしているようだ。

やがて船はシェルブールの港に着いた。ここからパリまでは列車で移動すればよい。
しかし、パリに着いたらどんな態度でナージャに会えば良いのだろうか?宿無しのままの訳にはいかないのでとりあえずは
一座に入り込むのが良いだろう。一応、以前に送った手紙では仲直りをしたいと書いておいたが・・・

1:「ナージャ・・・。あの時は本当にごめんなさい。私、あなたと仲直りしたいの」謝って一座に置いてもらえるように頼む
2:「オーホホホッ ナージャ、私が一座に入ってあげても良いのよ」高圧的な態度をとる
3:「ナージャ、一座の皆さん本当にごめんなさい。あの時の事は反省しています」土産持ちで土下座して一座に置いてもらえるように頼み込む(−50G)
4:「私、ヘルマンに命を狙われてるの。助けてナージャ!!」命を狙われているので守ってほしいと頼み込む
5:「全然お客が入ってないじゃない。どう?この私を雇ってみない?劇場をお客で満員にしてみせるわ」自分の才能を売り込む

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 21:35:27 ID:FwbI7F4b
 とりあえずナージャの性格なら普通に1.で問題無いのでは?
 それに団長が何か文句を付けてくるようなら、「宝の地図」という手土産もありますし。

 団長は宝探しに目がありませんし、この地図はミイラ博士のお墨付きですから、
全くのガセという可能性は低いでしょう。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 21:57:59 ID:jkLa2cWE
ドラマCDでは2だったけど、ニコルがいない以上ちとまずいので1。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 23:00:50 ID:dQ1xiZmw
('A`)カーチャン…

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 00:18:30 ID:roHlqUqF
手紙でも気持ちを伝えている事だし、あのナージャなら受け入れてくれるかと。
他の団員がゴネたとしても、ナージャがYesと言えば皆もそれ以上は咎めないと思われる。
てことで1。

とは言えナージャ自身、例の事件は根に持ってるかもしれない。
ナージャにしてみれば親友だと思っていたローズマリーに突然裏切られた様なものだし、
何故そうなったのかも知らないハズ。
お互いへのわだかまりを解消する為にも
二人きりになった時にその辺りの事情を正直に打ち明けてみてはどうか。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 12:27:46 ID:/y7SlDOb
1:「ナージャ・・・。あの時は本当にごめんなさい。私、あなたと仲直りしたいの」謝って一座に置いてもらえるように頼む
ようやくパリへ到着。早速以前ハービーに教えてもらった住所の劇場へと向かった。

意外と大きい劇場だ。しかし本当に公演しているのだろうか?お客の姿がほとんど見えない。
まあ考えていても仕方がないので、とりあえず裏口から中に入ってみることにした。
ローズマリー「ごめんください。誰かいませんか?」
ナージャ「はーい」
なんと出番を終えたばかりと思われる姿のナージャが奥から出てきた。

                 ___  
              ,,,-'''"  ̄`''-、
            /  ,,,--=ニニニニ=--、、_    ___
           /  /            ゙`-二. `ー-、
           ,,-‐┴''フ'   __             ``- 、 \
       ,/   /  /               . `ー、 ヽ  \
     ,,/    /  ,/   __ 、\\\ //// 、.  \゙'、  i
    i´     ./ ,,,,/  /ニ=-``         -ニ,,,,,i.   |、| ./
    |\    i/._/  /                   |   |、|.∧
    ゙l ヽ /|//  /                 ゙l   |.|'  \_
    |  V  .|/',|  ,l゙   ,,,,,,,,,,,         ,,,,,,,,,,,,,.  l、  ||    〉
    )     |/.|  |  /″   ゛      ''    ヽ l.  |   ,i´
   /     |/|  |                   |  ト、 /
   i      ゙l,|  ||   ,,===''      ''===、   ||   | V
    \     .||  .,||   ./ ヽ,       / ヽ  .|||.  |
      \  ./|  ,|||   ||,,,,/||        |ヽ,,,,i|  ||.|  |
       \//|  |.||   .゙ll ゜//        ヾ ゜.ll". ||.|  |
         l .|  |.||   ' ̄ ̄         ̄ ̄` ||,|  |
           ヽ|  | ||            ヽ        .||'.|  |
          | .|、||                   ./|| .|  |
          l  | |ト、                  / || |  |
             | .| || \        ̄    ,/  |' |  |
          | | ゙|   `'ー、           ,/      | l'
          ゙| ゙l      |`''--、,,,___,r'        | .l'
             ゙l ゙|.     |       .|        | |
           ゙l |     |       |        | |
            ゙i|     |       |        レ'

ナージャ「・・・・・・・・」
ローズマリー「久しぶりね、ナージャ」
ナージャ「ロ・・・ローズマリー?」
自分は仲直りしたいと思っていること、行く当てが無いので一座に置いてほしいことをナージャにお願いした。

ナージャ「ローズマリー、ずっと心配してたのよ・・・」
ローズマリー「ごめんなさい・・ナージャ」
ケンノスケ「オイラは反対だぜ。こいつがナージャに対してやったことを忘れたのかよ?」
リタ「あたしもー」
ナージャ「私だってあの時の事を忘れたわけじゃないけど・・・、やっぱりローズマリーが困っているのを放っておく訳にはいかないわ
反省もしてると言ってるんだし」
ケンノスケ・リタ「ナージャ・・・」
団長「わかった。ナージャがそこまで言うのならしばらくは置いてやろう。しかし俺達は旅芸人だ。お前にも何か芸をやってもらうぞ。
ただメシを食わせるわけにはいかないからな。お前、得意な事とかやりたい事は何かあるのか?」

1:ライオンの調教師
2:玉乗り
3:歌
4:ダンサー
5:演劇
6:その他(内容を記入)
7:「悪いけど私、芸なんかやる気分じゃないの」
8:「私、芸とかは苦手なんです。その代わりにこれを・・・」団長に宝の地図を渡す

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 12:32:13 ID:BksibwUg
あの名曲を聞きたいので何も考えずに3.

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 13:11:24 ID:iJN6ETA0
地球のキッキ!キッキ!
  _  ∩
 ( ゚∀゚)彡
    ⊂彡

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 13:30:19 ID:29eq3ZpC
4 有名になってナージャから奇跡の舞姫の名を奪ってしまえ。
放送時から思ってたんだけど、どうやれば普段のナージャの髪型から>>357のAAの髪型に出きるのか不思議でしょうがない。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 14:21:07 ID:m4PZJ8Ra
ダンサーはパリで失敗してるので3の歌で。
演劇もいけそうだがあまり演技力がある所をみせると警戒されそうだし。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 14:50:42 ID:w+FRGhu1
個人的には5で演劇も見てみたいが。
でも、もしそうなったら団員全員でやらないと人数足りなそう。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 18:26:35 ID:roHlqUqF
3.
歌ならナージャより上手いハズ。
『はだかんぼう』を禿げしくキボンヌ

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 19:36:54 ID:82R1aKlf
3:歌を歌うことにした。

  ノ\ /|
 ゝ#〃⌒⌒ヽ
 く#{ミ/ノヾ、_彡  ♪ 地球のキッキ!
 //|ノ| ゚ ∀゚ノ|
   ( つ旦O     ♪ 地球のキッキ!!
   と_)_)      

団長「……」
ナージャ「これ……歌?」

一般民衆にはこの歌の魅力がわからないようだ。
しょうがないので他の歌を歌うことにした。

ローズマリー「まわーる回る世界はメーリゴラーーン♪」

これならどうだ。

団長「暗い歌はちょっとな……」

駄目らしい。贅沢なやつらだ。

  ノ\ /|
 ゝ#〃⌒⌒ヽ
 く#{ミ/ノヾ、_彡  ♪ はだかん帽はだかん帽
 //|ノ| ゚ ∀゚ノ|
   ( つ旦O     ♪ はだかん帽はだかん帽
   と_)_)    

ナージャ「あー……何をするかは今度決めましょう。まだ時間はあるし。」

コメントさえなかった。
と、そこに男がやってきた。

男「支配人の方は。」
ナージャ「はい、私ですけど。」
男「ちょっとこちらへ。」

30分ほどして、ナージャが顔面蒼白となって帰ってきた。

ケンノスケ「何かあったのか?」
ナージャ「いや、大した事じゃないのよ。
なんでも管理してた不動産屋がつぶれたらしくてね、
3ヶ月以内に300万フラン用意できなければ、この劇場を取り押さえるだって。
おかしいでしょ?あはははは……」
ケンノスケ「……」
団長「どうすんだ?」
ナージャ「大丈夫!明日はいい日よ!!」

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 19:39:17 ID:82R1aKlf
すったもんだの挙句、団員となることには成功した。
さて、時間もあるし、これからどうしよう。

1:芸の稽古をする。
2:パリ市外を散策する。
3:ナージャと話す。
4:モンマントル・ジャーナルへ行く。

366 :365訂正:05/03/06 20:15:30 ID:82R1aKlf
市外→市街

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 20:23:41 ID:roHlqUqF
・・・はだかん帽の良さが解らんなんて、ナージャのばか!ばか!

ナージャも落ち込んでいると思うので事情を聴きがてら励ましてあげる。てことで3。
なにか知恵を貸してあげるといいかも。
ニコルがいない今、レストラン出店という訳にもいかないが
プリンセスとナージャの最強タッグならこの境遇をなんとか出来るかもしれない。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 21:42:27 ID:iYuO/FBx
ナージャからの信頼を完全に取り戻す為にも二人で話をしてみれば? 
本気で仲直りするかどうかは別としても、ナージャさえ味方に付けとけば
一座から追放されることはないだろう。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 21:47:27 ID:lOE0J9gG
実際今の一座に欠けていて一番必要なのは有能な経理と営業係ではなかろうか?
それならばローズマリーの才能を十二分に役立てることが出来そうだってことで
その辺を持ちかける3にてw

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 23:02:27 ID:IxqWLByN
3:ナージャと話すことにした
その晩、夜中に目が覚めたので、ふと屋上へ出てみるとナージャが夜空を見上げていた。

             ゚.;・ ‘           . + 
         +.  。・         ,-ー 、       .       .
     ・      ;・.        ( ⊂,      .      ・   .
          :’ ・'         `ー'    .   .
        ∵’       ・
      ・                        ・        .
    .          .
      |\ /|             ..i───i       .  .
      ;'  ̄ ̄ ヽ           .培二二二|__
      l      l           ((     i                i
     ノ      ',            i      ハ                ||
     (( ((  )) ))          レ',     .ハ.              | |
     (,,, ` ´ ,,,)           /人レ レ人 レ               | |
     └|>o<| |             } |>o<|ノ|                |× |
____(__人__________人{___),,)__           |二二|
                                 \  ___ __丿×ヽ__
                                   \|□□||□□|× ×|□

ローズマリー「ナージャ、本当にごめんなさい。そして今日はありがとう」
ナージャ「ううん・・・。私もローズマリーと仲直りできたらいいなってずっと思ってたの」
ローズマリー「ナージャ・・・」
ナージャ「でも、私これからどうしたらいいのかしら・・・」
ローズマリー「元気を出してナージャ。みんなで力を合わせればきっとなんとかなるわ」
ナージャ「・・・そうね。私には一座のみんなや、友達として戻ってきてくれたローズマリーがいるんだもの。きっとなんとかなるわね。
      なんだか元気がでてきたわ。ありがとうローズマリー」
ローズマリー「あなたに落ち込んでいる顔は似合わないものね。ナージャ」
ナージャ・ローズマリー「あはははは」

さて、早速翌日から借金返済の為の行動を起こさなければならない。
まずは何をするべきだろうか?

1:とりあえずみんなで集まって作戦会議
2:何をするにもお金が必要。融資してくれる銀行を探す
3:ひたすら宣伝活動
4:ショーの内容の見直し
5:一座の人員増強

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 23:46:52 ID:LDGxBVQm
4でバトンやアンブレラが売れそうなショーにしてみる

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 23:56:57 ID:iCUPFv/I
>>371
グッズ販売かよw
全然売れずに大量の在庫抱えてますますピンチに陥る予感。
でもドラマCD内でもローズマリーがオリジナルグッズの販売を提案してたな。

1でみんなの意見を聞いてみては?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 00:53:52 ID:6OpCJuBz

何をするにしてもまずは人材。
からくり自動車での巡業と違って地に足がついた劇場では固定客が大事となる。
しかし今のメンバーだけではそうそう出し物を代えてゆくというわけにも中々行かないだろう。

ちなみに余談だが、このころ倫敦出身の一人の若手芸人が兄者とともにヨーロッパを巡業しているらしい。
中々才能がありそうな青年なので、もし団長辺りに”つて”でもあれば声を掛けてみてはどうだろう?

こんな青年だがw
ttp://www.solucky.info/~kubochin/chaplin/chaphj02.html


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 01:30:59 ID:+FOUPt1J
対決!ローズマリーVS草加雅人

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 07:47:42 ID:ini8TISJ
1、各自の役割分担を決める為、一度他の団員と話し合ってみるのも良いかと。
その次は、5で人員増強現状かな?今の人員ではやれることにも限度がありそうだし。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 14:18:02 ID:OsqaedpQ
1 みんなで作戦会議

ナージャ「みんな、今日集まってもらったのは、どうすれば3ヶ月で300万G(フランからGに変更)の借金を返す事が
できるのかを話し合うためよ」
ケンノスケ「無理だよ〜。300万なんて」
ナージャ「ケンノスケッ!最初から諦めてどうすんのよ。せっかく手に入れた劇場でしょ!」
ケンノスケ「でもよ〜」
ナージャ「とにかく私は諦めないわ!とりあえずみんなの案を聞きたいんだけど何か意見のある人いない?」
ローズマリー「あの・・・私が発言しても構わないかしら・・・?」
ナージャ「ええ、もちろんよ。ローズマリー」

    ,,,,,,--、,,,,,,,_,-----、_,,,--、_,,,,---、
    (:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::l":::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    `、:::::::::::,―‐' ̄ ̄ ̄`―、_::::::::::::::::::::::::::丿
    丿:,,-'"           `ヾ、:::::::::::::::i´
    /::/                \::::::::ス
    Y゛ 、                ヽ::ト、. \
   / ,,,,|                  ,,,,,\::i.  ヽ
  /  / |                 .,,フ |::i  |
  l゙  /  |             'ー=ニ二,,,, |::|_ ゙l、
 |.  l゙   ゙l                   ̄ ,,/  ゙l
 ゙l  i    ヽ、   \           ,,,ィ:i'   ゙l
  i  |  ,-―、'''-、  ヽ=、-、___,,,,-ー┬ニ./:/    ゙l
  ヽ. ヽ.       ''''--、,,,__フ      .レ⌒ヾ     |
   `-,|、 ,,===、    .,,====、   " / |      |
     ヽ.  |イ:|.      |、ノ:| ''       /      |
      ゙l .,--┴ ,    ┴―-      /       ヽ、
      ゙l. ""  ゙    ""     /    |  .|     |
       |             ノ     .|  |    |
       ヽ、  ー--‐       |      |  |    l゙
       ,i´\   ゙        |  i     |  |   l゙
      ,/  i ヽ,____,,,,-       |  .|    |  !    \
     .(   ヽ 、 |   r‐ー、_,- 'フ /    /  |     \
      ゙ヽ、 | i <⌒゙-'     | |   |   .|      |
        i .ノ |  |       | |   .|   |      l゙
     . ,,// / .,,-|       `''''ー---、   .|      |
      i __レi┴''' ,l            /"''''"" ̄\.   |
     / ̄  ゙l            ,,,,,,-'"       !.  |
    丿     ゙i         _,,/           .|―'"
   l゙  ,,   /二\,,,,,,,,,,-‐'"",,,--ー'''''''"゙゙ ̄ ゙゙̄''''   \
   ト、  ゙'-、,,|:::::::ヽ |        ,,,,,,,,,、          ,,,ィ'
  .丿 \   |::::::::::| |、,,,,,,,,,--‐''""  . ヽ,,,,,,----''''''''′|

ローズマリー「正直言って今のやり方のままでは3ヶ月で300万Gの借金を返済するのは不可能だと思います。これを可能にするにはショーの内容の見直し、
新たな収入源の確保、人員の増強、宣伝の強化、そして事業拡張の為に必要な資金の融資者を探すの五つを実施する必要があります。」
団長「ほう・・・」
ローズマリー「まずショーの内容の見直しについてですが、今までような巡業とは違い、地に足がついた劇場では固定客を掴むことが重要になります。
その為にはショーの種類を増やしてお客を飽きさせない工夫をしなければなりません。そうね・・・新たに演劇の追加なんてどうかしら?
でも、ただ追加するだけではダメね。平日の夜は大人向けの劇、休日は子供向けのキャラクターショーを上演するなどの工夫が必要よ。
そうだ!キャラクターグッズの販売もしましょう。クリームとショコラのぬいぐるみ、記念キーホルダー、ナージャがダンスで使うバトンやアンブレラの
玩具も子供が欲しがりそうよね。あとパンフレッドの販売も忘れちゃダメ。そうそう、前売り券にはおまけを・・・・・・・」

ナージャ「・・・・」
ケンノスケ「すげえ・・・」

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 14:19:43 ID:OsqaedpQ
すこし本領発揮しすぎてしまったようだ。
まあ、とりあえず方針は決まった。その後の話し合いの結果、宣伝担当はおばばとトーマス、ショーの内容の見直し&演劇の内容検討は
団長とシルヴィー、キャラクターグッズ開発はケンノスケとリタ、融資者探しはアーベル、そして人員探しと新たな収入源の検討は私とナージャが組んで行うことになった。

まずは人員確保から始めてみよう。
1:アップルフィールドにいるニコルとアレックスに、こちらに来てもらうよう手紙を書く
2:パリ市内を歩いて才能のありそうな人を探してみる
3:人材派遣会社へ行ってみる
4:他の劇場を偵察して、優秀な団員への引き抜き工作を行う

残り借金 3000000G 借金返済まであと90日

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 15:17:23 ID:NNzzk7PS
2で。

未登場キャラまだまだいるし。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 17:48:04 ID:o9B0DhO5
2.
ローズマリーの出会い運は最強なので大物を見つけられるかも。

しかしいよいよおもしろくなってきたな。
ドラマCDではこけら落としで大失敗してたみたいだけど
今後の展開によってはそれをくつがえして大成功を収める事も可能な訳だ。
宝の地図で財宝を手に入れて一発逆転という展開もありだが
やはりここは興行成功の為にあれこれ奮闘するローズマリーとナージャが見てみたい。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 21:34:28 ID:Wz0e9sId
前からこの地に滞在していたナージャはともかく
来たばかりのローズマリーではあてどもなく探すのも少々ギャンブルかと思うので
まずは手堅く3。それでろくなのが居なければ2に移すというのはどうか。

……しかし一座の現在保有している資金は実際幾らぐらいなのだろう?
アーベルが無事融資の話を持ち帰るかも知れないが
出し物の規模を大きくすれば芸人以外にも裏方も必要になるし、
それまでの活動資金が無いと折角良い人材を見つけても雇えない可能性があるぞ。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 23:39:37 ID:wFNzP21i
1でニコルを呼び寄せてみては?すでにローズマリーはニコルが料理が上手なことを
知ってるはずだし、レストランを開業すれば大きな副収入が期待できるはず。
ただし、とろいニコル一人でやらせるとドラマCDのようになる可能性もあるので
そこにも人を雇う必要があるかもしれないが。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 01:39:16 ID:R8O5txU/
 チャーチルの手の者が接触してくる・・ という展開もいいのでは? 
 例えば・・

 市内で1人で買い物をしているローズマリーに怪しげな男が声をかける
「ダンデライオン一座のローズマリーさんですね?」
(警戒しながら)「ええ、そうですが何か?」
「ご安心ください。 わたしはウインストン公爵家の者でございます。」
「そう・・ また何か私にやって欲しいと?」
「いえいえ、この前の捜査の協力費用のお支払いと警告に来たまでです。」
「警告?」
「はい。 ヘルマンの奴はあれ以来行方をくらましたままで、ロンドンで
摘発したマフィアの者達もどうでもいい様な雑魚ばかりでございました。
 しかし、尋問の結果プレミンジャー公爵家の孫娘を狙っているらしい
という事が分かりましたので、チャーチル様はあなたにご連絡するように
命じられました。 どうかお気をつけください。」
「そう・・ それは気をつけたほうがいいわね。」
「それとこれは小切手とパリ市内の我々の連絡先です。 もし何か起こればこちらに連絡を。」
 結構な金額が書かれた小切手と、パリ市内の住所と電話番号が書かれた紙を渡された。

「それともう一つチャーチル様から伝言です。 「くれぐれも余計な事は考えぬように」と。
 もしあなた様がロンドンで我々を裏切るような事をしていたとしたら、あなたはヘルマン
ともども罪に問われていたという事をお忘れなく・・ と。」

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 12:55:36 ID:dko1x86x
2で。
まともにやったら三ヶ月で300万フランなんて返せるはずがない。
そこそこ優秀な団員を引き抜くくらいじゃ焼け石に水だろう。
ここはプリンセスの幸運が運命を切り拓いてくれる事に賭けよう。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 14:01:16 ID:HEaiyQTI
以前からよく引き合いに出されたり
スレの展開にも反映されたりしているドラマCD『明後日のナージャ』だけど、
残念ながら既に廃盤になっているので入手できなかった人も結構いるかと。
てことで未聴の方の為に物語部分だけ固めた物を「ねころだ」の方にうpしてみた。

50Mまでのuploader
 04220.lzh 20MB 第一話
 04223.lzh 18MB 第二話
10Mまでのuploader
 00725.lzh 5MB  おまけ(ドラマCD第一弾に入ってたエピソードのひとつ)
ダウンロードPass:nadja

鼻血が出る程おもしろいので聴きたい人はお早めに。
※10日の昼ごろには消える設定になってる

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 14:30:45 ID:HEaiyQTI
> ※10日の昼ごろには消える設定になってる
と思ったけど、アップローダーの新陳代謝によってはもっと早くに流れてしまうかも。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 16:23:26 ID:/wpwTWau
2:パリ市内を歩いて才能のありそうな人を探してみることにした。

とは言っても、そう簡単に見つかるわけもない。
丸一日探し回ったが功を奏さず、帰ろうとしたときのことだった。

*「ナージャ?」

    .,'  /     | /|     ハ    |
    j   |       | | |  | | | |  |l   |  |
    |   | , ----ヽ|┼  ト、ト、|  ヽ lヽ |  |  |
    |   |     ,.===ミ、\ | ヽ|T`ーヽトヽト、 ! |
    |   |  彡' :/⌒l:ヾ ヽ! ヽヽ,===ミヽ|`ヽ| |
    |   l   | ::ヽ-イ::!      /..:/⌒i:ヾィ ||V|
    //  .!  | 0;|||||:'ノ      |_:::ヽ-イ::!ヾ!  l
   /イ   j    ゞ--く        | ::|||||:'/    /
  〃l/ |  {  ""      '′   ゞ--r'´   /
  / /| | | ハ、                "" /ィ /
   〃|/!| ||ハlヽ、     ー_-、        // /
    l!|| Vレ--─7ヽ、          __,..ィメ|/|
    ! /     /   |ヽ --- ─‐ ''´|    ||`|ト、

懐かしい顔がそこにはあった。
ナージャ「フィービーじゃない!久しぶり!!」
ローズマリー「あれ、近くの孤児院に引き取られたって聞いたけど……」
フィービー「んーとね。おとこのひとがきてね、わたし、そのひとのヨウシっていうのになったの。」
ナージャ「そう、良かったわね。」
フィービー「うん。」
*「おい、フィービー。何してるんだ、こっちに来なさい。」
フィービー「はーい。」

さてどうしよう。

1:フィービーを引き止める。
2:養父に頼み込んで家に入れてもらう。
3:とりあえず家だけ確認しておく。
4:何もせず劇場に帰る。
5:フィービーを強引に劇場へ連行する。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 23:36:37 ID:ZjU1ZCmh
養子であるフィービーを劇団に入れるのは難しそうだ。
でも戦果無しで帰るのもなんだから3で自宅の位置だけ聞いておいては?
もしかすると後で融資の話しなんてのも出てくるかも。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:53:31 ID:3L3ojJcB
3で

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 07:14:58 ID:bWX8bXdm
3:とりあえず家の場所だけ確認しておいた

ナージャ「フィービー、幸せそうね。本当に良かった」

日も落ちてきたので仕方なくその日は劇場に帰ることにした。その帰り道・・・

ローズマリー「そういえばひとつ重要なことを聞き忘れていたんだけど」
ナージャ「えっ?なあに」
ローズマリー「現在、一座が保有している運営資金は幾らくらいなの?」
ナージャ「う・運営資金・・?こ・これくらい・・・・かな」
ナージャが4本の指を立てて見せた
ローズマリー「4万Gか。事業拡張の資金としては少し心もとないわね」
ナージャ「あ・・あの、4万じゃなくて4千なんだけど・・・」
ローズマリー「4千ですって!・・・呆れた・・それじゃ何もできないじゃない」

         , -ー''''~~ ̄ ̄ ̄~~~`'''i
      ,、,_ .l  _,,,,, 、 -------、、_.l
      l, `i''''~           'l
     ,-'_-_ニニニ二二二二二二ニニニ_ー--、
      ,,-/   i  /   il'  l   、\~~~
     \l   l l  {.{   {{  .}}   l ., }
    ,.  l,  ,、'、i , ,,' `'''~ ' \_  / /ノ
 、  {.l  l  { ヽ'l l ll__,,,-     ./-'''~
 lヽ,_ `-`,/-,-''`''l.' ' '', ,   `'ー''.lノ ,-,'
 l,  ~~ /   ,_{ヽ、iー-、,,_  _,ノヽニ,~-7
 ,-'-、, ,,ノ    l `''l.7,'ー''~)~  .l  _ノ
  `ヽ、_(_ー-,   l ''''7ノ`  l   _>'-~
 i'''~`'''ー/-,l'ー-,_ l-''~l l\,,,ノ _,-,-`

ナージャ「だって、最近お客さん全然入ってなかったんだもん・・・」
ローズマリー「昨日の夜に色々と計算してみたんだけど、現在の人数で一座を運営していると一日につき約300Gがかかるわ。
現在は休演中だから当然収入は無いでしょ、つまりこのままだとあと2週間も経てば資金は底を着いてしまうことになるのよ。
1日でも早く新生ダンデライオン劇場のこけらおとしをするしかないわね」
ナージャ「ど・・どうしよう」
ローズマリー「しっかりしてよ支配人。頑張れば何とかなるはずよ」
ナージャ「そ・そうよね。私は支配人なんだからしっかりしなくちゃ。明日なんてなるようになるなる。よ〜し、頑張るぞ!」

他のグループも特に進展はなかったようだ。その晩、イギリス・アップルフィールドにいるニコルへ近況報告の手紙を書いておいた。
1日目終了 借金返済まであと89日 運営資金残り3700G

明日の行動はどうしよう?
1:流石人材派遣会社へ行ってみる
2:子供向けショー専門の劇団員派遣事務所へ行ってみる
3:ナージャ支配人に対してのローズマリー経営術レッスン
4:正規団員&アルバイト募集のポスター作成
5:再びパリ市内を歩いてみる

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 09:34:02 ID:8QSKlQpl
4。

いざとなったら競馬があるさ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 10:14:02 ID:/kQ6P0sT
4.の人員募集ポスターの作成。
応募者を住人側が考えてみるのもいいかも。
採用するかどうかも住人達の意見で決めるとか。
役に立ちそうに無いのはお金の無駄なので門前払いをくらうかもしれないが。

ギコ・ネコーン
特技:おいしいチャーハンを作ること
備考:チャーハン作りの達人を目指し修行中の青年
一言:「チャーハン作るよ!」
  ∧,,∧
 (`・ω・)  。・゚・⌒)
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

こんな感じで。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 12:20:22 ID:PkRUi4sp
3 まずはナージャに対して金儲けの基本を教え込む。
どうせナージャの事だから「素晴らしいショーを見せればお客さんがいっぱい来て
きっと借金も返せるわ」とか思っているに違いない。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 13:14:55 ID:jr788yjY
確かに392の言うとおりナージャのメンタルではその程度の見通ししかなさそうだ。
ただ一座の状況はかなり崖っぷちなのもまた事実。のんびりお勉強をさせる余裕もない。
てことで移動中やら休憩中やらとにかく余った時間でことあるごとにびしびし3を行いつつ
別の作業、例えば4を行うという同時進行はどうか?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 14:34:58 ID:mS64nPx6
4で募集告知を出しとけば効率よく動けそう。
〉391の案もおもしろそうだ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 15:47:21 ID:SgpYmusD
4 団員募集のポスターを作成した
                                                      _
                                    ,,---、___,,,,,___,---、 __,,-―''''''":::::゙'''ー、__
                                    i:::::::::::::::::::::::::::::-i:::::::::::|-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!
                                    |:::::::::::::::::::::,-―┴―┴-、_:::::::::::::::::::::::::/
                                    ヽ::::::/ ̄          ゙゙''-、:::::::::::::::|ヽ
                  ______                i/                \::::::::::| \
            _,/゙      `゙'''ー、            /   .                \-l'   ゙i
             ,/            ヽ、         /   ,,┤                 i:::゙l   |
            ,/                ヽ、        l゙   /  |   i              .|:::|   |
           ,/       ,---、.        |      .  |   i   |.  |.    i.        ̄ ̄フ:|   |
        l         .l゙   l        ゙l        ゙l  │  ゙l.   i、   |.       ーニ二|:::|   |
        l゙  .i !.| i i  |   | i  | i i 、   ,|        │ .|   ヽ、 ゙lヽ、 \,__          ̄フ   ゙l
        |  | | ゙l | |  ゙l   l゙ | l゙/ | l゙ l |        │ ゙l __,.  \ヽ、\   ヽヽ、     ./:|    ゙l
        |  ゙l ヽ`,-==、    ,==-, 丿レ"         ヽ、 |′     ̄,-==、 `フ'―--┬'" |:::|     |
        |  _,l、.  |. l i"    i l .|  /iノ            ゙'''l,, ,r=、    i、.|~|''  ̄     レ⌒ヾ    ゙l
        |  l゙ヽi.   |゜''|     |''゜| / !              ゙l`| ゙l    .|'''゜ | ."         l'  |     |
        |  ゙l     ̄   、   ̄ .レ'               ゙l ゙l.l゙    ゙l,,,,/          │    |
        |  `ー、    r‐‐‐ァ   人                | '"r″             _,,/     ヽ
        /  |  |ヽ、   ヽノ    /| ヽ、              |               ,r'"         \
  .    /   |  |  `-、    _./| |   ヽ、            人  ー--‐        / 、            ヽ、
  . __  /   |  |.   | `"ー‐'゙|  | ヽ   \          ./  \            |   |    、       |
   ヽ. ̄   /  |    |     .|  |  \   \__        i    \  ____.      |   |    |.    |   |
  ___>    /  ,--、 /|     i--、|   \     ̄`フ     ゙l      ` ̄ |       |  l゙    |     |  l゙
  \___ / /  `<__|__/  \―-、、 ̄   ./        l゙ i   |    |  r‐ー、_,-' フ ゙l   丿     | l゙
  _  _ノ   _|     |   |     |    ̄\   ̄フ      l゙ |    |  <⌒゙-'      |  |   i      | \
 ヽ  ̄   / ゙l   ―|   |―    ゙l     ヽ--′     |.  ヽ  ヽ.  |        \ |   |      ゙l  ゙i
  ` ̄フ 丿 ./    .|   |      |      .|        |   .|   |/           \__ |       ゙l  ゙l
 .  /  /  |   ,―,-|----|      |     r┤        |ノヽ┴―‐′             `>' ̄丶    |   |

ローズマリー「出来たわ!こんな感じでどうかしら?」
ナージャ「へ〜さすがローズマリー、上手にできてるじゃない。昔から絵とか得意だったもんね」

396 :1:05/03/09 15:50:03 ID:SgpYmusD
ナージャと手分けしてポスターをパリ中の人通りが多い場所に貼り付けてきた。才能の有る応募者が来てくれればよいが・・・
他のグループは今日も特に進展が無いようだ。団員募集告知も打ったので明日は他のグループの手伝いをしてもよいかもしれない。

2日目終了 借金返済まであと88日 運営資金残り3400G

明日はどうしよう?
1:宣伝担当であるおばば・トーマス組の手伝い
2:ショーの内容検討をしている団長・シルヴィー組の手伝い
3:キャラクターグッズ開発中のケンノスケ・リタ組の手伝い
4:融資者探しをしているアーベルの手伝い
5:ローズマリー・ナージャ組、もうひとつの担当である「新たな収入源の検討」を行う



*以下は進行レスとは関係ありません

「団員募集について」
>>391さんの案が面白そうだと思うのでやってみたいと思います。
応募者を考えたら以下の用紙に記入して「ダンデライオン劇場 団員募集係」まで

         名前:
         特技:
   自己アピール:
1日あたりの給料:
         備考:

応募者はナージャ作品内に出てきた人物、実在の人物、2chキャラ、オリジナルキャラ何でもOKです。
ただし、プ○キュアなどのキャラはスレが荒れる原因になりかねないのでやめておいた方がいいかも・・・
キャラのAAも付けてくれれば有難いですが、別に無くてもいいです。
応募者が数人出たら、面談を行いスレ住人が審査員となり採用するかどうか決めたいと思います。


「今後の劇場経営についてのルール」
基本的にひとつの進行スレで1日消費としたいと思います。ただし、たいして時間のかからない行動などの場合は
その限りではありません。その辺は各進行係の方にお任せします。
1日経つごとに運営資金から基本経費300Gを引いてください。今後、人員増加などがあったら1日の経費は基本経費に
その人件費を足した金額となります。


「こけらおとし後の収入について」
多少のゲーム性を持たせたいと思うのですが、毎日の客数がある程度ランダムで決まるような良いルール案はないでしょうか?
その客数に対して進行スレで実施した行動の影響を加算した数値をその日の収入になるようにしたいと思っています。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 16:31:21 ID:luYw8gXf
金がなくちゃ何もできないので4で。

ドラマCDのように、またアントニオから借金するという手もあるけど。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 18:43:32 ID:/kQ6P0sT
>1の進行さん、採用してくれてサンキュです。早速応募がありました。


┌────────────────┐
│.._ .......、._    _ /:/l!..... . . .       │
│ :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|.....        _ │
│゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、        /_.}.....│
│ ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、 │
│ ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ..│
│"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈....│
│ .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ / . │
│   //:::::       ',    /    ,:' . .  │
└────────────────┘
         名前: K・Y・グリーン
         特技: 演劇などの脚本を書くこと
   自己アピール: 悲劇から喜劇・子供向けまでどんな話でもこなせます
1日あたりの給料: 出来高制で、ショート一本200G、大作一本500Gを希望
          備考: 数々の舞台を手がけて来た才気溢れる劇作家
            以前は大手の劇団に勤めていたが
            新たな職場を求めて仲間達と共に抜け出して来た


※ちなみにドラマCDの脚本書いたのはこの御方(山田隆司名義で)

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 20:50:21 ID:F4/Sb0hO
これのSDも山田隆司氏なんだよねぇ…
監督は辻氏だけど。

ttp://www.universal-music.co.jp/non_music_dvd/anime/hime_ribbon/hime_box.html

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 20:57:18 ID:jr788yjY
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)すいません、ちょっと応募しますよ……
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U


         名前:トーリ・マッスーヨ
         特技:どんな場所でも通る&足芸(タップダンス、樽廻し等)スキルあり
   自己アピール: 「すいません、ちょっと通りますよ……」
1日あたりの給料: 50G+食事
         備考:何時如何なる場所でも通ってきた流離の旅人?

401 :団員候補:05/03/09 21:11:18 ID:luYw8gXf
   /)  /)
  /  中  ヽ 
  | ●_ ●  | 
 (〇 〜  〇 | 
 /       |
 |     |_/

名前:ナカ=チュウ
特技:美術全般
自己アピール:第一幕は出られなかったので是非。
1日あたりの給料:1舞台作画数に関係なく150G。
備考:カルロス・ユキ氏でもいいけれど敢えてこっちで。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 23:28:47 ID:xhwFiHIB
1と2は任せておいても大丈夫だと思う。
ケンノスケ、リタコンビがなにを作ろうとしてるのか気になるが、やはり資金の確保が先だろう。
4で


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 23:49:22 ID:zc0zg+sW
          ∧,,∧             ヽ/     
         [] (゚Д゚ ,)           __((;X;;;) )
         ⊂  ヽ)  .        ヽ ≫;;≪ ▽ 
           |[ ]|           ∪|;{χ};|∪  
           U U            〈_|_〉〈_|_〉 


名前:草加雅人/仮面ライダーカイザ
特技:スポーツ全般(乗馬、フェンシング、テニス等)
自己アピール:採用してくれるっていう解釈でいいのかな?
1日あたりの給料:100G+食事
備考:流星塾出身。昔はいじめられっ子だった。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:32:17 ID:HEb2XCPw
たとえ公演がうまくいっても劇場の入館料だけで借金を返済するのは難しいので
副業で何をするかくらいは考えておいた方がよいだろう。よって5で
そうすれば新しい人を採用するかどうか決めるときも判断しやすくなるはず。

>>1
客数を決める際、進行レスの次についたレスの秒の値を見て決めるのは
どうだろうか?
例えば23:51:45だった場合は秒表示が45なので、客数は全座席数の45%
これに行動結果の補正を加える感じ。
つまり秒は0〜59までなのでそれ以上のお客を入れるには何かしらの
対策を取る必要があると。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 01:26:39 ID:wOBpNXit
404氏の案を改良し、劇場収容人数MAXを60の倍数、例えば1200人とかして
00:32:17だった場合は17×20=340人という風にカウントするのはどうだろうか?

それと、とにかく資金が無くては身動きが出来ない。
とりあえず一番才能を発揮出来そう&一番現実的な金策手段として4で。

……いっそ団員らに改めて気合いを入れさせる為にも
当面使う予定の無さそうな”からくり自動車”を担保と考えるのも
ローズマリーらしいかw


406 :入団希望:05/03/10 16:56:48 ID:aFoikzAG
┌──────────┐
│    ∩____∩.....   │
│   /       \...   │
│  ./   へ   へ ..',.   │
│  l      ●     l.... . │
│ 彡、_ (三). _,ノ.ミ.......│
│ i"./| |.    .| |.',ヽ........│
│ ヽi┴┴──┴┴.iノ .  │
│  ', ○      ○./ .  │
│   ヽ      . /.....  │
│    ',   i!  /...     │
│   (___/ \___)..    │
└──────────┘
         名前:イガラシ・タクマー
         特技:舞台の演出、役者への演技指導、見所のある少女のスカウト
   自己アピール:少女が主人公の演劇なら任せてください!
1日あたりの給料:住み込み希望で50G
        履歴:総合芸術大学トーマス・ウェインアカデミー卒
            少し前まで大手劇団『TOE I 劇メーション』に在籍していた
        備考:先輩であるK・Y・グリーン氏と共に
            数々の舞台を手がけて来た才気溢れる演出家
            2人の仲間と共に元いた劇団を抜け出して来た
            プレミンジャー公爵家事件で一躍有名になったナージャに
            なにやら興味がある様だ。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 19:44:15 ID:P2Ekaoqc
ところで、MAXを60にすると永遠にMAXにならないわけだがw

408 :入団希望:05/03/10 20:29:34 ID:aFoikzAG
┌──────────────┐
│   ___Ω___    .............│
│  (_______)    ..........│
│   /''''''   '''''':::::::\      ...│
│  . |― (彡)―(彡)―.|...+    .│
│  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      ..│
│.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    ...│
│   \  `ニニ´  .:::::/    +.......│
│,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.     ...│
│:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i . . . ...........│
│    |  \/゙ |。.\,|  i |     ...│
│    >   ヽ |。 ...|.. |.|    ...│
└──────────────┘
         名前: カルロス・ユキ
         特技: 美術全般・大道具や小道具の製作
   自己アピール: 現代モノから異国モノ、ファンタジーまでなんでもこなせます。
1日あたりの給料: 住み込み希望で50G
          備考: 長年に渡り舞台美術を手がけて来たベテラン職人
            仕事仲間に誘われて共に一座へ応募する事となった
            不採用となった場合は元いた劇団に戻るつもりらしい
...       一言: おや、ナカ=チュウさんも応募していらっしゃるんですね


以上、東○組のスタッフ3名でした。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 21:00:03 ID:tW+Ks3aD
4:融資者探しをしているアーベルの手伝いをすることにした。

ナージャ「アーベル、昨日までに誰か見つかった?」
アーベル「駄目だ。やっぱり芸人なんかに金を貸してくれる人は、そうそういないよ。」
ナージャ「そうかぁ……」
ローズマリー「公爵家の出だって言えば貸してくれるわよ、きっと。」
ナージャ「それだけは、駄目!」
ローズマリー「どうして。」
ナージャ「実家には頼らないと決めたの。」
ローズマリー「そんなんじゃ、この先やっていけないわよ。」
ナージャ「ほっといて。」
ローズマリー「でもあなた……」
アーベル「まあまあ、2人とも落ち着いて。今日一日探してみよう。」

1日で数十件回ったが、すべて徒労に終わった。
やはり、芸人風情に金を貸してくれる者など中々いない様だ。

ローズマリー「ここはどうかな。」

Antonio Fabiani

ナージャ「パス。」
ローズマリー「どうして?」
ナージャ「いいから。」

      |:::::::::::::::::::::::::::|┴ ! ! i \;;;;/ ! ! !゙l::::::::::::::::::::::::::
      ゙|:::::::::::::::::::::::::|      `     |:::::::::::::::::::::::::
      ゙|::::::::::::::::::::::゙l              |:::::::::::::::::::::::::
       ゙|::::::::::::::::::::::::|            ゙l:::::::::::::::::::::::
       ゙l:::::::::::::::::::::|            ゙l::::::::::::::::::::::
       ゙l::::::::::::::::::::|               \::::::::::::::::::
        |::::::::::::::::::::| \          /ヽ、::::::::::
       /::::::::::::::::,/|\ \    |   /  /\:::::
       /:::::::::::::::/ヽ、_  (\\_  |__/ /◯ _,.-'`
       ,l゙:::::::::::::::;l゙   ` ‐-‐' ヽ!.l|, l__/ヽ‐-‐‐'´  
      /:::::::::::::::::::|    / ,/   ゙'ー-、      
      ゙l、:::::::::::::::ヽ、     /          -┐
      ‘'ー-,,,、:::::::`''i、   /          , ヘ 

アントニオ「おや、ナージャじゃないか。金は用意できたのか?3ヵ月後に300万だからな。」
ナージャ「わかってます。」
アントニオ「そうか。もしまだ要りようなら金を貸すぞ。利子は高くつくがな。」

どうやらこの男が借金の相手らしい。
さて……

1:別の融資者を探す。
2:アントニオから借金をする。
3:劇場のことはさておき、一緒に金を稼ごうと持ちかける。

*1日経過していないため、必要経費は引きません。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 22:46:51 ID:aFoikzAG
アントニオ顔怖すぎ…借金返せなかったら沈められそう…(;´3`)アジ コ ジョ〜ゥ

このまま他を当たっても融資してくれる所は見つかりそうに無いので2.
手持ちの資金が増えればショー内容の更なる増強やグッズの充実が計れる訳だし、
ナージャも札束を見れば気が変わるだろう。

3.も展開によっては新たな収入源となるかもしれないので、
反対しそうなナージャを先に返した後で持ちかけてみては。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 23:46:36 ID:H1AEvKsL
1:以前に出会ったドイツ皇帝やイギリス貴族の娘に頼んでみては?

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 01:07:03 ID:L3nyUxTf
>411の意見に同意。その手があった。
1で今こそ旅の道中で築いてきた人脈に頼る時。
ついでにいうと、宣伝に関しては現在パリに居ると思われるハービーが
力になってくれるかと。
3はやめといた方がいいかも。
ナージャが敵視しているアントニオと結託しているのがバレてしまったら
せっかくここまで持ち直したナージャとの関係も台無しにしてしまう恐れがある。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 06:46:33 ID:mCegbTOp
1で。皇帝に頼めばポケットマネーでなんとかしてくれそう。


「ダンデライオン劇場 団員募集係」宛

 ┌─┐ ノ⌒(⌒ゝ/νヽ〉
 て'ω'ア `ヽ゚ヮ゚ィ  |゚!_゚ j)
 ( ∞ )  (v゚v`) /<Y>ヽ

         名前:某名探偵とその助手2人、及びアヒル1匹
         特技:各種捜査
   自己アピール:解けない謎はない。真実は私に微笑む
1日あたりの給料:3人+1匹で250G
         備考:探偵物の演劇もこなします

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 07:31:28 ID:Wxx9uqOI
初期のノリなら兎も角、英国編以降の展開から考えると皇帝陛下は望み薄。
レオナルドやティエリあたりに頼むほうが無難。
とりあえず1。駄目なようなら2で。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 11:32:43 ID:yCkZ/LTU
1:別の融資者を探すことにした。

ナージャ「任せて。私だって遊んでたわけじゃないんだから。」
ローズマリー「なんかあてがあるの?」
ナージャ「まあね。」

劇場に帰ると、2人の見知らぬ青年がいた。

ナージャ「レオナルド、ティエリ、久しぶり!」
ティエリ「久しぶり。」
レオナルド「やあ、僕の薔薇の蕾ちゃん。」
ローズマリー「バラノ……ツボミ……チャン?」
ナージャ「……ナージャです。」
ローズマリー「ばらのつぼみちゃん。」
レオナルド「話は聞いたよ。大変なことになったね。」
ナージャ「そうなの。私たち今物凄くお金に困ってて……」
ローズマリー「薔薇の蕾ちゃん。」
レオナルド「ふむ……」
ローズマリー「薔薇の……」
ナージャ「黙れ外野。」
ローズマリー「てへっ。失敗失敗♪」
ナージャ「だから助けてほしいの。」
レオナルド「そうか……
少しだけしか出せないけど、力になるよ。」
ナージャ「本当に!?有難う!!」

  , '     , '  f     |       l     ',   ヽ.  ,'   っ
. /     ./    {. ,. ‐=≡lヽ     ト=ヽ }    .! /  っ
,'     ,' i    ヽ、,. -‐┘    '- 、   i     |, '
!       , ! !   ./,, ==、      __,ヽノ  丿 i !
t     | t ヽ、/ '' 〃_)l     rf´)iヾ,ヽ/ 丿ノ
. \    t. ゝ-v’  { i、リ!     |f_j|  ,'_ / ´
   ` ‐- !ゝf ‐、     -‐‐'    ヽ .ヒタ  .fノ         
      ', l  }  ///         /// |  ヾ、      
       l ゝ、_`        r‐‐ァ    /    }.}   ヾ、
      ノ  _.  \      ヽ '    イ    ノノ   / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ

活動資金10万G(無利子無担保)を手に入れた。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 11:48:28 ID:yCkZ/LTU
一夜明けた。 現在の活動資金 103,100G

ローズマリー「ところで、団員募集の件はどうなったの?」
ケンノスケ「ああ、それならいっぱい集まったぜ。」

1:K・Y・グリーン(一本500G) 「脚本」
2:トーリ・マッスーヨ(日当50G+食事) 「通り抜け」「足芸」
3:ナカ=チュウ(一仕事150G) 「作画」「美術」
4:草加雅人(日当100G+食事) 「運動」
5:イガラシ・タクマー(日当50G+食事) 「演出」
6:カルロス・ユキ(日当50G+食事) 「美術」
7:某名探偵とその助手2人、及びアヒル1匹(日当250G) 「不明」

ナージャ「わあ、いっぱい集まったわね。」
ローズマリー「何で演劇要員ばかり……」
ナージャ「気にしない気にしない。
新生ダンデライオン歌劇団が花の都の平和を守るのよ!」
ローズマリー「趣旨変わってるし。」
団長「活動資金が入ったとはいえ、絞込みしないとな。全員というわけにはいかん。」
ナージャ「あ、そっか。」
ローズマリー「じゃあこれから検討に入るわよ。」

入団させても良いと思う人物を選択してください。(複数選択可)

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 15:32:53 ID:vySeYO57
1、4、5、6かな。
これだけいれば演劇の設定は問題ないはず。ただ実際に劇を演じる人が少ない気もするが・・・
4は子供に人気が出そう

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 16:20:25 ID:rLzWHiPg
演劇をやるしかなさそうなので1・5・6・7で。
4も演技は得意そうだけど人格に問題がありそうだし。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 16:49:03 ID:L3nyUxTf
1.グリーン氏
5.タクマー氏
6.カルロス氏
  もし演劇をやるのならこの人達が必要かと。
  役者が足りないのなら、タクマー氏に見所のある少女を
  スカウトして来てもらうのもアリ。
2.トーリ・マッスーヨ(略してトーマス?)
  フリークスのパフォーマーとしてアーベルといいコンビになれるかも。
3.ナカ=チュウ
  足を引っ張るかもしれないが、
  あのナカチュウ先生を雇わない手は無いので是非。
4.カイザさん
  この時代の人々にとって変身ヒーローはある意味衝撃的に新鮮だろう。
  チビッ子達にも好かれそうな演技をすれば大ブレイクの予感。
7.役者要員として。
  なにか調査して欲しい事があったら頼んでみるといいかも。
  この人達がいると劇場で殺人事件が起こりそうだが…。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 16:52:02 ID:L3nyUxTf
よく見たら全員選んじゃってる…。
7.のポワロ組は外します。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 16:53:52 ID:aIm+Ktx4
最低1、5、6は欲しい。
>>418が言うように4は少し心配だ。子供向けは別の人物に頼んだ方がよさそう。
しかし、劇場を運営するには人数が全然足りないな。引き続き募集は続けてみては?
裏方や売店の売り子なども揃える必要があるかと

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 17:25:05 ID:L3nyUxTf
いっそのこと、魔女ッ娘ものや美少女戦士ものをやるとか。>子供向けショー
タクマーさんあたりが企画しそう。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 21:51:10 ID:VcG/Z8pk
>>422殿
20世紀初頭のキリスト教圏で魔女を主役、かつ肯定的に描くお芝居は
たとえ子供向けでも今より遙かに影響が強い教会からクレームが付いて興業が不可能になったり
狂信者から命を狙われる危険性が生じる可能性が高いので止めた方がよいと思う。

また男の子を差し置いて女の子が活躍する物語というのも
実際この辺りの時代に生まれた物語にそういう作品が皆無に等しいところから
斬新かも知れないが正直あまり相応しくないのではと考える。

……気に障ったらスマソ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 22:58:10 ID:L3nyUxTf
>>423殿、ご指摘サンクスです。
このご時世にこのネタは危ないですか。ちょいと残念です。
むぅ、やはり時代はライダーを必要としているのかも。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 00:13:13 ID:6qZzMk+4
1・3・5・6。

そろそろヘルマンの動向も気になるな。
団員募集でやってきたりして。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 06:26:10 ID:HUF25PHl
今回の選考では
K・Yグリーン
ナカ=チュウ
イガラシ・タクマー
カルロス・ユキ
草加雅人
の5名を採用。
今後の必要経費(300G+200G=計500G K・Yとナカ=チュウは仕事を依頼したときのみ費用を加算)
演劇関係の人員は揃ってきたが、その他の人員はまだ少ないので引き続き団員は募集することとした。

                            _,,--,,,,__
                  /ヽ      ./--,,,,_  ~''-,,_
                 ,-'''~'i,''フ,,,,,,,,,,,_/:::::::::::::::~'''-,_.  ヽ
.                 / ~~~i /~i   __,,~'''''--,,_ ::::::::::::::ヽ,  ヽ,__
              i~'''-,_l 7 /// /   ~~~''''''ヽ,,ヽ;:::::::::::ヽ /::::ヽ
              ヽ  l ~ .l ./'/          ヽ, ヽ:::::::/:::::::::l,
              .l   ヽ  ././       /~'~ヽ   \,ヽ/:::::::::::l/
          _,,,-''~ヽ   ヽノ .l    i   l   .l l__   '/::::::::::::/〉
.         ヽ::::::::::::  --'''~  l.  i  ヽ'~~'ヽ  // ~ノ  /::::::::::://___
.           \::::::::::::\,   ヽ, ヽ,__ヽ      --,,,_ /::::::::::/ヽ::::::~~')
             ~'-;:::::::::::~'''-,,_ ~''-ヽ _,--,,    {()::iヽl:::::::::::/,,_ヽ::::/
               ~''-;;:::::::::l ~'-ノ lヽ    ,  '--' /.i::::::::/ヽ;:::::/'~i
                 ~i-/    ~'''ヽ,   ,--,   l ヽ::/  l,,,,,,ノ
              / _,,  lヽ,,,,_  i~~''''':::~''-,.ヽノ _,,/i__  ,_i-,,ノi  ヽ '~ヽ
             ll  l   '-,i,,_~'' .l::::::::::::::ヽ,,_ヽ~::::::::::::::/ lノ-v, ヽ,ノ  .丿
             l.ヽ.ヽ,,___,,,l / .l::::::::::~''{;;;();;;}-;::::::::::ノ  ~''i l ~ ~'''''~/
             ヽ ~''''--. ~'''i .l::::::::::;;;-7-iヽ;:::::::::::::li   ノノ ,_ _,,,/   ノ
            (  \  _,ノ .ヽ フ'''~:::::/ l l:::~'-;:::丿l  ノノ   ~~''---'''~./
.            ヽ----''''    ヽ;;:::::::::// l l:::::::::::l'   /         /
ナージャ「資金の問題も解決できたし、団員も増えた。いよいよ準備が整ってきたわね。」
団長「そろそろこけらおとしの日を決めなくちゃな。いつまでも準備だけに時間をかけているわけにもいかん」
ナージャ「よ〜し。今日からちょうど10日後に新生ダンデライオン劇場オープンってことでどうかしら?」
トーマス「しかしまだやるべき事はたくさんあるよ、ナージャ。大丈夫かな?」
ナージャ「なに言ってるのよトーマス。全員で力を合わせて頑張れば十分間に合うわ。
さて、フランシスやキース、他のみんなにも招待状を書かなきゃ」

こけらおとしは10日後に決まった。
今日はまだ時間があるので他の行動も可能だ。どうする?
1:ケンノスケ達のグッズ開発の状況を確認して生産計画を立てる
2:お金に余裕ができたので劇場内の改修、施設の増加
3:他の劇場を偵察する
4:今日はもう休む

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 07:19:59 ID:0lZVWBFZ
3で。
どの程度の芸をやればどのくらいの収入が見込めるのかの目安を知っておきたい。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 12:38:00 ID:W8K9sBlu
2。
しかし、ローズマリーの影がどんどん薄くなってきてるな。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 14:34:19 ID:cKehq1Jw
まあまあ。
脇役その1のナージャは招待状を書くという仕事が出来たので
我らがプリンセスはこれから改めて本領発揮ということでw

……てことで確かに量産体制を取るとなるとそろそろタイムリミットだろうし
貴重なサブ収入源としてのグッズのチェックもしておかねばなるまい。
ということで1


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 18:32:49 ID:eF3aWCIT
1.でグッズの開発状況をチェックしに行く。
もし子供向けショーで変身ヒーローものをやるのなら
それらのグッズも併せて作らせるといいかも。
量産するのなら、町工場等に生産を任せた方がいいかも。(BAN○AI…)


入団希望

     ⌒⌒ヽ
    ( /ハ)ヽ )+
      ・∀・ノ+ キラッ
    (    )  +
    │ │ │
    (__)_)
         名前: 南 光太郎
         特技: 仮面ライダーBLACKに変身できる
   自己アピール: アクションなら俺にまかせな!
1日あたりの給料: 100G+住み込み
          備考: 甘いマスクに熱きハートを備えた熱血漢
            友情に厚く、子供に優しく、女性にも親切な好青年である
         一言: グッズが売れない?ゴルゴムの仕業だ!

.    参考リンク:ttp://www.paw.hi-ho.ne.jp/mistletoe/tokusatsuAA/RAIDER_BLACK.htm
            ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/5827/blackkoutarou.html
            ttp://mrkensi.hp.infoseek.co.jp/hero/rider/rider11.htm

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 19:38:02 ID:UUrWygZf
3でライバルとなる他の劇場を視察して来た方がよいのでは?
そのほうが今後の経営方針も決めやすいだろう。

あと1についてだがグッズ案もスレ住人の意見を聞いてみてはどうだろうか?
例えば「奇跡の舞姫ナージャなりきりセット バトン・アンブレラ・チュチュドレス・エプロンドレスの4点セット 20G」とか。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:53:34 ID:eF3aWCIT
>グッズ案もスレ住人の意見を聞いてみてはどうだろうか?
オ、ナイスアイディア。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:56:55 ID:Jp7Dsauk
確かにパリのような大都市となると他にも劇場はいっぱいあるだろうから、
様子を見に行くのもよいかもしれん。。
少なくとも劇場経営に関しては他の経営者の方が先輩なんだし、学ぶことも多いだろう。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:12:41 ID:whdmd5r6
3:他の劇場の様子を見に行くことにした

ナージャ「そういえば、私達の劇場の近くにもう1つ劇場があったわ。これからはライバルになるんだろうし様子を見に行ってみない?」
ナージャと2人でその劇場へ行ってみることにした。かなり大きな劇場のようだ。

ナージャ「わ〜。大きい」
ローズマリー「すごいわね。レストランや売店も充実してるわ」
                     ____
                     ,,-‐"     \
                _,/          `丶
            _,-‐''''''''              `ー、
          /`                      ̄ヽ、
        /                         `-、
        ,/         __,、  ,,-、              \
      i          /  \ \\      l  、       )
        |         ,i  / ,__\ ヽ \    人 |      /
        |       / | // ,,,,,,,,,,>\ !  ゙l  /  ゙i !\    l゙
      |       l  ' (_,/      `  ゙ー" ___  ' /    /
  |\  |     ,,,|                   \\ i    i´
  |  \,,!     |        ー           \ヽ|   /′
  |         i  |     ー―-           ヽ   i / /
  ゙l、     人 ゙l           .    `ー―- / /
 l`ー=-   .l゙  `ー'        . .  .   、  .   /`Y
 ヽ      | ヽ             .  . ヽ . . | /
   \     \__            |`ー-、___    !丿
    `--、    `゙ー-、     l    ゙l/   人
        ̄フ     !      ヽ    /   /  )
        `ー--、  |     -、  `―"  /  /
            ` ̄|      i゙ー-、  /ー‐'
           _,,| ̄ ̄ ̄ ̄| ├、   ̄
       _,,,-‐" i      |  | \
    _,,,-‐'''     |      │ l゙   \

フェルナンド「やあ。ナージャじゃないか。こんなとこで会うなんて奇遇だねえ」
ナージャ「フェ、フェルナンド・・・なんでこんなところに・・」
フェルナンド「なんでって?だってここは僕が経営している劇場なんだから当たり前じゃないか」
ナージャ「ええええええ〜〜〜〜」
どうやら近所にあった劇場はゴンザレス家の息子、フェルナンドの物だったようだ。
フェルナンド「君はまだあのチンケな一座でダンスを踊っているのかい?そうだ!君さえよければこの劇場で雇ってあげても構わないよ
この劇場の看板ダンサーとしてデビューさせてあげるよ」
ナージャ「・・結構です。私も自分の劇場がありますから」
フェルナンド「劇場だって?君が?ははは・・冗談はやめたまえ。君達一般ピーポーが持てる劇場がどこにあると言うんだい?」
ナージャ「本当よ!私はそこの通りの角にある劇場を買ったのよ。借金してだけど・・・」
フェルナンド「えっ?あれが劇場だって?僕はてっきり倉庫か何かかと思ってたよ」
ローズマリー「ナージャ、こんな人相手にしてないで早くいきましょ」
フェルナンド「・・・ん?あ〜!お前は以前に僕の屋敷にいたメイドじゃないか!こんなとこで何してんだよ」
ローズマリー「もう私はあなたのお屋敷のメイドでも何でも無いのだから気安く話しかけないでもらえないかしら?」
フェルナンド「くっ・・・、ふん!」
ナージャ「私達の劇場、10日後にオープンするの。これからあなたとはライバルになるわね」
フェルナンド「君達の劇場と僕の劇場がライバルだって?見たまえ、この素晴らしい施設を。1000人収容の劇場にフランス料理のフルコースを出すレストラン。
もちろんシェフは一流の者ばかり。売店の品揃えだって高級品ばかり。勝負にならないよ。まあ、相手にするつもりは無いけどせいぜい頑張りたまえ。はっ〜ははははっ」

ナージャ「くやしい〜〜〜〜!!何とかしてあのフェルナンドを見返してやりたいわ。」
ローズマリー「そうね。でも少し落ち着いてナージャ。熱くなりすぎたらだめよ」
ナージャ「とにかく急いで帰って作戦会議よ!さあ早くローズマリー」
ローズマリー「・・・・」

435 :1:05/03/12 23:15:03 ID:whdmd5r6
その晩、一座の全員に広間へ集まってもらい昼間の事を話した。
ケンノスケ「くそ〜、フェルナンドの奴・・・」
トーマス「でも、施設の質で僕たちの劇場が負けていることは確かだ。このまま勝負しても勝ち目はないだろう。
それに借金返済が第一の目的である事を忘れちゃいけないよ」
ナージャ「でも絶対にあそこには負けられないわ!ローズマリー、あなたなら何か良い案を思いつかないかしら?」

1:向こうにあってここには無い施設、レストランの設置 (空き部屋を使用、改装費80000G 今のところ効果不明)
2:大々的に広告を出す(費用10000G オープンから15日間お客が20%増加 ゴンザレス劇場のお客10%減少)
3:劇場の外観の改装と座席の増加 (費用100000G 座席数200席増加 外見アップで10日間お客が10%増加 しかしオープン日が現在の10日後から15日後に延期)
4:現状維持(今回は何もしない)
(上記のうちどれか1つのみ実施可能)

4日目終了 借金返済まであと86日 運営資金残り102600G オープン予定まであと9日
 



ダンデライオン劇場について
座席数は現在300席 その他の施設は売店だけ

入館料について
座席ごとの値段設定をすると複雑になるので平均額として1人につき40Gで計算 値上げイベントもあるかも

お客数の設定について
なるべく単純なものにしたいと思うので>>404氏の案を使いたいと思うのですがどうでしょうか?
物語内の日付変更後の進行レスの次についたレスの時間が20:56:55、広告で客数10%増加の補正がある場合
55%+10%=65% 前座席数300席の内の65パーセントで195人のお客が入ることになります。
よってその日の売り上げは40×195=7800Gとなります。そこから(諸経費を引いたものが実際の収入)

ゴンザレス劇場の入場客数について
進行レスから2つめについたレスの秒の値で決めたいと思います。その他の算出方法は同じ。ダンデライオン劇場オープン後から計算開始

集客率補正行動について(広告など。芸の内容も影響)
基本的には補正行動を実施した次の日の客数に影響がでます。

グッズについて
ケンノスケ達が考えたグッズ案を募集します。名前 内容 販売額 備考を記入してください。
1日のグッズ売り上げの算出方法も募集。なるべく単純な計算でできるものが望ましいと思います。

上記の内容で変更したほうが良いと思うこと、その他になにか提案があればどうぞ。新規団員も引き続き募集中。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:50:41 ID:arftzDLt
グッズの生産量は考えなくて良いんでしょうか?(利益計算するなら原価もいるか)
それともわかりやすく、1個売れたら利益10GとかでOK?
在庫抱えてあぼーんは避けたいところ…

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 00:30:45 ID:2mK+x+hU
3は出費が多すぎるので1で。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 00:50:18 ID:HmipiYhT
ケンノスケなグッズと言えば「学天則」しかないかな、と。
本物じゃなくても、レプリカやキーホルダーあたりで。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 00:57:04 ID:9c24d+iV
コストパフォーマンスを考えて2。
ところで、1だったら料理人を募集せなあかんのでは?

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 01:26:08 ID:nZuBRX5f
料理人募集なら今こそニコルの出番だ。
ナージャとローズマリーが頼めば間違いなく協力してくれるだろう。

それにレストランでのメニュー以外にも劇場で販売するお菓子なんかも開発しとく必要があるし、
その辺のアイデア要員としても彼女は欠かせない人材だと思う。


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 01:38:39 ID:Y5u3aHa/
2で。
フェルナンドの劇場は金持ち専用っぽいのでそういう所に行けない庶民を狙おう。

442 :440:05/03/13 04:31:01 ID:qaPAx0Fo
書き忘れてたが3

今現状でずっと満席状態だったとして単純計算してみると
300席×40G×残り講演日数80日で総収入は96万G
頑張って一日3回公演としても総計288万Gとなり、
実際にはこれより更に必要経費がさっ引かれるから
副収入の充実を相当図らねば絶対借金は返せないが
3を実行した場合同じく満席状態連チャンとして
500席×40G×75日で総収入は一気に150Gとなり
公演一日2回+副収入作戦(主に必要経費対策程度)で
計算上だが借金対策が可能になると思うので。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 07:21:09 ID:8rT/fn2a
確かに2なら手軽に客数を増やす事ができるかもしれないが、1と3をやるならオープン前の今しかないのでは?
オープン後の改装となると劇場を再び休演させなくてはならないし。
両方とも費用がハンパじゃないので実際に収入が入りだすまで費用の掛る事はもう何も出来なくなる危険もあるが
例え追加の借金をしてでもやる価値はありそう。
とりあえず3だとオープン日までの経費すら払えなくなるので1を実施したらどうだろうか?料理人はやはりニコル
しかいないだろう。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 09:47:01 ID:mBVFYfgw
う〜ん、ますますおもしろい展開になって来た。>1さん乙!

1.でレストランの設置を。
ニコルがメインシェフになるとして、シルヴィーもなかなかの料理上手だから戦力になってくれると思う。
今からニコルを呼び寄せるとしたら結構日数が掛かりそうだけど、
以前ローズマリーが出した手紙を読んで既にこちらへ向かっているとしたら…。

そういえばドラマCDのジャケットにコックの格好したケンノスケが描いてあったけど、
もしかしたら調理の経験があるのかも。(一座に入る前は色々とバイトしてそうだったし)

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 10:08:35 ID:WLGeqG21
グッズ販売を考えてみたんだが・・・
基本的には一番初めについたレスの秒数と、それに加えてIDを使用するのはどうだろうか?
秒数を使用するのは基本グッズの2種類 これらのグッズは在庫概念無し
1 基本グッズ1(パンフレッドなど)売価10G 秒数の1秒台の数字を入場客数の割合で計算して販売数を決定
2 基本グッズ2(ぬいぐるみなど)売価20G 秒数の10秒台の数字を入場客数の割合で計算して販売数を決定

つまり200人入場でレスの時間が01:38:39だったら
基本1は200人の内9割の人(180人)が購入。売り上げは180×10=1800G
基本2は200人の内3割の人(60人)が購入。売り上げは60×20=1200G
見たいな感じ

そしてIDを使用するのは特殊グッズ(ナージャ成りきりセットや学天則レプリカなどのスレ住人から募集したグッズ)
こちらは在庫概念あり
その日のメイン公演項目で販売品目を決めてIDの中に含まれている一番左側にある数字を使用。数字が含まれていないときは販売数0
ID:8rT/fn2aの場合、入場客数の8割が購入。
こちらのグッズに関しては進行レスの選択行動による補正もあり。(ナージャ成りきりセットの広告を出す グッズ売り上3割増加とか)
在庫は発注から1週間後に入荷みたいにすれば在庫管理の重要性も増すかも。原価の値段は売値の半分の値段で。

グッズ案募集の時は名前、値段、原価、解説、関連ショー、備考(特殊効果など)を記載してみてはどうでしょうか?


名前 ライダー変身ベルト
値段 40G
原価 20G
解説 仮面ライダーが変身の際に使用するベルト、男の子に大人気
関連ショー 仮面ライダーショー
備考 みんなが仮面ライダーに夢中になり、仮面ライダーショー上演時の客数が5%増の特殊効果あり

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 10:19:24 ID:Qhod2hPz
ローズマリーによゴンザレス劇場営業妨害ミッションとかあったりしてw

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 10:37:35 ID:lF016XtI
1:レストランの設置をすることにした。
現予算(22,600G)

ナージャ「でも料理人はどうするの?」
ローズマリー「ニコルはどうかな。」
ナージャ「ニコル?えーーと……誰だっけ?」
ローズマリー「……」
ナージャ「ああ思い出した!孤児院にいた眼鏡の子!」
ローズマリー「そう、料理得意みたいだし。」
ナージャ「へぇ……そうは見えないけどなあ。」
ローズマリー「私から連絡しておくわね。」
ナージャ「うん、お願い。」
団長「こけら落としまで、もう時間はないぞ。」
アーベル「何をやるか決めないとまずいな。」
ケンノスケ「はいはいはい!『激闘二〇三高地〜サムライケンノスケ旅順一番乗り〜』でどうよ!?」
ナージャ「却下。」
ケンノスケ「どうしてどうしてどうして。絶対受けるって!」
ナージャ「うるさいなあ、もう。邪魔するんなら向こうへいってて。」
ケンノスケ「どしぇー。」
ローズマリー「そうねぇ……」

    /  ,゙、/    ::::,、- ‐i:::      `ヽ,     ,
.   , '  , ' , '      , '   / ::       ヽ    , '
  /   / /    / ノ   / {::: :::/    ,,_ ,,゙,ノ /
  /   .i. ,'    / ∠、、,,,_,'' ゙;::: :::{::    ` ‐--'‐/
 ,'     ! ! : ::::::::,'/、、   li``ヽ::: :゙、::: :    ,,_,,
 l   ::::i l-:‐j:::''{: て~`アテキ`  ヽ;:::ヽ;;_      i
 ! : :::::r:''"ヽ!:::: !. {r' ソリ ゙、   `,,:、ヽ`ヽ ,,,_.__!
ノ :::::::f /ヽ;:::::: : ヽ~~`` ‐、 ヽ、  rつz‐ニ'7フ"´ !
 :::::::::::'、::::::::::::: : :       ...:::  {r‐iソ`/
:::::::::::::::::}ヽ;::::::::: : :     、 : :::::ゝ `" , '
::::::::::::::ノ:::,:'::~〉::::::: :    ヽ.‐ 、,,    ,'ノ 
::::::::/:::::,':::: / ::\::: :   ::::`~    , '!  ,.'
::/;;:::::r-‐z/ ::_;;_::`:::、::::    _, .ィ'´ :i 
''"´`''~、,_ミ'''ヘ,  ゝ;::::`,r ''_"´:::::i:::: : ', !
 ̄ `` ‐-``-,ヽ、,,ヽ` ‐-'い `ヽ::ヽ::: : `'!
''''"´ ̄` _`,`ツ:::::: `` ‐- '、、::rヽ::ヽr''"j ',
‐ ‐ ''"´ ノ':::´:: : :   r   ``ヽ`z'r ''゜‐'.,

何を提案しますか。

1:演劇「冒険活劇物」
2:演劇「純愛物」
3:演劇「ミステリー」
4:演劇「どろどろ愛憎劇」
5:演劇「変身ヒーロー物」
6:今までどおり大道芸
7:その他(具体的な内容)

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 12:51:35 ID:Dz2k7U19
1冒険活劇物

ケンノスケ主役で『学天則弐拾八号』
神秘の国日本の幕末に極秘で建造された超からくり兵器『学天則弐拾八号』を
開発者である父親から受け継ぎ、その力で数々の悪と闘う正義の少年探偵の物語。

肝心の『学天則』はからくり自動車を擬装させて登場させれば
そのリアル感に大人は驚き子供は狂喜乱舞、玩具も飛ぶように売れるだろうし、
また主人公を助ける役でクールなイケメンを登場させれば
世のお母様方のハートもバッチリ、財布もガッチリw

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 13:20:05 ID:1uTQGmkp
庶民向けで行くのだったら子供に人気の出そうな5だな。そして夜の部では2
5は仮面ライダーカイザと仮面ライダーBLACKの競演、2はプリンセスとその部下であるナイトとの身分違いの恋の物語。
もちろんプリンセス役はローズマリーでナイト役はナージャ

入団希望

    /:::::::::::\  
    l;;;;;;;;@;;;;;;;l   
   [;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;]   
   (|´> <`|)  
    |lヽ⊂つノリ    
   / ̄l><l ̄\  
  /::::::∨ミ/>::イ::::|  
  |::::::/~7。::lYl !::::|  
  |:::/::::/::。:::::::::l:::::|  
        _
    /::::::::::::\
   (;;;/::@::\;;;)
    丶::::::::::::::::::′
     (| ⌒ ⌒ |)  
    _ヽ ー ノ__ 
  /::::::::::::l><l:::::::::::::\ 
  |::::|::::lYl::::V::::lYl::::|::::|
  |::::l:::::::::::::::。:::::::::::::l::::|

名前:ミユキ巡査とタカユキ巡査
特技:主に場内警備など
自己アピール:劇場の平和は私達2人にお任せください
1日あたりの給料:2人で100G
備考:元警察官の2人組み。ミユキ巡査は間違いな行動をすると「まちがってるよー」と指摘してくれる


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 19:47:06 ID:mBVFYfgw
昼の部は
5.爆薬つかいまくりの変身ヒーロー物。
その時代を超越した斬新さに観客達は驚愕するだろう。(ナレーション役がいるとさらに盛り上がるかも)
舞台の仕掛けはケンノスケにやらせよう。

夜の部については、タクマー氏がナージャに興味がある様なので
7.プレミンジャー公爵家事件を題材にした劇。
ヨーロッパ中に知れ渡った事件なので話題性バツグンかと。
ローズマリーも劇を通してナージャ側の事情を知る事で、
心の奥でくすぶっている「ナージャ/裏切り者」の考えに変化が起こるかもしれない。


アルバイト希望

..∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  
( ´〜`)( ´∀`)(´┏┓`) ( ・∀・)(´∀` )(´Å` ) ( ` ∀´) (´ー ` .)( ´_ゝ`) (´Д` ) 
(    )(    ) (    )(    )(    )(    )(    ) (    )(    ) (    ) 
| | | | | | | | |. | | | | | | | | | | | | | | |. | | | | | |  
(__)_)(__)_).(__)_)(__)_)(__)_)(__)_)(__)_).(__)_)(__)_)(__)_) 
                             
         名前:出稼ぎ労働者×10人
         特技: 体力に自身あり
   自己アピール: 力仕事から劇の裏方、厨房の手伝いまでなんでもこなします
1日あたりの給料: 住み込みで一人10G
          備考:仕事を求め田舎から上京して来た働き盛りの男達

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 21:04:27 ID:4DhutPFj
子供向けはヒーロー物で良いかと思うがプレミンジャー家物は実際に二人とも事件に関わった
張本人なんだしやばそうな気もする。特にローズマリーは首謀者の一人なんだし・・
ここは2で純愛物の方が無難そう。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 22:03:34 ID:mBVFYfgw
よく考えたら、ローズマリーが自分からあの事件を劇にしようなんて言う訳無いですな…。
劇のタイトルは『明日のナージャ』なんてどうじゃろとか思ってたんですが。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 22:27:04 ID:ul+aFYHW
もし昼と夜の2部に上演を別けるとしたら両方とも演劇である必要もないんじゃない?
昼は6で万人受けする大道芸でも構わないのではないだろうか?そうしないと一座のみんなが特技を生かせなくなるし・・・。
夜の演劇は数日ごとに内容を変えて上演すれば良いと思う。それで上手くいかなければ再び会議を開いて講演内容を見直すとか。



454 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 07:31:19 ID:Aj37IfwD
> よく考えたら、ローズマリーが自分からあの事件を劇にしようなんて言う訳無いですな…。

いや、この面子でそれを言い出す可能性があるのはローズマリーくらいでは。
他の団員があの事件を劇にして客を集めようなんて考えるとは思えないし。
ローズマリーにとってはもう終わったことだし、今を優先する気がする。

というわけで、7で公爵家のお家騒動を。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 08:20:54 ID:oB0aCSk7
ナージャを始め一座のみんなにとっては嫌な思いで以外のなにものでもなさそうだからなあ。
確かに劇としては注目を集めるかもしれんが

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 14:58:39 ID:afoZ7SYt
7で公爵家騒動モノがいいな。
本人とその関係者の実演という事でかなり宣伝になると思う。
ナージャさえノリ気なら他の団員達もあえて咎めたりはしないと思うので
ナージャをうまく口車に乗せてその気にさせるべし。
出来上がった脚本にローズマリーがケチをつけそうだがw
「これじゃあ私が悪者みたいじゃない!」とか。
それはそうとローズマリーに対する指名手配はもう既に取り下げられているんだろうか。


後、公演内容に関してはいくつかの出し物をおりまぜてみては。

●昼の部のプログラム

「世界一小さな猛獣使いのライオンショー」

「サムライケンノスケのカラクリショー」

「奇跡の舞姫ナージャのダンスショー」

「歌姫シルヴィー(或いはローズマリー)の歌謡ショー」

「仮面ライダーBLACK&カイザのキャラショー(本日のメインイベント)」

てな具合に。
夜の部ではストリップダンスショーなんかどうすか(*´Д`)ハァハァ

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 18:15:32 ID:wP6FuCWW
例の事件を演目に加えるのは正直どうか。

実際のところプレミンジャーの爺が取り下げない限りローズマリーの指名手配は解けないだろうし、
(それをやる人間なら一応身内のヘルマンもとっくに釈放されている筈。)
ローズマリー自身も逮捕を恐れた揚げ句の国外逃亡の身の上に加え
ナージャにしても自分が貴族の娘であるということを公言すると共に
自分を頼ってきた友人を獄中に叩き込むも同然かも知れないので
ここは素直に別の演目を検討した方がよいと思うが。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 18:17:39 ID:gI8UAZwk
誰が脱ぐんだよw

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 20:23:05 ID:Aj37IfwD
ローズマリーならトンズラする前に当然一席ぶっているだろうし、
そもそも、一度「孫娘」として堂々公開してしまった手前、公爵としてもあまり追求すると面目が立たないのでは。
というわけで、世間一般では全てへルマンの企てということになっており、
実はローズマリーは指名手配されていなかったけど勘違いしていたに一票。


まあしかし、ナージャ視点にしろロズマリ視点にしろ、ヘルマンが報われることはなさそうだな。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 20:39:59 ID:3GbhMDnk
投票よろ
http://www.37vote.net/anime/1110631933/

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 21:41:29 ID:JqbL4UJW
もしやるんだったら自分達が張本人だとは公言しなければよいのでは?
実際に事件の詳細を知っている人なんてフランスではほとんどいないだろう。

462 :1:05/03/15 01:33:11 ID:qqNOZpZ8
7:団長「実はな・・・タクマー氏がある事を題材にして作品を作りたいと言っているのだが・・・
とりあえずこれを読んでみてくれ」

                              ,-‐―、_      __,-‐―--、
                              i:::::::::::::::::::::\,---,‐'::::::::::::::::::::::::::::/
                             ,l゙:::::::::::::::::::::::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
                            ./:::::::::::::::,-‐''" ̄ ゙̄'-、:::::::::::::::::::::::::::|
                            |::::::::::,/         ̄ヽ、::::::::::::::::ト、
                            ゙l::::::/             ゙\:::::::::/| ヽ
                             `j/   ,,/|          `ー''|::レi  i
                               |  i´  ゙l   i      \_ノ |. .|
                           .   |  ,/    ゙l   \    ヽ      /  |
                 ,,,,--――--、_   .   i  l゙     \   ヽ    ゙ー―'フ'   |
             /          ヽ、     ゙l | '" ̄   ヽ、__\__,,-┬'|:| ヽ  |
           ,,,r'              ゙ヽ、  .ヽ.ヽ  ,==、    ===、   レ''ヽ |  |
          /'                 i、   ./''iヽ ゙|ー'"i     iー'"|    / | |   |
         i´                    ヽ  .l゙  | | ヽ,,,l     l,,,,,/     丿 |   |
           l゙           M       ゙l  |  ヽl     ,!         _/  ,l゙  ヽ、
        l゙          i .| | |   ゙li .  l  |   ヽ、         /|   |     ヽ
        |       |   | l゙ | |.   || i  |  i    i \   ―   .,イ  |   ヽ、     ゙l
        |   i i  i  ゙l   ! |  | !.   li | /  |    | | `'ー、___/ |   l     `i    |
        |   | |  ゙l  !     ,-== !/ /  /    i  |  ┌┴'⌒ー' ̄i ゙i     ゙l    i
        |   ヽヽ  ,-==    iノ~| /i/   i    /  |  |       ヽ、| ,-―-、|    l゙
        l゙     ,=、  iノ~|     l,,,/ i/    / ,--―' ̄ヽ_ノ         `ソ    \__  |
         l゙    ___iヽ   l,,,,/   丶   |┌‐─┴┴─‐─┴───┐    /         )/
      /,-‐' ̄ヽ::\i.      __,  人|.                |   /        (-'
 |゙''―--‐',i     i:::::::ヽ     i__ノ /  |.                |,,,/   /       _)
 ヽ、   |      \::::::\     /:i   |                   |    /     / ̄i
___>‐ /|      _i\::::i`ー-―"i:::::|   |                   |  /     /   |

ナージャ「見せて見せて」
ローズマリー「えっと・・孤児院で育った女の子が自分の母親が生きていることを知り、旅芸人の踊り子となって母親を探す旅に出る。
・・・・・・・・・長い旅の末、やっと母親の居所を突き止めたのだが、自分に成りすました幼なじみの少女が突然現われて・・・ってこれ!」
ナージャ「私達の事じゃない!」
団長「そうだ。あの時の事だ」
ナージャ「なんでこんな内容を・・」
団長「タクマー氏はお前らから直接話を聞いて、双方の視点から見た物語を作りたいらしい。お前ら2人の心の中には未だに
お互いに対する不信感が多少は残っているだろう。しかし、もしこれが実現すればお前らのそれぞれの気持ちや誤解しあっていた
事もわかるのではないか?」

463 :1:05/03/15 01:34:17 ID:qqNOZpZ8
ナージャ「団長・・・」
ローズマリー「私は構わないわよ、ナージャ」
ナージャ「ローズマリー・・・。分かったわ、私もあの時のあなたの本当の気持ちが知りたいもの。これでいきましょう」
団長「よし決まった。後でタクマー氏から質問を受けたら正直に答えてやってくれ。それともちろんお前らがあの事件の
当事者だということは公開しないつもりだ。特にローズマリーにとってはあまりよい事ではないだろうからな」

第1回目の演劇内容は「明日のナージャ」、「仮面ライダーキャラショー(仮)」の2つで決定。
またこれらの演劇をメインイベントとし、今までのようなダンスやライオンショーも同時に上演する事に決まった。

5日目終了 借金返済まであと85日 運営資金残り22100G オープン予定まであと8日

翌日の行動はどうしよう?
1:レストランの改装状況の確認と経営方針の協議
2:ゴンザレス劇場のショーを見に行く(ナージャと2人で−100G)
3:たまには息抜き みんなでパリ観光
4:ナージャと同じく自分も誰かに招待状を書く (今まで出合ったキャラから5人指定)

また、新たに団員希望者が来たようです
南 光太郎(仮面ライダーBLACK) 特技:アクション 給料:100G+住み込み
ミユキ巡査とタカユキ巡査 特技:場内警備 給料:2人で100G
出稼ぎ労働者×10人 特技:雑用全般 給料:住み込みで一人10G ←採用人数も記入

行動選択と同時にこれらの人を採用するかどうかの判断もしてください



グッズ販売について
>>445氏の案でOKかと思います。ただし在庫概念のある特殊グッズに関してはまだグッズ案もあまり出ていないので
しばらくは保留として基本グッズの2種類のみの販売したいと思います。面白そうだとは思うのですが・・。

昼と夜のニ部上演について
オープン後の進行レスを昼の部と夜の部の2回に分けたいと思います。2つが終了した時点で1日経過。客数ルールは同じで。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 08:22:51 ID:X5npP966
オープンまで時間が無いし、1でレストランの事を話し合った方が良いだろう。
やはり名前は味工場なんだろうか?
団員採用は全員役に立ちそうだしみんなまとめて採用しても良いかも。

しかし明日のナージャ上演決定か。鏡割りシーンがあるのかが気になるw     

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 09:08:18 ID:RUkFXguO
3。

ところで、毎日公演というわけにも行かないし、週一で休演かな。
採用は全員で。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 17:44:07 ID:DO3urKFj
や、やるんですかい・・・『明日のナージャ』
こいつはすげぇ事になりそうだw

レストラン経営と公演を掛け持ちする訳だから、
1.でその辺りをどの様にやっていくかも含めて協議する。
  人手が少ないのでシフト交代制でやってみては。
  ローズマリーの場合なら普段はレストランでウェイトレスか会計、
  出番が近づいたら劇場でスタンバイとかなり忙しくなりそう(それもおもしろそうだけど)

採用者に関しては↓

南 光太郎
 正統派ヒーローとして是非。彼ならきっと庶民の人気者になれると思う。
 ところでシルヴィーはイケメンを希望しますか?

ミユキ巡査とタカユキ巡査
 ガラの悪い客や酔っ払いがいると劇場の評判が悪くなるので彼らに追い出してもらう。

出稼ぎ労働者
 人手は多い方がいいので全員。何組かに分けて働かせてみては。
 厨房組がニコルと仲良くなったりして。(´・ω・)<へい、料理長!    


後、>1さん新AA乙です。なんか上手くなってますぜ。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 17:47:34 ID:DO3urKFj
ついでに飛び入り入団希望

   ゚ 。/ ̄ ̄丶
  。゚。 ルハ川ソ
  Σ○(∀´;川
    ヽ  ¶と)
     (  n  ヽ
     (_)\_)
         名前: 串田アキロー
         特技: 主題歌を歌う事
   自己アピール: ダンダン!バンバン!ガンガガン!
1日あたりの給料: 一回の出演につき100G
          備考: 聴く者の魂を揺さぶる熱き歌声を持った流しの歌手
            この時代に似つかわしくない、一風変わった独特の歌い方をする
            自分のスタイルに合った熱き音楽を探し求めているらしい
            以前フェルナンドの劇場に入団を申し込んだが相手にされず門前払いをくらった

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 18:18:25 ID:4nnM+rGc
1、料理長となる予定(?)であるニコルがまだ到着していないが今後、大きな収入源となるかもしれないレストランなので
早めにみんなと話し合っておいた方がいいだろうと思う。
場合によっては料理材料の調達をしなければならないかもしれないし。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 20:35:09 ID:RUkFXguO
追加入団希望

  (⌒\___/⌒つ
  (_(ノ(人)Uっ  づ
    | ⌒  ⌒ しノ
   〉(9. (9 5)
   ゞ.__ワ___ツ3

名前:I・G・サワー
特技:少女役
1日あたりの給料:日当100G
備考:以前はイガラシ・タクマー氏の劇団に所属。
ダンデライオン劇場の専属になったことを聞き、頼ってやってきた。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 23:41:05 ID:hGJrBB/8
翌日の行動についてはやはり敵情視察は必要だろうと言うことで2
特にこれだけ大規模の興業は打ったことがないのだ。
演出、舞台装置、レストランや売店の品々、チェックすべきは山ほどある。

後、採用者については以下のとおり。

ミユキ巡査&タカユキ巡査……〇
劇場の一切の警備を任せるにこれ以上相応しい人物はいないだろう。
特にミユキ巡査は女性ということもありナージャ達の楽屋等、
男性が中々入りにくい場所までカバーできるので
今後予想されるストーカーやフェルナンド側の妨害工作への対応も
充分期待できる。

南光太郎……〇
既に変身ヒーローを雇ってはいるが
二人いればどちらかが悪役(もうほとんど決定だがw)をやったり
チビッコの夢『ダブルライダー』といったショーの内容の拡充を図れる。
それにショーの無いときでも真面目そうな性格故色々な裏方仕事も快く引き受けてくれるだろう。

出稼ぎ労働者……〇(全員)
とにかく雑用係が多いのはありがたい。
こけら落としまでは会場設営メインに働いてもらい
それ以後は半数は厨房入り、もう半分はタカユキ巡査をリーダーとした
劇場内の治安維持隊として活躍が期待できる。

串田アキロー……△
ヒーローショーには欠かせない人物とは思うが
歌だけでこのギャラは少々高いような気がするのが難点か。
(司会を始め、ヒーローショーの一切合切を仕切れるスキルがあれば良いのだが……)

I・G・サワー……×
既にローズマリーというハイレベルの演技保有者がいるのだ。
もう少し自己アピールをやってもらうかしてもらわないと
このギャラでは高いとしか言えない。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 10:12:14 ID:bmmsw5Ha
ヒーローショーの司会だったら、この人が適任かと。

           ∧_∧
           ノ))))))if
           リ^ワ^ リ|
           ( ┗┛ )
           ん、ノ」ヾ
            ∪ ∪

名前:スマートレディ
特技:イベントの司会・進行
自己アピール:採用してくれたらお姉さんうれしい♪
1日あたりの給料:1回の出演につき50G
備考:謎の美女。スマートブレイン所属。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 10:47:20 ID:xjdI6QFz
数多くの劇を手がけてきたタクマー氏達がいるので劇場の準備は心配無いかも。
しかしレストラン経営の方は経験者がおらず不安が残るので1。

先に紹介された3つの入団希望は全部採用でいいと思う。
採用理由は>>470氏の意見と同じく。

追加組みについてはこの通り
【I・G・サワー】
ネーミングに吹いたw
もちろん特技はピアノ演奏でつよね?
ローズマリー以外の女性陣は全員演技の素人なので演劇経験者が欲しい。
ロリコン紳士の人気を得る為にも是非採用したい。
しかし子供のくせしてそのギャラは実にけしからん。
TOEIはそんなに給料がよかったのだろうか。

【串田アキロー】
彼の様な人材は貴重なので逃す手は無いかと。
フェルナンドの劇場に断られたというのもなんかドラマを感じるし。
てことで採用。

【スマートレディ】
ヒーローショーに欠かせない存在。
ttp://www.geocities.jp/kasindoux/heroshow/yomiuri0211/
公演全体の司会もやって欲しい所。
もち採用。

後、子役と歌手の二人についてはもう他に行く所が無さそうなのでギャラを大分値切れそうだ。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 12:49:57 ID:Tzaxt3x+
行動は1、理由は上の方達とおなじ。採用はアキローとI・Gサワーは微妙だが、他は全員採用でOKかと。
ところでI・Gサワーの元がわからんのだけどAAの感じからして、○れ○ですか?


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 12:53:57 ID:nW/JHUms
AAはど○み(の登場人物)だけど、I・G・サワーはその中の人だよ。
さらに言えば、五十嵐SD夫人。

475 :クレオ:05/03/16 14:59:58 ID:KWXcPYdy
>>384
悪いがもう一回アップできませんか??
聞き逃した・・・・

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 22:29:03 ID:d7D/+2nZ
1:レストランについて話し合うことにした
話し合いの為にみんなが集まった時、なんとニコルが現われた。

    , ---- 、       |\ /|      ..i───i  
   /::(/、^^, :     ;'  ̄ ̄ ヽ    .培二二二|__
   |::l-○,○|.      l      l    ((     i
   。、  ヮノ。    ノ      ',     i      ハ
   。( つ O。   (( ((  )) ))    レ',     .ハ.
    l    l     (,,, ` ´ ,,,)     /人レ レ人 レ
ニコル「ナージャ、ローズマリー、会いたかったわ〜」
ナージャ「ニコルじゃない!久しぶりね」
ローズマリー「ニコルの存在を忘れてたくせに・・・」

どうやらニコルは、私が初めに手紙を送った時点で自分も私達の力になりたいと思いイギリスを出発していたらしい。
ニコル「本当はアレックスも来たがっていたんだけど、孤児院や院長先生のお墓を守らなくちゃならないからって・・」
ナージャ「そう・・残念だわ。でもアレックスがいてくれるのなら安心ね。まあ、とにかくこれでレストランの開店準備も整ってきたわね」
役者も揃い、いざ話し合いを始めようとした時・・・

トーマス「たっ大変だナージャ!」
ナージャ「どうしたのよトーマス。そんなに慌てて」
トーマス「うちのレストランにワインを納入するはずだった業者が突然契約を取り消すと言ってきたんだ。なんでもゴンザレス劇場の
フェルナンドが高値で買うからこの劇場には納入するなと言ったらしい。パリにある他のワイン業者にも同じ事を言っているそうだ」
ケンノスケ「フェルナンドの奴、汚ねえ手を使いやがって」
ナージャ「・・でも別にワインなんか無くても構わないんじゃないかしら?料理の味で勝負すれば」
団長「そうもいかん。フランス人にとってワインは日常的な飲み物だ。このパリでレストランを経営する以上、ワインは絶対に必要だ」
ナージャ「そ・・そんな」
アーベル「こうなったら直接ワイン産地へ行って仕入れてくるしかないな・・。上手くいけば質の良いワインを安値で仕入れることができるかもしれん」
シルヴィー「その方法しかないわね。ボルドー辺りなら4日もあれば戻ってこれるだろうからこけらおとしまでには間に合うはずよ。
でも問題は誰が商談に行くかってことよね」
ナージャ「商談・・ローズマリー!そういう仕事を任せられるのはあなたしかいないわ。行ってくれるわよね?ね?」

1:「わかったわ。それじゃあ私が1人で行って来るわ」
2:「わかったわ。でもナージャも一緒に来てもらえないかしら?」
3:「わかったわ。でもアーベルも一緒に来てもらってもいいかしら?」
4:「ナージャ、あなた支配人なんだから1人で行ってきてよ」

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 22:54:35 ID:4ftLqeeg
2……と行きたいところだが、
そろそろ台本もできるだろうし、ナージャには台詞を覚えてもらわなきゃまずい。(物覚え悪そうだし)
というわけで1。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 00:43:37 ID:CqLSW0qd
確かにナージャはやるべき事が多いので劇場に残った方がよい。
ローズマリーにとって取引は一番得意とするところなので
一人でも問題は無いと思われるが、博識なアーベルを連れて
行けば色々と助けてくれるだろう。3で 

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 01:02:10 ID:NCbkETTT
うん、一人でも良さそうだがやはり女の子では舐められる可能性が高い。
やはりここはアーベルと一緒に行くのがベストであろうということで3
(もし選択肢にあれば目利きのオババも連れてゆきたいところだが。)

後、ちょっと電波的提案。
演目『明日のナージャ』だが、ローズマリーとナージャの配役を事実と入れ替えるというのはどうか?
お互いがお互いの立場を演じることでお互いがどういう気持ちだったのかを理解しやすくなるだろうし
プレミンジャー家での事件を知っている人間がローズマリーの身の上に気付き
フェルナンド側がそれを妨害工作の一環として使用する危険性を低下させることが出来そうな気がするが。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 13:24:28 ID:77mPpMg5
3:「わかったわ。でもアーベルも一緒に来てもらってもいいかしら?」

アーベル「わかったよ。時間も無いし、さっそく出かけるとしようか。」
ローズマリー「ええ。」
ナージャ「じゃあ私たちはこれからの計画を……」

私たちはボルドー地方へ行かなくては。
劇場を出たところで、2人は思いがけず呼び止められた。

ハービー「やあ、ローズマリー。」
ローズマリー「ハービーさん!」
ハービー「これまでに何かなかったかい。」
ローズマリー「いえ、何も起きてませんけど。」
ハービー「そうか、それはよかった。
実は、ここ2、3日、ヘルマンらしき男がこの近辺で目撃されているらしい。
僕の目で見たわけじゃないから、他人の空似かも知れないが……
ナージャには僕が直接言っておく。君も何かあったら警察へ行くんだ。いいね。」
ローズマリー「でも私、例の一件で……」
ハービー「ん、公爵家の?」
ローズマリー「……はい。」
ハービー「それなら心配は要らないと思うよ。
ここはフランスだし、そもそもあれからすぐ手配は取り消されたはずだよ。」
ローズマリー「そうなんですか?」
ハービー「ああ。公爵としてもあまり事を荒立てたくは無いだろうしね。
まあ兎も角、くれぐれも用心してくれ。」
ローズマリー「わかりました。」
ハービー「じゃあ。」

ハービーは劇場の中へ入っていった。
さて、急がなくては。私達は汽車に乗り込んだ。
ボルドーまで丸一日といったところか。
汽笛一声、汽車は花の都を後にして、ボルドーへ向けて走り出した。
これといってやることも無し。一休みするとしよう。
その日は、ガタゴトと客車の揺れる音で暮れた。

汽車代150G(経費)

6日目終了 借金返済まであと84日 運営資金残り21,450G オープン予定まであと7日

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 13:33:38 ID:77mPpMg5
 ボルドーに到着した。
勢いよく飛び出したものの、これといってあてがあるわけでもない。
立ち往生していると、男に声をかけられた。

*「あの、デッサン中ですので、そこをどいてもらえませんか。」

       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /             \
   /                ヽ
  /                    |
  /   / ̄ー―― `ー 、       |
  | .| ̄          ー―-、   |
  |  |               |   |
  |  |        l        \ |
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=
 |i^.| |   ゙._(9,)    ´_(9_l′'  | i |
 ヽ | |     ̄    !    ̄ ,  |_//
  | ||        |          |_l
  `-|       l、         |
    |        j,、       .|
     l               |.
    ヽ、    r‐‐ァ      / 
     |\    ヽ '     /^\
_ ,――|  \       / /   \
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄

どこかで見たことがある。
そうだ、ミュンヘンであった画家志望の少年だ。

ローズマリー「アドルフ・ヒトラーさん?」
ヒトラー「え?どうして僕の名前を……
あ!そういえば前にミュンヘンで。」
ローズマリー「はい、ローズマリーです。」
ヒトラー「また会えるなんて思わなかったよ。
どうしてここに?」

私は事情を説明した。

ヒトラー「なるほど。残念だけど、僕に出来ることは無いな。
でも、こけら落としの日には必ず行くよ。」

さてどうしよう。

1:同行を求める
2:自分達で取引相手を探す。
3:こけら落としには来なくていいという。
4:金を持っていないか聞いてみる。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 21:11:28 ID:NCbkETTT
物語的には面白いと思うが今回の役目を果たすに必要な人物とは思えない<ヒトラー
よって2

483 :提案:05/03/17 22:32:14 ID:m20w/L2h
現進行さんと住人の皆さんにちょいと提案。

我らのプリンセスがワインを仕入れに行ってる間、
レストランや劇場の今後について協議をすすめる為に
別個にナージャ視点の進行レスを一時的に立ち上げてみるというのはどうでしょうか。

ローズマリーは4日もあれば戻ってこられるという事なので、
期間は6日目のローズマリーが出かけた直後から帰ってくるまでの間、6.7.8.9.の約4日間となります。
(もしトラブルなどでローズマリーの帰還が遅れればその分延長)
進行はいいだしっぺの自分が務めさせていただこうと考えていますがどうでしょう。


一応、以下の様なルールを考えてます。

【所持金に関して】
 ローズマリー6日目終了時点での総所持金21,450Gを2人で分割所持している事にする。
 ナージャの所持金は:   10,000G
 ローズマリーの所持金は:11,450G 

【収支に関して】
 劇場運営にかかる日々の経費はナージャの所持金から支払う。
 その他の収支はそれぞれが個別に集計する。
 ※6日目の劇場運営経費に関しては既にローズマリーの進行さんが支払ってくれてるのでパス。
 ※ワインの取引額がローズマリーの所持金を超える様なら小切手を切って
   後日ナージャの所持金と合わせた中から支払う。

【進行に関して】
 ローズマリーの進行レスとの混同を避ける為、
 名前欄に『ナージャルート○日目』と表記する("○日目"には現在何日目であるかが記される)
 ナージャルートにおける選択肢番号はアルファベットを使う。

【ローズマリー進行レスとの日数ズレについて】
 ローズマリーが無事9日目の夜に帰還したとして、
 未だナージャルートがその日数にまで達していない場合は、
 ナージャが展開に追いつくまでローズマリーの進行は保留する。
 そしてナージャが9日目を終了した時点でナージャルートは終了となります。


現進行さんも今後の展開を考えて色々と伏線を張ってらっしゃる様なので
もし進行の邪魔になる様でしたらこの提案はスルーして下さってかまいませんです。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 23:10:10 ID:m20w/L2h
彼はワインが好きそうな15〜6歳の少年なので何か役に立ってくれるかも。
てこと1。
ちなみにこんなん見つけました。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870315874/249-6173368-8392368

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 00:37:30 ID:+NBdusGA
ヒトラーが権力を持つのは30年くらい先だからなw
まあ人脈は多く持っておいた方が良いに決まってるのでこけらおとしくらい呼んであげては?
とりあえずは2で

>>483
ナージャの事も気になるしそれも良いかも。

486 :480:05/03/18 01:01:32 ID:D5xolQsr
>>103にあるように、思いついた人が進行でいいのでは。
話に変化も出てくるし。

ちなみに、チャーチルを出したのは俺だけど、元々はちょい役(ハーコート家との仲介役とか)のつもりだった。
でも、なんかシュタイナー=ヘルマンという展開になったので、その場のノリで急遽変更。
で、ああなった。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 09:23:58 ID:iI0y08Sb
販売用グッズ案
ttp://www.geocities.jp/silkloadforest2704/nadja.jpg

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 12:47:37 ID:oklFsnJ5
2:自分達で取引相手を探すことにした。

アーベル「確かこのあたりにあったはずだが……
ああ、ここだここだ。」

やっと1件の業者を見つけることに成功した。

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,
                  ,,-''"     ゙゙'''''-、
                   ,/           ヽ
                  ,/ ,r'"゙゙'-、,,,,,,,,,,,,,,,,-'""゙ヽ ヽ、
              / ,i´            ヽ ゙l
              | .|              ,l゙ ゙l
              | l゙                l゙   |
.                 | |  ,,,,,,,,     ,,,,,,,,   ヽ   |
              | |  " _''' ヽ ''' ._ ゙   |.  |
                 i''|  '" U  |   ∪`    ゙l, _ |
              l゙ |    二` |   '二     .| `i
              | ゙l      |           レ |
              ゙l, ゙l、    i´        , / l゙
               ''''|     ゙‐丶  ,,   |,,,/
                ゙l  ,i'____ `i  |"
                    | " l゙     |  ゙ ,i
                 人 , ゙―---―' ,/|\
                  ,/フ  ゙li、   ̄  ,/ |  \
             _,,/ /  l゙ .'|'''''''''''''''フ  /|   .|''‐、、
       _,,-―'''""  /   |,,,,,\,,,,,/,,,,,,,/ |   |   `''-、,
     . /        |   .i:::::::::i::::::::i':::::::::i  .|   |      `゙'ー--,,,,_
     ,i´        .|   |:::::::::|::::::::::|:::::::::|  |   |           `i、
    l゙.         |   .|:::::::::i:::::::::i::::::::::|  .|  .|            ゙l
    |          |   |゙゙ー´''''''''゙'ー"   |  .|            ゙l
    |          |   |    |。     .|   |               |
    |            .|   |ヽ    |。    /|   |             |

  *注 某執事とは本当に何の関係もありません。

業者「おや、何か御用ですかな。」

私は、用件を伝えた。

業者「なるほど。
……1か月分で12000Gですな。」

現在の資金を考えると、かなり高額だ。
さてどうしよう。

1:交渉成立。
2:値切る。
3:質の悪いワインに切り替える。
4:別の業者をあたる。
5:ころしてでもうばいとる。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 13:26:55 ID:53zWX+eA
>5:ころしてでもうばいとる。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 14:42:58 ID:p1fhtiaQ
い、いかん。5を選択したい誘惑に……

とはいうものの現実に資金が不足しているのは事実。
それに移動時間を考えると今から別の業者を捜す余裕は少なそうだ。
てことで値切れるものなら値切りたいし、せめて手付けということで納得してもらうにも
とにかく交渉しかないだろう 2


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 14:56:53 ID:8xoqAnRg
2、プリンセスの魅力を前面に押し出して交渉。
きっと成功するはず


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 20:52:09 ID:Mg76c+SH
5が激しく気になるけど、ここは正攻法で2を。
ところでワインの瓶って凶器に使えますか?

493 :ナージャルート6日目:05/03/19 21:10:40 ID:Mg76c+SH
それではナージャルート開始です。
──────────────

ワインを仕入れる為にボルドーへ向かう事になったローズマリーとアーベル。
旅の支度を終えた2人を玄関まで見送る事にした。

                   i───i   
        ノ\ /|     培二二二|__  
   /w w  ゝ#〃⌒⌒ヽ   ((     i   
  6 ´,_>`) く#{ミ/ノヾ、_彡    i      ハ  
  ( <.V>) //|ノ| ゚ ∀゚ノ|    レ',     .ハ. 
   |_:_|   ( つ O    ./人レ レ人 レ 

 ローズマリー「ナージャ、私がいなくてホントに大丈夫なの?あなた支配人なんだから、しっかりしなきゃダメよ」
 ナージャ「もう、わかってる。ちゃんとうまくやって見せるわ。だから心配しないで行ってきて」
 アーベル「それじゃあナージャ、4日程したら帰ってこれると思うから、後の事はよろしく頼んだよ」
 ナージャ「うん、2人とも気をつけてね、いってらっしゃい!」

さて、ローズマリーがいない間、私が支配人として皆を引っ張っていかねば。
ところでなんだかお腹が空いてきた。時刻をみるとちょうど昼食時だ。
協議を始める前にまずは腹ごしらえ、ニコルの腕前の確認もかねて彼女に昼食を作ってもらう事にした。
皆と食事が出来るのを待っていると、一人のお客が私を尋ねて来た。

494 :ナージャルート6日目:05/03/19 21:12:44 ID:Mg76c+SH
     ,/′           、 .,、              ┴-、
    .,/ ,、       ,,i´/|  ,                  ヽ
   ./ ,、         ,!,/| ,/ ゙l  l゙|               ,`' i、
   |,/│      ,仆.l゙.l゙  | .| |        、       ゚|''''''″
   `丿      ,l゙|.| .゙l,|   ゙l、l゙ .|  |゙l、   │ .     i、 l
   丿      ,l゙ ゙ト `   リ  ヽ │i、  .,lト . ゙l ,/  ゙l゙l |
   丿       l` .,,,,,,,,,,,,,,,,,     ‘、゙l ゙l  │| .l゙ .l゙ノ  .i,l゙.|l゙
  丿   ._,_  | " _    ''',,,,,    ` .l ,i´l゙,l゙ .,l|′  | ゛
   /  ,r'"、.゙゙l,,,i´,/'' ̄ ̄ ̄\''ミミ     ∨ ,_,, i∧∧丿
   l  /  ゙l l゙'R,i´ ,,-」'''''''゙l,!、_.\` ,,i/ ̄ ̄   \.,, |
   l /.|l゙ 、ヽ/.| l l゙  " .l゙レ'|   `|,,,,,,,,l゙''''‖,`'‐ ., ,|.||,l
   ∨ | |i,゙l,  |.| .|,   .゙l,ニ,i´   .,广゙゙'||  l|,,,|  .,i´ |/
    .゙ll゙゙l ゙''`″ \         ,,/`  .儿 '"'″  |., //
      ゙l,,_,!   `''―――''"    | ‘―――'''" 
      ,/ .|              \    /
     .''‐|",.|             .,,/    /| |
      |/| ゙l、                 ,/ |l
       ヽ|ヽ                 /  l
      r― | \      ___,.    /
      |.ヽ|、  \.      ー    /
      │  ゙''-、,, ゙'\        /
   ,r‐ ッi″    `\.\     ンィ
   ノ′ ヽ.       ,K `'''┬ー'", ,| 
 /             l゙ .゙l  / ,rく` \
「ようナージャ、元気してるかい?」

ハービーだ。
2人きりで話をしたいとの事なので、応接室へと案内し、紅茶を用意してあげた。

 ナージャ「はい、どうぞ」
 ハービー「お、こりゃどうも」
 ナージャ「それで、話って何なの?」
 ハービー「ああ、その事なんだけどナージャ、最近キミの周りでヘルマンを見なかったかい?」
 ナージャ「ヘルマンですって?見てないけど…どうして?」

ハービーの話によれば、どうやらヘルマンらしき男が最近になってこの近辺で目撃されたらしいとの事。
確証がある訳では無いものの、万が一の事を考えてハービーは私に注意を促しに来たのだ。

 ハービー「もしかしたら未だにローズマリーの事を狙ってるのかもしれないな…」
 ナージャ「大丈夫!誰が来ようとローズマリーは私達一座の皆が守ってみせるわ!」
 ハービー「ハハハ、だったら心配は要らないな。
     ああ、そういえば公演の準備の方は順調かい?」
 ナージャ「う〜ん、それがね、まだまだ片付けなくちゃいけない事がいっぱいあって、もう大変なの。
     あっ、でもね、今度新しい出し物として演劇をやる事になったのよ」
 ハービー「へぇ、なかなか洒落てるじゃないか。どんな劇なんだい?」
 ナージャ「それがね…」

ハービーに今度やる劇の内容が、例の事件を題材にしたものである事を説明した。
本人である私とローズマリーが自分自身を演じるのだという事にハービーは最初驚いた様子だったが、
2人共進んでやるつもりなのだという事を話すと納得してくれた様だ。
すると彼はモンマルトルジャーナルの紙面でその演劇の事を特集させてくれないかと提案して来た。
かつて私が巻き込まれた、ナージャ・プレミンジャーの座を巡る一連の騒動は
今やヨーロッパ中に知れ渡る所となっているらしく、
それを劇でやる事はたんへん話題性があるというのだ。
これは劇場にお客を呼び込む大チャンスかもしれない。
私達が当事者本人である事は公表しない事を条件に、私は彼の提案を快く承諾した。

と、応接室のドアを開け、リタが私を呼びに来た。
どうやら昼食の用意が出来た様だ。
せっかくなのでハービーにもごちそうしてあげよう。

495 :ナージャルート6日目:05/03/19 21:24:28 ID:Mg76c+SH
私達が食堂に向かうと既にみんなが席についており、食堂は腹を空かせた団員達で賑わっていた。
私達はそれぞれ空いているイスにすわり、料理が運ばれてくるのを待った。
しばらくしてコックの服を着たニコルが厨房からカートに乗せた料理を運んできた。

   (⌒⌒⌒)
    ,|____| .../||
   /::(/、^^,:.) ||/|  __Λ Λ___
   |::l-○,○|. ||/| /|(; ゚ω゚)/|
   。、  ヮノ。..||. ||| ̄∪ ̄∪|/|_
   。( つ O。 ||/ | ̄ ̄ ̄ ̄|//|
    l    l  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||/
     し ⌒ J   ̄◎ ̄ ̄ ̄◎ ̄

そしてテーブルの上に出来上がった料理を並べ始めた。
次々と置かれていくその料理を見て、私やハービー、他の団員達は感嘆の声をあげた。
新たに買い揃えた食器にキレイに盛り付けられた料理達はどれも手が込んでいて
実に食欲をそそるものであり、中にはまるで高級レストランで出されているかの様な料理まであった。
ニコルが料理上手だとは聞いていたが、まさかこれ程とは…。
もうお腹がペコペコでたまらない。

ニコル「さぁみなさん、どうぞ召し上がってください」
ケンノスケ「うっひょー!すんげーうまそ〜!」
リタ「プリンだ!プリンがあるよ!」
団長「ほう、こりゃたいしたもんだな」
シルヴィー「私も料理には自信あるんだけど、ちょっとこれには敵わないわねぇ…」

ナージャ「すっご〜〜い!ねぇ、これってみんなニコルが作ったの?」
ニコル「うん、ちょっと大変だったけど、がんばっちゃった」
ナージャ「すごい!すごいわニコル!あなたにこんな特技があったなんて」
ニコル「えへへ、わたしって、頭も運動神経も悪いけど、お料理だけは得意なの、
   さあナージャ、たくさんあるから遠慮せず食べてね」
ナージャ「それじゃあいっただっきま〜〜〜す!ハグッ!
    ……っおいしい!なにこれ、ホントにレストランで食べてるみたい!」
ハービー「こりゃ驚いたな、まるで一流レストラン並みの味だ。
    キミ、これだけの味で店を出したら大繁盛間違い無しだよ」
ニコル「そんなぁ、ハービーさんったら、ほめすぎですよぉ」

ハービー「そうだ、今度一座の特集をウチの新聞でやるんだけど、
    レストランの事も記事に書いておくよ、とびっきり旨い店としてさ」
ニコル「本当ですか?ありがとうございます!」
ハービー「ところで店の名前はもう決まってるのかい?」
ニコル「えっ?いえ、あの…それはまだなんです」
ナージャ「その事なんだけどねニコル、実はもうお店の名前は決めてるの」
ニコル「本当?さすがナージャね、それでどんな名前なの?」

ナージャ「 味 工 場 よ !」


496 :ナージャ6日目:05/03/19 21:33:32 ID:Mg76c+SH
ニコルのおいしい手料理に満足した私達は会議室へ集まり、改めて協議を始めた。

改装については既に前日から工事を始めており、一通り済んでいる様だ。
テーブルや食器、調理器具等も昨日の内に買い揃えてある。
もう一日かけて内装を整えれば立派な店が出来上がるだろう。

食材の仕入れについては、専門の卸売り業者に頼んで一日分の食材を毎朝配達してもらう事にした。
営業時間については昼の公演が始まる1時間前に開店し、
夜の公演が終わった1時間後に閉店する事にした。

さて、残る問題は役割分担についてだ。
そこで各自が希望する役割についてアンケートをとってみた。

   ナージャ:ウェイトレス(支配人を兼任)
ローズマリー:?
    ニコル:板前
      リタ:ウェイトレス
  ケンノスケ:厨房手伝い
  シルヴィー:板前、ウェイトレス
   アーベル:?(おそらく会計、受付、ウェイターを担当できると思われる)
   トーマス:ソムリエ
  草加 雅人:公演以外の仕事はやりたくないんだよ

   ※アンケートは劇場に住み込みで働いている団員に限定
   ※おばば、団長、タクマー、カルロスは公演が始まるとそちらへ付きっきりになるのでレストランの方は
    手伝えないとの事。

やはり今の人員でレストランと劇場の両方を滞りなく運営していくには無理がある様だ。
新規団員の応募もある程度集まってきたので近々面接を行ってみる事にしよう。
とりあえず今日の協議はここまでにして各自解散となった。

497 :ナージャルート6日目最終:05/03/19 21:46:18 ID:Mg76c+SH
その日の夜、夕食を終えた後で私は久しぶりに再会できたニコルと色々な事を話した。

院長先生がお亡くなりになった事。
ニコルが色んな仕事を転々としてきた事。
ローズマリーと一緒に旅をしていた時の事。
それから私がお母さんに会えた事。
私とローズマリーの間にあった事。
そして今はもう仲直りしたのだという事も話した。

ずいぶん長い間話していたのだろう。
気がつくといつもならとっくに寝ているであろう時間になっていた。
ニコルもなんだか眠たそうにしているので、寝室へと案内してあげた。
         _,,,,,-----,,,_
       _,-''~       ~ヽ,
     /     _,,,---,_ノ--,ヽ,
     /   ヽ,,,,-' ,ノ~~~~''--'~ヽ)ヽ,
    i   /~''--'  lVヽ,  ヽ ヽノ
    l   y'>i   ,i _,,-l   lヽ  l, l |
    ヽ/フ ヽ  ヾ ___ノ  'i__j ノノ ノ.'
      〉-l  ヾミ /,-,    ,、ヽ,,/
     l_i_i  ,-、.  {;;;}   .l;j lノ
      /ヽ l_'        ' /i
      l    ~ヽ,_    o / l
     /ヽ _,,/ l~'''-イ_  〈
     l, ,---'-,__ノ   ~-'--‐''r~'i
    / l  ヽl ll-、 ,---_/ i/ < ~ヽ
   (' i->  l i~'====='イ l  l  ヽ
 ,__ン'-' /ヽ i==~==i   _,, l-,l   ヽ
 ヽフノノ/_,,,'-|    |  //  l (     ヽ
    ,‐‐,).i ll    l .l lヲ ヽ、    .l
     {  } l|    | | |    iヽl   ヽ
    //ヽイ-l l     V l   ___/⌒  )
    l l7 lヽ/ l   __,,---'-,,__,ヘ,_ ヽ   /
   ヽ,__/l/ ,,  '-'7    __,,,-〈_ l _/
       l ヽ--⊂ニ__,,-‐i.i~ ~'-/_ノ
        l | |   |    | |   ~ l
      l. | |   |    .| |    |
私達は先に寝ているリタを起こさぬ様にそっと寝巻きに着替えてからベッドにもぐりこんだ。
長旅で疲れていたのだろう、ニコルはすぐに寝入ってしまった様だ。
いつもなら隣で寝ているローズマリーも今日からしばらくの間は帰ってこない。
今頃はボルドーへ向かう汽車の中で眠りについているのだろうか。

今日の収穫
・ハービーがモンマルトルジャーナルの紙面で公演の特集記事を書いてくれる事に。
 こけら落とし当日からその翌日、翌々日の3日間だけ劇場来客数、レストラン来客数がMAXになる。
・ニコルが一座に入団した。なお、ニコルの給料は一日50Gとする。
・レストランの名前が決定した。その名も『 無国籍料理"味工場" 』

6日目終了 借金返済まであと84日 ナージャの運営資金残り9,950G オープン予定まであと7日

翌日の行動はどうしよう?

A.入団希望者の面接を行う
B.脚本の方針について検討する
C.レストランの内装を手伝う
D.新たに資金繰りを行う

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 21:51:35 ID:oklFsnJ5
ローズマリーがいない以上Bはやれない。
ここはAで、あれ以来話題になっていない入団希望者の検討を。

499 :ロズマリ本ルート:05/03/19 22:20:56 ID:oklFsnJ5
2:値切ることにした。

ローズマリー「こんなに買うんですもの。少し安くして下さらない?」
業者「そんなこと仰られましても、これは高級品でしてねえ。」
ローズマリー「そこをなんとか。お・ね・が・い♪」
業者「参ったなあ……では、1年以上の契約ということで6000G。いかがてすかな。」

いきなり安くなった。
これはもしや……
私は申し合わせ通りアーベルに目配せをした。

アーベル「ちょっとこのワインを空けさせてもらいますよ。」
業者「あの……いや、困ります!」

アーベルは制止を無視してワインの栓を抜き。中身を確かめた。

アーベル「ああ、これは安物だな。3000Gってところだね。」
業者「これだから素人は困る。君たち、これは高級品だよ?
もう帰りなさい。ワインが分からない人に売ったのでは、ワインが可哀想だ。」
ローズマリー「じゃあアーベルさん。それなら他の人も呼んで聞いてみましょうよ。
えっと……カルディナーレ商会のレオナルドさん。確かまだパリにいたはずよね。」
アーベル「そうだな。じゃあ連絡を……」
業者「ま、待ってくれ!わかった。そこまで言うなら別のワインを出そう。」

私たちは、別のワイン倉庫に案内された。
先ほどと同じく、アーベルが味見をしたところ、今度こそ目当ての代物のようである。

業者「では1ヶ月分12000Gということで。」
ローズマリー「待ってよ。6000Gじゃないの?」
業者「いや、これは高級品でして。」
ローズマリー「さっきのも高級品なんでしょう?」
業者「いえ、さっきのは……」
ローズマリー「さっきのは安物だったって言うの!?」
業者「いえいえ!これはもっと高級品でして。ですから12000Gに……」
ローズマリー「私、新聞社に勤めている知人がいるんですよ。
お宅のこと紹介させてもらっていいかしら?」
業者「……」
ローズマリー「では記事にするということで。」
業者「ま、待ってくれ!6000Gでいい!!」
ローズマリー「本当ですか!?有難うございます。
いい方で助かったわ。
これからもよろしく。お・じ・さ・ま♪」

1か月分6000Gで調達することに成功した!!

500 :ロズマリ本ルート:05/03/19 22:28:25 ID:oklFsnJ5
  / 、  l|;|   ||   ̄Tー;;::::::::::::::|i::::|:   ::::::::|  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .l r'|  !    |\ ___l_ .゙`ヾ、::::||:::::|:  :::::::|| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   |
  | |:::|       ユ__ヽ_|_ _``丶]ト.、:|::  :::::|:| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ,i
_| :::::|         ./ヽ,___,,ノ゙`゙、::||べ.ト、: :::::|::| ::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐┴-‐';'
/゙ l, ::.        _.|つ;(●);;⊂i `'ト.、:ヾヽユ::i:ヽ、::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  l、        ::....``-、;;;_;;./ .::l.:::::::::`ヽ;:::i ::ヽ、::ヽ、:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/"
   ヽ       ::::::::::::::::::::`゙::`:::::::::ヽ:::::::::::::`-`/゙i二コニ―-、ヽ;;;_:::::_;;;;;;;;‐''"
:  ::l゙lヽ、     :::::::::::::::::..    :::::::::::`:::::::::::::::::/゙T゙"'シッ,ミニ、::::`:::::::::゙゙゙,ン'
:: ::::/::l ::l     :::::::::::::::::::::::.... ::::::::::::::::::::::::::::::::i`(●)";;/ヾヽT――ー'"
;;/::/ヾ、:|     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::`゙-.、;;_;;/ .:/
;;;;;;;/"'' ̄" ̄ー-,,, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |:::::::::::::::::::`:/

調達は成功したものの、辺りは既に夜の帳に包まれていた。
急げば汽車に間に合うが、闇夜ゆえ優男と少女の2人組では少々危険である。
さてどうしよう。

1:急いで駅に向かう。
2:ホテルで夜を明かす。(100G)
3:野宿する。
4:業者の家に転がり込む。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 23:41:32 ID:53zWX+eA
>>500
こわいよーーーー

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/20 00:19:07 ID:rOOm8TAc
やっぱりローズマリーはすごいや…(゚Д゚;)
アーベルもなんだか息が合ってるしw

そんなに慌てる事も無いと思うので2で。
しかしこの分だと思ったよりも早く帰ってこれるかも。
ボルドーを発つ前にナージャ達へのお土産でも買って行ってあげては。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/20 01:24:10 ID:vGIWErGh
ナージャは団員増強の為にA
ローズマリーは2。予想より早く交渉が終ったみたいだし、せっかくボルドーに来たんだから
1泊くらいして明日の夜行列車で帰ればよいのでは?

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/20 11:55:24 ID:H8zghItU
ローズマリー側の行動については2
値切れたお陰でそこそこの大金を持っている身なので安全第一ということで。

それとナージャ側の行動については498殿と同意見によりA
残りの時間は脚本を覚えることや演技の勉強あたりに集中してもらおう。

後、メイド経験のあるローズマリーなら接客や厨房の手伝いにもスキルがあるだろう。
てことでレストランでのローズマリーの役割についてはアーベルと同様
ウェイトレス兼会計受付担当で問題ないと思う。

505 :ロズマリ本ルート:05/03/20 21:01:53 ID:feZZHewt
2:ホテルで夜を明かすことにした。

7日目終了 借金返済まであと83日 運営資金残り12,850G オープン予定まであと6日
(ワイン代1か月分を前払い)

夜が明けた。
急ぐ必要もないので、町をぶらつく。
とはいっても田舎町である。
パリとは比べるまでもなく、これといって目を引くものもない。
1日を無駄に過ごした後、ナージャ達の為に土産物を買い、駅に急いだ。

土産物代100G
ローズマリー個人資産1610G

506 :ロズマリ本ルート:05/03/20 21:03:06 ID:feZZHewt
駅の構内に入ろうとしたそのときである。
物憂げに佇ずむ一人の少女が目に入った。

     ,z‐- __      __ -‐=、
     l     >,ヘ<     l
     !  _,. -‐ ー' = 、   l
     〉i '´ ,ュ         ヽ イ、
    / / / l          ヽハ
    i ,/ /  ∧   \   \ i !
    l l  |     ヽ、 > 、、 >l
    | i. | ー-- 、    ̄ー-- 、 ´!l. |
   ノ 〉-l''''ャ';;ュ_,,   ~リT',fゞ ! l
   / /ゝ、l .kノ  '  ゙┴.′/ )〈
  んl  l `!           /-1 ヽ、
   〉j   ) `> _ ー , . イ  ヽ  ハ
  /〈  (/⌒,ヽ- |  ̄|=-r'⌒ヽ )〈 l
  ((  / /:::::::`i‐v=!´:::::ヽ  ヽj )j
    'ーz__〉:::::::-{:::::ノ-=:::::イ __ >
       ト_イ!::::::::::;个、::::::::ノ!レ|
      ト_/`7:::::| |::::::ヽ   lメ!
      レ'  ヽ、| レ '´  iノ
     / lニ=z!    iェ=ニl ハ
     //ー- 、    _z-、ヘ
  __/ i    l    l    i ハ
 `>、  ヽ  ,ノ    ヽ、  ノ `ーz_
<  ヽ/                ,<
  `!  `ー Z_ ,.、     _ ,、/ー' ,>
    ヽZ_   ` ー '`     __/
        `┬- 'i!ー、_ z-‐'`
        |  l|  |
        |  ll  |

年は5、6歳であろうか。
昔の自分を髣髴とさせる。

ローズマリー「どうしたの?」
少女「おかあさんとはぐれちゃったの。」

少女は、今にも泣き出しそうな顔で私を見つめている。
今からこの子の母親を探せば、もう今日の汽車には間に合わないだろう。
団員の皆にも迷惑をかけることになる。
かといって、このまま置き去りにするのも薄情である。
しかし、我が子がいなくなったのだ。母親は今頃必死になって探しているはずである。
さて、どうするべきか。

1:パリに帰る。
2:餞別に小銭を与えて汽車に乗る。
3:この子の母親を探す。
4:少女をパリにつれて帰る。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/21 00:14:11 ID:2s/apDYg
なれない地で身も知らぬ人間を捜すのだ。
たとえ徹夜で探したとしても徒労に終わる可能性も高い。

しかしローズマリー自身がもしもこの子の立場だったとしたら
一番して欲しかったのは3なのではと考えるような気がする。

アーベルに先に帰ってもらえばとりあえず役目は完了したことになるし、
それにナージャなら分かってくれるだろう。
いや、そういう選択をするだろうと信じてくれているだろう。

ということでキャラ的に相応しくないと思われる人も多数だろうが自分は3を選びたい。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/21 01:31:41 ID:lKHczY6s
うほっ、この展開は実におもしろい!
ぜひとも3で幼女マリーのお母さんを探してあげたい所。
どうしても見つからなかった場合は一座につれて帰り、
お母さんが見つかるまで預かってあげるべし。
ナージャにすごく懐いたりしてw

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/21 02:03:26 ID:16af8wpt
はぐれたばかりならまだ母親は付近にいるはず。
3で探してあげてはどうか?
でも見つからないからとってパリまで連れて帰ってしまったら
誘拐と勘違いされると思われw

510 :505:2005/03/21(月) 07:04:24 ID:ntD4RP/e
すまん、ぼけてた。

訂正
運営資金残り12,850G

運営資金残り14,850G

511 :1:2005/03/21(月) 10:23:52 ID:h418frli
3:一緒に母親を探してあげる事にした(ローズマリールート8日目続き)

               ___,、
            _/::::::::::::::::::i
         ____/:::::ヽ::::::::::::::::::::\
      ,,-‐":::::::::::::|r‐'"` ̄ ̄ ̄ ̄`゙''-、
   /:::::::::::::::::/"    、       \
  /::::::::::::::::::/     __|         iノi
  `-、::::::::::/    ,-'"  i        __/ /
    ,l゙ヽ::::l     l     ヽ.     、__ / __ノi
    |  `┤    l゙     \        ̄  /
    .|   !    l   ___  \_______ノ
    |  |    丿 /,,==     ==、ヽ| |
    |  iヽ   i    iひi    iJi|  | |
    |  | `'r'''゙    !゜ノ    !゜ノ  | |
    i  |  |`i    ' ̄    ヽ  ゙̄  | .|
    /  |.  \,,,,、          / |
   ./   |   l  .|\     −  /i  \
  /    l゙   |  |  `'r、_    /゙l ゙l、  ヽ、
  /    /   | l゙  _|  ゙ー-┬'  | ゙l  |    )
  i    l    / |  ,,| `ー''`ー' ̄|  | |  |   l゙
  |    |  _!,-―‐'        ゙'‐┴、,, | _  ヽ、
  ゙l    ゙l,/  |               ̄ `フi  i、
  |   /゙   \                 / ゙l、. |
  /   )     `-、             __/    |/
 l゙   (        ゙ー-、_,----、_,-―"     人
 ヽ  / ̄`ー--、_ ―--| l ̄l |---―     /  i

ローズマリー「アーベルさん、どうしましょうか?早くパリへ帰らないといけないけど・・・」
アーベル「しかし、こんな小さな子を放って置く訳にも・・やれやれ、困ったな・・・」
ローズマリー「それじゃあ、アーベルさんは先にパリへ帰ってナージ達の手伝いをしてあげてもらえないかしら?私はこの子のお母さんを
       探してから帰りますので」
アーベル「そうか・・・。よし、分かった。ナージャ達には私の方から理由を話しておくよ。キミなら一人でも大丈夫だと思うが気をつけるんだよ」
そう言うとアーベルはまもなく発車するパリ行きの列車に乗るために早足で乗り場の方へと向かっていった。

ローズマリー「それじゃあ、お姉ちゃんが一緒にお母さんを探してあげるから・・・ほら、泣かないで」
少女「ありがとう・・」

駅構内はかなり混雑している。この中から探し出すのは苦労しそうだが・・・どうしよう?
1:地道に駅構内を探す
2:誰かに協力を求める
3:警察へ届ける
4:今夜はホテルに泊まり、翌日の昼間に探す

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 10:31:20 ID:MAA50dcD
やはりここは実直に1で。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 12:48:47 ID:7FoaSWwh
2でヒトラーに協力をお願いしてみては?
ヒトラーはローズマリーに一目惚れしているようだし、お願いすれば手伝ってくれそう。
しかし、ヒトラーをも虜にしてしまうとは、ローズマリーおそるべし・・

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 18:20:36 ID:PtczyOJe
混雑している駅でこの子の親を探すのは非常に難しい気がする。
いらぬトラブルを起こさない為にも3で警察に届けたらどうだろう?
まあ、物語としては1か2の方が面白そうだとは思うけど。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 00:22:28 ID:xuDtF2v1
とりあえず1で駅を探してみて、見つからなかったら2か4。3は最終手段だろうな。
ナージャルートが遅れをとってるからそろそろ進めたほうがいいかもね。担当者の方ガンガッテください。
あと>>1さん毎回新作AA乙です。毎回楽しみにしてます。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 08:06:30 ID:5PcrgnMZ
1:地道に駅構内を探すことにした。

ローズマリー「すみませーん。この子のお母さんはいらっしゃいませんかぁー?」

駅の構内で数時間、呼べど答えず探せど見えず、人足も次第にまばらとなっていった。
致し方ないので、駅から出て探し始めたものの、依然として母親は見つからない。
人は忙しげに家路を急ぎ、私達のことなどお構いなしといった風情である。
更に探し続けること数刻、終に人通りは完全に途絶えてしまった。
夜の街をこれ以上彷徨うのは、自殺行為である。
私は諦めて警察署へと向かうことにした。

もう少しで警察署という時である。
一人の女がこちらへ向かって走ってくるのが見えた。

女「アンナ!!」
少女「あ、おかあさん!!」

どうやらこの子の母親らしい。
私はいきさつを説明した。

アンナの母「本当にありがとうございました。
アンナもお礼を言いなさい。」

   .,-  .,,-'''"           ゙゙''-.               丿
  ,i´ .,/`                `ヽ、、        .,く″
  | ,,/`                    `ヽ、     │ ゙l、
  !,/     ,//|                  ヽ、    l゙   |
 ,/    / ,/|                    ヽ,┬イ   │
: l゙    /   .l │     |             ゙ニニ=- i゙l |    |
. |   /.   |  ゙l _    |   ─ -- 、        丿| |    |
│ |‖   レ" ̄|     ト、、      ゙ヽ、 _  ンンi| .|    l
│ ゙lリ   / |  ヽ   ヽ\、      ヽ   ̄ ̄ノ l゙,l゙    l゙
│  ゙l|、   ヽ 、 ヽ、  ヽ、ヽ、=iュ─、、 _,,,,_r'彡' i,i     l゙
 ゙l | .||i、 、ヽ」エ二,, ヽ  ヽ、 >=┴-く二く"  ゙彡 "  |  |
  ヽヽ ゙ヽ  >'i´ ノヽ  ``゙''''''"  i´.,ノヽヽヾ    '"゙゙''i  |   |
   `ヽlハ` |゙i'':c; l:l        || ::c; :!:| `    ヘ ゙l.  |  ヽ、
  / |ヽ|  iッ::_シノ        !ッ_シ/     ,′`!  |    ヽ、
  i´   ヽ l  ──    、     ───       ,/   .|     |
 /|    ゙'|       、,,,____          _,,,,,-‐´l   l      |
 l ヽ    ヽ      ゙l,i´  l        ,イ::::   |   |      |
 \\、  .:`ヽ、     ゙、 .丿      ,/,l::::::   .ヽ、   |     |
  ヽ |  ::::i´::::`゙'''-,,, ,,_ ‐" _,,,,,-イ":::::::::リ、::     ゙l.  |     |
  丿/  ::/l::::::::::::::::|:::::_;゙|'''''''" ::::::::レ-、:::::゙|ヽ::    |ヽ  l、    |
  ,i´/   ::l:::|::::::::::::::,ジ`y″∧  ,/  `ヽ;:|::|::::::    / .)      ヽ
       アンナ「ありがとうおねえちゃん!」

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 08:17:39 ID:5PcrgnMZ
8日目終了 借金返済まであと82日 運営資金残り14,250G オープン予定まであと5日
(宿泊代100G)

朝一番の汽車で私はパリに向かった。
その日のうちにパリに戻った私は、ダンデライオン劇場へ急いだ。
劇場の手前まで来たとき、黒ずくめの男が物陰から劇場を見ているのに気がついた。
隠してはいたが、顔も確認できた。

ローズマリー「ヘルマン叔父様?」

ヘルマンらしき男は私には気がついていないらしく、そのまま別の通りの方へと歩いていった。

さてどうしよう。

1:尾行する。
2:警察へ行く。
3:ハービーに知らせる。
4:劇場のみんなに知らせる。
5:他人の空似と思いなかったことにする。
6:気軽に声をかけてみる。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 20:23:22 ID:UMwsbr4i
1で

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 21:06:57 ID:9uOnGKYm
まずは1で様子を見て、場合によっては4で。
恨みを持たれている可能性があるので尾行するのは
少々危険な気もするが

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 21:10:13 ID:AS4iHrkc
なにやら新展開の予感。
ここはいっちょヘルマンの隠れ家をつきとめてみたいので1。
それと幼女マリーの名前はアンナマリーでしたか。
ローズマリーって優しいですのう。

521 :ナージャルート7日目:2005/03/22(火) 21:21:07 ID:AS4iHrkc
大変お待たせしました。
ローズマリーの進行さん、足ひっぱっちゃってごめんなさい。
─────────────────────────

正午を過ぎた頃、劇場に団体のお客が訪れた。
どうやら以前より入団を申し込んでいた人達らしい。
すっかり忘れていたが今日は面談を行う日だったのだ。
皆を応接室の前に案内し、一人づつ部屋に招き入れて面談を行っていく事にした。

┏━━━━━━┓ ヽ             /                      
┃ ⌒⌒ヽ.    ┃  ヽ、           /                       
┃( /ハ)ヽ )+  ┃    ヽ、,-、‐、‐- 、 /                        
┃  ・∀・ノ+ キラッ┃   / ヾ.、ヽヽヽ〃-、                       
┃(    ).  .+..┃  /ヽ、,.::'⌒ヽi l l i':.  ヽ                      
┃│ │ │    ┃ lヽ、 i'::::.  .:l l l l::::.... ::}                      
┃(__)_).    ┃ |  `l::::::::::::::::l l l ト、:::::;ィ            ( ヽ( ヽ、      
┗━━━━━━┛ .!ミ ヽ、;;;;;/l_|」_!_ニ´ j             ヽ ヽ、 〉ー、   
               ヾ  _,.-‐<ニ二二7_〉/              ヽ (__//⌒!
              ヽ 「|\i´ニニニニコ/              _  〉  `ー<   
               ` ト、_`ーニ二ニ7 _     _,.-‐‐- 、 / ヽj   {  ヽ  
                 | `ー---‐ '| |l |  ̄ ̄{レ'     ヽ \ ゝ  ヽ ノj 
               _,..-‐j      /l ll |    |ミ!     _,,.ヽ___`フ三二彡j  
           __.r'´  | |i'i ー===' ll | || |    lミ{   /    / `ー---‐'/  
       ./´ ̄i三l   { |l l     j l///    ヾヽ /     l      /  
       .{    {彡|   ヾ三三、,===='   o   ヾミミヽ     ヽ    /   
      .{    |ミミl        }{   ,.---、n    ハ三ニヽ___ヽ、___ノ   
       .ヽ   l〃ソ!       ||   {_i⌒i_,ノ    /__j                           
【南光太郎/仮面ライダーBLACK】・・・採用
なんと彼も仮面ライダーというものに変身出来るそうだ。
話してみると実にさわやかな好青年である。
善玉ヒーローとして草加氏と共にヒーローショーに出演してもらう事にした。
ギャラが少し高い気もするが、主役級の仕事をこなしてくれるなら安いものだ。

     __            _  
    /:::::::::::\       /::::::::::::\
    l;;;;;;;;@;;;;;;;l      (;;;/::@::\;;;)
   [;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;]     丶::::::::::::::::::′
   (|´> <`|)      .(| ⌒ ⌒ |) 
    |lヽ⊂つノリ      _ヽ ー ノ_
   / ̄l><l ̄\   /::::::::::::l><l:::::::::::::\
  /::::::∨ミ/>::イ::::|  |::::|::::lYl::::V::::lYl::::|:::::|
  |::::::/~7。::lYl !::::| .. |::::l::::::::::::::。::::::::::::::l:::::|
  |:::/::::/::。:::::::::l:::::|... |::::l::::::::::::::。::::::::::::::l:::::|
【ミユキ巡査とタカユキ巡査】・・・採用
元警察官という事で防犯対策に打ってつけの人材である。
彼らには劇場周辺及び劇場内の警備を担当してもらう事になった。
早速今日から警備についてもらおう。

522 :ナージャルート7日目:2005/03/22(火) 21:23:05 ID:AS4iHrkc
..∧_∧  ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧
( ´〜`) ( ´∀`)  (´┏┓`)  ( ・∀・)   (´∀` )
(    ) (    )   (    ) (    )   (    )
| | |  | | |   | | |.  | | |    | | |
(__)_) (__)_).  (__)_) (__)_)   (__)_)
 モナコ モナニエール モナロフ モナヘッセン モナスティン       

. ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧ 
(´Å` )  ( ` ∀´)  (´ー ` .)   ( ´_ゝ`)   (´Д` ) 
(    ) (    )  (    )   (    )    (    ) 
| | |  | | |  | | |.    | | |    | | |  
(__)_) (__)_). (__)_)   (__)_)   (__)_) 
.ギルモナ モナトニオ モナフレッド ジョンモナー モナモナ 
【出稼ぎ労働者×10人】・・・採用
人手不足の今は貴重な労働力となってくれるだろう。
何を担当してもらうかは後々考えよう。

    / ̄ ̄丶 。 ゚ 
    ソ川ハル  。゚。 シャリバン! 
    川;`∀)○  
   (つ¶   /   
    /  n  )     
   (_/(_)  
【串田アキロー】・・・採用
ヒーローショーのテーマ曲の歌手として採用。
彼の歌声ならきっと観客達を熱狂させてくれるだろう。
ちなみに給金を半分に値切ってみたらあっさりOKしてくれた。

   ∧_∧
   ノ))))))if
   リ ^ワ^ノ
   ( ┗┛つ¶
   ん、ノ」ヾ
    ∪ ∪
【スマートレディ】・・・採用
キャラショーには欠かせない進行役のお姉さんとして採用。
ついでなので昼の公演全体の司会もやってくれるそうだ。

523 :ナージャルート7日目:2005/03/22(火) 21:41:39 ID:AS4iHrkc
さて、残るは後一人だけとなった。
"I・G・サワー"応募用紙に書かれたプロフィールを見ると、どうやらリタと同年代の女の子らしい。
応接室の外で自分の順番を待ち侘びているであろう彼女に入室を促す為、ドアを開けて声を掛けてみた。
しかしどうした事だろう、廊下に人の気配は無く、待合用に並べられたイスには誰も座っていない。
もしかして帰ってしまったのだろうか。
と、階段の踊り場の方からリタが見慣れぬ女の子を連れてやって来た。

 ナージャ「リタ、その子は誰なの?」
 リタ「あっ、ナージャ!
   えっとね、この子がトイレの場所がわかんなくって迷子になってたから案内してあげてたの。
   ほらサワー、この人が支配人のナージャだよ」

サワーと呼ばれた少女は慌てて姿勢を正すと、ぺこりと丁寧におじぎをした。
どうやらこの子が最後の一人らしい。
改めて彼女を応接室に招き入れ、面談を始める事にした。
聞けば彼女はつい最近まで、例の"TOEI劇メーション"に所属していたのだとか。
女優をめざし、家族と離れて単身パリに上京して以来ずっとそこでレッスンを続けて来たらしい。

 ナージャ「せっかく雇ってもらってる劇団があったのに、どうしてここへ来たのかしら?」
 サワー「その事なんですけど、この劇場に"イガラシ・タクマー"っていう
    クマさんみたいな顔をした人がいませんか?」
 ナージャ「タクマー?ええ、確かに同じ名前のクマみたいな人がいるけど、もしかして知り合いなの?」
 サワー「そうなんです、それでおとといタクマーさんから電話があって、こっちに来ないかって」

話によれば、どうやらタクマー氏は一座の役者が不足している事を考慮し、
元いた劇団で懇意にしていた彼女をここへ呼び寄せていたのだ。
それならば話は早い、早速採用する事にしよう。

524 :ナージャルート7日目最終:2005/03/22(火) 21:48:08 ID:AS4iHrkc
 ナージャ「それじゃあサワー、あなたを採用するわ」
 サワー「本当ですか!ありがとうございます!」
 ナージャ「あっ、でもちょっっと待って!採用するのはいいんだけど、
     日当が100Gっていうのは少し高すぎないかしら?」
 サワー「あの、元いた劇団のお給料がそれ位だったんですけど…ダメなんですか?」
 ナージャ「う〜ん、ごめんね、うちって貧乏劇団だからあんまり高いお給金は出せないの、
     だから半分の50Gって事でどうかしら???」
 サワー「全然OKです!」
 ナージャ「交渉成立ね!これであなたも一座の一員よ」
 サワー「はい、お役に立てる様、一生懸命がんばります!」
 リタ「よかったね、サワー!」
 サワー「うん、リタちゃんもおトイレ教えてくれてありがとね!それじゃあ支配人さん、わたし荷物取って来ます」
        /      .:::::::`:::::::::::::::::::/ _, -''~ ̄~`'-        ',::::...._.::::::::/
       /::::     ._, -ー'':~:::::::::::/  '             'ー-、,-,_:::`ヽ、''`'ー--、_
  __   /::::::.   ..:::/::::::::::::::::_, -'~                  ヽ,`i、,_:::\:::::::::::_ノ
'~:::::::::::`''-i'::::::::::::::::::::::::`''ー-一'7      _,,,,,,_               .l:::::`':::'_--=~-、_
:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::,-::::::::::::/     ,-'~, ---、ヽ,             'i,:::::::ヽ,\:::::::::::`i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::,イ    /' /:{   'i、          _    `i、:::::::'i,::ヽ:::::_ノ
`>--、:::::::::::::::::::::::/::::::::::,//     l' .i:::::::'lii、,,,,ノ::l         -,~-,ヽ,  .i';;ニ_-;'::::::}':<,
~::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、-,':'::;;;;;l     ' l:::::: llllllllll::::::l         /l  'li li, .i';_, -ー--<_:;;)
::::::::::::::::_-:::::::::;;;;;;;;;;;;;/::;;;;;;;;l       l  '''!!!' :/        .l::illiii:'::l .l i/      \
`''ー'''~/:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:_,,,,_;;;;l        ,ヽ、,_,,ノ         l llll'':::l .il.        'i
    l:::;;;;;;;;;_, -'~/  ~`'        `'ー-一'' /'-、,,_ ゚   ,'i,  ノ l::i,        l
    _,`ニ=~--、i ,--、、,,         ヽヽ  /: : : : : : ~7   `-'-~'  .l`'=i,      ノ
   (::::::::;;;;;;;;;;;;;;;l, .l:::::::::/             /: : : : : : : :./    ヽヽ  i' ./    _, -'
    `-、,_;;;;;;;;;;;;;;ヽ,`  '-、、、          /: : : : : : : :/        ノ ./    /
      (;;;;;;;;;;;;/ `'-、,_,,,,, -ヽ、_      i: : : : : : : :/       /,_./    /
       ~`''''/   .:://~     `'-、,,_   l: : : : : :.ノ    ._,, -;'~::_,ノ    ./
【I・G・サワー】・・・採用

これで全員の面談が済んだ。
しばらくしてから、それぞれ荷物を取りに帰っていた新規団員達が戻って来た。
皆の荷物を預かると、彼らにこれからの住処となる劇場内を案内して回った。
寝室についてはそれほど部屋がある訳では無いので一つの部屋を何人かで共用してもらう事になるだろう。

今日の収穫
・レストランの内装が完了した様だ。
 後はカルロス氏に作ってもらっている看板を取り付ければ『 味工場 』の完成である。
・新規団員を多数採用した。これで人手不足もある程度解消されるだろう。
 【南 光太郎】・・・・・・・・・・・・・・・・日当100G
 【ミユキ巡査とタカユキ巡査】・・・日当100G
 【出稼ぎ労働者×10人】・・・・・・日当100G
 【串田アキロー】・・・・1回の出演につき50G
 【スマートレディ】・・・・1回の出演につき50G
 【I・G・サワー】 ・・・・・・・・・・・・・・・・日当50G
 劇団運営にかかる日々の経費が"900G"になった。

7日目終了 借金返済まであと83日 ナージャの所持金9,050G オープン予定まであと6日

翌日は何をしよう?

A.脚本作りの為に自分だけでも先に取材を受けておく
B.演劇で使う音楽が欲しいので作曲を依頼できる人物を探す
C.久しぶりにオリヴァーが働いている店に行ってみる

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 22:16:21 ID:5PcrgnMZ
A。

後、団員増加に伴う訂正。

6日目終了 借金返済まであと84日 運営資金残り21,400G オープン予定まであと7日
7日目終了 借金返済まであと83日 運営資金残り14,450G オープン予定まであと6日
8日目終了 借金返済まであと82日 運営資金残り13,850G オープン予定まであと5日

526 :ローズマリールート:2005/03/22(火) 22:19:41 ID:oqAkwtLj
1:尾行する。
気付かれないように尾行を開始した。しかし、ヘルマンが歩いていった裏路地へ入ると・・・
                                                            _,-'ニニニヽ
                                                          ,,-'ア/   ヽヽ
                  ___                                   ,,/` l゙ i      ゙l.|
                _,,-‐''"",,---ミ ̄''ヽ、                                ,,/   ゙l│    . !l
              ,,/  ,,-‐''"   `゙ヾ,. ,<⌒ヽ、                         _,/`     .ヽ,\    //
             /  ,/'"         i   \  ヽ,                     ,,/         `'-ニニニノ
        ,/   フ            | i゙\ ヽ  ゙l                   ,/l゙      .ノ''''''ヽ,,,,,,--'"
       ,/    ,/           | │  \.l  ゙l                ,,/  ゙l、     | .,r'""ヽ
      ,/    / '''"""\       │.l゙    |  |              /    \   _,,┤ .|   |
      /    'フ     \   ,,   | .l゙    |  |             _,/ ̄ フ       \ツ   ゙l,,_゙l,,,,,/
      |    /   _,,,---、   ,,.〉 | .ト'''"'''-,. |  |       _彡    l゙     ,,,'''" ,,/ 
      レ''ヽ ,!      /::/ `   ヽ  | |---、  |  /     /l゙     ._,,,,,゙l  ,,''" ̄,,,-‐"
     / l゙ | |    `ー―'    /  .| |/:/    |  '     r'   ゙ /⌒ヽ/ .| ,,r ̄,,,,┬"
   /ヽ∧. ゙l  | l゙          i   | |i―'   i       l彡‐"|    `'ッ'"   l  |
   |  " l i、 | |            |   | l゙    ,l゙l   /⌒'V    │    |    |  |
 iヽi   ゙l,  ゙ l|           |  | |    /.l゙   `ー=i  ._,,-'゙'i     ゙l    .|  |
 ヽ     ヽ, `          へ l レ'    レ゙     |丿レ'″ _゙i   .|     /  |
  \     |   r‐ー''"     --′    /        |  ヽ._,,-'"`丶,,,,,、|   /  /
    `'''‐、   |   i    -、___        /        i´|    ヽ____,,-''',ン'゙|  /ヽ_/
       i,/゙ ヽ、      ヾニニ=- 〉 /         く |        _,,-'" |―v'"
       ,l    \ .           /        │l゙\  ,,_,,,ニニ\   | 丿
      ,-―''" ̄ ̄\         ,r'゜         / │ .,,'"     ̄ ̄|  l゙ .,lー'ー-、
   ,,-―''⌒'''ー、    |,      /          ,j,,,┴'′        ゙l l゙ l゙   )
 /       ゙゙\ / \__  __,/′         / ̄ .、         ,,,,,_| | |_,,,,-'
/            ∨  .人 ̄          /    \  ,,,,,-=ニ二_二_」  |'ヽ
             | ./  \           /    _    `''''ー――丶,,___ノ |
             | ,l:`ヽ/.        /  r‐'"            ''ー、.  │
なんとそこには、こちらに銃を向けるヘルマンの姿があった。
ヘルマン「ククク・・・ようやく会えたなローズマリー」
ローズマリー「へ・・ヘルマン叔父様、どういうつもりかしら?」
ヘルマン「お前の裏切りのせいであれから散々な目にあったぜ・・。そのお返しをしてやろうかと思ってな」

大ピンチだ。ヘルマンは本気で私を撃つつもりのようだ。しかも周りに人の姿は見えない。
1:「ごめんなさい!ヘルマン叔父様。あの時はああするしかなかったの」言い訳をしつつ目に涙を浮かべて謝る。
2:「お願い殺さないで・・。なんでもするから許して・・・」素直に命乞いをする
3:背を向けてひたすら逃げる
4:気付いてもらえるか分からないが大声を出す

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 22:22:01 ID:5PcrgnMZ
ってまた間違ったorz

8日目終了 借金返済まであと82日 運営資金残り13,550G オープン予定まであと5日

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 04:22:07 ID:d69U+PqG
ナージャはA、もう時間もないし急いで作ってもらった方がいいだろう。
ローズマリーは、お得意の演技でピンチを切り抜けるしかない。
下手に刺激すると危険なので1で素直に誤り、油断させておいてから
隙を見て逃げ出すしかない。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 04:31:57 ID:d69U+PqG
そういえばナージャルートとローズマリールートで資金を別けてる設定に
なっているのかな?
両ルートの資金の合計が合わなくなってるみたいだけど

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 07:00:37 ID:+MeRnjb4
ローズマリールートは合計表示してます。
計算は間違ってるかも。

後、ローズマリー個人資産はパリに来るまでに持ってたやつなので運営資金とは関係なし。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 17:54:52 ID:thVuo82U
この選択肢の中で1が一番無難だろうな。
ヘルマンが切れたら本当に撃ちかねないし。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:48:48 ID:0LBYZJRp
ヘルマンわりゃ、わしらのプリンセスになにをするんじゃっ!

今にもあぼーんされそうな雰囲気なのでここは無難に1。
それでもダメなら屈辱的だが2で。
「もう貴様には騙されんぞ!」とか言われそうだけど。
ここはなんとか乗り切り、スキを見て警察署か皆のいる劇場に逃げ込もう。
もし選択を間違えちゃったら、この物語始まって以来のGAME OVERが…?

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 19:09:20 ID:0QKge2Gz
ビジュアルノベルだったら、選択間違えば即あぼーんの展開だな。
ここはあえて3。
ヘルマンのことだから外す筈。
と思ったが、尾行に気がつくあたり、以前のヘルマンと同一人物とは思えん。
英国から逃げる途中で何らかのスキルを会得したのか。へたれの癖に生意気だ。
というわけで1。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 20:43:47 ID:kvfzDVe1
3だ。
とにかく劇場の皆に気付いてもらえ。
今のヘルマンにどんなバックがあったとしても
 仮 面 ラ イ ダ ー には勝てないだろうw

535 ::2005/03/23(水) 20:44:29 ID:nP5R12DO
1:目に涙を浮かべて必死に謝った

         ,-――--、___        ____
         〈::::::::::::::::::::::::::\_,--、,--―':::::::::::::::゙ー-、
         )::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
        /:::::::::,,,-‐'''''""゙` ̄ ̄ ̄`゙゙'‐-、::::::::::::::::/
        \/               \:::::::::/
         /    _,,,i´             \:::|゙ヽ
         /    / |              V  ゙i
      │   /   |               |:l  |
      l゙   /    |             .,_|:|  ゙l
        l゙  │    ヽ      !       、_二フ|
      l゙   l゙       \    \      `┴''''フ
      |   | ,--―'    ヽ、  --、_>、.   、_,,-''"|
      ヽ  |  、___.       ̄ ̄ \ iヽ_  フ./   |
        |`/゙l 、/,、 ,、      ―-'、,.   |:::.  ̄//   i
       | | |  i:ひ:|      iひ::iヾ  レ⌒V/     |
       | | |  ,!0:ノ      |:0::::|    / |'.    i
         )ヽ.|   ̄` ,.    ┴‐┴     /: i   |
     /  :::|     ′         ├‐''":::. |   \
    /    :::゙l    ┬--、       人:::::::::::. |     )
  /    ::/: `ヽ、  !   )     /:::::\:::::::. ゙l   /
  (     /:::::::::::::i\ `ー"    /:::::i:::::::::|::::::.  ゙l  (
  \   i :::::::::::::|:::::ヽ_   __,,-‐i'ゝ::::::::|:::::::::゙l::::::..  |   \
    )  ! ,,,,-‐'⌒r―( i ̄  .__/ ト、:::|__:::::::|:::::::.  i    )
  /  ,y'    |  |` ̄ ̄    .|  ̄/ ゙ー┴、::.  |   /
  (   .l゙   i  |              /   /`ー、:.゙l   |
  \. i\  ゙l.  レ-、       _/  /   i:. |  /
    `'l゙  \ \/ヽ \    _/         ゙l: |  i
    丿   Vニヽ ヽ |-、-‐''' _,,,-‐'       ) _/
   /     ト--、)   .|`))二 ̄      __,,,,-‐'| ̄
  /      | ''ヽ|   |彳\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .|
  ゙l      |   |  人 ヽ ヽ、          |
   \.    ヽ  |  | ゙l    ゙l          |

ローズマリー「ごめんなさい!ヘルマン叔父様。あの時は、ああするしかなかったの。お願い許してっ!」
ヘルマン「ふんっ!今さら謝っても遅いんだよ。それにもう貴様には騙されんぞ!」

ドンッ!!

発砲音の直後、腹部に衝撃が走り私はその場に倒れこんだ。
右わき腹の部分が血で真っ赤に染まっている。逃げようとしたが、体が痺れて動けない。
ヘルマンは再びこちらに銃口を向け止めを刺そうとしている。

ヘルマン「じゃあな。せいぜいあの世で後悔するがいい。ククク・・・アッハハハハ!」
ローズマリー「や・・・やめて・・。たすけて・・ナー・・・」
朦朧とする意識と恐怖の中で必死に声を出そうとしたが、それ以上は声にならなかった・・・。

GAME OVER (>>526へ戻る)


536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 20:56:01 ID:0LBYZJRp
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
ローズマリーが!
プリンセスがぁぁぁぁぁーーーーー!!!

ごめんよ、あの時4を選んでいたら
仮面の人が助けに来てくれたかもしれなかったのに……。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:01:16 ID:1ABLW+O2
・゚・(ノД`)・゚・。うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

ここは下手に芝居打つより助けを期待したほうがよかったのかぁぁぁ〜〜〜〜〜!
ごめんねローズマリーごめんね

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:05:03 ID:0QKge2Gz
即死イベントはこれから増加するのか?

やり直しということなので4で。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:21:58 ID:thVuo82U
ぎええええ〜!バットエンドかよ。
ここは4で悲鳴をあげてあのヒーローの登場を期待するしかないのか?

>>1さん新AA乙です。これは保存させてもらいまつ

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:52:36 ID:tT5J5HPg
4:気付いてもらえるか分からないが大声を出した。

ヘルマン「静かにしてろ!」
ローズマリー「くっ……」

*「ローズマリー!!」

     ,/′           、 .,、              ┴-、
    .,/ ,、       ,,i´/|  ,                  ヽ
   ./ ,、         ,!,/| ,/ ゙l  l゙|               ,`' i、
   |,/│      ,仆.l゙.l゙  | .| |        、       ゚|''''''″
   `丿      ,l゙|.| .゙l,|   ゙l、l゙ .|  |゙l、   │ .     i、 l
   丿      ,l゙ ゙ト `   リ  ヽ │i、  .,lト . ゙l ,/  ゙l゙l |
   丿       l` .,,,,,,,,,,,,,,,,,     ‘、゙l ゙l  │| .l゙ .l゙ノ  .i,l゙.|l゙
  丿   ._,_  | " _    ''',,,,,    ` .l ,i´l゙,l゙ .,l|′  | ゛
   /  ,r'"、.゙゙l,,,i´,/'' ̄ ̄ ̄\''ミミ     ∨ ,_,, i∧∧丿
   l  /  ゙l l゙'R,i´ ,,-」'''''''゙l,!、_.\` ,,i/ ̄ ̄   \.,, |
   l /.|l゙ 、ヽ/.| l l゙  " .l゙レ'|   `|,,,,,,,,l゙''''‖,`'‐ ., ,|.||,l
   ∨ | |i,゙l,  |.| .|,   .゙l,ニ,i´   .,广゙゙'||  l|,,,|  .,i´ |/
    .゙ll゙゙l ゙''`″ \         ,,/`  .儿 '"'″  |., //
      ゙l,,_,!   `''―――''"    | ‘―――'''" 
      ,/ .|              \    /
     .''‐|",.|      ,,,―-、、   .,,/    /|
      |/| ゙l、   .,/゙ヽ,,,_ `'ー'、,、_,   ,/| l
       ヽ|ヽ  .l゙   `゙''―--二丿  / l
      r― | \ .|           ゙l/` /
      |.ヽ|、  \. ゙l       ,i"/
      │  ゙''-、,, ゙'\ヽ,,、   .,/ /
   ,r‐ ッi″    `\.\.゙゙'''¬‐''ンィ
   ノ′ ヽ.       ,K `'''┬ー'", ,| 
 /             l゙ .゙l  / ,rく` \

ハービーは猛然と駆け寄り、私を突き飛ばした。
と同時に一発の銃声が鳴り響いた。
続いてハービーの同僚であろうか。数人が駆け付けてくるのが目に入った。

ヘルマン「くそっ!」

分が悪いと悟ったか、ヘルマンは路地の更に奥へと逃げていった。
助かった――。

ローズマリー「有難うございました。ハービーさん。」

ハービー「ぐぁ!」

私は息を飲んだ。
腹部の銃創と夥しい血が、両の目に鮮明に飛び込んできた。
相当の重症である。
私達は急いでハービーを病院へと運んだ。

応急処置の甲斐があってか、ハービーは奇跡的に一命を取りとめた。
ハービーは私が助かったことを喜んでいたが、全ては忠告を無視して尾行などしてしまった私の責任である。
いたたまれなくなった私は、病院を飛び出し、劇場の自室に駆け込んだ。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 22:02:44 ID:tT5J5HPg
暫くして、ナージャが私の部屋に入ってきた。

   ,,ィ〃:::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \;:::::::\\
  //:::::::::::,l゙::.   ゙l |    ,|.|   l i、   │       i::::::::::::::i |
  l゙i::::::::::::::::l: | i   | .|   l |   | l゙   l゙ ,l゙   ,!  l::::::::::::::|i
  ヽ、:::::::::::::| | | l _LL,,,,_ ゙i |   i |   _,,L,L,|,  .l ,! l:::::::::::::/
   `ー,,:::::::|、゙l.i l  ゙l,゙l--二‐`   "'二,,ニヽ',,.l゙ /,/ i::::::;;/
    `゙''ヾ、'_l‘‐ ",- ̄:::i       ,/ ̄iヾ、` `、,,,/'''゙`
      ヾ|.、 i、 ゙ |‘O':l       |`O':i   ,|.|.│
       |゙l ` ゙l  ヾ_,::/       ヽ,,:/   /, i |
       l゙ \,, i   ̄     i     ̄  /_/  l
        !   `ヽ               ,/゙′   i
      l゙     .:ヽ、     ̄- ̄    ,,/:::|     ゙l
      l゙    ,/:::::::::,"' 、     _,,-''"::::::::l 、   ゙l
     /  ,//::::::/:::i:i `''ー‐''" |::::|:::i、::::ヽ`'、   i

ナージャ「あなたは怪我ひとつしてないのね。」
ローズマリー「……」
ナージャ「タクマーさんとグリーンさんが、脚本を書くから話を聞きたいですって。じゃ。」
ローズマリー「ナージャ、私……。」
ナージャ「生憎だけど私はあなたと話すことなんてないわ。言づてしに来ただけだから。」
ナージャは冷たく言い放つと、部屋を出て行った。

ローズマリー「……」
私は――

1:タクマー氏のところへ行く。
2:ナージャに謝りに行く。
3:もう一度ハービーのところへ行く。
4:他の一座のメンバーと話をする。
5:今日はもう寝る。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 22:35:56 ID:Fvyo/Zvl
ローズマリーの死に方は>>535みたいな、あっけなく惨めな死に方がふさわしいのかも。
ローズマリーの進む道は成功と莫大な富が待つ輝かしい道か、あるいは惨めな破滅への道かだな。 

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 23:18:54 ID:0LBYZJRp
生身の身体で立ち向かっていったハービーは偉い!
ていうか、ナージャかなり怒ってますな…。
今の彼女には何を言ってもつっぱねられそうなので、ここは素直に1を。

こけら落としを目前にしての急展開にもう目が離せませんです。

544 :483:2005/03/23(水) 23:28:45 ID:0LBYZJRp
ローズマリーの進行さんへ。
以前>>483の提案にて
「ナージャが展開に追いつくまでローズマリーの進行は保留」
なんて事を書いてしまいましたが、
ナージャルートの方がかなり遅れてちゃって(すいませぬ)
このままじゃローズマリーの展開の足を引っ張る事になりそうです。
という訳でナージャルートの進行具合に関わらずこのままローズマリーの進行レスを進めてくださいな。
こちらもなるべく早くに残った分を埋めていきますので。

2人の進行具合を表にするとだいたいこんな感じでしょうか。

・ナージャルート8日目(予定)       ・ローズマリールート8日目
選択した行動                  アーベルひと足先にパリへ向かう
夜、アーベル帰還                ローズマリー宿泊              
↓.                        ↓
・ナージャルート9日目前半(予定)    ・ローズマリールート9日目前半
朝方ローズマリーから連絡、          朝一でパリに向かう
夕方頃帰れそうとの事            │         
選択した行動 . .                 │
前半終了時点でナージャルート終了...   │
......                        ↓
                         ・ローズマリールート9日目後半
                          夕方頃、パリに到着
                          ヘルマンに遭遇
                          ↓
                          ハービー撃たれる

後、ナージャとローズマリーそれぞれの所持金に関してはこんな風にしてみてはどうでしょう。
>>483での【所持金に関して】の案を前提に考えています。

・ローズマリー
8日目の昼に駅近くにてナージャと分けて所持していた分の運営資金を全額アーベルに預け、
所持金は個人資産だけとなる。(その日の宿泊費についてはここから出した?)
・ナージャ
8日目の夜にアーベルが運営資金を持ち帰り、
ナージャが所持している分の運営資金に加算される。

なんか混乱させちゃったみたいで実に申し訳ない。>ローズマリーの進行さん

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 23:41:21 ID:HPtAXGyT
ところで進行役やってる人って何人くらいいるの?
漏れは選択だけの参加だけど、だれか全体のまとめ役の人がいると
流れがわかりやすくて助かるのだけど・・ 

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 05:01:31 ID:0g47/N2X
どうなんだろ?結構人数いるかもね。
526は俺だったけど、その前の517さんや524さん、続きの535さんとかはみんな人違うみたいだし。
まあ、全体の流れをまとめるのは良い案かもね。そちらの方が参加者も進行人も分かりやすいだろうし。
スレ立てた1さんがまだいるのなら、代表としてある程度進んだ時点で、そこまでの物語の流れの
大まかなまとめをしてもらうとかはどうだろう。・・と勝手にお願いしてみる。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 08:23:23 ID:VsjWmAju
まずは4で他のメンバーと話してみては?
しかしローズマリーがヘルマンの様なヘタレに殺されてしまうとはショックだ。
許さん・・絶対に許さんぞヘタレヘルマン!じわじわとなぶ(ry

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 22:11:52 ID:B8x3HzF0
やはりナージャとは水と油、光と闇の定め。
開き直って一座を飛び出して再び黒いローズマリーに戻る道も・・。

549 :ナージャルート8日目:2005/03/24(木) 23:48:37 ID:Wp+FRqNq
A.脚本作りの為に自分だけでも先に取材を受けておく

その日の昼食後、私はタクマー氏とグリーン氏が待つ部屋に招かれ取材を受ける事となった。
取材の内容は、私がプレミンジャー公爵の孫娘として世に知られる以前、
それまでにどんな経緯を辿って来たのかを一から十まで詳しく聞かせて欲しいというものだった。

そこで私は、自分が元いた孤児院にお母さんのプローチやドレスが届いた所から話し始めた。
それから孤児院が火事になった事、
ブローチを狙う2人組の探偵に追われる様になった事、
ダンデライオン一座に入団し、ヨーロッパ中を巡業した事、
旅の途中で出会った人達の事などなど、
それらを時系列に沿って、ひとつづつ思い出しながら話していった。
改めて思うが、私が孤児院を出てから今に至るまでの間、本当に色んな事があったのだ。

途中で何度か休憩を入れつつ、取材はその日の夕方まで続いた。

──────────────────────────────

夜になり、アーベルがカゴ一杯のお土産を引っさげて劇場に帰ってきた。
どうやら予定より早く帰って来れたみたいだ。
ワインはローズマリーのおかげもあってかなりの上物を格安で買い付ける事が出来たそうだ。
しかし当のローズマリーの姿が見当たらない。
どうしたのだろう。
アーベルの話しによれば帰り道の途中、駅近くで迷子になっていた女の子が居たらしく
その子の親を探してあげる為にローズマリーは一人ボルドーに残ったのだという。
それを聞いて私はとても嬉しくなった。
ローズマリーはもう私を追い詰めていた時の彼女ではない、
雰囲気こそ変わったものの、孤児院に居た頃の様な優しいローズマリーに戻ってくれたのだ。

 アーベル「でもその女の子、ローズマリーにとても良く似ていたんだ、
     2人並んだ所なんてまるで本当の姉妹みたいだったよ」

550 :ナージャルート8日目最終:2005/03/25(金) 00:45:00 ID:u9Wn6/DU
リタのたっての希望でサワーは私達と同じ部屋で寝る事になっていた。
と言う訳で昨日からローズマリーのベッドは彼女が使っている。
しかしローズマリーは明日にでも帰って来るだろう。
新たにベッドを置こうにも、私達の部屋はすでに満員状態だ。
この際なのでローズマリーが前々から欲しがっていた個室を作ってあげよう。
ニコル達と協力して彼女の生活用具一式を空き部屋へ移し変える為、
まずはベッドの下から彼女の荷物を引っ張り出した。

   リタ「ナージャ、ほら、これ見て!」
 ナージャ「カタナ…?なんでこんなの持ってるんだろ、しかもこれ偽者じゃない」
   リタ「ケンノスケにあげたら喜ぶかな?」
 ナージャ「ダメよリタ、これはローズマリーのなんだから」
  ニコル「あ〜、この望遠鏡、懐かしいわ〜、確か前にパリに来た時に買ったのよねぇ、
     あれ?何も見えないわ〜、壊れてるのかしら?」
  サワー「ねぇ支配人さん、これってもしかして宝の地図じゃないですか?」
 ナージャ「ホントだ、きっとこれも偽者ね…」

あれこれとローズマリーの所持品を掘り出していた所、
一着の見慣れた服が出てきた。
私達が孤児院でいつも着ていたあのエプロンドレスだ。

../, : . . ; ;'. . . . . ;'i i ; . . . . . . . i ; . . . . . . . .
.l; . . . .i ; . . . . . ;.i i ; . ._;,;,_. . . .i; . . . . . ; i :
i ; . . . .i ; . . .,;r-;.i '; ; . . . .`.'.、.j' . . . . . ;. ! :
.゙;', . .; :.i ; . :'゙. . .';i  '; ; . . ; . ; ,ソ; . . . . .,;:.:i :
 ';'、. '.;.:','、 、,,;、.;、'、 '、' ,、'‐'‐'<;、 , : : ;;::ノ; :
  `、.、 '、:.i-,i!゙ _ `    ´, 、   ゙Y  彡(. :
   `'゙-、,,'i,  i..;';      !:.;.i     ,r l :
       !゙'、 ';.;ソ    ';..ツ       ノ :
      i.゙;'i  '''' r    ゙゙゙    ,r:.:i゙; . .
    __ ! ; ゙、,           ,、.'l:.i:.:.';゙'、,
   /゙  l ..;.ノ.`.-、,,_  。 _,,、-:':゙i:.:.:i:.i:.:.:`、_`
   !、__,,レシ{ :.:.:.:.:.i.i`:':'i゙´: :   !:.:.:i..i:.:.:.:.. .`
   `ー‐''i . ゙y;;;;,、:.:.)',;;;;;;!,    ,,!,;;;,,!,,';;;;;;;、

 ナージャ「ローズマリー、まだこの服持ってたんだ…とっくに捨てちゃってたのかと思ってた」
  ニコル「やーねぇナージャったら、それはとっても大切な物なんだから、捨てるはず無いじゃない」
 ナージャ「うん、でもローズマリーって孤児院に居た時の事、あんまり良く思って無かったみたいだから…
     院長先生の事も好きじゃないみたいだし」
  ニコル「そんな事ないわ、だってローズマリーは私と一緒に院長先生のお墓にお参りしに行ったのよ」
 ナージャ「お参りに?ローズマリーが?」
  ニコル「もし本当に孤児院や院長先生の事が嫌いだったら、お参りになんて行かないでしょ?
     ローズマリーだってアップルフィールド孤児院の事が大好きなのよ」
 ナージャ「そっか、うん、ニコルの言う通りだよね!」

今日の収穫
・高級ワインを格安で買い付ける事に成功、商品は後日劇場へ配送されるとの事。
・『味工場』に看板を取り付けた。立派なレストランの完成だ。
・ローズマリーに個室を作ってあげた。
・ローズマリーに持たせていた分の運営資金をアーベルが持ち帰って来た。
 現在のナージャの所持金に+4,950G

8日目終了 借金返済まであと82日 ナージャの所持金13,100G オープン予定まであと5日

────────────────────────────────
※明日はハービーと仲間の記者達が一座を取材しに来る事になっています。

551 :1:2005/03/25(金) 00:45:06 ID:t8XCNf7R
ナージャルート進行役さん乙。
銃撃事件前のナージャのうれしそうな様子を見るとなんだか悲しくなります。

>>546さん
今後はある程度話が進んだら、まとめを入れようかと思います。
ただ、時間があるときに気まぐれでやるので期待はできないかも・・

あと>535の死亡エンドはこうなる可能性もあったかも程度にみてください。

552 :483:2005/03/25(金) 03:01:55 ID:u9Wn6/DU
>1さん感想サンクスです。
一瞬、"銃撃事件"を"銃殺事件"と見間違えて悲しい気持ちになりました。

後、他の進行様方へ
>550の【今日の収穫】にて書いた、ナージャルート8日目の夜にアーベルが持ち帰って来たという
運営資金の額は以下の様な考え方で算出しています。

・6日目にボルドーへ向かったローズマリーに持たせた運営資金は11,450G

・6日目以降、ローズマリーに持たせた運営資金から出た出費
 行きの汽車代2人分:150G
 ワイン代:6,000G
 7日目宿泊代:100G
 帰りの汽車代2人分(2人はバラバラに帰って来たけど、この際まとめて):150G
 8日目宿泊代(ローズマリーのみ宿泊):100G
 合計出費:6,500G
 残った運営資金:【4,950G】※これをアーベルが持ち帰って来た。

・ローズマリーの個人資産から出た出費
 お土産代:100G

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 21:37:35 ID:N61fSUSZ
1:タクマー氏のところへ行くことにした。

孤児院時代のこと。メイドとして働いていた時分のこと。ナージャ・プレミンジャーであった時のこと。
取材は深夜まで及んだ。

気がつくと、私はベッドの上に突っ伏していた。
朝の日差しがまぶしい。表の通りは、喧騒でごった返している。
どうやら、いつのまにか自室に帰って寝ていたらしい。

9日目終了 借金返済まであと81日 運営資金残り12,200G オープン予定まであと4日

広間に下りると、皆が一堂に会している。
なんと、もう脚本が完成したらしい。

ローズマリー「おはようございます。」
団長「おはよう。」
アーベル「おはよう。」
ナージャは私に目を合わせすらしない。

団長「さて、本番まで後4日。気合入れていくぞ!」
ケンノスケ「あのさ、おいらの出番がないんだけど。」
タクマー「不必要な分は極力削りました。」
ケンノスケ「なんでなんでなんで。おいらだって……」
タクマー「他に質問はありますか?」
ナージャ「なんか孤児院時代が凄く悲惨だったみたく書いてるけど、これはやっぱりだれかさんの指図かしら。」

ナージャがちらと私の方を見た。

ローズマリー「私は知らないわよ。」
ナージャ「どうだか。」
KYG「ああ、そっちの方が客受けがいいですから、変更させていただきました。」
ローズマリー「だそうよ。」
ナージャ「ふーん。」

重々しい空気があたりを支配する。

団長「あー、兎も角早速練習だ。演劇班は台本を持って舞台に集合しろ。」

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 22:01:46 ID:N61fSUSZ
まずは台本を見ながら一度全編を通すことにした。
とはいっても、素人がそう簡単に出来るものでもない。
一度目なのでタクマー氏は口を出していないが、
舞台の出来栄えは、その表情から手に取るように判る。

−−−−−
ローズマリー「想像もしてなかったでしょ?このお人よしが!」
ナージャ「やめて。」
ローズマリー「優しくて可愛くて…」
ナージャ「やめて。」
ローズマリー「誰からも好かれてるってだけじゃ…」
ナージャ「やめて。」
ローズマリー「幸せになんかなれないのよ!」
ナージャ「やめてー。」
ローズマリー「さようなら。どこの誰だかわからないお嬢さん……」
ナージャ「おかあさんのドレスが。おかあさんのドレスがー。」
−−−−−

相変わらずナージャは棒読みである。
自分が実際に言った台詞くらい、ちゃんと言ってもらいたいものだが。

ローズマリー「あのね、ナージャ。
これは流れを掴む為やってるだけだけど、
本番はお客さん相手にやるんだからもっと感情を込めて……」
ナージャ「……誰かのせいでその気になれないのよね。誰のせいかしら。」
ローズマリー「……」

  |::::::::::::::/::::::   | /    /   ‐+-ヽ┤  `''ー─'i  |.| .|│ |  _,,,,--ri|,i´  ,l ./,/     ^ヽ
丿:::::::::::/::::::   |_/、 |/    `_ヽ_li、、  _,ノ  ヽヽ`|ヽ ヾ_ヽ  '゙" :::::::/ ///   :::::ヽ
/:::::::: !::l::::    / ヽ ∨|.      --r-、:::l~゙゙゙゙゙゛      ` ''゙l  ' ヘ\     ´゙゙ニヽ    
::::::::::|:::|:::     | :::い       、l;┃ i             ゙l.   p|ヽ"′    ぐ |      
::::::::/::;!:::. ::.  人,__          `  ヽ_          _,/   |;|,        _;/:′   
:::::/::::|::::: ::::  | |ミ:::::             /          ヽ             /く:::::::     
::::::|::::::::::::::::  ゙| |::::::::.             _ ,l            l、.           .:/:::::ト、::::    
::::l゙   、    ゙| |:::::::::.           ノ            ゙i`       .:::::::::::ヽ、ヽ;_    
::;i´   |     ゙|゙|:::::::::::::::.        /             .`l、   _.;.::::::::::::::::::::::l-;;;;゙''ー-
/::    |     | ヽ::::::  ,-;;,.  ,,,_/                `'''-''''" ゙l      ::ト、゙::'''''

1:張り倒す。
2:「仕事は真面目にやれ」と諭す。
3:「さあだれのことかしら」ととぼける。
4:劇を先に進める。
5:「私のせいです」と泣く。
6:練習をやめて自室に戻る。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 22:13:57 ID:gr0wD6WG
1→2→6で
なんだかローズマリーがいい人になって、ナージャが嫌な奴になってきてるなw

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 22:34:29 ID:wb4zGyHm
確かにローズマリーとナージャの性格が完全に入れ替わってる気ガス

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 01:59:23 ID:GyFb+wAs
ここでブチ切れては状況は悪化する一方かと。
5でいきなり泣き出してナージャの意表を突いてみては?

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 10:51:53 ID:vIU4WmlA
この状況を変えるには一発お得意の芝居を打つしかない。
4で泣きながら「ごめんなさいナージャ、私があんな危険な事をしなたせいでハービーが・・」なんて言えば
単純なナージャの事だから態度を変えるかもしれん。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 11:06:48 ID:4reZ6bjn
最初は1にしようかと思ったが、考えてみるとハービーの件は確かに自分の不注意から招いた不幸な事故だが
自分達の劇場の前に怪しい人物、特にナージャや自分に良からぬ感情を抱いているヘルマンなら
みんなの安全のために動向を少しは探っておきたくなるのもまた人情かもしれない。
だからその辺が分かっているからこそ大人のハービーはローズマリーを責めなかったのだろうし、
それに多分もしもあの場に居合わせたのがナージャでもそうしたのではという気もする。

ということで5
ナージャ、怒る気持ちも分かるが相手の気持ちも考えてもう許してやれよ。


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 11:41:13 ID:ZAqHN4fq
ナージャの怒り方が実に彼女らしいというか、ガキっぽくてイイ感じですのう。
ていうかイガラシディレクターとKY先生が喋ってるの初めて見ました。

ナージャが怒ってる理由はハービーの事だけでは無く、
ローズマリーが一人で危ない橋を渡ろうとした事に対しても身内の感情で腹を立ててるのだと思う。
なので5で泣いて謝まれば説教かました後に許してくれるかも。

561 :1:2005/03/26(土) 13:21:19 ID:1s+1dGei
1:泣いて謝ってみた

ローズマリー「ごめんなさいナージャ。私のせいよね・・・」
ナージャ「・・・ロ、ローズマリー・・・?」
ローズマリー「危険だという事は分かっていたわ。でも、もしヘルマンがあなたを狙ってここに来ているのかと考えたら
       どうしてもじっとしていられなくて・・・。」
ナージャ「・・・」
ローズマリー「でも間違っていたわ。私の勝手な行動なせいでハービーさんがあんな事になってしまうなんて・・」
ナージャ「ローズマリー、1つだけ約束して。今後、絶対に1人で危険な行動はしないと。私はあなたが1人であんな危険な行動を
       した事が許せなかったの。あなたには一座の仲間がいるんだから必ずみんなに相談して・・。約束よ!ローズマリー」
ローズマリー「ナージャ・・・わかったわ約束する。今後、絶対にあんな危険な事はしないわ」
ナージャ「じゃあ、許してあげる。明日、一緒にハービーのお見舞いに行きましょ」
ローズマリー「ありがとうナージャ・・・」

  /      ,‐ 、    :::||::::::::::::::::::|      |:|      i
  |  ,-、-‐=/ /::i==、==||=--、::::::::゙l     |:゙l.      |
  |. / /i / ̄::::! / /:i:::::||::::::::::゙:::::::::゙l     |::゙l      |
  レ  ̄://  :::// ̄::::!::::||::::::::::::::::::::::\   .|:::゙l      ゙l
    ::://  ::::://  ::::/―:!--::::::::::::::::::::::\  ゙lーヽ―====|--、__
  ::::/'  ::::://  :::/二ニニミミ、::::::::::::___:::::::\ ゙l,i⌒:、.   |   ゙
  :::/i   :::://  :::/'ヽ' 'ヽ' ' :::::::://i:::,-、;:\i | :::|\.  ゙l ,--、
  :〈 |   :::|,'  ::::i  .i .i  ::::/ ̄::::ノ::| |::ヽ;:::|  ̄::|--\___iヽ_:\
  ::::;l   ::::|   ::::|0。i .! ./  ::::/:::::| ー::|:::|  ::::|二ニニミ:|   ̄:i,--、
  ::::|   :::::|   ::::|,,⊂=/ ./  ::::/::::: ::::|  ::::i:::|  ::::|' ' 'i':'ヾ゙l   ::゙lヽ_:ヽ
  ::::|   :::::|   ::::|,,,,,,,/_ /  ::::/::::::: :::|  ::::|::|  ::::|_ノヽ i:|   :::|:::::::::i\
  ::::|   :::::|   ::::|::::::::::/  :::::/::::::  :::|  ::::|::|  ::::|' 0。 i i:|  ::::|::::::::::|:::
  ::::|   :::::|   ::::|:::::/  :::::/::::::   ::|  ::::|::|  ::::| ,,⊂=:/  ::::i::::::::::::|::
   '   ::::|   ::,ン'    ::::::/::::     :/  :::::|:|  :::::|'''''''''':/  ::::/:i::::::::::;|::
       :'        :::::/:::: i :::: /   ::|!  ::::::|::::::/  :::/:/::::::::::/:::
              :::::::〈::: 丿 :::::/    :ヽ  ::::::レ'   :://:::::::::/:::::
 ゙l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::: ::::::/         ::::::   ::::|'::::::::::::/::::::::
  ゙l  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l:  :::/     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::/⌒ヽ::
  .l゙i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: /    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/:::
 ./ | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::

ローズマリー(ナージャ・・・あなた相変わらず単純ね。それとも私が演技の天才なのかしら?うふふ・・・)

結局、その日は練習時間が無くなってしまったので翌日から気合を入れて集中的に行うことになった。
その晩、団長の提案により一座のみんなで集まって、こけらおとし前祝パーティーを実施することになった。どんなパーティーをしよう?

1:劇場のレストランでニコル達が作った料理を食べながら(−500G)
2:高級レストランでフランス料理フルコース(−1000G)
3:大衆酒場で宴会(−600G 二次会つき)
4:公園でシートを広げて宴会(−400G)

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 13:26:10 ID:1s+1dGei
訂正
1:泣いて謝ってみた
      ↓
5:泣いて謝ってみた

スマソ

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 13:37:41 ID:0XSYIjpj
無難に1か3でもいいけど
なんかイベント起きるかもしれんので2といっときたい

どうでもいいけどシルヴィーはエロすぎると思いまし

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 14:04:20 ID:aT20xNxI
普通は完成したばかりの味工場で試食会も兼ねてとなるのだろうけど
それではつまらないしな。面白いイベントが発生しそうな3で。

しかし黒い、黒いよローズマリー・・・・


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 14:35:03 ID:ZAqHN4fq
演技の天才キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
ローズマリー節全開でシビれました。
新作AA、かなりイイですぜ>1さん。
酔ったローズマリー(未成年)の痴態を見てみたいのでここは是非3を。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 18:55:44 ID:vIU4WmlA
久しぶりにローズマリーの真の姿を見た気がするw。
4も良さそうじゃない?酔っ払いに絡まれるイベントとかがありそうだ。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 18:56:33 ID:7l309cKT
>561

        ヾミ:::::::::::::::::::::::::::::::|
     ト=彳::::::::::::::::::::::::::::::::|
     {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      ィソ::::::::::::::r''"~´´´ `|
    乂:::::::::::::/         |
     彡jj::::::/       |
      ミj::::l ヾ=、,,,_    |
      1|:::|   ヾ,UTミヽ |
       ハl,     ̄`   |  ふん・・・
       ″ !      , '   | 君って奴はなかなか腹黒いなぁ・・・ニヤニヤ
            ト   {、  |
     _.. -‐イ {ハ ! ^ヽ、.___|
,r─''´ __rイ|  | ヽ.  ヽニニ|
___rイ   !  ヽ ヽ     |
    |   |     ヽ ` ー--|
         ↑この方は見抜いてた模様・・・

568 :1:2005/03/27(日) 09:04:18 ID:fZ3AnIZc
3:大衆酒場で宴会することになった

一座の全員で夜の繁華街へ乗りだし、酒場へ入った。
宴会が始まったばかりなのに団長達の大人組は早くも酔っ払って騒ぎ出している。
団長「ナージャ、ローズマリー、お前らも飲め飲め」
ナージャ「えっ?私も飲んでいいの?一度お酒飲んでみたかったんだ〜」
ローズマリー「わ・・私はいいです・・」
団長「なんだ!団長の命令が聞けないのか?こうなったら無理矢理飲ませてやる!」
ローズマリー「や・・やめてください!むぐっ・・」

大量の酒を飲まされた後、店を変えるためにみんなで表へ出たところで私は盛大に吐いた。

                                        _,,-―-、__
                                      __,/       __`!_
                               ,,-‐―---'"        i:::::::::::::ヽ
                               /               フ 入::::::l
                           __ノ   _,-‐          .//   ̄.l
                          `i___/    _    .,- r' ̄ヽ-‐‐┐ ::;ノ
                            ヽ__,,ノ /   ̄.`i. l /  ::::::::::::::/::::/
                            〉    .ノ    ::::::| | |::::::::::::::::::r‐l;i;/
                               >―' ̄     :::: |:!::|_::::::__,-‐′
                             ,/   :::::::::::    :::::├‐'  ̄
                             ブー-、  ::::_::::::::::::::::::::`ヽ  :
                        _ /    .`ー-'::::::\::::,- ―┬′ i
                       __,,-‐'"  ̄\  ::::::::::::::;/ ̄八...  |   i゜;i
                    ,,-'"        `ヽ/ ̄ ̄|::.  | |:::  |   |;゜|
                 /           :::,|    |::  | |:::  |   |。|
                /            ::l゙    |::: | |:::  |   !.i
               /            :::::゙l、    |;;;__| |;;____|   ;
               i             :::::::::\  |:: |  |:  |
               |              ::::::::::.\ |:. |  |:  |   .;
              _,!:::               __::::::;┴ ┴、 |:: |   i.!
              ,,/ \:::::::::::::::::::::::::::,,-―' ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i、:  |   |
            _,/     ヽ:::::::::::::::::/           :::::::::::::|:  |
    _,,―‐'"         ̄ ̄ ̄              :::::::::||:. |   :
   /:i                                  ::::;ノi:_|__
  /:::::::l                        ::::::::::::   :::::::/ 'ー-‐‐゙ ┴
 /:::::::::゙l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;--、::::::,-――'' ̄ ̄ ̄
  ̄`ー┴―' ̄ ̄ ̄`ー―' ̄ ̄`ー--―'    ̄

なぜか、私より多い量を飲んでいたはずのナージャはまったく平気そうな顔をしている。
一座のみんなは倒れ込んでいる私の事などまったく気付かずに騒ぎながら次の店へと向かっていった。
なんで誰も気付いてくれないのよ!!みんなの裏切り者ぉぉぉぉぉ〜!

569 :1:2005/03/27(日) 09:05:31 ID:fZ3AnIZc
結局、私はフラフラになった体を引きずりながら一人で劇場へと帰った。
二日酔いで翌日も動くことができずに1日を寝て過ごすことになってしまった。
ちなみにナージャは朝から一人でみっちりと演技指導を受けさせられていたようだ。

10日目及び11日目終了 借金返済まであと79日 運営資金残り9800G オープン予定まであと2日

いよいよオープンも近くなってきた。翌日の行動はどうしよう?
1:宣伝用のチラシ配り(−500G 初日のみ劇場の来客数がMAX)
2:新しく採用した団員達と話をしてみる
3:ハービーのお見舞い
4:ナージャの練習状況を見に行く

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 09:09:52 ID:FUwcMe5x
3にイピョーウ

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 09:40:32 ID:BAQUZoqc
2も面白そうだ。
二大腹黒キャラのスペシャル対談を是非。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 12:56:58 ID:9Dik0AAx
置いてけぼりで二日酔いなローズマリー哀れ・゚・(ノД`;)・゚・
>565で"痴態が見たい"なんて言っちゃったばっかりに…。
ていうかなんでナージャは平気なんだろうか。
あと、>1さんのゲロマリーは頂きました。

1の宣伝は既にハービーがやってくれる事になってるみたいだし
ハービーのお見舞いにでも行った後、2で他の団員達と話しをしてみよう。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 14:45:43 ID:MH+AVDXe
なんか妙にリアルな話だなw。酔った団長、DQN上司だ。
同じ目に会ったナージャは大丈夫だったとこを見ると酒に強いのたろうか?
まあ、何にしてもローズマリー哀れ杉・・・ご愁傷様でした。
 出稼ぎ労働者達のドラマなんてのも見てみたいので、2で

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 00:11:47 ID:fLsOcDtP
ナージャは酒とか強そうな気がする・・なんとなくだけど
ローズマリーは飲めそうな顔してるけど意外と弱いのかもしれん
ニコルは絶対に酒乱タイプ

575 :ナージャルート9日目:2005/03/28(月) 02:03:18 ID:ajUiWkZH
朝一番、劇場にワイン一ヶ月分が届いた!
            ,_ ::|    
            ./||  | ∧_∧    __
         /::::::||  |(´┏┓`) // /|
         |::::::::::||  | |つ ./ ̄| ̄ ̄|  |
         |::::::::::||  | (_)| ̄ ̄|__|/|
    ,     .|::::::::::||  |   |__|__|/   ∧_∧
  . /l|     .|::::::::::||/        __    ( ´∀`)_
 ∠,∧l|     .|:/´/ .∧_∧  ///|    ( つ|\\\
 |´〜`)     |/  (´ー ` ) | ̄ ̄| |.    (__ノヽ\| ̄ ̄|
 |  ,と)   ./   O/とヽ |  .|__|/          ̄ ̄


皆と朝食を取っていた所、電話が掛かってきた。
こんな朝早くに誰だろう。
     
      ,'´⌒⌒ヽ
     .i´(((!´゙リ))
     .J ∩゚ ヮ゚ノリ
□………(つ  | 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.             |
                |
 ナージャ「はい、こちらダンデライオン劇場です」
    ?「……支配人さんはいらっしゃいますか?」
 ナージャ「私が支配人です、なにか御用ですか?」
    ?「まあ、あなたが支配人ですって?お宅の劇場はもうお終いね」
 ナージャ「ムッ!いきなり何よ!ていうか、あなた誰なんですか!?」
    ?「うふふっ、私よ、私」
 ナージャ「…あの…だれですか?」
    ?「もうっ、ナージャったら私の声を忘れちゃったの?」
 ナージャ「あ!もしかしてローズマリーなのね!」

どうやら駅から掛けて来ているらしい。
今から汽車に乗ってこちらへ向かう所なのだとか。
夕方頃には帰ってこれるとの事。
例の迷子の子は無事にお母さんと会えたそうな。

そういえば今日はモンマルトルジャーナルの記者らが取材に来る日だ。
色々と準備をしておかねば。
支配人は今日も大忙しである。

          ,'´⌒⌒ヽ
     ニ二三 i´(((!´゙リ))
  ―ニニ ..三 J リ ゚ ワ゚ノリ
    -ニ三  /O|>O<(つ
 ̄ ̄ ̄ .-ニ三 ´く,、,、,!´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          @@
  ヾ                 ▲ミ▲
 ⊂⌒∧ミ∧          ミ ・Д・ミ
   ミ ・Д・ミ        〜'と_ ⊃⊃
    ∪∪

576 :ナージャルート9日目:2005/03/28(月) 02:08:10 ID:ajUiWkZH
.   i───i       | |
. 培二二二|__    .......| |
  i´(((!´゙リ))     ...| |
 J リ.゚ ワ゚ノリ      .| |
 ⊂|>O<(つ    .........| |         /w  ヽ   ,、―-、.   
 く,、,、,、,!       .....| |          ○9 | ⊂____)  (     ) ( ニ  )7
  (/ U         | |         L r、,、  (`   )  (` 9wノ (`   )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ヽ /.┗┛ヽ  /   ヽ /   ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       | __|  |   |   | __|  |    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |  |   | ||   | ||  | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    (__)_)  (__)_)  .(__)_) (__)_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お昼頃、ハービーが仲間の記者達を連れて劇場へやって来ました。 

   ____
        | ||                           
        | ||       i───i   /w ,,,,ヽ   ,、―-、.       
        | ||     培二二二|__  ○○  (_二ニ=っ (√\w)  ( ニ  )7
        | ||      i´(((!´゙リ))   |〈 _   (´∀` )  6 ´∀`ノ  (^д^ )
        | ||      J .リ ゚ ヮ゚ノリ.   /<Y>ヽ /┃U┃|  /<Y>. ヽ  / ^Y^ ヽ 
        | ||       ⊂>O<(つ   |  : |  ⊃回と) ○人.: .ノU 【◎】と)
.         \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈,、,、,!ゝ  ̄  |  |   Y  人   .ノ .人   Y  人
.          \       Uヽ)   (_(_) (_」 J  .(___人__)  (_」 J

まずは彼らを応接室にお招きです。


                    パシャ! \ l  ,、―-、.
         i───i          ─  ◎(_二ニ=っ
       培二二二|__          / 回(∀´  )オープリティ!
        i´(((!´゙リ))             ⊂二  ヽ
    i⌒⌒J リ^ ワ^ノリ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i |   |
    |    (つ>O<つ                 |
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     旦   旦                /w  ヽ
  へ⌒) ___  ⌒⌒ヽ______旦 ○9 |
 ミミミ ^)     (      )            L r、,、
(    )       ww              /   ヽ
          /   ヽ

私こそはナージャ・アップルフィールド。 
ダンデライオン一座専属のダンサーにして当劇場の支配人です。
なんと若干14才!今度の演劇では主役を務めさせて頂く事になりました。

それでは他の団員達もご紹介しましょう。
まずは・・・
          α   
       (ノ ヽ ヽ  
        (゚ワ´|ノ ヾ☆
       (●●ノ〉
       〈,、’、,、,)
        しし' 
   〜長くなるので省略〜

577 :ナージャルート9日目:2005/03/28(月) 02:12:33 ID:ajUiWkZH
       /                    .\
     /                       .\
 \ /                          \ /
   \      ___________     . /
    \   ./    無国籍料理     \   /
     | \/      味 工 場☆.     \/ |
     |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|  |
     |  |                       |  |
  .._ |_|                       |_|_..
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
     |  |δρ∞β              α .|  |
     |  | ε.^ヮ゚ノ            (ノ ヽ ヽ. .|  |
     |  | (_)^ωiつ           (゚ワ^|ノ . |  |
     -─- U/_ ̄ヽ   _ _ _ _   ⊂(●●ノ〉 .|\|_
    / シ~~~丶~じワ~ _−_−_−_.. 〈,、’、,、,)...|  |  \
   (,,,6.^ワ^ノゝ /━ ━ ━ ━ ━ ━しし' \|  |
   ⊂()^g^iつ/━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ \_\.|_
     /_  ヽ ━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ \_\
   /~じワ~ ━  ━  ━  ━  ━  ━ ...━\  \
レストランの完成を記念してハービー達を試食会にご招待!

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | 草加さんがお料理得意だったなんて知らなかったわ。
      \
         ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              , ----、                      
          /::::::/^^ヽ        ジャッ            
グツグツ…      |::::─○┤     ∧,,,∧ ジャッ
∫ェ∫      。ヽ::|_▽。トントン (,,゚ Д ゚)   。・゚・⌒)
| ̄ ̄|ア      。(_⊃=二フ__/   o━丶ニニフ))
|__|(⌒)(⌒)(⌒)\lllll彡lllll\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄火火 ̄ ̄
´´``   ̄  ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄         ´´``
当店自慢の料理人達が腕をふるっておもてなし致します。

578 :ナージャルート9日目:2005/03/28(月) 02:13:41 ID:ajUiWkZH
 \_WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
  ≫                                 ≪
  ≫  ウマーーーーーーーーーーーーーーーーー!!! ≪
  ≫                                 ≪
  /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\

                  i───i
                培二二二|__
                  i´(((!´゙リ))         /w ,,,,ヽ
      (√\w)       J リ^ v^ノリ         ○○
      6 ゚Д゚ノ        (つ>O<|\         | ∀
      / <Y>ヽ ./ ̄ ̄ ̄ ̄(パエリア) ̄旦 ̄ ̄\. Y./<Y>ヽ
     φ   .//旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ └|  : | ,、―-、.
( ニ  )7   . /ヽラーメン/    ∬      (カレーライス)\   (_二ニ=っ
( ゚Д゚)   .//       ,、―-、.      φφ.     \\  (゚Д゚ )
/ ^Y^ ヽ//旦.... ¶   ((:::::::::: ニ=っ  ( φφ).     \\ /┃U┃ヽ
つ(牛丼)φ     ハ     ̄ ̄             (寿司) ψ   と)
  //      |□ YYY     ΘΘ           旦\\
.... ..      .  └┘       (.ΘΘΘ )
皆さん初めて食べる異国の料理達をいたく気に入ってくれたみたい。

      //    / /    //゙  l.!   .,|       彳
       l | l゙  | i.| -― | l   //  /.|      'i
      l ゙l│  ゙        // ゙̄×/   /   i
      ヽヽ\  :''‐‐ー       '" 〃 ,//  /
       `'i'.、i '"``゙゙"    ニ‐ 、  ニソ'′ ,イ
        ヽ.| ""''  丶  , , `、      广
       / >、   丶 __    '' /‐/   i  
 ヽ,,_   / ,゙‐'"゙ヽ 、       _/-‐'"`:、  |.,,,/ _,,l  
  `''ニニ イ lヽ :t,,-ニミゝ,,,,,,--‐''"``゙i: : : : : :l  ヽ-==    
、  _,,,,/  l  `ヒ三三‐'"  _   l――: :゙l   `"'―‐/ 
ヽ二二 _  .,ト   ヽ、,>''':':''T7 ,,,,,,lコー-,,,,`┤  .''-=ニニ-/
ひとつ残さずきれいに食べてくれました。

579 :ナージャルート9日目:2005/03/28(月) 02:15:50 ID:ajUiWkZH
______
        | ||
        | ||
        | ||                
 ( ニ  )7  | ||            、―-、..  / w ,,,ミ    ..i───i
  (д`  )  | ||    (√\w)  (_二ニ=っ  ○○   培二二二|_      
 (つ【◎】  | ||    6 ´∀`ノ  ( ´∀`)∩  。〉|    (((!´゙リ)).i
  (  | │ ..| ||     / <Y>ヽ.  ( ┃U┃丿/ <Y>ヽ   J(゚ ワ゚ ル| し  
  し(__) ..| ||    .|つ□iと)  |  回丿  |  : |    ⊂>O<(つ     
   三三.  \ ̄ ̄ | | | ̄ || |  ̄ |  |  ̄ ̄ ̄ 〈,、,、,、ゝ ̄
    三三.   \  (__)_) (__)__)  (__)__)     しし' 

お次は舞台にご案内。
昼の公演の目玉であるヒーローショーのリハーサル風景をお見せしましょう。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ── ─ ─ ─ ─ ─


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ⌒⌒ヽ オノレ、ゴルフェノク!
       シミシ    シミシ                   (/ハ)ヽ )
      (´Å` )  ( ` ∀´)                  (・Д・
     (⊃シシシ⊃ ⊂ シシシ⊃                  (|  ,|)
     へ8ミミミ8へ へ8ミミミ8へ                  |  |
     (_)_)   (_)_)                   し`J     フン!
                     シミシ                   ∧,,∧
    シミシ    シミシ       ( ・∀・)                 (゚Д゚ ,)
   ( ´┏┓) ( ´_ゝ`)      ⊂シシシ⊃                  (| ヽ)
  ⊂シシシ⊃  (⊃シシシ⊃    へ8ミミミ8へ                  |[ ]|
 へ8ミミミ8へ  へ8ミミミ8へ      (_)_)                  U U
  (_)_)   (_)_)                             

─────────────────────────────────

580 :ナージャルー9日目:2005/03/28(月) 02:18:11 ID:ajUiWkZH
            ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
           <               >
           <   変    身!!! >
           <               >
            ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
 =    =    =        =      =    =      =
  (/ハ)ヽ )  = (/ハ)ヽ )  =   (/ハ)ヽ ) =   (/ハ)ヽ ) =
  ∩(・Д・   =  (・Д・   =    (・Д・  =    (・Д・ 
  ヽ_ ⊂ |  =   ⊂ニ |  =     (  ⊃ =   ⊂⊂ |  =
   |  |    =  ○ |  =       〇 |   =   |  |  =
   し`J   =   し`J    =    し`J  =    し`J =

   /\
  ,.<   ,ヘ、 三ミ、
  \\<::::::::>(ヽ  川  カシャ!
   \ヾ://⊂
     \>'´0.0⊂ヽ                  ∧,,∧    从_从_从_从
     /つ0.0.0⊂ヽ   9.1.3.Enter、       (,,゚Д゚)[], ≪ 変身! ≫
  《  ( ヽ 0 0| ノ    Standing by!     ノ ノ)]   W^W^W^W
     \⌒`=' |                〜(_ , )
      |   |                    (/ U

         (´⌒;; \./                 ∧,,∧
      プシュー    (゚Д゚) (´⌒;;       キュィ━( ゚Д゚ ) ━━ン!!
        (´⌒;;; ●■■●            ヽ┓≫;;≪┏フ
            ∪〔●〕∪ (´⌒(´        ∪|l[■]l|∪
       (´⌒(´⌒;;(__)__)   シュウゥゥ…      (┃) (┃)

       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      <               >
      <  仮面ライダー     >
      <     BLACK!!   >
      <               >
       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨       Complete!

             \./                ヽ /
             (゚Д゚)              ((::X::))
           ⊂●■⊂●              ▽≫≪▽
              〔●〕               とノ[χ]ヽ⊃
             (__)__)              《_〉 〈,_》

581 :ナージャルート9日目:2005/03/28(月) 02:25:26 ID:ajUiWkZH
        ドスッ !!
  ゲッ ! シミシ   シミシ  カハッ !!       ドガッ !!   \./
   ・”;(´Å`l|ll)(l|ll`∀´)・”;= = ===== 从从⊂ ■●(゚Д゚ ) ライダーキック !
     ⊂ ミミミ  (⊃ ミミミ⊃  ・”;- - --―=从从 ⊂ ■■ノつ
      へ8ミミミ8 8ミミミ8へ 三 三 ≡≡  
       (_)_)\/~)/~)=三≡ ≡
                          ヾ.、     //      ( /
                         \\   //ハゥッ !   (`(X::);)テャァーー!!
                           \\/ シミシ   /|/ミ ≫≪フつ
   シミシ     シミシ                 > (l|ll・∀・)/ルツ シ三χ]/
 (;´┏┓)  .(; ´_ゝ`)             //` つシシシ:..,,,,,, 、ミ三三ノ
 ⊃シシシと   .(⊃シシシ⊃            //   8ミミミ8 ヾ`\ミ
 へ8ミミミ8へ へ8ミミミ8へ                 (_)_)
 (_)_)   (_)_)

─────────────────────────────────


               ライダーパンチ !   ゴスッ !  
                   \./     ∧__∧ == ミ彡ミ
                  ( ゚Д゚)⊃)))(´┏┓)・”;
                 ●■■〃  ⊂ミミミミ ⊃  ・”; 
                 / ゝ〉′ へ8ミミミ8へ
                (__ (__)    (_(_)
       シミシ フンッ !?   
     (i|! ゚_ゝ)))・”;( /
     /  つ   (X:::) ) ハァッ !
    へ8ミミミ8囲二≫≪▽! 
      (_)_)   ヽχ]とノ
          _` 、 . 《_〈_》

─────────────────────────────────


                      ドッカーーーーーン!!
   \  ((  从⌒ /   ;                  \  ((  从⌒从  )) /   ;
     ((  ((    * ζ /                     ((  ((    ・)) * ζ / 
  \ 煤E  ())  )) / ・                   \ 煤E  ((  ∵  ))    )) / ・
 \  (( :   )(  从  ))ζ    \./      ヽ /     \  (( :   ))   ((  从  ))ζ
   煤@ 从⌒从∵    )) ̄*   (゚Д゚)     ((::X::))     煤@ 从⌒从    (( ∵    )) ̄*
   *     。(() ζ       ●■■●   ▽≫≪▽      *     。((  ⌒  )) ζ     
 /  煤@((   从 ))  \   ∪〔●〕∪   とノ[χ]ヽ⊃   /  煤@((     ・  从 从 ))  \
  *  / (( ( : ζ  \     (___)__)    《_〉 〈,_》  / (( 从⌒从 )) (( : ζ  \  ∵

                                          ,、―-、
        ( ニ  )7 トレビアーン !!                    ⊂___) コレハスゴイ !!
         (   )】 パシャッ                     パシャッ 【(   )
         /  /┘   パシャッ                        └\ \
        ノ ̄ゝ                                  く ̄(

582 :ナージャルート9日目最終:2005/03/28(月) 02:28:14 ID:ajUiWkZH
:::::〜:午後5時45分 :取材終了〜:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                       ::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.         /  ̄ ヽ      ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       l    l     ::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

取材を終えたハービー達は荷物をまとめて帰る準備を始めた。
玄関の外までお見送りしてあげよう。

                              i───i    
             、―-、.  / w ,,,ミ   培二二二|__   
 ( ニ  )7 (√\w) (_二ニ=っ ○○   ((     i   
 ( ^д^) 6 ´∀`ノ ( ´∀`)    _〉|     i      ハ   
  / ^Y^ ヽ / <Y>ヽ (┃U┃  / <Y>ヽ    レ',     .ハ.  
 つ【◎】と |  :  | | 回 |  |  :  |     /人レ レ人 レ 

 記者A「いや〜支配人さん、今日はホントいいもの見せてもらいました、
      おかげでイイ記事が書けそうです」
 記者B「こけら落としには絶対行きますからね!」
 ハービー「それじゃあ俺達はこれで失礼するよ、またな」
 ナージャ「うん、T・Jにもよろしくね」

ハービー達は帰ってしまった。
そういえば、もうそろそろローズマリーが帰って来る頃だ。
ほんの数日いなかっただけなのに、もうずいぶん長い事会ってない様に思う。

  , '     , '  f     |       l     ',   ヽ.  ,'
. /     ./    {. ,. ‐=≡lヽ     ト=ヽ }    .! /
,'     ,' i    ヽ、,. -‐┘    '- 、   i     |, '
!       , ! !   ./,, ==、      __,ヽノ  丿 i !
t     | t ヽ、/ '' 〃_)l     rf´)iヾ,ヽ/ 丿ノ
. \    t. ゝ-v’  { i、リ!     |f_j|  ,'_ / ´  
   ` ‐- !ゝf ‐、     -‐‐'    ヽ .ヒタ  .fノ     
      ', l  }  ///         /// |  ヾ、
       l ゝ、_`       ‐ -      /    }.}   ヾ、
      ノ  _.  \            イ    ノノ   / l
 t ‐--‐'  / `/"ヽ` 、      _,-'⌒!`` =' '‐-‐'  l
  ` ‐-ッ' ./   {  .∧   ` ー ',-'     !`i ヽ     ノ

「ローズマリーが帰ってくるまでここで待っててあげようかしら…」

ナージャルート9日目終了

────────────────────────────

これにてナージャルートはお終いです。

583 :483:2005/03/28(月) 02:37:25 ID:ajUiWkZH
スレの容量が…。
そろそろ次スレの季節なんでしょか。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 19:24:29 ID:6yIka0Ri
500K位までだっけ?まだ警告でてないみたいだけど

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 21:49:39 ID:NbI01huL
2:新しく採用した団員と話をすることにした

みんながオープンの準備をしている大広間へ向かう為に廊下を歩いていると
誰もいないはずの事務所から物音がした。

中を覗いてみると・・・

┌────┐
│┌──┐ |
││    | |
││  ◎| |∧_∧
││    | ( ; ´Д` )
│└──┘⊂    )     |\ /|
└────‐(  (  i     ;' ̄ ̄ ヽ
                 l      l
                ノ      ',
                (( ((  )) ))
                (,,, ` ´ ,,,)

なんと出稼ぎ労働者の一人であるモナモナが金庫からお金を盗ろうとしていた・・。

モナモナ「まっ・・待ってくれ!実は私の息子が病気で手術の為に今すぐ1000Gが必要なんだ。
もちろん給料が入れば戻すつもりだった。たのむ!見逃してくれっ!」

どうしよう?
1:「うふふ・・・どうしようかしら・・・?」 脅す
2:「私がお金を貸してあげるから・・・」 モナモナにお金を貸す(ローズマリーの個人資産−1000G)
3:「きゃ〜〜〜泥棒!」大声を出す
4:「ダメ」 問答無用。警察に突き出す

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 21:58:10 ID:lkUyRG3U
3。

というより他のみんなを呼ぶべき。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 23:09:08 ID:cdKn+Dvy
本当にせっぱ詰まってのことなのかその場しのぎのでまかせか……
その辺の真意を確かめるために1でモナモナを揺すぶってみてはどうか?
それでもしも本当のことを言っているのだと感じたら
改めて皆と救済策を話し合うというのが良いと思う。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 00:17:27 ID:QtpvkNku
ローズマリーの性格的には1なんだけど、火曜サスペンスあぼーんの恐れが…。
ここは3で他の皆を呼んでみよう。労働者仲間達なら何か知ってるかも。
ていうかモナモナ面白過ぎですぜ。
このドロ帽め!( ; ´Д` )

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 11:32:47 ID:pWEuLMlN
1でモナモナを脅して自分の手駒にしてしまう
ブラッディローズマリーが見てみたい。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 12:53:55 ID:uoTfx6uv
3:「きゃ〜〜〜泥棒!」大声を出した。

*「どうしたどうした。」

..∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  
( ´〜`)( ´∀`)(´┏┓`) ( ・∀・)(´∀` )(´Å` ) ( ` ∀´) (´ー ` .)( ´_ゝ`)
(    )(    ) (    )(    )(    )(    )(    ) (    )(    )
| | | | | | | | |. | | | | | | | | | | | | | | |. | | | 
(__)_)(__)_).(__)_)(__)_)(__)_)(__)_)(__)_).(__)_)(__)_)

私はいきさつを説明した。
しかし、皆、口を揃えて初耳だと言う。
やはり、口からでまかせを言っているだけなのだろうか。

モナモナ「今まで黙っていたけど、本当なんだ!1000Gないと息子は!」

モナモナは懸命に訴えてはいるが、今まで一緒だった者達も知らないのでは、詮方ない。

ローズマリー「やっぱり警察に……」
団長「そうだな。」
トーマス「そうすればはっきりするしね。」
モナモナ「後生だから信じてくれ!!」
団長「おばば。警察に連絡を。」
ナージャ「いいじゃない。払ってあげましょうよ。」
ローズマリー「本気?」
ナージャ「疑ってばかりじゃ始まらないわ。」
団長「ま、支配人がそういうのなら……」
モナモナ「有難う!有難う!!」
ナージャ「困ったときはお互い様ですものね。」

モナモナは金庫を開けると、お金を取り出して出ていった。

ナージャ「息子さん、元気になると良いわね。」
ローズマリー「ねえ、ナージャ。」
ナージャ「ん、何?」
ローズマリー「お金がやけに少なくなってない?」
ナージャ「え?」

金庫の中には、差し引き8800G入っているはずが、4800Gしか残っていない。
どうやら、モナモナに持っていかれてしまったようだ。

運営資金残り4800G

ローズマリー「やられたわね。」
ナージャ「私ってやっぱりお人よしなのかな……」

モナモナが帰ってくることは、終になかったのである。
皆、寂しくなった金庫を、ただ呆然と見つめるだけであった。

*劇団運営にかかる日々の経費が"890G"となった。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 13:10:16 ID:uoTfx6uv
数刻後、私達は、気を取り直してハービーのお見舞いに行くことに決めた。

ナージャ「ねえ、ニコル。
あなたも一緒に……って何昼間っから飲んでるのよ!!」

見れば、ニコルトーマスたちと宴会の真っ最中である。
どうやら、先日の飲み会で味を覚えてしまったらしい。
トーマス「まあまあナージャちゃん。一緒に飲もぉ〜。」
ナージャ「お断りします。忙しいので。」
トーマス「じゃあローズ……」
ローズマリー「結構です。」
ニコル「おい外ハネ〜。あんたも飲みなさい〜。」
ナージャ「外ハネって……」
ニコル「おいこら〜。私の誘いをことわるゆうんか〜。あ〜?何様のつもりや〜。」
私達は、完全に出来上がってしまっているニコルをおいて、お見舞いに行くことに決めた。

私達が行くと、ハービーは元気そうにしていた。
退院も近いらしい。

ハービー「あ、そうだ。これを社に届けてくれないかな。」

どうやら急ぎの用らしい。
私達は病院を出ると、その足でモンマルトルジャーナルへと向かうことにした。

さて、どの道を行こう。

1:近道の裏路地を通る。
2:表通りを通る。
3:遠回りになるが、一番安全な道を行く。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 15:47:19 ID:0Xu1Hce2
ナージャのお人好しがっ!
優しくてかわいくて誰からも好かれてるってだけじゃ
お金持ちになんか成れないのよ!

ここは安全に3で


593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 17:48:53 ID:QtpvkNku
モナモナのバカヤロ〜!ヽ(`Д´)ノ
本当に息子が病気なんだと思ってたのによぅ。
いい感じに予想を裏切ってくれる進行さんグッジョブ!

ヘルマンの予感がするのでここは安全に3で。
しかしあんなヘタレごときに警戒せねばならぬとは…。
早いとこ始末してやりたいですな。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 20:45:31 ID:geHH9OYO
    | .\  /   |              |    /   |  ヽ、     \ ゙ヽ、             ,,/ |
    |_,,,゙l,./     |             |    |     ヽ、 `ー-、,,,,___`x-ーニ二ニ,,,,_,__,..ィ',i´ | |  |
   ゙l  `ー、、   |             |    |     ._,,,ヽ_      ‐" ̄_ ,,,,,,,,_      |   |:l゙  |
   .|    │   |           |    | _,,-‐''"               _,.、-┴=---ミ   |  .|/   |
    |    |、 |             |   .|     ,,-‐エニニ_         |ン::::::.) `   |      |
    ゙|    |゙l .|             |   |  "/イ ン「゙ヽ`           ┴゚‐‐-     .|     .|
、   ‖   .| ゙'l゙            ヽ  |   ` .「_;;;。,丿   ,i                |´ヽ   |
.ヽ,,-ヾ,l|     ヽ             |、 ゙|    '``     `                  | ./ |   |
  l、 │|     ヽ            | ヽ/゙゙|             __,,,,,,,,,=@          |/ |   |i、
  |ヽ" │     ゙i、           || |ヽ,゙|       ー'''゙─''"            |  /   ゙l\
  |   ゙l         \        / | .|   |        ゙゙゙゙゙゙゙"             /_o/    .ヽ .\
__,,/゙l、  ゙l       \       / |゙ .ヽ、o|                        /゙ ∧|     \  ヽ、
  l ヽ  .゙l        `'i、     / |゙    ''ヽ、                    /  .| l|       `'-,、ヽ、
-┘  ゙l、 ゙l         ヽ   ./ /      |、ヽ、                /   .゙‐'|         `'-, |
    .ヽ │           ヽ,,/  /′     l_l |ヽ、            _,/     ‖         ゙'│
     ゙l, ゙l.         .ヽ..,/         .||  `'ー- 、         .|          ゙lヽ          l|
      .ヽ           `'i、        / |       |            |        ゙l,\        ,!,!
       \           ヽ、 ___   / 丿     |          |           l  i、         | |
        ‘-、          \┘ `ー'^゚'''イ/ ̄\,_,、|  _,__      |        ゙l  |       | |

>>590
このお人好しっ!!
3で

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 20:50:51 ID:rNJa6s2G
2の表通りの方が安全じゃない?

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 21:14:59 ID:8eggmV9R
遠回りして帰りが遅くなるのも危険な気がするから
馬車であぼーんが怖いが2の表通りで

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 22:05:44 ID:QV+I3bys
3:遠回りになるが、一番安全な道を行った

:::|〒=、
:::| | =|i
:::|コ,/ゝ
:::|とソ
:::| ;i
:::|ノ
               i───i   ノ\ /|
              培二二二|__  ゝ#〃⌒⌒ヽ
              i´(((!´゙リ))  く#{ミ/ノヾ、_彡
             J リ^ ワ^ノリ  //|ノ| ゚ ∀゚ノ|
               ⊂>O<(つ    (つ-0-O

随分と時間が掛かってしまったが、ヘルマンに会うこともなく無事にモンマルトルジャーナル新聞社に辿り着くことができた。
ハービーから頼まれていた物を新聞社の人に渡し、明るいうちに急いで劇場へ帰ることにした。


早足で帰ったおかげでなんとか劇場日が暮れる前に劇場に着くとができた。
しかし劇場の中へ入ると私は突然誰かに呼び止められた。なんとボルドーで会ったヒトラーだ。

ヒトラー「ローズマリー!会いたかったよ」
ナージャ「お知り合い?」
ローズマリー「ええ、以前に旅先で知り合った方よ。あの、ヒトラーさん・・。私になにか御用でしょうか?」
ヒトラー「実は、キミと2人きりで話がしたいんだ・・・いいかな?」
ナージャ「あらら・・・もしかしてわたしお邪魔かしら?先に部屋に戻ってるからね。うふふ・・・」
ローズマリー「ちょっ、ちょっとナージャ・・・」


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)